2016年 04月 30日
月山(1,880mまで) ~ 2016年4月30日
f0170180_2359466.jpg

ゴールデンウィーク前半の4/29~5/1は寒気が入るようで、天気予報では気温が低くなり、山の上は強風のようだ。鳥海山は諦めたが何ともこのままでは面白くない。ダメ元で30日に月山に行くことにした。現地に行ってもし登れなくとも、下の方で少しは滑られるだろうという目論見である。


  山域山名   月山(1,984m)
  山行期間   2016年4月30日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れのち曇り
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・大◯・黒◯)
  行程      姥沢9:20~四ツ谷川10:31~1,880m地点11:50~四ツ谷川12:30~休憩12:25-12:53~
          金姥13:30-13:40~姥沢14:26
  行動時間   5時間6分
  移動距離   9.9km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,060m (GPS計測)





                 月山はガスの中
f0170180_23243861.jpg


                 林間を登る
f0170180_23262649.jpg


                 リフト尾根東斜面をトラバース
f0170180_23285519.jpg


                 2人とも山スキー2シーズン目
f0170180_23322616.jpg


                 正面が今日登る尾根
f0170180_23344670.jpg


と、誘導されて一番奥に駐車した。関西圏のナンバーもあり、GWなので全国から来ているのだろう。準備をすると駐車場脇の雪壁の上から歩き出す。月山スキー場には大勢のスキーヤーが点々と見える。さすがに賑わっているスキー場の中を登ることはできないので、リフト下駅手前から右へ回り込み、リフトの架かっている尾根の東斜面をトラバースしていく。既に滑り降りてきたトレースある。雲は多いが青空も見えて風も無く、予報は良い方に外れたかと思わせるような天気だ。しかし、月山の山頂部にかかる雲の流れは速い。やはり風は強そうだ。今日は牛首まで登らずに手前の斜面から登ることにしていた。適当なところで四ツ谷川に降りて取り付く。

                 斜面に取り付く
f0170180_23372953.jpg


                 斜面途中から見下ろす
f0170180_23402282.jpg


                 登るにつれ雪が固くなってくる
f0170180_23424851.jpg


                 ブッシュを越える
f0170180_23462715.jpg


                 何も見えない稜線
f0170180_234944.jpg


斜面の雪は真っ白な新雪と薄茶色の古い雪のまだら模様だ。なるべく新雪を拾って登っていくが、標高を上げていくとその新雪も固く凍り付いてくる。そのうちガスがかかり視界が奪われてきた。周囲が見えない状態での登高はあまり良い感じはしない。やがて斜面はブッシュで行き止まりとなった。全員がそろってからブッシュを踏み越えて稜線へと向かう。依然としてガスは濃く風も強い。清川行人小屋までは難しいだろう。今日の山頂はここまで(標高1880m)ということにして下山することにした。ガリガリと音を発しながら慎重に滑り降りる。視界が戻るとそれなりにターンをしながら滑降できる。四ツ谷川が近くなってきた頃、3人組のボーダーが登ってきたので状況を伝える。

                 ガスの中を滑り降りる
f0170180_23533355.jpg


                 下りると青空も見える
f0170180_23572783.jpg


                 金姥へ登る
f0170180_0135970.jpg


                 金姥の山頂
f0170180_00474.jpg


                 何も見えず
f0170180_052184.jpg


                 この日滑ったと言えるのはここだけ
f0170180_04751.jpg


四ツ谷川の対岸で昼食とした。あちこちの斜面を滑っている人が見える。時間もあるので姥ヶ岳の東斜面を滑ることにした。休憩地点からは250mほどの登りになる。思いのほかガリガリの斜面だったが、40分ほどで姥ヶ岳のすぐ北隣の金姥ピークに登頂。さあ滑ろうかと思った頃には濃いガスに覆われてしまった。全く今日はついてない。そろそろと下降していくと視界が戻った。姥沢へと戻る途中にリフト尾根の東斜面で1本滑ったが、滑ったと言えるのはこの1本だけだった。ガイドツアーらしきパーティーも含め大勢がここで滑っていた。

さて、山スキーの2015-2016シーズンはもう少しで終了だ。今シーズンは全国的に雪が少なく、豪雪の飯豊・朝日でも驚くほどの少なさである。そのため思ったような山スキーができなかったのは残念だが、自然のことでありこればかりは何ともしがたい。その分まで来シーズンに期待するとしよう。7ヶ月後のシーズンインが今から待ち遠しい。

                 GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_23232183.jpg


by torasan-819 | 2016-04-30 21:00 | 山スキー | Comments(6)
Commented by madokau at 2016-05-04 10:28 x
気合と根性の山スキー、お疲れさまでした。
今年のゴールデンウィークはほんとお天気に恵まれませんね。
鳥海山に続き、今週末の雪山登山も流れてしまいそうです。
雪も少なく残念なシーズンでしたが、沢は早く始められるかな?
Commented by sharizaka at 2016-05-04 15:08
30日はご一緒できなくてスイマセンでした。
それにしても天候が安定しないGWですね。今シーズンは久しぶりに月山なしのシーズンとなってしまいました。
夏になりましたら北アルプスでお待ちしています。
Commented by torasan-819 at 2016-05-04 21:17
madokauさん
いやいや気合いも根性もこの程度では全然ですよ。
山行が天気に翻弄されるのは仕方ないので、山域や日程を変えたサブメニューを準備しておくことも必要ですね。
私は14日・15日で板納めのつもりです。その後はもちろん沢登りに切り替えです。
Commented by torasan-819 at 2016-05-04 21:20
sharizakaさん
今シーズンほど難しいシーズンはこれまで無かったですよね。自分はまだ山スキー7シーズン目ですが。
私などは下手すると鳥海山も飯豊も天候次第では無しになってしまうかもしれません。
北アルプスは是非よろしくお願いします。元気なうちに登りたいので(笑)
Commented by mt.racco at 2016-05-06 12:42 x
この日は、猛烈に風が吹いた日ですね。。。
我が家は、岩手の山に居ましたが突風で飛びそうな程でした。
こんな日でも雪山に入られるとは・・・さすがです。
見習わなくては!!
Commented by torasan-819 at 2016-05-07 08:03
mt.raccoさん
そこそこの風が吹きました。
この日に登らないと連休中の山がゼロになってしまうので頑張りました。
でもやっぱり条件の良い日に登りたいのですよ。
私も人の子ですから(笑)


<< タラノメ・コシアブラ・ハリギリ...      月山・北月山荘ルート ~ 20... >>