2016年 03月 17日
五色温泉からのツアールートを辿る ~ 2016年3月12日
f0170180_01024605.jpg

現在でも吾妻山にはスキーツアールートがいくつもあるが、昔はさらに多くのルートが存在し、盛んに歩かれていたようだ。五色温泉から沼尻温泉までのルートもそのひとつで、全国的にも有名であったという。奥羽本線峠駅から五色温泉を起点として、青木小屋(現在の東海大緑樹山荘)~家形山(五色沼)~浄土平~幕川温泉~沼尻というようなルートであったようだ。あの百名山の深田久弥も昭和14年の1月に五色~沼尻間を歩いているという。しかし、今は時代も変わって歩く人もまれになり、ほとんど忘れ去られたルートであると言っていいだろう。しかし、埋もれさせてしまうのは惜しいということもあり、福島登高会では今でも時折歩いている。とはいえ五色から沼尻まで通して歩くのは長距離になるので、ルートの一部である五色温泉から家形山の間を主に歩いている。今回は五色温泉から家形山の手前にある東海大緑樹山荘を目指した。


  山域山名   吾妻山 五色~沼尻ツアールート(今回は五色温泉より蟹ヶ沢右俣まで)
  山行期間   2016年3月12日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    4人(L:和◯・鈴◯・◯井・トラ山)
  行程      五色温泉9:37~コル10:17~四郎右ェ門沢11:28~蟹ヶ沢右俣12:37-13:12~四郎右ェ門沢15:09~
          コル16:43~五色温泉16:55
  行動時間   7時間18分
  移動距離   8.9km (GPS計測)
  累積標高差 ±647m (GPS計測)





                 五色温泉がツアー起点
f0170180_23292915.jpg


                 米沢市のツアー標識
f0170180_23304689.jpg


                 これは夏道の標識
f0170180_23315636.jpg


                 ルートを確認しながら歩く
f0170180_23341940.jpg


                 この丸いのもツアー標識だ
f0170180_2337922.jpg


                 右手には高倉山
f0170180_2340432.jpg


                 ニッポンビールのツアー標識
f0170180_23444049.jpg


                 半世紀以上前に設置された
f0170180_23461671.jpg


五色温泉手前の駐車スペースに車を置く。隣に単独男性がいてスキー縦走らしい準備をしている。準備が出来た我々は4人は先に歩き出す。五色温泉を右から回り込むように登っていく。珍しいことに2人くらいと思われる先行者のトレースがある。そのトレースはコルまで続いていたが、そこから先は左へと逸れていった。ルート上には所々に古いツアー標識が残っている。それらを確認しながら歩いていくのも今日の調査山行の目的だ。このツアー標識は米沢市が設置したものや、サッポロビールの前身であるニッポンビールと表記されているものがある。いずれもかなり古いものだが、ニッポンビールのものはサッポロビールへ社名を変更したのが昭和39年1月であることから、少なくとも52年以上前のものであることがわかる。

                 鉄板で作られた「沼-五」 のツアー標識
f0170180_23493177.jpg


                 蟹ヶ沢右俣は穴が開いていた
f0170180_23522782.jpg


                 家形山避難小屋を目指す単独男性
f0170180_23543622.jpg


                 最後に少し滑ることが出来る
f0170180_23583836.jpg


                 五色スキー場跡
f0170180_014559.jpg


東海大緑樹山荘までは何本か沢を越えることになる。例年なら埋まっていて楽に越せる沢も、今年は雪が少なく口を開けていたりして勝手が違うところもあった。概ね当時のルートと思われるところをなぞって歩くと、会長が2年前に付けた赤布もしっかり残っていた。今日の予定は東海大緑樹山荘までなので、蟹ヶ沢右俣の沢を渡ることになる。しかし、沢は大きく口を開けていて、いつもの斜面を降りて渡ることが出来ない。偵察すると上流から回り込めば渡れそうだが、もう昼も過ぎたし帰路の登り返しもあるので、今日はここまでにすることにした。休憩しているとほどなく単独男性が大きなザックで追いついてきた。聞くと家形山避難小屋泊のピストンなのだという。よくこんなルートを歩こうと思ったねと問うと、前から気になっていて今回やっと実行したのだという。男性は壮年というにはまだ早い年齢のように見え、その風体は今流行りのバックカントリー風ではなく、いかにも山屋という感じである。山スキーの金具もジルブレッタで地図とコンパスを首からぶら下げている。こんなルートを歩く人がいることに嬉しくなってしまった。東海大緑樹山荘は近いということと沢の渡り方をアドバイスして彼を見送ると、しっかりとした足取りで斜面の下へ消えていった。さて我々は引き返すとしよう。復路はシールを剥がす。往路と復路では見える標識も違うので、復路も標識を確認しながら歩く。五色温泉~東海大緑樹山荘間はほとんどが歩きだが、コルから五色温泉までは滑ることが出来る。尾根から急斜面を五色スキー場跡へと滑り降り、今日の調査山行を終了した。

                 GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_0425249.jpg


by torasan-819 | 2016-03-17 06:00 | 山スキー | Comments(4)
Commented by fck_mototyan at 2016-03-17 20:28
吾妻山周辺にはレトロな看板多いですよね。私もニッポンビール看板は注目してました。☆マークは当時から引き継がれているのですね。それと鉄板で文字を表現する看板は初めて見ました。感動しました。ツアー標識マニアというカテゴリーがなければ写真収集してニッチな分野を開拓しようかな( ̄▽ ̄)
Commented by 鶏男 at 2016-03-17 22:15 x
このコースでお会いした単独行者です
あの時はありがとうございました
トラックのトレースできなければまだまだ時間かかっていたかと思います
貴重なアドバイスもいただき感謝しております
またどこかでお会いできたらと思っております
Commented by torasan-819 at 2016-03-18 06:56
fck_mototyanさん
私もこれまで様々なツアー標識を見てきましたが、その画像を集めてみれば面白いかもしれません。
ツアー標識カテゴリーはあまりにもニッチすぎて、サイトを作っても知っている人ばかりが見に来るような気がしますが(笑)
Commented by torasan-819 at 2016-03-18 07:01
鶏男さん
コメントありがとうございます。
貴殿の山行の指向性にとても親近感と共感を覚えました。
またどちらかで出来れば一緒に登ってみたいと思います。


<< 栂峰のブナ林を滑る ~ 201...      板折れの考察 >>