2016年 12月 18日
月山・志津~姥沢(リフト下駅まで) ~ 2016年12月17日
f0170180_3541445.jpg

今シーズン初の山スキーに月山へ。装備確認と足慣らしのための山行だ。計画ではいちおう姥ヶ岳までとしていたが、強風の予報でもあり無理せず行けるところまでにしようと話しながら志津に到着。午前8時半を過ぎているというのに、なんと他に車はなく自分たちが一番乗りだ。ある程度雪が降ったので他の山域に散ったのだろうかと訝しむが、準備をしているとぽつぽつと車が上がってきた。


山域山名   月山・姥沢(リフト下駅まで)
山行期間   2016年12月17日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    3人(L:和◯・N井田・トラ山)
行程     志津9:06~姥沢11:36~リフト下駅12:08-12:32~姥沢12:43~志津13:39
行動時間   4時間33分
移動距離   8.1km(GPS計測)
累積標高差 ±648m(GPS計測)





地元の若者が最初にスタートしたのでトレースを借りるが、若者は最初の分岐で左へと逸れていき我々3人でのラッセルとなる。この辺りでも積雪深はまだ60センチ程度と少ないが、登っていけば増えるだろうと期待する。姥沢までの道路にはわずかなトレース跡が残っているが、道路なりに歩くと距離が長くなるのでショートカットの電柱コースに入る。積雪量は1mを超えているが、まだ12月だとしても月山としては少ないといえる。

追いついてきた後続の2人とラッセルを後退しながら登る。やや時間はかかったが道路に出ると、やや強い風が当たるようになりフードを被る。後続の2人とは別行動となり、我々3人で浅いラッセルを続ける。やがて姥沢に到着したが、思ったほど風も強くなく視界もある。しかし月山はもちろん姥ヶ岳の上部もガスの中だ。とりあえずリフト下駅まで足を延ばすことにする。重い雪質のラッセルを続けてリフト下駅に着くと、建物の陰で風を避けて昼食とした。

今日は足慣らしでもあり、無理せずここまでとして下山することにした。シールを剥がして滑り始めると、単独の男性が登ってきた。下りの電柱コースには既に何本もトレースがあり、我々も急斜面に勇んで飛び込むが、重い雪質で今ひとつの滑りだった。気温が高めのせいもあるだろう。途中に登りで一緒になった2人がいたが、ここで何回か登り返して滑っていたようだ。道路に出ると自分たちのトレースを滑り降りる。駐車場所に着くと車は10台ほどに増えていた。


                 志津の積雪はまだ浅い
f0170180_3523571.jpg


                 電柱ルートを登る
f0170180_3534078.jpg


                 姥沢は思ったほど風がない
f0170180_3574394.jpg


                 雪煙が舞うリフト下駅
f0170180_3583451.jpg


                 電柱ルートを滑り降りる
f0170180_40113.jpg


                 GPSトラック
f0170180_4231659.jpg


by torasan-819 | 2016-12-18 23:12 | 山スキー | Comments(0)


<< 蔵王・刈田岳 ~ 2016年1...      寒成山 ~ 2016年12月10日 >>