2017年 07月 23日
南屛風岳・コガ沢滝沢 ~ 2017年7月22日
f0170180_09374236.jpg


南屏風岳東面を集水域とするコガ沢は、これまで何度か遡行している。コガ沢には何本か枝沢が入るが、その一つである滝沢は未遡行なので機会があればと思っていた。22日は予定がキャンセルで空いてしまったので、滝沢をに行ってみることにした。パートナーは急な誘いにも乗ってくれることの多いF井さん。沢登りの経験はまだ少ないF井さんだが、ちょうど良いトレーニングにもなるだろう。


山域山名   蔵王 南屏風岳 コガ沢・滝沢
山行期間   2017年7月22日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れのち曇り
参加者    2人(L:トラ山・F井)
行程     白石スキー場7:40~入渓8:43~権現沢出合9:45~10mナメ滝10:28~滝沢出合12:30~20m涸れ滝14:06~
       稜線登山道15:13-15:30~不忘山15:57~白石スキー場17:55
行動時間   10時間15分
移動距離   9.5km(参考値)
標高     最低点840m 最高点1,770m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m)





           夏空のゲレンデ
f0170180_20243370.jpg


           暑いので早めに入渓
f0170180_20254888.jpg


           小手調べの5m滝
f0170180_20290874.jpg


           権現沢出合手前の4m滝
f0170180_20325269.jpg


           権現沢出合を右俣のコガ沢へ
f0170180_20345615.jpg


白石スキー場の駐車場からスタート。ゲレンデを登っていくとたちまち汗が噴き出てくる。水引コースへ入ってしばらく歩き、登山道が沢まで下りたところで入渓した。ひんやりとした沢水に浸かると汗が引っ込んでくる。ゴーロがしばらく続き、滝をいくつか越えると権現沢出合だ。ここまでスキー場からは約2時間で順調といえる。出合のすぐ上で登山道が横断しているので、時間短縮したい場合はここから入渓する方法もある。左から5ⅿほどの滝で合わせる権現沢は、滝の巻きが1か所あるくらいで易しい沢といえる。



           出合から上は小滝が続く
f0170180_20390769.jpg


           4mほどの石滝
f0170180_20411675.jpg


           2m滝
f0170180_22231127.jpg


           幅広のナメ10m滝
f0170180_21131561.jpg


           上部の10m滝
f0170180_21150414.jpg


           この滝を越えたところでアクシデント発生
f0170180_21163775.jpg


二俣を右俣のコガ沢へと進み、登山道渡渉点のロープをくぐると小滝が続く。へつったりよじ登ったりちょっとテクニカルで面白い場所だ。5ⅿ滝を越えると幅広のナメが現れる。下部の10ⅿ滝は傾斜が緩いが岩が滑りやすいので注意して歩こう。上部の10ⅿ滝は傾斜が急になるのでロープを出した。滑る岩にちょっと緊張して登る。さらに上にもナメがあるのでスリップに注意が必要だ。4m滝に続く3m滝を越えたところでアクシデント発生。左眼に虫が入ったようで痛みが走った。虫が動くのでかなりの痛みで眼も開けられない。痛みが少し引いたのでF井さんに眼を見てもらったが、虫はいないようだとのこと。昼食を兼ねてしばらく休んだら痛みも治まってきたので遡行を続けることにした。(実は翌日の昼過ぎに目ヤニと一緒に体長5ミリほどのアリが左眼から出てきた!)



           8m滝
f0170180_21201581.jpg


           滝沢出合
f0170180_21260745.jpg


           滝沢最初の8m滝
f0170180_21280937.jpg


           5m滝は枝沢が滝で出合う
f0170180_21295241.jpg


           7m滝
f0170180_21323424.jpg


           4m滝
f0170180_21352774.jpg


右から表入道沢を合わせるとナメとなり釜のある8ⅿ滝。釜は左岸をへつって水流右を登る。F井さんにはロープを出したが、釜のへつりが上手くいかずに何度もドボン。やっとへつって登れたがだいぶ体力消耗した様子だ。前方に南屏風岳の東面が見えてくると二俣となる。左が滝沢だ。入り口が狭くて拍子抜けするほど小沢の印象。以前コガ沢を遡行したときは、滝沢とは思わずに通り過ぎてしまった。少し歩くと二俣があり水流のある右へ進む。右岸に8ⅿ滝が現れて沢は左へ直角に曲がる。この滝の登りは容易。次に現れたのは2条の滝で高さは5ⅿほど。この2条の流れは各々別の沢で右が枝沢のようだ。左壁から小さく巻こうとしたが、手がかり足がかりに乏しくちょっと嫌らしい。結局ロープを出したが慣れない登りにF井さんも少々手こずる。沢に下りるとすぐ7ⅿ滝だが右から快適に登る。次の二俣を水流のある右へ進むとすぐ4ⅿ滝を越える。



           8m涸れ滝
f0170180_21381712.jpg


           20m涸れ滝
f0170180_21403502.jpg


           源頭部を詰める
f0170180_21443488.jpg



           稜線へと詰める
f0170180_21483123.jpg


           ヤブに突入
f0170180_21485458.jpg


           稜線に出た
f0170180_21505634.jpg


           不忘山とヒナウスユキソウ
f0170180_21560515.jpg


徐々に源頭の雰囲気となり、流れは細くやがて途切れがちとなる。水が枯れてから現れた二俣も、南屏風岳に向かうと思われる右へ進む。8ⅿ涸れ滝を容易に越えると沢は開け、前方に岩壁が現れる。中央部に一筋濡れているところがあり、時期によっては滝となるのだろう。F井さんに先行してもらうと中央部をするする登っていく。手がかり足がかりはあるようだが岩は結構立っている。中段に小テラスはあるが全体で高さ20ⅿはあるだろう。ここはロープを出すべきだったとちょっと反省。
10ⅿほどのツルっとした涸れ滝を左から灌木頼りで越えると、傾斜が増した岩登りでどんどん高度を上げていく。いったんザレ場になってから笹ヤブに突入。20分近くヤブ漕ぎをして稜線の登山道に出た。ガスで眺めは無いが南屏風岳山頂の少し南側のようだ。沢靴を下山用の靴に履き替えて下る。不忘山を経由してツルツル滑る登山道をゆっくり歩き白石スキー場に戻った。今回はいろいろあって10時間以上の行程となったが、通常は8~9時間での遡行が可能だろう。
さて、滝沢はその名のとおり滝の多い沢だった。水量は少ないが様々な滝を登って稜線に到達することができる。あまり難しいところは無いので、しっかりしたリーダーがいれば初心者も楽しく遡行ができるだろう。ただし、初心者だけでの入渓は避けたい。



           遡行ルート
f0170180_22121889.jpg





           おまけ…目に入っていたアリ
f0170180_22154559.jpg


by torasan-819 | 2017-07-23 12:26 | 沢登り | Comments(0)


<< 北岳バットレス ~ 2017年...      北岳バットレス >>