2017年 01月 22日
蔵王・刈田岳 ~ 2017年1月21日
f0170180_2211540.jpg

樹氷が時期的にはそろそろ見頃ということと、井戸沢源頭が滑られるのではないかと期待し、いつものメンバーを誘った。すみかわスキー場では青空も見え風も弱いが山頂方向はガスの中だ。とにかく登ってみようと歩き始める。ゲレンデトップからは積雪量はまだ少ないが中央コースを歩くことが出来る。20センチほどのラッセルだが雪は軽いのでサクサク進む。小沢の横断箇所で自分が先頭で沢に降りたところ、突然右岸が雪崩れて半身が埋まった。表層雪崩だ。右岸斜面は高さ5mほどしかないが、吹き溜まった雪がまだ安定していないところにショックを与えてしまったようだ。井戸沢で雪崩に遭遇した以前の経験が頭をよぎる。今日は井戸沢源頭はやめようと思った。風に叩かれながら剣が峰の稜線を登り避難小屋に逃げ込む。ゆっくりと早めの昼食を取って外に出たが、状況は変わらずガスの中。このガスでは雪崩の懸念以前に井戸沢源頭にはドロップできない。ハイライン寄りに下がっていくと視界が戻ってくる。井戸沢源頭の南隣になるこの斜面は斜度も緩く雪崩の心配も少ない。まずは1本滑ってみる。気持ち良く滑ることが出来たので登り返して2本目の滑降。たまたまいたテレマーク男性を誘って登り返し3本目を滑って満足。時間的にはまだ余裕があるが、余韻を残して今日はこの辺にすることにした。お目当ての樹氷はまだ生育途中という感じ。いずれにしても晴れの日を狙って再訪したいと思う。中央コースで下山して青根温泉じゃっぽの湯で暖まり帰宅。
※井戸沢の雪崩について補足


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2017年1月21日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ・山頂部ガス
参加者    3人(L:トラ山・K藤・F井)
行程     すみかわスキー場7:57~ゲレンデトップ8:45~刈田岳避難小屋10:36-11:46~滑降3本12:11-13:13~すみかわスキー場13:56
行動時間   5時間59分
移動距離   10.0km (GPS計測)
累積標高差  ±853m (GPS計測)





                 ゲレンデを登る
f0170180_2151494.jpg


                 表層雪崩に半身埋まる
f0170180_2253097.jpg


                 中央コースを歩く
f0170180_2274585.jpg


                 樹氷はまだ発育不良
f0170180_2295422.jpg


                 剣が峰の稜線
f0170180_22121959.jpg


                 山頂付近は視界無し
f0170180_2214521.jpg


                 避難小屋に逃げ込む
f0170180_22131733.jpg


                 視界のある斜面で滑降
f0170180_22174185.jpg


                 気持ち良く飛ばす
f0170180_2220343.jpg


                 3本滑って満足
f0170180_2223844.jpg


                 樹氷はまだ成長途中
f0170180_22213831.jpg


                 トラック図
f0170180_22291829.jpg


by torasan-819 | 2017-01-22 20:13 | 山スキー | Comments(2)
Commented by ひろ父 at 2017-01-24 12:00 x
三本目からご一緒させて頂きありがとうございました。なんとよく拝見させて頂くブログ主とは恐れ入りました。お誘い頂かなければ二本も滑りませんでした。それと写真見れました、ありがとうございます。またお会いしたいものです。
Commented by torasan-819 at 2017-01-24 20:45
ひろ父さん
強引に登り返し&滑降をさせてしまい失礼しました。
1本で帰るにはあまりにも勿体なかったもので(^^ゞ
画像アルバム見ることが出来たようで良かったです。
そちらのブログにも時々訪問させて頂きますし、きっとまたどこかでお会いできるでしょう。
その際はよろしくお願いします。


<< 蔵王・不忘山 ~ 2017年...      吾妻山(高湯から賽河原手前ま... >>