2015年 12月 21日
湯殿山を諦めて姥沢へ ~ 2015年12月20日
f0170180_2315245.jpg

2015-2016年の冬は暖冬が予想されている。実際12月に入っても平年より気温が高い。雪が無いのでスキー場は軒並み開店休業状態だ。特に山スキーの場合は、滑る場所がゲレンデのような整地ではないので、積雪が十分でないと出来ないのだ。平年でも12月に山スキーが出来るのは、限られた山域になる。雪を求め、豪雪の月山辺りなら何とかなるだろうと、湯殿山に登ってみることにした。


  山域山名   月山 姥ケ岳[1,297mで中退]
  山行期間   2015年12月20日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    10名(トラ山・和◯・佐◯・河◯・菅◯・渡◯・柏◯・黒◯・深◯・中◯)
  行程      志津8:16~ネイチャーセンター8:58~転進地点10:52-11:03~昼食休憩11:30-11:54~姥沢(1,297m地点)12:13~
           姥沢駐車場12:38~志津13:36
  行動時間   5時間20分
  移動距離   9.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±715m (GPS計測)





                         大人数でスタートする
f0170180_1333389.jpg


                         ネイチャーセンター
f0170180_1505077.jpg


                         小沢の橋を渡る
f0170180_1362756.jpg


                         渡渉点を探すが見つからない
f0170180_138912.jpg


                         石跳川はまだ埋まっていない
f0170180_1482044.jpg


                         姥ヶ岳へと転進する
f0170180_2325731.jpg


志津温泉に到着すると驚く無かれ、既に温泉のすぐ先まで路上駐車になっている。雪を求めて集まったのか、バックカントリーブームなのか不明だが、とにかく車も人も多い。準備をして出発しようとすると、西川山岳会の柴◯さんを発見。これから7~8人で登るようだ。こちらは我々10人と一緒に、白峰会の5人も同一行動なので15人の大所帯である。今日は湯殿山の計画だが、山頂まで登れるかは状況次第だ。さて、あんなに大勢いたスキーヤーもボーダーだが、湯殿山へと向かうパーティーは少ない。殆どの皆さんは姥ヶ岳が狙いなのだ。ネイチャーセンターへラッセルしてショートカットすると、先行トレースがあったのでありがたく使わせて頂く。石跳川沿いも積雪が少ないので、ほとんど夏道沿いに歩くしかない。小沢も埋まってないので、夏道の橋をそろそろと渡る。やがて先行する西川山岳会が休憩していたところに追いついた。ラッセルを譲られて先行したが、我々は初心者を抱えたパーティー。すぐ西川山岳会とトップ交替となってしまう。さて湯殿山へ向かうには、石跳川を右岸へと渡らなければならない。渡渉点を探しながら登っていくが、沢が雪で埋まっている所は見つからない。かなり上まで来てしまい、湯殿山の東斜面が横に見えてきた。先行する西川山岳会は転進したようで、姥ヶ岳の方へと斜面を登っていった。

                         1230m辺りで昼食                    
f0170180_1455993.jpg


                         姥沢へ滑り込む
f0170180_1544469.jpg


                         沢沿いに下降
f0170180_1563779.jpg


                         電柱ルートを下降
f0170180_2164285.jpg


                         白峰会の女子2名
f0170180_2183065.jpg


                         ボードの菅◯くん
f0170180_2213073.jpg


我々も協議の上、湯殿山は諦めて姥ヶ岳方向へと登ることにした。1230mまで登って昼食休憩。この先は西川山岳会のトレースと分かれ、トラバースするように姥沢を目指す。小尾根に乗ると薄いガスの中にリフトが見えてくる。姥ヶ岳の山頂を見上げるとガスで見えない。リフト下駅まで滑り、道路をトレースして姥沢の駐車場を過ぎ、電柱ルートの急斜面を下る。まだスキー操作に慣れていないメンバーが多く、こけつまろびつしながら滑るというか降りる。少々苦労はしただろうが、全員無事に下ってきた。とにかく山スキーは場数を踏んで慣れてもらうのが一番だ。車に戻ると駐車車両は半分以下となっていた。水沢温泉(300円)で暖まり帰路についた。

                         GPSトラック
f0170180_111428.jpg


by torasan-819 | 2015-12-21 22:47 | 山スキー | Comments(6)
Commented by sharizaka at 2015-12-22 23:25
月山も雪は足りないようですね。姥の樹林帯はまだ無理なんですか?
年末帰って滑りたいです。こちらは全く雪が足りないです・・・・・
Commented by torasan-819 at 2015-12-23 01:16
sharizakaさん
姥の石跳川への斜面ですね。
滑って滑られないことはないのですが、いかんせんまだヤブっぽいのです。
今週末の雪でそこそこ埋まってくれるのではないかと思いますが、降雪直後は雪崩の危険があるので避けたいですね。
自然に逆らわずに状況の良いときに遊んでもらいましょう。
Commented by superdioaf27 at 2015-12-23 20:16 x
こんばんは、この日は多分激混みになるだろうとは思っていましたけど、まさか後方でこれだけの大人数が山に入っていたとは(汗)!
まあ、今年の少雪に加えてあの予報を見たら誰だって飛び付きますよね・・・(自分もその中の一人で~す)。
そんなわけで、早く皆が各地に分散出来るくらいに積もって欲しいものですね♪
Commented by torasan-819 at 2015-12-24 07:33
superdioaf27さん
私も多いだろうとは思ってましたが、車が志津温泉まで繋がるとは驚きました。
他に行けるところも殆どありませんしね。
我々は雪を求めてさまよう流浪の民です(笑)
今週末の降雪に思いっきり期待してます。
Commented by Mt.Racco at 2015-12-29 22:55 x
どこも、雪が少ないですね。
日曜日に西Dに行きましたが、安全パイの山頂ピストンが限界でした。
(ブナ落ちに降りられた方は、結構苦戦したとか。)
月山は、どんな感じかと思いましたが・・・・遠征しても、辛そうな雰囲気ですね。
Commented by torasan-819 at 2015-12-30 08:31
Mt.Raccoさん
実は今日30日はsharizakaさん達と月山の予定でしたが、私は腹をこわしてしまって(急性胃腸炎?)不参戦となりました。
この記事の20日はまだまだヤブが埋まってなかったので、滑られそうなところを探して滑るという感じですね。
雪乞いが必要なのでしょうか(笑)
sharizakaさんに今日の状況を聞いてみましょう。


<< 蔵王・刈田岳(今月3回目) ~...      会報725 No.46 >>