<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 02月 23日
蔵王・馬ノ神岳 ~ 2010年2月21日
f0170180_3433175.jpg

============================================================
山名      馬ノ神岳(1,560m)
山行期間   2010年2月21日(日)
山行形態   スノーシュー
山域      蔵王連峰
地形図    不忘山
天候      晴れ
参加者    単独
行程      スキー場7:45~支尾根取り付き8:20~馬ノ神岳10:46~林道11:48~スキー場12:22
行動時間   4時間37分
移動距離   11.7km
累積標高差 +910m -899m
============================================================

南蔵王にある馬ノ神岳(まのかみだけ)は、途中までの林道はあるものの山頂までの登山道は無い山だ。
植生の学術調査などで入る場合もあるようなので、ヤブこぎすれば登れないこともないのだろう。
昨年一昨年と残雪期に登っていたのだが、今年は雪が少ないようなので早めに登ろうかと考えていた。
21日は午後から息子のサッカーに付き合わなければならないので山は諦めていたのだが、前日の予報で天気が良いと見てはじっとしていられなくなった。
自由な時間が半日では地元の山しか行けないが、そうだこの機会に馬ノ神岳に登ろうと思った。

朝家を出るのが遅くなってしまった。
単独行だとどうしても時間に甘くなってしまうのは悪いクセだ。
自宅から白石スキー場までは20分ほど。
この時間ではもちろん駐車場はガラガラだが、スキーするわけではないので遠慮して一番端の隅に停める。
準備といっても大した装備もないのですぐ終わり、林道を歩き始める。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-23 04:02 | スノーシュー | Comments(6)
2010年 02月 22日
吾妻山(天元台・大平コース) ~ 2010年2月20日
f0170180_23295823.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月20日(土)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・鈴○さん・石○さん・オイラ)
行程      ロープウェイ湯元駅8:48=天元台駅9:03=リフト終点9:34-9:46~人形石10:33~藤十郎手前コル11:19~
         間々川渡渉点12:52~1393ピーク13:25~不忘閣跡13:58~大平分校記念館14:51
行動時間   5時間5分(休憩等含む)
移動距離   15.0km
累積標高差 +308m -1,674m
============================================================

20日は天元台から山スキーのクラシックルートである大平コースへ。
大平分校記念館に車をデポし、4人で天元台スキー場のロープウェイ湯元駅へと向かう。
駐車場で石○さんと合流。
切符をロープウェイ片道750円+リフト3回1,350円の合計2,100円購入。
ロープウェイは湯元駅920mから天元台駅1,350mまでの標高差430mを登る。
それからリフト3本でゲレンデトップの1,820mまで上がる。
天元台スキー場は標高が高いだけに雪質が良い。
この日もサラサラのパウダースノーだった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-22 07:41 | 山スキー | Comments(2)
2010年 02月 20日
会報「神室」~最上山岳会
f0170180_1861289.jpg


この「神室」(かむろ)という題名の冊子は、山形県の最上山岳会の会報だ。
時々のぞかせてもらっている東北の山遊びというブログで紹介されていたのを見て、山形の登山ショップに電話して取り寄せた。
山岳会の会報というから、定価2800円とはいってもそれほど厚くはないだろうと思っていた。
しかし自宅に宅急便で届いたものは、ずっしりと分厚かった。
なんと402ページもあるではないか。
嬉しい誤算である。
表紙を開き4ページにわたる目次を見ると、300本以上の山行記録が目に飛び込んできてクラクラするようだ。
オイラが今年山行を考えている山の名前が見て取れる一方、聞いたことのない山名もかなり多い。
これからひとつひとつ山の位置を地図で確認しつつ、じっくりと楽しんで読んでいきたい。

発刊の辞によると、最上山岳会は設立から25年を迎えたという。
この会はハードな県境縦走や未踏の山々や沢に挑んできた会員がいる一方で、地域の低山に目を向ける会員も多いという。
「通うほどに謎は深まり、遠くなっていくかのような、秘境の山々がすぐそこにある。山は、その存在からして人間の遊びの世界ではなく、生の根源の場であったはずであり、今もそうであろう。」
最上山岳会会長の坂本氏の言葉だ。

by torasan-819 | 2010-02-20 00:40 | | Comments(2)
2010年 02月 16日
不忘山(バリエーションルート) ~ 2010年2月15日
f0170180_729356.jpg

============================================================
山名      不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年2月15日(月)
山行形態   山スキー
山域      蔵王連峰
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    2名(星○さん・オイラ)
行程      (その1)ゲレンデトップ10:01~滑降開始11:21~硯石登山口12:46~デポ車12:56
        (その2)ゲレンデトップ13:51~県道51号デポ車14:21
行動時間   合計4時間20分(休憩+移動時間等含む)
移動距離   (その1) 8.0km (その2) 3.8km
累積標高差 (その1) +545m -1,008m (その2) +1m -456m
============================================================

2月15日は星○さんと不忘山へ。
不忘山はスキー場のリフトを利用してアプローチがしやすいので、山スキーなどバックカントリーを楽しむ人が多い。
リフトトップから不忘山頂に向かって登り、山頂まで行ったり途中で滑降開始したりと好きずきに楽しめる。
今回は星○さんにお願いして、バリエーションルートを教えてもらった。
ひとつは登ってから登山道の硯石ルートのほうにトラバースして林間を滑り、硯石登山口か雪があればさらに1kmほど先のバス停近くまで滑るというもの。
もうひとつはゲレンデトップから南側の林間を県道へ向かって滑るというもの。
15日は雪質は悪かったが、ルート確認が主目的なのでそれもよし。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-16 20:00 | 山スキー | Comments(0)
2010年 02月 14日
イエローフォール(裏磐梯) ~ 2010年2月13日
f0170180_23244950.jpg


2月13日にスノーシューでイエローフォールに行った。
参加者は男衆3人(せんべいさん・くどーさん・オイラ)だった。

イエローフォールはスノーシューの入門コースとして知られている。
もちろんスキーの人もいるが、圧倒的にスノーシューが多い。

中央にコースをとれば、アップダウンが少ない平坦で歩きやすくコースとなる。
このため手軽にスノーハイキングを楽しめる「観光コース」のようになっていて、この日も多くの人が歩いていた。
中にはだだをこねる子供までいたのには驚いた(笑)

なぜイエローフォールというのかというと、岩からしみ出す磐梯山の伏流水が冬に氷の滝になるのだが、この滝の色が水に含まれる鉄分などで黄色になるのでそう呼ぶのだ。
イエローフォールに行くには、裏磐梯スキー場のリフト2本(700円)に乗ることとなる。
ゲレンデ内はスノーシューでの歩行が禁止されているとのことで、往復のリフト券を勧められたがリフト代がもったいない。
ゲレンデ外の山林を歩いて下るつもりなのでと言い購入しなかった。

リフトを降りると眼前には裏磐梯の爆裂火口の見事な眺めがあった。
雪に覆われた荒々しい岩肌が白く輝いて美しい。
冬景色ということもあるのだろうが、正直言って予想外の素晴らしさだった。
歩くコースはほぼ平坦でゆっくり歩いても1時間あれば着くだろうし、サクサク歩けば30分も可能だ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-14 18:15 | スノーシュー | Comments(11)
2010年 02月 13日
船形山(三光の宮まで) ~ 2010年2月11日
f0170180_230716.jpg
============================================================
山名      船形山(1,500.2m)
山行期間   2010年2月11日(木)
山行形態   山スキー
山域      船形連峰
地形図    船形山・升沢
天候      曇り時々晴れ
参加者    3名(L:ULTさん・加ト幹事長さん・オイラ)
行程      除雪終了点8:21~登山道入口8:30~旗坂平9:12~一群平9:35~鳴清水10:21~
         三光の宮11:24-12:24~登山道入口14:07~除雪終了点14:13
行動時間   5時間52分(休憩等含む)
移動距離   9.7km
累積標高差 +824m -821m
============================================================

船形山は地元宮城県の山なのにまだ登ったことのない山だった。
機会をうかがっていたところULTさんと加ト幹事長さんが行くと聞き、パーティーに入れていただいた。

ULTさんの車に乗り合わせ、内水面水産試験場のすぐ先の除雪終了点に到着したのが8時過ぎ。
車が3~4台ほど止められるスペースがあり、既に左右に2台の車が止まっていたのでその間に車を入れた。
男性が1人スノーシューの準備をしていたが、やがて登っていった。

今日は登っている人が多いだろうと思ってきたのだが、予想に反して車も少なく登っている人も少ないようだ。
我々もスキーにシールを貼り軽く準備運動をすると、この時期には珍しく風が無い好条件のなかスタートした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-13 05:44 | 山スキー | Comments(6)
2010年 02月 11日
吾妻山(高湯から五色沼) ~ 2010年2月5日
f0170180_20522590.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年2月5日(金)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・柳○さん・石○さん・オイラ)
行程      除雪終了点8:13~磐梯吾妻スカイライン9:13~水飲場9:25~賽の河原10:10-10:21~
         山鳥山10:34~井戸溝11:05~慶応山荘分岐11:33-11:43~大根森12:17~五色沼(大岩)12:56~
         五色沼(不動沢右俣上部)13:04-13:16~慶応山荘13:45-14:00~慶応山荘分岐14:09~
         井戸溝14:23~山鳥山14:40~元吾妻スキー場トップ14:56~磐梯吾妻スカイライン15:13~除雪終了点15:33
行動時間   7時間20分(休憩等含む)
移動距離   14.0km
累積標高差 +1,102m -1,122m
============================================================

2月5日(金)は高湯温泉から家形山を目指した。天気は曇りだが、上の方は雪雲の中だ。寒気が入り前日から雪が降っていたので、いやがうえにもパウダースノーへの期待が高まる。高湯温泉は磐梯吾妻スカイラインの入口でもある。もちろん冬期間は閉鎖なのだが、料金所の300mほど先までは除雪されているので、そこに駐車するため向かう。しかし、ちょうど料金所の上を除雪作業中だったのでしばらく待つしかなかった。

除雪車が折り返してきたのを見て車を進め、除雪終了点でUターンして車を路肩に寄せた。平日ということもありまだ他には誰も来ておらず、オイラ達の車2台だけだ。吾妻スキー場が3年前に閉鎖となってから、山スキーのクラシックルートである高湯~吾妻小舎~高山~土湯温泉はハードルが高くなり歩く人も少なくなったという。いずれにしても以前のことを知らないオイラにとっては、初めてのルートなので心躍るばかりだ。準備をして除雪終了点の雪を乗り越えるといよいよスタートだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-11 00:03 | 山スキー | Comments(6)
2010年 02月 07日
不動滝・地蔵滝~2月7日
f0170180_23564010.jpg

2月7日は丸森町にある不動滝・地蔵滝を見に行ってきた。
近年、厳冬期に氷結する姿が見事だというので、ニュースにも取り上げられるようになった滝だ。
以前から見に来ようとは思っていたが、なかなかタイミングが合わず毎年見逃していた。

今年はここ1週間くらい厳冬期らしい寒さが続いていた。
しかし月曜日からは寒さが緩むとの予報。
この日を逃すと今年も見れないかもと思い急遽見に行った。

More

by torasan-819 | 2010-02-07 23:57 | その他 | Comments(6)
2010年 02月 07日
ナイタースキー
f0170180_232089.jpg

6日は息子とスキーへ。
朝から行くつもりだったが、風雪が強いので様子見をしていた。
昼近くになり少し落ち着いたのでスキー場へと向かう。
七ヶ宿スキー場は天候にもかかわらずまあまあの入り。
実は6日は25周年記念とやらで子供はリフト代がタダの日なのだ。
日中は風雪で視界が悪かったがリフトも止まらず何とか滑れた。
夜になると晴れてきて条件が良くなったのでナイターで8時過ぎまで滑った。
息子にとっては初めてのナイタースキー。
オイラにとっては20何年ぶりのナイタースキー(笑)

More

by torasan-819 | 2010-02-07 23:22 | その他 | Comments(2)
2010年 02月 04日
5枚刃
f0170180_6354788.jpg
先日なじみの床屋に行ったらカミソリの試供品をくれた。
オイラのヒゲ剃りはカミソリ派で電気カミソリは使っていない。
だからこういうもらい物は嬉しいね。
見たらそのカミソリは5枚刃だった。
オイラがいつも使っているのは3枚刃のやつ。
3枚刃で特に不足は感じてなかったので5枚も刃が必要か?と思った。
で実際に使ってみると…これがいいんだよね。
そり味がスムーズで滑らか。
ちょっとオーバーに言えば、3枚刃なら2度3度と剃るところを1度で同程度に剃れてしまう感じ。
ということは肌にも優しいということ。
1枚刃でも3枚刃でも髭は剃れるが、5枚刃は5枚刃なりの効果があるんだなと納得。
さて3枚刃より替え刃は若干高い。
でもこの剃り味は捨てがたいしどうするか。
カミソリの替え刃で悩むオイラだ(笑)

※調べたら6枚刃もあるらしい。どこまで行くのかカミソリ刃の多枚化は。

by torasan-819 | 2010-02-04 05:30 | その他 | Comments(4)