2016年 03月 18日
栂峰のブナ林を滑る ~ 2016年3月13日
f0170180_1905344.jpg

栂峰は山形県と福島県の県境にあり、山頂で喜多方市と飯豊町と米沢市が接する。飯豊連峰と吾妻連峰の中間に位置し、数は少ないが残雪期に両連峰を縦走して繋ぐパーティーもいるようだ。栂峰という山名は山頂部がツガ(栂)に覆われているからと思われるが、実際に生えているのはツガによく似たオオシラビソである。オオシラビソは吾妻には多いが飯豊には見られない樹木で、栂峰の位置的な特徴が植生にも現れているようだ。栂峰には昨年4月に登ろうとしたが、雪崩跡に遭遇してすごすごと撤退したということがあった。今年は雪が少ないことも考え、この時期ならまだ大丈夫だろうと登ることにした。


  山域山名   栂峰(1,541.3m) ※1490m峰まで
  山行期間   2016年3月13日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ時々曇り
  参加者    2人(L:トラ山・◯樹)
  行程      小屋集落8:50~林道終点10:21-10:32~1,102m標高点11:57~1,402m標高点13:05~1,490m峰13:28-13:44~
          1,402m標高点13:52~1,102m標高点下14:13~林道終点14:36~小屋集落15:23
  行動時間   6時間33分
  移動距離   15.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,220m (GPS計測)





                 小屋集落の除雪終了点
f0170180_232787.jpg


                 木屋川沿いに歩いて行く
f0170180_23305542.jpg


                 1時間ほどで栂峰が見えてくる
f0170180_0582492.jpg


意気込みとは裏腹に2度寝してしまい出発が遅れた上、道路工事により白川ダムより先が通行止め(3/1~3/31)となっているのに気づかず入ってしまった。仕方なく戻って川西町側からの迂回路に回ることになり、小屋集落奥の除雪終了点を歩き始めたのは、予定より1時間50分も遅れた8時50分であった。今日の栂峰山頂は時間的に遠くなってしまったと言わざるを得ない。今年は記録的な少雪なので、昨年より1ヶ月早いのにもかかわらず、見た感じの積雪深はあまり変わらない印象だ。小屋川沿いの道なりに歩いていく。小沢の渡渉などで3度スキーを外した他はほぼ水平移動が続く。自分は右のふくらはぎに違和感があり今ひとつペースが上がらない。◯樹さんに遅れないように何とか付いていこう。

                 昨年の雪崩地点
f0170180_102247.jpg


                 小沢の木橋を渡る
f0170180_1281.jpg


やがて昨年の雪崩地点と思われるところまで来たが、倒木はきれいに片づけられて一見すると雪崩があったかどうか分からないほどになっている。しかし、右手斜面を見上げると倒れかかった杉などが残っていて、やはり雪崩があったことが分かる。スタートから1時間半ほどで林道の終了点に到着。2人とも初めてなので登り口が分からなかった。見ると砂防ダムの下流に小さな橋が架かっていたので、おそらくここだろうと対岸に渡って斜面に取り付いた。

                 杉の植林地を登る
f0170180_1162482.jpg


                 混交林の尾根
f0170180_1182793.jpg


                 1102m標高点
f0170180_1551716.jpg


                 飯豊本山が近く見える
f0170180_1583129.jpg


                 立派なブナ林が見えてきた
f0170180_7524327.jpg


杉の植林地を30分ほど登ると、左手の急斜面を登って尾根に乗った。そこは落葉樹による混交林の林で、復路の滑りが楽しめそうに思えた。さらに登っていくと徐々に木が少なくなる。前方に左手に伸びるのが栂峰へと繋がる尾根だ。ひと登りしてその尾根に乗ると一気に視界が広がる。ここが地形図の1102m標高点だ。尾根は柔らかな雪に覆われ、今日は風も無く穏やかで何とも気持ちが良い。もう昼なのでかなり時間がかかったような感じがするが、それはスタートが遅かったが故の錯覚だった。早くはないが約3時間なのでまずまずだろう。ふくらはぎの不調はいつの間にか気にならなくなっていた。

                 1402m標高点
f0170180_2442488.jpg


                 どの斜面も素晴らしいブナ林だ
f0170180_2305923.jpg


                 1490m峰へ
f0170180_2454255.jpg


                 右手には飯森山が見える
f0170180_2492829.jpg


                 1490m峰からの栂峰
f0170180_2525264.jpg


飯豊連峰が近くに見える。本山へと続くダイグラ尾根が明瞭に見て取れる。朝日連峰も見えるが霞がかかりスッキリとはしていない。南へと延びる尾根は緩やかなアップダウンが続き、やがて斜度を増して1402m標高点へと駆け上がる。途中からは見事なブナの疎林となり、復路での滑降にいやが上にも期待が高まる。尾根は平坦になり左に曲がると1490m峰が近い。視線を南に向けていくと県境稜線から飯森山へと続き、さらに辿れば飯豊まで繋がっていく。周囲の斜面はいずこもブナの疎林ばかりで、山スキーヤーにとっては別天地のようにも思える。飛び込んで滑りたい衝動にも駆られるが、帰路を考えなければならないのが残念だ。急斜面をひと登りすると地形図で神社記号がある1490m峰のピークだ。ここには蔵王権現が祀られているらしいが今は雪の下で見えない。東には山頂部がツガ(栂)に似たオオシラビソに覆われた栂峰が指呼の距離である。今日は栂峰までの計画としていたが、ここからの往復には1時間半は要するだろう。午後1時半も近いので今日はここまでとした。やはり朝の出遅れが痛かった。栂峰の山頂はまた次回に持ち越しとしよう。

                 飯豊連峰を見ながら滑降
f0170180_2544230.jpg


                 ブナ林のツリーラン
f0170180_7542022.jpg

f0170180_256131.jpg

f0170180_2574695.jpg


                 尾根をトラバース
f0170180_310378.jpg


                 混交林を滑る
f0170180_3125492.jpg


                 霞んで朝日連峰が見える
f0170180_3164415.jpg
                 
                 小屋集落に到着
f0170180_3192478.jpg


復路の滑降は爽快のひとこと。ブナの疎林を縫ってシュプールを刻む。歩きになりそうな箇所は出来る限りトラバースするなどして、滑降ラインを繋いでどんどん滑っていく。2人が前になり後になり木々の間をスイングしていくのは、まさに至福のひとときである。植林地は陽が当たりにくくて雪が固く樹間も狭いが、調子に乗った我々にはそれさえも楽しんで下降を続ける。たちまち小沢の橋まで降りてしまい、渡ると林道終点でひと息ついた。スキーの機動力をフルに発揮できれば、登りに比べて下りの何と速いことか。これなら栂峰まで行けたのではとの思いもよぎるが、無理することはないのだと思い直す。林道区間を推進滑降とスケーティングでスキーを流す。最後に来て◯樹さんはテニス肘が痛み出したようで、ゆっくりとスケーティングして小屋集落の除雪終了点へと戻った。

今回は日帰りのピストンだったが、いつか機会を作ってテントあるいは雪洞でベースを張り、見える限りの斜面を自由に滑り遊んでみたいと思う。また、福島県側に1台デポしておいて県境稜線を縦走し、飯森山から大峠トンネルに抜けるのも面白そうだ。来年メンバーを募って計画してみようと思う。

                 GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_749920.jpg


by torasan-819 | 2016-03-18 07:04 | 山スキー | Comments(6)
Commented by fck_mototyan at 2016-03-24 12:32
この辺は雪も多く、吾妻や安達太良と比べて樹が混んでいないエリアなのがとても良いですね。私はこの前の週か事前調査不足のため小屋集落にすらたどり着きませんでした。タイミングが合えば栂峰山頂目指してご一緒願いたいですね。
Commented by 熊五郎 at 2016-03-24 13:25 x
お誘い頂いたのに都合がつかず残念でした。
結構な距離ありますね。滑りごたえありそうです。

来期タイミングあえば大峠トンネル脇に私の車デポして・・・なんていう妄想をしております。足引っ張らないよう修行積んでおきます。
Commented by torasan-819 at 2016-03-24 21:27
fck_mototyanさん
栂峰は吾妻の端というか飯豊の端というか、両方の山域の特徴を併せ持つ山です。
今シーズンはもう機会が無いかもしれませんが、来シーズンは飯森山なども含めて狙ってみたいですね。
とにかく雪がありますしブナ林も素晴らしいですし。
その節はよろしくお願いします。
Commented by torasan-819 at 2016-03-24 21:30
熊五郎さん
林道歩きが長いのですが、それも1時間半ですからそれほどでもありません。
飯豊の石転び沢を考えれば(笑)
来シーズンは是非とも縦走しましょう!
Commented by mt.racco at 2016-03-25 18:39 x
いや、小屋集落の除雪終点はそこそこ雪があるような感じですが、山は少ないですね…
Commented by torasan-819 at 2016-03-27 07:33
mt.raccoさん
林道でのスキー脱着を厭わなければ、もう少しの間は滑ることが出来そうですが…
私はこの週末は仕事にしました(笑)


<< 山岳会における遭難事故対応とは      五色温泉からのツアールートを辿... >>