2017年 03月 31日
雪洞での吾妻連峰縦走合宿 ~ 2017年3月18日・19日
f0170180_03283304.jpg
3月は会恒例の縦走合宿だ。吾妻連峰を雪洞泊りで、天元台から高湯温泉まで縦走するのが定番になっている。今年は5人パーティーだが、雪洞未経験の若者2人(O島・K澤)の訓練が主目的の合宿となった。軽量テントの普及などもあり、雪洞利用を前提とした縦走は少なくなっているようだ。しかし、積雪期は山スキーを主な活動としている我々にとって、雪洞技術は身につけておかなければならない重要な技術のひとつである。やむを得ずビバークしなければならなくなった時に、雪洞を掘ってしのげるか否かが命を左右することにもなる。そんな状況に至らないのが最善ではあるが、雪山を歩く者は当然にして備えておくべきだろう。そんなわけで自分としては4回目の吾妻連峰雪洞縦走へと向かった。


山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 藤十郎(1,825m) 東大巓(1,927.9m) 昭元山(1,892.6m)
            烏帽子山(1,879m) ニセ烏帽子山(1,836m) 家形山(1,877m)
山行期間   2017年3月18日(土)~19日(日)
山行形態   山スキー
天候     18日晴れ 19日晴れ
参加者    5人(L:和◯・N井田・O島・K澤・トラ山)
行程     18日 湯元駅9:20-9:40=リフト終点10:34-10:43~人形石11:28~藤十郎11:58~昼食12:08-12:24~
          東大巓13:00~兜山13:27~雪洞設営地13:43
       19日 雪洞7:10~昭元山・烏帽子山コル7:38~烏帽子山・ニセ烏帽子山コル8:30~家形山10:23-10:40~
           慶応山荘11:15-12:02~山鳥山12:35~高湯温泉13:25
行動時間   18日 3時間 19日 6時間15分
移動距離   18日 6.1km 19日 10.7km (GPS計測)
累積標高差  18日 +308m -327m 19日 +354m -1,409m (GPS計測)






=18日=

           中大巓の斜面を登る
f0170180_03192162.jpg


           人形石へ向かう
f0170180_03204891.jpg



           人形石
f0170180_03255578.jpg


           縦走ルートが一望できる
f0170180_03310445.jpg
           

           弥兵衛平へ
f0170180_03370556.jpg



           古いツアー標識
f0170180_03430338.jpg


天元台のロープウェイ湯元駅で福島発の本体と合流する。連係ミスもあって少々もたつきながらもゲレンデトップに到着。今回の縦走では風が強いとの予報だったので少々心配していた。しかし、快晴の上に風も殆どないという好条件で嬉しくなる。シールを貼って登り中大巓の山頂をかすめて人形石へ。これから辿る縦走ルートの稜線が一望できる素晴らしい景観だが、これも晴れていればこそだ。ガスれば平坦な尾根はコンパスとGPSに頼りきりの行程となる。今日はそんな心配はないが、ある意味で訓練の機会がなくなったとも言える。藤十郎を過ぎて弥兵衛平へ進み途中で昼食を取る。古いツアー標識があるのでルートの目印となるが、ガスっていれば見つけるのは困難だ。



           東大巓を巻く
f0170180_03465796.jpg


           吾妻の山々
f0170180_04043939.jpg


           兜山トラバースルートのプレート
f0170180_04080437.jpg


           雪洞を掘る
f0170180_04100560.jpg


           雪洞での食事
f0170180_04122394.jpg


左に小さく避難小屋の明月荘を見ながら東大巓山頂の北側を巻く。東大巓からいったん下って兜山のピーク南側をトラバースして巻く。なぜかこのトラバースルートには目印となる黄色のプレートがある。コルへ降りて昭元山の北斜面へ入りかけると見覚えのある地形が現れた。ここが雪洞予定地だが予定より早めに到着することができた。濡れ防止にゴム手袋とカッパズボンを装着して掘り始める。中の方の雪もそれほど固くないので順調に掘り進む。作成時間2時間10分で中のスペースが1.8ⅿ×3ⅿくらいの雪洞が完成。小物やロウソクの棚も作り5人とザックが十分納まる大きさだ。ガソリンストーブで温かい食事を作り酒を飲む。雪洞内の温度は外がどんなに寒くてもほぼ0℃を維持する。厳冬期はテントよりずっと温かいのだが、その代わりいくらストーブを焚いても数度にしか上がらない。雪が溶けて熱を吸収してしまうからだ。自分はなんとマットを忘れてしまったので上半身の下にザックを敷くことにした。しかもシュラフはスリーシーズン用なので、マットなしは少々厳しいかと思ったが仕方ない。ホッカイロを2枚貼って寝ることにした。



=19日=

           2日目の出発
f0170180_04193293.jpg


           烏帽子山
f0170180_04221540.jpg


           尾根を辿る
f0170180_04273210.jpg


           一切経山と五色沼
f0170180_04313824.jpg


           家形山東斜面
f0170180_04425826.jpg



           五色沼コルには雪が付かない
f0170180_04442961.jpg


夜中に風で入り口のシートが捲れたのを1度直した程度で、天井が下がってくることもなく朝を迎えた。結局それほど寒いとも感じずに朝までぐっすり寝ることができた。朝食を済ませて出発する。うす曇りだが風もなく穏やかなツアー日和だ。斜面には夜の間に20センチほどの新雪が積もっている。昭元山の北斜面をトラバースして烏帽子山とのコルに出る。少し登って今度は烏帽子山の南斜面をトラバースして尾根に出る。次のニセ烏帽子山は山頂部に雪庇が発達しているので、南斜面を少しトラバースした方が良い。しばらく尾根を辿って家形山の斜面へ取り付く。登っていくとやがて斜度が緩み、進路を南東に取ると家形山の山頂近くに出る。天気が良く眼前の一切経山と五色沼が眩しいほどだ。シールを剝がして家形山の急斜面を五色沼まで滑り降り、コルから大岩までは雪が付いていないのでスキーを担いで歩く。



           大岩下より福島市街を望む
f0170180_04463086.jpg


           雪に埋もれた慶応吾妻山荘
f0170180_04485524.jpg


           吾妻スキー場跡を滑る
f0170180_04535965.jpg


           高湯温泉に到着
f0170180_04553205.jpg


大岩から滑り始めると地元のM崎さんが単独で登ってきたので挨拶をする。大根森の手前から沢を滑り降りて慶応吾妻山荘に到着。豊富な雪に小屋の1階部分は埋もれている。ちょうどいい時間なので、管理人の大柿さんに挨拶がてら昼食を取らせてもらうことにした。大柿さんによると今年の吾妻山は15年ぶりくらいの大雪なのだという。大柿さんが言うのだから間違いないだろう。帰路は山鳥山から吾妻スキー場跡に入って滑った。重くなってきた雪にスキー板が走らないのにちょっとがっかり。終着点の高湯温泉まできっちり滑り降りることができたが、この時期としてはこれまでで初めてのことだ。やはり今年は雪が多いのだ。1時間ほど待って14時30分のバスに乗り福島市街へ下りる。帰宅するO島に便乗して寄り道してもらい、天元台の車を回収すると温泉で汗を流してから帰宅した。



              GPSトラック ( 18日:赤 19日:青 )
f0170180_05035836.jpg


吾妻縦走の記録 2016年 2014年 2013年



by torasan-819 | 2017-03-31 02:57 | 山スキー | Comments(4)
Commented by fck_mototyan at 2017-04-07 08:22
雪洞作り。毎度ながらワクワクしますね。山スキーヤーがバスで回送するあたり自分には新鮮です。頑張れば日帰りも出来るかな?
Commented by tabilogue2 at 2017-04-07 20:17
御神楽岳の栄太郎新道登山の頃から拝見してますが・・・、 トラさん指導の下で、、、O島さん しっかり成長してますねえ。。。雪洞の中で料理番を張ってる画像も ブログウォッチャーとして「期待していた成長度合い」で大いに楽しみですw がんばってくださいね♪
Commented by torasan-819 at 2017-04-07 22:18
fck_mototyanさん
山スキーに限らず縦走では帰路の交通手段が問題になりますよね。
昔と違ってバス路線が激減した現代では、1日数便しか運行していないとはいえ乗れるだけましな方でしょう。
公共交通機関を使おうと考えると、昔より不便になっていることを実感します。
この縦走ルートは雪が締まった春先なら、1日で抜けることが可能です。fck_mototyanさんなら何の苦もないでしょう。
電車とバスで天元台に行って高湯からバスで戻ることは時間的に成り立つかどうかはわかりませんが、誰かのサポートを受ければ十分やれますね。
Commented by torasan-819 at 2017-04-07 22:32
tabilogue2さん
体力では30歳も若いО島には既にかないませんが山は総合力です(笑)
彼女には自分で計画してリーダーをする山行を増やすように言ってますが、この頃実行するようになってきました。
将来が楽しみなんですが、休日のほとんどを山に向かう彼女にそろそろ考えないとと、親のような複雑な気持ちになってしまいます(^^;)


<< 栗駒山 ~ 2017年3月26日      蔵王・南屏風岳東壁とコガ沢の滑... >>