2017年 06月 26日
ウド採り ~ 2017年
f0170180_11140319.jpg

忙しい中にも時間を見つけては山菜取りをしていた。中でも山ウドは山菜シーズンの終盤を飾るにふさわしい山菜だ。山というものを味で表したものがウドではないかと思えるような、野趣あふれる香りと味わいがする。平地にもあるが崖に近いような急斜面などに良いものが多い。ウドを追いかけていくとついつい厳しい場所に踏み込んでしまうことがある。山菜採りに命を懸けるわけにはいかないので要注意である。自分の場合は例年山スキーが終わってからウド採りをする。その頃平地では既に大きくなって採取対象とはならない。山に入って5月末辺りからの約3週間くらいが自分のウド採り期間になる。残雪が消えたキワ辺りがねらい目である。ウドはほとんど捨てるところがない。根元の柔らかい部分はそのまま生のままかじっても美味しい。さらに味噌があれば最高である。柔らかい茎や葉はみそ汁に入れたり天ぷらや煮物など様々に調理できる。皮が固いところは剥いてキンピラにするとこれがまた美味い。自分は特に煮物とキンピラが好きである。また量が取れた場合は、味噌漬けや塩漬けにすると長く味わうことが出来る。塩漬けして時間がたってもウドの香りはしっかり残っている。そんなウド採りもそろそろ終わりになる。また来年を楽しみにしよう。


f0170180_11385730.jpg


by torasan-819 | 2017-06-26 07:10 | 山菜・木の実 | Comments(0)


<< 安達太良山・杉田川 ~ 201...      朝日鉱泉からの大朝日岳周回 ~... >>