カテゴリ:山スキー( 242 )

2011年 02月 05日
西吾妻山・二十日平 ~ 2011年2月4日
f0170180_2210617.jpg
======================================================================
山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
山行期間   2011年2月4日(金)
山行形態   山スキー
地形図    吾妻山
天候      晴れ(山頂はガス)
参加者    5人(L:和○さん、佐○さん、河○さん、長○さん、トラ山)
行程      グランデコ駐車場8:35=リフト終点9:23~西大巓10:46~西吾妻小屋11:48-12:10~西吾妻山12:22-12:38~
         中ノ沢渡渉点14:17~グランデコスキーセンター14:34
行動時間   5時間11分
移動距離   10.0km
累積標高差  +720m -1,280m
======================================================================
福島市内の集合場所には、私にしては珍しく一番乗り。4人で乗り合わせてグランデコスノーリゾートへと向かう。今日の天気予報は曇りだが、道すがら眺められる東吾妻山、安達太良山はクリアーに見えている。しかし土湯峠を越えると天気が変わるのはよくあること。ところが峠を越えても空は青く、磐梯山がクッキリと見えてきた。裏磐梯で長○さんと合流。長○さんは山スキーを始めたばかりで今日で3回目。そういえば昨年、私が和○さんに今日と同じルートに連れてきて貰ったときも3回目だったことを思い出す。昨年は登りは良かったのだが、西吾妻山からいざ滑ろうという頃にホワイトアウトになり初心者の私は結構大変だった。さて今回はどんな山スキーになるだろうか。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-05 22:17 | 山スキー | Comments(4)
2011年 01月 31日
雪山遊び(蛤山) ~ 2011年1月30日
f0170180_23115111.jpg

30日は山行を計画していなかった。月曜日に罹ったインフルエンザがどうなるかわからなかったので。しかしインフルエンザが良くなって金曜日には仕事もできるようになるとじっとしていられなくなる。そこで近所の山を散策することにした。相方の加○さんの好きなように歩いたのだが…
初っぱなからヤブ漕ぎになり、スキーでは登れなくなりツボ足で登り、深雪ラッセルを十分以上に堪能し、気がつけば6時間近くも山遊びをしていた。雪さえあればたいがいのところをスキーで歩くことができるのだが、この日はそれでも限界があることを知った(笑) 登れませんよあんなヤブ急斜面。
それにしても尾根は寒かった。ここは2000m級の山?と言いたくなるほどに寒く、口がこわばって上手くしゃべれなくなったほどだった。加○さんの帽子も頭の形のままに凍り付いてしまったほど。里山ゆえ植林地も多く、木の密度が濃いので滑りを楽しむというところまではいかなかった。例外は偶然に伐採した斜面に出たときだった。天然急斜面のゲレンデとなっていて、フカフカのパウダーを堪能できた。遠くに行かずとも近所の何でもない山で雪山遊びができるのは、幸せというものだろうか。なんといってもガソリン代、昼飯代含めて千円で1日遊べるのだから財布にも優しいし。こんな地味~な(でも面白かった)雪山遊びもイイネ(^。^)

他の画像はこちら

by torasan-819 | 2011-01-31 23:32 | 山スキー | Comments(10)
2011年 01月 25日
吾妻連峰・高山 ~ 2011年1月23日
                         山頂のテレビ電波反射板
f0170180_13473098.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 高山(1,804.8m)
山行期間   2011年1月23日(日)
山行形態   山スキー
地形図    土湯温泉
天候      晴れのち雪
参加者    単独
行程      男沼7:43~登山口8:52~ヤセ尾根1240m10:23~高山13:04-13:30~ヤセ尾根1240m14:18~登山口14:42~男沼15:27
行動時間   7時間44分
移動距離   15.8km
累積標高差  +1,411m -1,411m
======================================================================
吾妻連峰の高山(たかやま)は2年前にスノーシューで登ろうとして途中敗退した山だ。その時の記録はこちら。今回は山スキーで再挑戦することとなった。スノーシューの時は単独でのラッセルがきつかったことも敗退の原因のひとつだったが、今回は山スキーで機動力がありパーティーなので問題はないだろうと思っていた。しかし早めに帰宅しなければならない事情ができた私は、一緒に登るはずだった和◯さん達4人パーティーとは別に単独で先行する計画となった。午前5時20分過ぎに自宅を出発、福島西ICを降りると偶然和◯さんの車に遭遇。土湯温泉から細い道を男沼の駐車スペースを目指して登る。最後の700mほどは除雪されておらず車で雪を踏み固めただけで、4躯でも油断すればスタックしそうだ。駐車スペースには既にワカサギ釣りと思われる車が5~6台止まっていていっぱいだった。我々は30分以上かけて雪をかきあらたに駐車スペースを作らねばならなかった。おかげで準備運動にしては十分すぎるほど汗をかいてしまった。準備をして和◯パーティーに先行し7:43にスタートする。スタート地点の標高はGPS読み659m。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-01-25 10:33 | 山スキー | Comments(6)
2011年 01月 18日
蔵王・不忘山 ~ 2011年1月16日
f0170180_249487.jpg
======================================================================
山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m)
山行期間   2011年1月16日(日)
山行形態   山スキー
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    3人(L:加○さん、高○さん、トラ山)+管○さん
行程      スキー場駐車場8:50=ゲレンデトップ9:30-9:39~C1,500m地点11:00-11:25~硯石12:42
行動時間   3時間3分
移動距離   約5.7km
累積標高差  +約380m -約810m
======================================================================
週末の天候は荒れるとの予報だったが、加○さんから近場の不忘山へとお誘いがあったので行くことにした。高○さんの車を硯石の県道脇にデポしてから白石スキー場へ向かう。登山届を出し白石スキー場のリフト2本を乗り継ぐと標高1,130mほどのゲレンデトップだ。準備をしていると加○さんと高○さんの知り合いの管○さんが声をかけてきた。昨日山スキーに来て携帯電話を落としてしまったので探しに来たのだという。docomoに聞いたら不忘山中にあるという回答だったらしい。管○さんは単身先行したのだが、途中で追いつき結局最後まで一緒に行動することとなった。上の方はガスがかかり見えないが、覚悟したわりに風がほとんど無いのは嬉しい誤算だった。フカフカの新雪のラッセルは加○さんが頑張ってくれるので、しばらく楽な2番手で登っていく。管○さんのGPSの記録で、昨日携帯を落としたであろうC1,500m辺りのポイントに着いた。おそらく昼食休憩時に落としたのだという。別な携帯で電話すると加○さんが着信音がかすかに聞こえるという。半径3mくらいで探しているとついに見つかった。あまり雪に埋もれていなかったとはいえ、この冬山の中でピンポイントで場所を特定し見つけられるとは恐るべしGPSである。ちょっとショックだったのは加○さんに聞こえた着信音が私には聞こえなかったこと。ん~耳も悪いのか(笑)

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-01-18 02:34 | 山スキー | Comments(16)
2011年 01月 15日
冬山合宿(裏磐梯) ~ 2011年1月8日・9日・10日
f0170180_958844.jpg


会恒例の冬山合宿。今年は1月8日から10日に裏磐梯で行われた。

1月8日(土) この日の参加者は8名。裏磐梯スキー場のリフトを2本(700円)乗り継いでゲレンデトップへ。昨年イエローフォールを見に来て以来だから1年ぶり。テン場は銅沼(あかぬま)の手前あたりなので近い。場所を決めたら踏み固め作業を行う。肩を組み横一列で何度も何度も歩いて雪を踏み固めるのだが結構キツイ。しかしこれをしっかりやらないと快適なテント泊とはならない。仕上げにスキー板で平らに均す。テント(エスパース)を2張り設置するが、張り綱のペグやテント周囲の雪押さえなどやってみないとわからないことが多い。少し離れたところにトイレを作って完了した時は午後1時をだいぶ過ぎていた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-01-15 05:19 | 山スキー | Comments(12)
2011年 01月 06日
安達太良山での山スキー ~ 2011年1月3日
f0170180_229570.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山(1699.6m)
山行期間   2011年1月3日(月)
山行形態   山スキー
地形図    安達太良山
天候      晴れ
参加者    4人(L:和○さん、杉○さん、牧○さん、トラ山)
行程      あだたら高原スキー場8:43=ゴンドラ山頂駅9:19~仙女平分岐10:05~安達太良本山10:47-11:14~
        振子沢上部12:10~勢至平12:44~あだたら高原スキー場13:37
行動時間   4時間18分
移動距離   約8.3km
累積標高差  +約500m -約875m
======================================================================
今シーズン初の山スキーは安達太良山となった。和○さんの企画に乗せてもらったわけだが、半日コースなので退院後まだあまり歩いていない私としては、足慣らしにちょうど良さそうだ。あだたら高原スキー場には  頃着いたが、まだ車は少なく駐車場は空いていた。スキー場の積雪は、昨年末の降雪によりまあまあのようだ。もろもろの準備をすませてゴンドラ「あだたらエクスプレス」(片道900円)に乗り込む。約6分で薬師岳の標高1350mに到着。スキーにシールを貼っていないのは私だけなので早速シールを貼る。ここはまだ晴れているが山頂はガスがかかって見えない。この時期に安達太良山頂が晴れるのはひと月に3日くらいしかないのだという。 に歩きだすが、ハッキリしたトレースがあり、勾配も緩いので何となくハイキング気分である。しかしゴンドラを使ってのアプローチのしやすさに、安達太良山自体も易しいと錯覚してはいけない。ここは東北の1,700mクラスの山であり、冬季は風も強く決して易しい山ではない。登山者が多いこともあるのだが、冬季の遭難が多い山なのだ。もし中途半端な気持ちで登ってひとたび荒れれば、もう遭難と背中合わせである。つい4日前の12月30日に、我々と同じようにして山スキーで安達太良山に登ったと思われる地元の単独男性が下山せず、2日まで捜索されていたがいまだに見つかっていないのだ。1年前の年末にも、安達太良山頂近くで単独男性が遭難して亡くなっている。今日の天候は荒れないようだが油断は禁物である。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-01-06 22:21 | 山スキー | Comments(12)
2010年 05月 27日
鳥海山(百宅口コース) ~ 2010年5月23日
f0170180_18373753.jpg
============================================================
山名      七高山(2,229.2m)
山行期間   2010年5月23日(日)
山行形態   山スキー
山域      鳥海山
地形図    鳥海山
天候      薄曇り
参加者    2名(L:トラ山・加○さん)
行程      自宅4:00=登山口7:20-7:40~小松沢トラバース8:55~唐獅子平避難小屋10:20~
         七高山11:45-12:40~唐獅子平避難小屋12:57~小松沢トラバース13:17~登山口13:46
行動時間   6時間6分
移動距離   12.4km
累積標高差 +1,486m -1,485m
============================================================

鳥海山は5月8日以来だからほぼ2週間ぶりだ。この時期雪はどんどん融けていくので、1週間も空けばずいぶんと状況が変わる。2週間ならなおさらだ。シーズンの終了も近いこの時期、加○さんから百宅(ももやけ)コースはどうかとの提案があった。前回の湯ノ台コースは鳥海山の南裾からのアプローチだったが、百宅コースは東裾からのアプローチとなる。今は由利本荘市となった旧鳥海町の百宅地区から、さらに未舗装の林道を13.5kmも登ったところに広い駐車場があり百宅コースの登山口になる。この林道は登山口からすぐの大清水園地を6月上旬から利用できるように除雪を進めるらしい。ちなみに大清水園地には避難小屋、山荘、キャンプ場などがある。過去の記録を見ると、5月23日~30日あたりにかけて登山口まで開通しているようだ。だが何日が開通と決まった日はないらしく、行ってみないと状況が解らないということである。もし開通していなければ祓川コースに変更することにして、加○さんと早朝の高速道路に乗った。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-05-27 02:04 | 山スキー | Comments(4)
2010年 05月 20日
飯豊連峰 門内沢 ~ 2010年5月16日
f0170180_10265983.jpg

============================================================
山  名     門内岳(1,887m)
山行期間   2010年5月16日(日)
山行形態   山スキー
山  域     飯豊連峰
地形図     長者原・飯豊山
天 候      晴れときどき曇り
参加者     2名(L:和○さん・トラ山)
行 程     梅花皮荘4:55~飯豊山荘5:26~温身平5:42~自転車デポ5:47~スキー開始点8:00~
          石転ビ沢出合8:48~門内岳12:31~門内小屋12:40-13:10~石転び沢出合13:48~
         スキー終了点14:05~自転車デポ15:43~梅花皮荘16:23
行動時間   11時間28分(自転車移動含む)
移動距離   歩き&スキー15.8km+自転車12.2km 計28.0km
累積標高差  歩き&スキー+1,951m-1,953m 自転車+487m-487m 
============================================================

5月16日は和○さんと飯豊の入り門内沢を滑った。飯豊は石転び沢が気になっていたのだが、すぐ北側の門内岳から入り門内沢を滑降している坂野さんなどの記録が目につき、どちらの沢も気になる存在ではあった。しかし地形図を見てもその斜面はいかにも急であり、自分にはまだ手の出ないエリアと思っていた。しかし和○さんから入り門内沢に行かないかとの話しがあった時に、なぜか私の口はすぐ「行きます」と言っていたのだった。

いろいろ調べると、入り門内沢はこの頃滑られるようになったのではなく、滑降の醍醐味を求める人達によって以前から滑られていたようだ。そこに雪の斜面があれば誰かは滑ろうと考え実行するのだ。山があれば誰かが登ろうと考えるのと同じ事だ。しかしネットの無い時代は地元のスキーヤー以外には知る人ぞ知るエリアだったのだろう。和○さんは以前に入り門内沢を目指したらしいが、条件が悪く途中でタイムアウトになり断念したという。その時の再挑戦が今回の山行なのだが、ベテランの和○さんの雪辱戦のパートナーに山スキー初シーズンの私がなってもいいのだろうかと思ったのも一瞬で、既に頭は急斜面に向かう自分をイメージしているのだった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-05-20 03:42 | 山スキー | Comments(6)
2010年 05月 14日
鳥海山(湯ノ台口コース) ~ 2010年5月8日
f0170180_2443783.jpg
============================================================
山名      行者岳(2,159m)
山行期間   2010年5月8日(土)
山行形態   山スキー
山域      鳥海山
地形図    鳥海山・湯ノ台
天候      曇りのち晴れ
参加者    2名(L:加○さん・トラ山)
行程      駐車地点8:11~斜面取り付き8:47~休憩10:18-10:28~マタフリ沢源頭付近10:50~
         行者岳12:40-13:36~マタフリ沢源頭付近13:59~歩き開始15:15~駐車地点15:41
行動時間   7時間30分
移動距離   17.1km
累積標高差 +1,589m -1,592m
============================================================

4月20日に鳥海山の前衛峰といえる稲倉岳に登ったのだが、その時に鳥海山の本峰を眺め、あの山頂に登りにまた来ようと思った。その機会は以外に早く訪れ、週末の山スキーはどこ?と加○さんと話すと鳥海山の湯ノ台コースに行かないかとありがたい誘いをいただいたのだった。鳥海山未経験の私は早速その誘いに乗ることにした。湯ノ台コースは言わずとしれた山スキーのクラシックルートだ。鳥海山の山スキーコースには、祓川コース、吹浦コース、象潟コースなどがあり、その中でも湯ノ台コースは長い方のコースとなる。鳥海山の南側に公園道路が標高1200m地点まで通じていて、この道路を車で行けるところまで行った地点から行動開始となる。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-05-14 07:09 | 山スキー | Comments(8)
2010年 04月 25日
姥ヶ岳から湯殿山(中退) ~ 2010年4月24日
f0170180_14141863.jpg

============================================================
山名      姥ヶ岳(1,669.7m)
山行期間   2010年4月24日(土)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    月山・立谷沢
天候      曇り
参加者    4名(L:和○さん・柳○さん・加○さん・トラ山)
行程      白石6:20=姥沢9:05=リフト終点10:02-10:13~姥ヶ岳10:41-11:39~装束場12:15
         ~ネイチャーセンター12:45=姥沢13:11~石跳川13:42~ネイチャーセンター13:54
行動時間   3時間41分 (合計)
移動距離   10.5km (合計)
累積標高差 +302m -1,343m (合計)
============================================================
4月24日の月山方面の天気予報はあまりパッとしたものではなく、25日に向かって良くなるようだった。しかし24日から25日にかけて仕事なので、同じく25日が仕事の和○さんの月山パーティーに加えてもらった。月山スキー場のリフトを利用して上がり、姥ヶ岳~湯殿山~石跳川~ネイチャーセンターという登りをかなりズルできる計画だ。相方の加○さんを午前6時20分に拾い一路月山へと向かう。高速を走っていると山形との県境付近は路面こそ白くないものの、あたりは積雪で白く雪化粧だ。笹谷トンネルを抜けた山形側はどうなのかと思ったが、降らなかったようで一安心。和○さんとはネイチャーセンターで合流の予定だったが、7:55に志津温泉を過ぎた所で車列が続いていてストップ。除雪作業待ちでゲート閉鎖のようだ。和○さんに電話するとなんとすぐ後ろに和○さんが到着。打ち合わせなどしつつ待つが、結局通行可能となったのは8:45頃だった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-04-25 21:42 | 山スキー | Comments(4)