2017年 10月 12日
御神楽岳・水晶尾根 ~ 2017年10月9日
f0170180_06291683.jpg
2年前御神楽岳に登ったのだが、その凄絶なスラブ群の景観に圧倒された。その中央を割るように水晶尾根があり、実際見てみると自分が登るなどということは考えようもなかった。その時の記事にtabilogue2さんから水晶尾根などについていくつものコメントをいただいた。水晶尾根について以前登った時のことを、tabilogue2さんのブログに掲載したとのことで、大変興味深く読ませていただいた。いつしか触発され登ってみたいと思うようになったが、自分は経験&実力不足でハードルが高かった。しかし、今年はメンバーさえそろえば行けるかなと思うようになり、後延ばしする年齢ではないことから思い切ってトライすることにした。メンバーは同じ歳のY島さんに技術体力兼ね備えたK樹さんという、自分以上のクライミング能力のあるメンバーで固めた万全のパーティー。とは言えネットで探しても水晶尾根の記録は少ない。ましてやこの年代のパーティーが登っている記録などない。とにかく気負わず自然体で登ってみようと向かうことにした。


山域山名   御神楽岳・水晶尾根
山行期間   2017年10月9日(月)
山行形態   アルパインクライミング
天候     曇り時々晴れ
参加者    3人(L:トラ山・K樹・Y島)
行程     登山口6:21~湯沢の出合7:11~本名穴沢出合8:10~トマノ左俣出合8:25~水晶尾根上12:00~山伏の頭14:57~
       湯沢の頭15:13-15:23~湯沢の出合17:21~登山口18:40
行動時間   12時間19分
移動距離   10.3km
標高     最低点270m 最高点1,184m
装備     ロープ50m×2





             道は広谷川左岸に延びる
f0170180_04202247.jpg


             途中から沢を歩く
f0170180_04265695.jpg


             ラクダの窓沢
f0170180_04292071.jpg


             本名穴沢出合
f0170180_04311007.jpg


登山口手前の駐車スペースに到着すると大人数のパーティーが朝食中。その脇に車を入れて聞くと栄太郎新道で御神楽岳に登るとのこと。こちらは3人なので手早く支度を整えるとお先にとスタートした。ガスがかかっていて青空は見えないが晴れることを期待しよう。登山口で登山届を入れて歩き始めるとほどなく、最近と思われる崩落個所があり下から回り込んで通過する。道は広谷川の左岸をほぼ水平に延びてゆく。50分ほどで湯沢の出合に到着。御神楽岳へと至る栄太郎新道はここから右に折れて登るのだが、水晶尾根へはさらに広谷川沿いに進む必要がある。湯沢の出合から先はやや不明瞭になるが道は続いている。しかし、たいして進まないうちに道が無くなったのか見失ったのか分からなくなり広谷川に降りた。左岸にラクダの窓沢が現れ見上げると二つの峰があり、それが沢の名前の由来なのかと思った。特に問題なく遡行していくが、1箇所喉のように狭まった所でヘツリを諦め左岸を高巻いた。沢に戻ると右岸から笹倉沢が出合い、さらに200ⅿほど進むと左岸から沢が出合う。意外なほど狭い出合いで水流も細いが、どうもこれが本名穴沢のようだ。水晶尾根への取り付きはここからになる。



             左のトマノ左俣へ入る
f0170180_04334030.jpg


             沢筋を辿った
f0170180_04364982.jpg


             スラブを登る
f0170180_04435355.jpg


             突破に時間を要したルンゼ
f0170180_04480399.jpg


             尾根直下の岩壁
f0170180_05031311.jpg


             やっと尾根に乗った
f0170180_05044729.jpg


             山伏尾根と本名穴沢源頭のスラブ
f0170180_05070101.jpg


             つばくろ尾根
f0170180_05071139.jpg


ナメの小滝をいくつか登っていくと開けてきて左から枝沢が出合う。記録ではトマノ左俣を登るとあったのでこれがそうだろう。枝沢を登っていくと斜度が増しかなり立ってくる。ロープ無しで登れる限度まで頑張り右へ逃げた。後から分かったのだが、もっと手前で右のルンゼに入るのが素直なルートだったようだ。それとは知らず我々はヤブとスラブのミックス斜面を登っていく。スラブでロープを1ピッチ出すとさらに切り立った斜面になった。岩が微妙に滑りやすくて細い潅木を頼りに直上するにはリスクがありすぎる。右手のルンゼがなんとか登れそうに見え、K樹さんがトライするがなかなかロープが延びていかない。セミのように斜面にとまった自分とY島さんからはよく見えないので待つしかない。声をかけるとハーケンの利かない岩で潅木もなくランニングビレイが取れないのだという。それでもK樹さんはじりじりと登り突破に成功。セカンドで自分が登ったがとにかく悪い。よくぞ登ったものだ。結局この部分の通過に1時間以上かかってしまった。残置が見当たらなかったことからすると、おそらくこの箇所は登られていないのだろう。他の記録ではこれほど時間がかかっていない。もっと右手のスラブが本来のルートのようだ。自分のルートミスである。その後はロープを出すことなく30分ほどで尾根に乗った。尾根からは右にドームが特徴的な山伏尾根、左には御神楽岳のスラブ群が見える。予定よりだいぶ遅れているが、眺望と高度感を楽しみながらの昼飯にした。



             この岩峰が御神楽槍か
f0170180_05154971.jpg


             念のためロープを出す
f0170180_05175331.jpg


             ここは右から巻き気味に登る(残置あり)
f0170180_05231996.jpg


             高度感がある
f0170180_05254516.jpg


             山伏の頭が大きく見えてきた
f0170180_05313015.jpg


             山伏ドームが目立つ
f0170180_05422034.jpg


             ギャップへ下降
f0170180_05470327.jpg


             高度を上げてゆく
f0170180_05483860.jpg


             右から巻くところ
f0170180_05500717.jpg



             来年還暦の2人
f0170180_07054697.jpg


             湯沢の頭が近づく
f0170180_06564078.jpg



             紅葉のヤブを漕ぐ
f0170180_06012636.jpg


             湯沢の頭に出た
f0170180_06053834.jpg


水晶尾根にはいくつかの岩峰がある。最初の岩峰(御神楽槍?)は念のためロープを延ばしたが、無くても問題はない程度だ。次の岩峰には古い残置ボルトとハーケンがあった。ロープを出して右から回り込むように登る。本名穴沢のスラブが眼下で、なかなかにしびれる高度感が味わえる。その後は快適に尾根を辿ると、前方には山伏の頭が近づいてくる。途中でちょっとしたギャップがあり少し下降して登り返す。湿度が高いのか自分は大汗をかいているのに、細身の2人は涼しい顔でどんどん先行していく。標高が上がると徐々にヤブも色づいてくる。右から山伏尾根が近づいてきて水晶尾根と合わせると山伏の頭だ。もう稜線も近い。斜度も緩やかとなり最後に紅葉のヤブ斜面を登ると、湯沢の頭で登山道に出た。



                  栄太郎新道で下山
f0170180_06074868.jpg
f0170180_06525290.jpg


             登山口に到着
f0170180_06080354.jpg


下山は栄太郎新道なのだが、これがなかなかの道で走れないので時間がかかる。登山道というレベルではなくバリエーションルートそのものである。山伏尾根を今度は反対から眺めながら下っていると、来年還暦記念に登れるだろうかと思う。滑落しない程度の急ぎ足で下り、何とか暗くなる前に厳しい場所は通過した。しかし、たちまち暗くなり湯沢の出合の手前でヘッデンを点ける。我々が湯沢の頭にいるとき下山してきた単独男性が、後を追って必死についてきている。仕方ないので彼がついてこれるようゆっくり歩いて無事登山口に到着。御神楽温泉(500円)で汗を流して帰宅の途に就いた。

水晶尾根は基本的にはヤブ混じりの岩稜歩きだが、周囲のスラブ群を眺めながらの登攀は楽しい。水晶尾根も含めてこの御神楽岳のスラブ群は、アプローチが楽であればもっと登られるのだろう。しかし、踏み込む者が限られた現在の静かな状態が、ある意味理想的なのかもしれない。我々にとって今回の核心は尾根への取り付きルートだった。そこをクリアできれば、それ以降はさほど難しい箇所もない。とはいえパーティーや時期(雪渓のあるなし)によって所要時間はかなり違うと思われるので、登ってみようと計画する場合は注意したい。我々は自宅からの日帰りで行ったのだが、年齢的なこともありそこそこハードに感じた。取り付きの下見も兼ねて湯沢の出合あたりで前泊とするのが望ましいと思う。



             GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_06105973.jpg


by torasan-819 | 2017-10-12 04:00 | | Comments(8)
Commented by tabilogue2 at 2017-10-25 09:46
楽しかったでしょう? 呪縛からも解放されてよかったよかったw
2回も行った自分にすれば 仲間が増えて嬉しい
Commented by torasan-819 at 2017-10-25 21:02
tabilogue2さん
楽しんできました!取り付きでどうなるかと思いましたが(^^;)
じゅ、じゅばくですか?気になっていたというか囚われていたのは事実ですね。
とってもすっきりしました(^▽^)/
でも次の課題が増えたような気もします。

ところでいただいたトポ画像ですが、見ようとしたらなぜかファイルが壊れていて開けませんでした。
というわけで出たとこ勝負の水晶尾根だったんです。
いずれにしても2年前は自分が登るとは思ってませんでした。
切っ掛けをいただきありがとうございました。
Commented by tabilogue2 at 2017-10-25 21:16
本名穴沢って冴えない所なので 焦ったでしょう?w 大岩が右岸にあったはず。で、取り付きですが穴沢の右岸に錫杖尾根と言われる水晶尾根の端緒尾根から登るのが正規のようです。僕らはトマの左俣の草原状を左に折れて水晶尾根の末端から200mほどの支尾根に取り付きブッシュ気味の支尾根を松の小枝を頼って水晶尾根に上がりました。トラさんたちは更に右上して難易度を上げたようです。更にもっと右からですと簡単に階段状スラブで御神楽槍手前に上がるようです。Y島さん トラさん お二人とも還暦前ですか?「全く そうは見えません」50台半ばですね。

御神楽槍を越えて、◯樹さんが立った岩峰は我々が立った岩峰と同じだったので感激が蘇りました。どうおありがとう 楽しめて良かったです。 
Commented by torasan-819 at 2017-10-26 06:57
tabilogue2さん
そうなんですよ。あれっここなの?という感じでした。地形図を見て尾根の末端からの取り付きもあるかなとは思いましたが、登山大系にもあるトマノ左俣を辿ってみました。沢に入ればとことん詰めようという沢屋の習性で登っていったのですが、ちょっと難しいところに突き当たってしまいました。
50台半ばですか~還暦とあまり違わない(笑)いつまでこんなことやってられるか分かりませんが、年寄りの冷や水と言われないようにはしたいと思います。
Commented by tabilogue2 at 2017-10-28 10:56
いよいよ、、、来年は「還暦記念山行」ですねw
それに見合う山行をチョイスしましょうか? 磐司沢いかが?
試登で5回ぐらい挑まないと 大滝直下までは行き着きません(´艸`)
Commented by torasan-819 at 2017-10-28 20:10
tabilogue2さん
参ったなあ…お見通しなんですね。
実は水晶尾根を登っているときにY島さんに来年は還暦記念山行をしようと言ってたんですよワタクシ。
もしかしてtabilogue2さんも還暦記念山行だったんですか?
磐司沢はだいぶ敷居が高いですね。還暦でコンクリート釘べた打ちなんてあまりしたくはありませんね(笑)
来年は今年考えていて行けなかった沢と縦走を数本はやりたいですね。
まああまり欲張る気はないのです。仕事もなぜか還暦めがけて忙しくなってますので。
いろいろな意味で仕上げの年と思っています。
Commented by NYAA at 2017-11-01 01:27 x
私は、同じ山に二度登ることは、ほとんどないのですが、御神楽岳は別格で、蝉コースから同じ年の6月と10月に登りました。

このスラブを登攀できるのは、魅力ですね。私も挑戦したくなりました。
Commented by torasan-819 at 2017-11-02 23:36
NYAAさん
御神楽岳のスラブはすべて登攀対象となります。
あとはやる気と技術とパートナーですね。
条件がそろうのであれば是非トライしてみてください。


<< 会津・洞厳山 境の沢遡行~阿寺...      栗子山塊・滑谷沢右俣 ~ 20... >>