2017年 01月 24日
蔵王・不忘山 ~ 2017年1月22日
f0170180_1345749.jpg


白石スキー場をスタートしてゲレンデ脇を登る。雪不足にあえいでいたスキー場も、この頃の降雪でやっとひと息ついたという感じだ。40分弱でEコースのゲレンデトップまで登り、そのまま林の中へ入る。昨日のものだろうスノーシューのトレースがあり使わせてもらう。トレースはブッシュを避けてくねくね曲がり、スキーではちょっと歩きにくい。時折青空から日も差し風も穏やかでハイキング気分だ。それにしても不忘山のヤブは年々濃くなっているような気がする。自分としては温暖化による気温上昇や降雪量の減少が原因ではないかと疑っている。1400mで東尾根の稜線に合わせるが、まだ灌木がうるさい。1500m辺りまで登るとやっと灌木もなくなり歩きやすくなる。その代わり風とガスが出てきたが、不忘山ではいつものことだ。フードを被って登っていくと、山頂まであと少しというところでガスが晴れた。視界があるのでスキーのまま登高を続けて山頂を踏んだ。凪なのかほぼ無風となり自分だけの山頂は無音の世界だ。吾妻連峰を眺めれば雲で霞んでいる。天気の良さに気を良くし先へと進む。予定では権現沢の源頭まで行くことにしている。地形図で1,732m標高点のアイハギの峰の東斜面だ。不忘山頂からコルまでの下りの稜線は、さすがにスキーは無理なのでツボ足である。にわかに風が強くなってきて、稜線からは雪煙が舞うようになる。コルからはスキーに替える。アイハギの峰手前から権現沢源頭の斜面へとトラバースする。シールを剥がして滑降準備を整えたが、吹き付ける風が厳しい。雪煙で視界不良の斜面は白一色で、雪面の凹凸がよく見えない。意を決して斜滑降をしてみたが酔いそうである。風に叩かれた雪面は固くて雪崩の心配は無いが、快適な滑降とはならないようである。今回は権現沢源頭の滑降は見送り、コルへと再トラバースして戻ることにした。風に遊ばれてもたつきながら不忘山頂へ戻る。視界は無く白一色である。スキーに替えて少し下ると3人パーティーとスライド。結局この日見かけたのはこの3人だけだった。うるさい灌木を縫うようにして下り、スキー場へと戻った。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2017年1月22日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ・上部ガス
参加者    単独
行程     白石スキー場6:43~ゲレンデトップ7:21~不忘山9:43~P1732直下10:31~不忘山11:36~白石スキー場12:46
行動時間   6時間3分
移動距離   9.0km (GPS計測)
累積標高差  ±1,009m (GPS計測)





                 ヤブがうるさい
f0170180_0574697.jpg

 
                 山頂はガスに覆われている
f0170180_0563691.jpg


                 昨日のトレースを借りる
f0170180_0584054.jpg


                 1500mを超えると歩きやすくなる
f0170180_152363.jpg


                 1675m地点からの山頂
f0170180_184690.jpg


                 3時間で山頂到達
f0170180_1103248.jpg


                 南屏風の壁が白く眩しい
f0170180_1155159.jpg

f0170180_116492.jpg


                 霞む吾妻連峰
f0170180_1174313.jpg


                 コルから見る権現沢源頭斜面
f0170180_132415.jpg


                 振り返り見る山頂
f0170180_1335919.jpg


                 P1732直下
f0170180_1363156.jpg


                 斜面を見下ろす
f0170180_1373834.jpg


                 井戸沢源頭から見る不忘山
f0170180_1381082.jpg


                 戻った山頂はガスの中
f0170180_1391777.jpg


                 滑りになる斜面は限られる
f0170180_141754.jpg


                 GPSトラック図
f0170180_1444795.jpg


by torasan-819 | 2017-01-24 00:04 | 山スキー | Comments(2)
Commented by sharizaka at 2017-01-29 19:29
不忘山懐かしいですね。以前はよく行きました。藪だらけは相変わらずですね。
Commented by torasan-819 at 2017-01-30 07:00
sharizakaさん
気温の上昇と積雪量の少なさなどで森林限界が徐々に上がり、ヤブ化が進んでいるのではないかと思っています。
不忘山はもう山スキールートとは言えなくなってきましたね。


<< 安達太良山・冬山合宿 ~ 20...      蔵王・刈田岳 ~ 2017年1... >>