2017年 04月 23日
月山・品倉尾根 ~ 2017年4月22日
f0170180_21300210.jpg


山域山名   月山 品倉尾根
山行期間   2017年4月22日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ
参加者    4人(L:トラ山・K内・F井・G藤)
行程     湯殿山スキー場8:05=姥沢P8:54=リフト上駅9:33-9:41~柴灯森10:26-10:42~P1479m12:02-12:34~
       濁沢13:23~湯殿山スキー場14:17
行動時間   4時間36分
移動距離   10.4km (GPS計測)
累積標高差  +436m -1,412m (GPS計測)





           本日のメンバー
f0170180_20170721.jpg


            姥ヶ岳をトラバース
f0170180_20181530.jpg


           柴灯森はガスの中
f0170180_20264909.jpg


           品倉尾根にぞろぞろと人がいる
f0170180_20305352.jpg


久しぶりに月山の品倉尾根に行くことにした。2013年に1度行ったっきりだったのだ。メンバーはお馴染みの4人。湯殿山スキー場に1台デポしてから姥沢へと向かう。姥沢の駐車場は協力金500円也。リフトで登って上駅から歩き始めたが、徐々にガスの中に入っていく。先週肘折ルートをやった時よりもガスが低い。先行者をどんどん抜きながら柴灯森に到着。品倉尾根はここで左へ分岐するのだが、視界が無いのでなかなか思い切って踏み出せない。一瞬でもガスが晴れてくれと思いしばらく待ったが変わらないので、コンパスで方角を決めて斜面を下りることにした。50mほど下ったところでガスが晴れて視界が得られると、右手近くに尾根があり人も見える。しまった間違ったということで登り返して正しい尾根に入り直した。品倉尾根は車のデポが必要なことから、それほど人は多くないと思っていた。実際、今朝の湯殿山スキー場駐車場には、我々以外には西川のS田さんの車しかなかった。しかし、驚くことに前後に何パーティーもぞろぞろと歩いているではないか。ツボ足にスキーにボードまでいる。いつからこんな人気ルートになったのだろうと訝しく思っていると、やがてポツポツと引き返すパーティーが現れた。山頂を目指していた誰かがガスのため柴灯森の分岐で品倉尾根のほうに入ってしまい、後続もそのトレースに続いたということらしい。GPSを見たりガスが薄れたりして間違いに気が付いたというわけだ。柴灯森から下りが続くのでもっと早く気づいてもよさそうだが、間違えるときとはそんなものだろう。山ではこういうことが発生しやすい。特に雪上では他人のトレースを追いかけたくなる心理が働くのだ。結局、尾根上に残ったのは前方に見える1パーティーと我々だけとなった。



           ガスの下に湯殿山が見えた
f0170180_07025902.jpg


           やっとガスの下に出た
f0170180_07062263.jpg


           S田パーティーと合流して滑る
f0170180_07085100.jpg


           1479ⅿピークで昼食
f0170180_07312063.jpg


前のパーティーに追いつくと案の定S田さんのパーティーだった。月山は庭みたいなS田さんなので、以後一緒に行動させてもらうことにした。1500m以下になると視界も良好となった。小ピークで昼食を取りながら眺めを楽しむ。沢を挟んで南側に見える尾根に品倉山が見える。こちらの尾根を品倉尾根ルートと言ってはいるが、本当の品倉尾根は向こう側である。ただし、やせ尾根でスキールートにはあまり向かないので、こちらを品倉尾根ルートと呼んでいるのではないだろうか。



           100万人ゲレンデ
f0170180_07374788.jpg


           濁沢へ滑り込むK内さん
f0170180_20594679.jpg


           G藤さん69歳!
f0170180_20595828.jpg


           今日はテレマークのF井さん
f0170180_07415154.jpg


           左岸をトラバース
f0170180_07434452.jpg


           緩斜面を流す
f0170180_07450808.jpg


           ゲレンデを滑る
f0170180_07463311.jpg


           ゴール!
f0170180_07475181.jpg



やがて広くて滑りやすい斜面の上に出た。ここには百万人ゲレンデという名前が付いている。雪質も良好で快適な滑りを楽しむ。登り返して今度は濁沢右岸の急斜面を滑るとのこと。次々と歓声を上げて斜面に飛び込んでいく。自分はスキーを引っかけて大転倒。沢床に降りると濁沢左岸をトラーバースして下降していく。とにかくS田さん達は自由自在である。、ひと息ついてから緩斜面を流すと、既にクローズした湯殿山スキー場のゲレンデを滑り降りる。周囲のフキノトウを採ってから帰途についた。



           GPSトラック
f0170180_21184521.jpg


by torasan-819 | 2017-04-23 06:30 | 山スキー | Comments(0)


<< タラノメ ~ 2017年4月23日      月山・肘折ツアー ~ 2017... >>