2017年 05月 23日
鳥海山・祓川ルート ~ 2017年5月19日
f0170180_21501302.jpg

今回はT甲さんとK室さんの3人パーティー。T甲さんは会のメンバーだが、これまで鳥海山でのスキーは鉾立からの1回しか経験がないという。K室さんは昨年鳥海山の湯ノ台ルートで初めて山スキーをして以来、これまで数回の経験しかない。この2人は以前知り合いだったが、お互い山スキーをすることを知らずにいたところ、自分を中継にして今回の鳥海山で久しぶりの再会になったという具合。しかもこの2人がスキーを一緒にやるのは初めてとのこと。山スキーという共通項がなければ再会することもなかっただろう。さて今回の登高ルートは祓川からにした。距離も標高差も一番少なく登りやすいからだ。66歳のT甲さんと68歳のK室さんに外輪山まで登り滑ってもらうのが今回のミッションだ。


山域山名   鳥海山 七髙山(2,229.1m)
山行期間   2017年5月19日(金)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    3人(L:トラ山・T合・K室)
行程     祓川駐車場9:30~七ツ釜避難小屋10:47-11:13~昼食~七高山13:40-14:17~祓川駐車場15:00
行動時間   5時間30分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測





           祓川を9:30スタート
f0170180_21390977.jpg



           2人合わせて134歳
f0170180_21432529.jpg


           雲ひとつない青空
f0170180_21453684.jpg


           七ツ釜避難小屋
f0170180_21473153.jpg


いろいろあって登高開始は9時30分になってしまった。さすがに平日とあって登っている人は少ない。陽は高く気温が上がってきたのですぐ汗が出てくる。雪はほどよく緩んでシールが効き歩きやすい。登りやすいルートとはいえ標高差は1,000ⅿ以上あるのでペース配分が重要となる。2人を見ていると足を運ぶピッチが速い。特にK室さんは速い。ピッチが速いと疲れやすくなるので、ゆっくりと足を運ぶよう何度も声をかける。それでも何組かの先行者を抜いてしまった。七ツ釜避難小屋で休憩。T甲さんのほうがやや疲れている印象。再び登り始めたが2人とも疲れたのか自然にペースダウン。短く立ち止まる回数が増えてきて、このまま山頂まで登れるのか不安になってきた様子。とにかくゆっくりでいいから歩き続けるようにすれば大丈夫とアドバイスする。ここまで登ったのだから何とか外輪山まで到達してもらいたい。マイペースで登ってと声をかけて先行することにした。



           早くも滑り降りてくる人もいる
f0170180_21532293.jpg


           舎利坂を登り切れば山頂
f0170180_21564781.jpg


           山頂に到着したT甲さん
f0170180_21592433.jpg



標高2,000ⅿ辺りで12時となったので昼食を取りながら2人を待つ。やがて2人が到着したので昼食休憩にしてもらい、自分は外輪山へハイクアップを開始する。1本滑ろうという魂胆である。舎利坂の急斜面をシールで登り切り外輪山にタッチしてすぐ滑り降りる。2人は既に登り始めていたので、すれ違いざま下から追いかけると声をかけた。200ⅿほど滑り降りてシールを貼るとすぐ登り返して2人を追いかける。何とも忙しい。13時40分に2度目の山頂に到着すると、少しして2人も登ってきた。山頂まで4時間ほどかかったが、途中の疲れ具合を考えれば上出来だろう。T甲さんは最後になって自分のペースが作れて登るのが楽になったとのこと。2人の顔には自分の足で七髙山に登ったという充実感と嬉しさが表れている。特にK室さんは山スキー経験数回のうち2回が鳥海山登頂成功だ。年齢を考えると素晴らしいとしか言いようがない。



           T甲さんの滑降
f0170180_22104223.jpg


           キレのいい滑りのK室さん
f0170180_22113261.jpg


           T甲さんのパノラマ画像
f0170180_22174746.jpg


           たちまち滑り降りて振り返る
f0170180_22213303.jpg


           祓川に到着
f0170180_22240107.jpg


しばし眺めを楽しんでからお楽しみの滑降。斜面には先日の雨で縦溝が少しできていたが滑降にはさほど問題はない。ザラメ雪の急斜面を快適に滑り降りる。2人ともスキーは自分などよりずっと上手いので、足が疲れているとはいえ滑りは自由自在だ。登りで苦労した斜面も滑ればたちまち降りてしまう。振り返れば朝と同様雲ひとつない青空をバックに鳥海山が微笑んでいる。良い1日だった。貸し切りのような斜面を滑り降りて15時に祓川駐車場に到着した。

鳥海山のスキールートの中で祓川ルートは比較的楽な方である。とはいえ標高差は1,000ⅿ以上あり、ペース配分には気を付けなければならない。体力があり余っていれば別だが、一般的には急斜面を登る場合、一歩一歩「タメ」を作ってゆっくり登るようにした方がいい。自分の持久力を最大限に生かす歩き方であり、パタパタと急ぐより結果的に早くバテずに登ることが出来るだろう。



by torasan-819 | 2017-05-23 07:31 | 山スキー | Comments(0)


<< 飯豊・石転び沢 ~ 2017年...      七ヶ宿の山(高千森山・蛤山)~... >>