<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 31日
不忘山 ~ 2010年1月30日

f0170180_18125448.jpg
============================================================
山名      不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年1月30日(土)
山行形態   山スキー
山域      蔵王連峰
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    2名(オイラ・OIさん)
行程      白石スキー場8:00-8:25~ゲレンデトップ9:04~スキー板デポ(1,678m)11:02~
         不忘山11:09-11:16~休憩&シール外し11:20-11:30~白石スキー場12:24
行動時間   4時間(休憩等含む)
移動距離   8.7km
累積標高差 +917m -909m
============================================================

不忘山はオイラの自宅からもよく見える。
毎日朝に目が覚めると窓から南蔵王を眺めるのが日課だが、その南端に位置するのが不忘山だ。
身近な山だが今年はまだだったので30日に登ったというわけだ。
同行のOIさんは3日前に知り合ったばかりだが、山のキャリアも年齢も(失礼)大先輩になるお方だ。
天気はどんよりとした曇りだったが、この時期快晴になること自体珍しいし風が強くないだけましだ。
近い山で移動時間が読めるだけに家を出る時間がギリギリになってしまった。
集合場所の白石スキー場へと急ぐが、路面に雪が無いので約束の時間ピッタリ何とか間に合った。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-31 23:49 | 山スキー | Comments(8)
2010年 01月 25日
刈田岳 ~ 2010年1月24日
f0170180_0261922.jpg

24日は蔵王の刈田岳(1,758m)へと山スキー。
蔵王にでも行くかな~と考えていたら、Kさんが企画していたので乗っかった。
刈田岳は昨年12月26日に、オイラにとって初めての山スキーに来たところ。
その時は天気も良くなかったが、今日は我が家から見える蔵王は朝からくっきりと見えていて期待が持てる。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-25 07:30 | 山スキー | Comments(13)
2010年 01月 24日
初めての冬山訓練合宿(第3日) ~ 2010年1月11日
f0170180_1793936.jpg
朝目が覚めてぬくぬくとした暖かさが心地いいことに気づく。
シュラフ2枚重ねは正解だったようだ。
いやまてよ、昨日合流したSさん(女性)が隣に密着して寝ているからかもしれないな(笑)
テントの内張には結露した水分がキラキラと霜になって付いている。
昨夜は結構風が吹きテントも少しあおられたが、その時にこの霜が顔にサラサラと降ってくるのだ。

目が覚めてからしばらくじっとしていたが5:30を過ぎても誰も起きてこないのでモゾモゾと起きることにした。
皆も起き出して、外を見たYさんが晴れていて篭山がハッキリ見えるという。
低気圧が抜けていったのだろうか、今日の天気は期待が持てそうだ。
朝食を済ませテントの外に出ると箕輪山が青空をバックにくっきりと見えた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-24 23:38 | 山スキー | Comments(2)
2010年 01月 23日
初めての冬山訓練合宿(第2日) ~ 2010年1月10日
f0170180_19373561.jpg

午前5時半前に起床。
スリーシーズン用シュラフにシュラフカバーで寝た結果は…
3~4回は目が覚めたと思うが、その時にちょっと寒い感じはした。
しかし、眠れないほどではなかった。
テントが良かったのもあるかな?
ストーブを焚き、おじやの朝食をすませる。
外に出てみると風はなく穏やかなものの、天気はぱっとせず雲が多い。
箕輪山も今ひとつうかない顔のように見えた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-23 09:20 | 山スキー | Comments(4)
2010年 01月 22日
初めての冬山訓練合宿(第1日) ~ 2010年1月9日
f0170180_1343261.jpg
1月の9~11日の連休は冬山訓練合宿に参加する機会を得た。
山域は「安達太良山」だがオイラとしては初めての冬山テント泊であり、少々期待と緊張が入り交じっての参加となった。
訓練を行うのは福島登高会という山岳会だが、縁がありこの会の山行には昨年から何回も参加させていただいている。
福島市内の集合場所には早めに着いた。
しかしなんと、テントを忘れて戻った人がいたり、急用で戻ることになった人がいたりで予定よりかなり遅れて「あだたら高原スキー場」へ向け出発した。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-22 19:01 | 山スキー | Comments(5)
2010年 01月 22日
吾妻山(西吾妻山から二十日平) ~ 2010年1月20日
f0170180_175555.jpg

20日はオイラにとって3回目の山スキー。
天気予報では午後から崩れるとのことだったが、日中はまあまあ好天だろうとを期待して西吾妻山(2,035m)へと向かった。
西大巓(1,981.8m)の北東斜面を西吾妻山へ滑り下りるあたりまでは天気も良かったのだが…
西吾妻山へ登る途中で天気は荒れはじめ、昼食は雪を掘りツェルトを被って食べる羽目になった。
その後は滑降を楽しむどころではなく、ホワイトアウトの世界にルートミスしないよう緊張が続く。
ホントなら滑降する斜面を、ガス酔い状態でこけつまろびつやっと下ってきた。
いや~疲れましたホントに。

※デジカメの調子が悪く露出オーバーで白飛びの画像ばかり。露出をアンダーに設定しておくべきなのか?

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-22 04:03 | 山スキー | Comments(2)
2010年 01月 19日
スノーシューで登る後烏帽子岳 ~ 2010年1月16日
f0170180_5393354.jpg
1月16日は今年初のスノーシュー登山をしてきた。
仲間に声をかけ7名のパーティーになったが、スノーシュー初体験が3名も参加。
初スノーシューに蔵王の後烏帽子岳(1,681m)はちょっとキツイかとも思ったが、みやぎ蔵王えぼしスキー場のゴンドラとリフトを利用すれば登りはさほどでもない。
当日の天気もまずまずなので決行した。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-19 05:40 | スノーシュー | Comments(10)
2010年 01月 12日
お正月バージョン?
f0170180_6401496.jpg

これはなんでしょう?
お正月の飾り…ではありません(笑)
11日に安達太良で6人パーティーで山スキーをしていたのだが、同行の1人がポールのリングをどこかで落としてしまったらしい。
これから沢を滑降するのに…
ちょっと待てとリーダーのIさんがサクサクッと応急処置をしたのがこれ。
雪の下からハイマツの枝を掘り出しガムテープで十字にポールに取り付けて一丁上がり。
その後快調に沢の滑降をして5キロ以上滑り、スキー場に到着してもこのとおりまだまだ使えそう。
十分役に立ったようだ。
オイラはさすが経験の長いIさんと感心することしきり。
山ではこういうことができるかできないかが命運を分けてしまうこともある。
オイラもまだまだ経験を積まないとな~

by torasan-819 | 2010-01-12 06:59 | 山スキー | Comments(2)
2010年 01月 05日
今年の初スキー~1月3日
f0170180_7215270.jpg

3日は地元の白石スキー場へ。
息子(小1)は昨年からスキーを始めたが、これで通算4回目のスキーになる。
一緒に行った姪(小4)はスキー教室に何回かは行っているのでそれなりに上手い。
正月にもかかわらず空いているのでリフト待ちもほとんど無し。
リフト半日券でたっぷりと滑ってきた。
といってもほとんどファミリーコースに張り付いてましたが。
このスキー場は以前経営していた会社が撤退した後、地元の有志でNPO法人を立ち上げ運営している。
地元密着のアットホームなスキー場として頑張っている。
比較的スキーヤーが多いスキー場で、この日はスキーヤーとボーダーが半々くらいだった。
レストハウスで遅い昼食を食べ、遠刈田温泉で湯につかりサッパリしてから帰った。

More

by torasan-819 | 2010-01-05 07:21 | その他 | Comments(10)
2010年 01月 01日
読書 「俺は沢ヤだ!」
f0170180_841833.jpg

題名のとおり沢ヤ(沢登りを追求する人)さんの書いた本だ。
2009年から沢登りを始めたばかりのオイラだが、読んでいてその文章表現でリアルに場面が想像させられ引き込まれた。
この本を面白いと思う人はやはり沢登りをしている人だろう。
沢登りをしていない人が読んでも、なんで渓流にそこまで思い入れがあるの?というところでそこから先に共感は広がらないだろうから。
沢登りは一般の登山と比べれば、より原始的でより動物に近い感覚で歩き掻き分けよじ登る。
著者はそこに自分の「生きている」実感を得るが、それはオイラも同じだ。
無心に沢を遡行しているときに、自分が1匹の獣になっているような感覚を持つことがある。
オイラにとって「面白い」本であった。

by torasan-819 | 2010-01-01 16:36 | | Comments(13)