2018年 02月 03日
ゲレンデでのスキー講習会 ~ 2018年2月3日
f0170180_02415888.jpg
山スキーの世界に入ってくる人に良くあるパターンだが、ゲレンデでそれなりに滑ることができるので、山でも滑られるというイメージを持っている人が多い。しかし、実際に山に入るとそのイメージは粉々に打ち砕かれることがほとんどだ。山はやはり自然であり、人の手で管理されたゲレンデとはかなりというか全く違うのだ。やはり山のことは山で経験し覚えるのが一番だと思う。しかし、スキーの滑降技術に関していうと、山では滑る時間が短いので上達には回数と時間が必要となる。ゲレンデスキーと山スキーでは求められるスキルは違うのだが、基本的なスキー技術に関してはとりあえずゲレンデで練習するのが手っ取り早い。というわけで、山スキー初心者対象のスキー講習会をF井さんにお願いした。場所はF井さんのホームグラウンドでもあるセントメリースキー場。朝から真っ青な空が広がり、今日は山に登れば良かったかなと後悔するくらい良い天気になった。F井さんはスキーがクラウンプライズの腕前でボードも上手い。自分でやるのは上手くても人に教えるのは下手という人もいるが、F井さんは相手にあわせ相手が理解しやすい言葉で教えてくれるので有り難い。上手く滑るための技術というよりは、安全に下降するための技術をメインの講習にしてもらった。そのひとつが横滑りで、急斜面であっても横滑りが出来れば安全にゆっくり下降することができる。山スキーではそんな場面が結構多い。昼食休憩後には弱層テスト、ビーコン探査、ゾンデ探査までひと通り練習してみた。メンバーの中にはシャベルやゾンデを初めて使うという人もいる。山スキーには必要だからと買ったものの、実際に試してもみていないらしい。それではお守りにもならない。その人がどこまで理解し身に着けているのかは、何回か一緒に山スキーをしてもなかなか分からないものだ。午後からも目一杯練習して解散した。もう1回くらいやりたいが、山スキーにも行きたいしでどうしたものか。


by torasan-819 | 2018-02-03 20:38 | 山スキー | Comments(0)


<< 猫魔スキー場から雄国山・裏磐梯...      蔵王・不忘山 ~ 2018年... >>