2017年 12月 30日
吾妻山(高湯から井戸溝まで) ~ 2017年12月30日
f0170180_00534232.jpg


山域山名   吾妻連峰 吾妻山(高湯~井戸溝)
山行期間   2017年12月30日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    9人(L:トラ山・和〇・S藤・T甲・W井・U井・K藤・M戸・M司)
行程     駐車地点8:50~登山口9:25~スカイライン横断10:20~水飲場10:34~山鳥山11:56~井戸溝12:35-13:00~山鳥山13:20~
       旧あづまスキー場上部13:42~駐車地点15:00
行動時間   6時間10分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測





             磐梯吾妻スカイラインのゲートを越える
f0170180_00385157.jpg


             夏道沿いに登っていく
f0170180_00403882.jpg


             風もなく穏やか
f0170180_00415540.jpg


             スカイライン横断箇所でひと息つく
f0170180_00432518.jpg


高湯からのルートはあまり風が当たらない。今日のような強風の日には定番のルートだ。登山口から夏道沿いに登り始めると、昨日のものらしい薄っすらとしたトレースがある。昨夜降った軽い新雪が20センチほど積もっていてラッセルが続く。9人パーティーなのでラッセル要員は豊富だ。トップをどんどん交代しながら登っていく。ラッセルは慣れていないと体力を消耗する割には進まない。コツを掴むには経験を積むのが一番だ。登山口から1時間弱でスカイラインを横断する。この上からはさらに積雪量が増してくる。



             水飲み場の小沢は一部露出していた
f0170180_00442844.jpg


             登山道の凹地ではさらに深雪となる
f0170180_00495706.jpg


             ラッセルが続く
f0170180_00501174.jpg


             井戸溝の橋はまだ埋まっていない
f0170180_00593808.jpg


雪が深くなるとスキーのトップが雪の上に出にくくなり、ラッセルがやりづらくなる。強引にトップを出そうとすると非常に疲れることになる。そんな時は、踏み出す方のスキーを片方のスキーの上に重ねるようにして前に出すようにすると良い。比較的容易にトップが浮いてくるので力もあまり必要としない。深くなる雪と格闘してラッセルを続けたが、山鳥山で既にスタートから3時間が過ぎた。もはや昼時だがもう少し頑張ることにした。山鳥山から40分ほどで井戸溝に着いたので、今日はここまでとして昼食を取ることにした。



             下り緩斜面でも板が走る
f0170180_01012495.jpg


             潅木がうるさいスキー場跡
f0170180_01024176.jpg


             参加者の皆さん
f0170180_01322261.jpg



             スカイラインを滑り降りる
f0170180_01273215.jpg


昼食を取ってから下山にかかる。雪が軽いのでスキーが走る。山鳥山までは往路を辿ったが、そこから先は往路を外れて旧あづまスキー場へと向かう。ゲレンデ跡を滑ろうと思ったのだが、潅木が煩すぎてまったく滑りにならない。この2年ほどで急激に成長したように感じる。もうこのスキー場跡を下山ルートに選ぶ意味もあまりなくなったようだ。途中から磐梯吾妻スカイラインに出てしばらく進み、また往路に戻ると登山口に出てスカイラインを滑り駐車地点に戻った。今日は曇りということもあり最後まで軽い雪だったのは良かった。高湯温泉の高原荘で湯につかり(300円)帰宅した。



by torasan-819 | 2017-12-30 20:52 | 山スキー | Comments(2)
Commented by U井 at 2018-01-04 23:25 x
今年も引き続きよろしくお願いします
集合写真の自分に、はて?違和感があり拡大してみたら…細やかなお気遣いありがとうございました。
Commented by torasan-819 at 2018-01-06 07:00
U井さん
こちらこそよろしくお願いします。
後生掛温泉に行きたかったのですが残念です。楽しんできてください。


<< 蔵王・刈田岳 ~ 2017年1...      山スキー講習会・刈田岳 ~ 2... >>