<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その2)
f0170180_21181426.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

その1からの続き=

作る雪洞は横穴式なので、まず斜面を身長くらいまで掘り下げる。
掘り下げる幅は雪洞の収容人数により変わるが、この日は5mくらいだった。

それから左右に離して2箇所横穴を掘る。
この横穴は雪洞の入口になるが、大きすぎない程度にする。
2mほど横に掘り進んだら、今度は左右の穴をつなげるため90度横に掘り進める。

貫通したら内部を人数に合わせて広げるとコの字形の雪洞になる。
片方の横穴ををツェルトかシートでふさぎ入口とし、もう片方を雪のブロックでふさげば完成だ。
書いてしまうとこんな具合だが、イメージしたようには掘れず計画は変更を余儀なくされた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 21:18 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その1)
f0170180_862168.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

3月20日からの3連休は雪洞訓練が福島登高会の山行として計画されていた。
2泊3日の山行で20日に横穴式、21日に竪穴式の雪洞を予定している。
まだ雪洞経験が無い自分はなんとしても参加したかった。
仕事やら何やらやりくりして参加することに。
家族よスマン(笑)

当初の案では天元台から東大巓、家形山から高山を経て土湯までの縦走となっていた。
しかし天気予報で21日は大荒れの天気になるといっている。
そのため荒天時のエスケープを考え、高湯~五色沼~高山~土湯のいわゆる高山下りルートに変更となった。
山行自体を中止にはせず、荒天時は荒天時なりの対処を考えるのも登山ということなのだ。
いざとなれば20日も21日も山小屋に避難できるルートになっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 07:02 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 28日
湯殿山 ~ 2010年3月27日
f0170180_7384662.jpg

============================================================
山名      湯殿山(1,500m)
山行期間   2010年3月27日(土)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    月山
天候      晴れのち雪
参加者    6名(L:和○さん・橘○さん・佐○さん・柳○さん・橘○(あ)さん・トラ山)
行程      志津駐車地点8:16~ネイチャーセンター8:48~1,297m地点10:57~ネイチャーセンター12:00~志津駐車地点12:42
行動時間   4時間26分(休憩等含む)
移動距離   8.6km
累積標高差 +636m -636m
============================================================

27日は湯殿山へ山スキーに行くことにした。
山形高速道を走っていると、周囲の景色は徐々に白くなる。
さすがに豪雪地帯だけあり、太平洋側とはまったく違う豊富な積雪量に心も浮き立つ。

高速を降り旧112号を志津温泉に向かっていると、湯殿山と姥ヶ岳の真っ白い姿が眼前だ。
志津温泉の先で冬季通行止めとなり、道路脇に駐車し準備する。
既に車が10台ほども止まっていて今日はにぎやかだなあと思ったら、我々2台の他はほとんど地元の西川山岳会(以後N会とする)の方々らしい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-28 00:35 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 24日
スピードクライミング
たまたまスイスのアルピニスト、ウエリ・シュテック氏の動画を見つけた。
何気なく見たのだが、そのクライミングに目を見張ってしまった。
凄すぎる…
驚異的なスピードでアイガー北壁、グランドジョラス、マッターホルンを登っているのだが問題はその速さ。
3つの壁の登攀に要した時間はなんと合計で7時間4分だ。
アイガー北壁は普通2日間かけるというのに2時間47分33秒で駆け登っている。
スピードクライミングに意味は無いという批判もあるようだが、これもクライミングの可能性のひとつではないだろうか。
いずれにしても常人にはおよびもつかない超人の世界のことではあるが。



by torasan-819 | 2010-03-24 09:50 | その他 | Comments(0)
2010年 03月 17日
青麻山 ~ 2010年3月14日
f0170180_6273332.jpg


14日はいろいろと用事があり、朝からあちらこちらへと。だが用事の合間に2時間だけ時間が空いた。
これを逃す手はないと、手近な青麻山(あおそやま)に登った。

青麻山は2008年の12月21日以来だから久しぶりだ。自分にとっては通算10回目となる。
無線中継所からのルートであれば、累積標高差が約380mで山頂まで約1.7km。
時間がないときに登るにはちょうどいい。

歩き始めてすぐに1人の男性とすれ違う。昨日今日のものらしい足跡も多数。
青麻山は何の変哲もない山だが、意外と登られているのだ。
先週降った雪はほとんど残っていない。中腹から上の登山道に雪が少し残っていて、ぐちゃぐちゃとぬかるんでいた。
長靴にして正解だった。登山靴では滑ってかなり苦労しそうだ。

空身で身軽なのでガンガン登る。このところずっと息を荒げて登るようなことはしていなかった。
久しぶりの感覚になにか楽しく思える。
山頂までは32分を要した。過去最速で登れたときと同タイム。
とりあえず体力は維持できているようだ。

山頂では息を整えただけで下山する。下りはさすがに長靴でも滑る滑る。
何度か手をついたが幸い尻餅はつかなかった。
駆け下りたので山頂から17分で無線中継所に戻った。登山というよりもトレイルランに近いペースだろうか。
また用事があるので、そそくさと着替えをして急いで帰宅した。

コースタイム
無線中継所15:36~大岩16:01~山頂16:08-16:13~無線中継所16:30

by torasan-819 | 2010-03-17 06:29 | | Comments(0)
2010年 03月 16日
村山葉山(1,211m峰まで) ~ 2010年3月12日
f0170180_20172914.jpg

============================================================
山名      葉山(1,461.7m)
山行期間   2010年3月12日(金)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    葉山・富並
天候      晴れのち曇り
参加者    2名(L:トラ山・○谷さん)
行程      駐車地点8:48~除雪終了点9:06~合流点の橋10:48~尾根取り付き12:36~
        1,211m峰14:26-14:43~尾根取り付き15:35~除雪終了点16:48~駐車地点17:05
行動時間   8時間17分
移動距離   15.7km (沿面距離)
累積標高差 +1,080m -1,074m (GPS計測)
============================================================

村山葉山での山スキーは情報が少ないのだが、東北アルパインスキー日誌によると月山山域だけに、雪が少ない今年でも雪が豊富らしい。
しかも山スキーに適した斜面があるようで、パウダー好きにはたまらない山ということだ。
そんなわけで行ってみたいと考えていたが、12日に休みが取れてやっと行くことが出来た。
先週9~10日に降った新雪も期待して、朝6時15分頃に自宅を出発した。

相方の○谷さんと道の駅「かほく」で待ち合わせ。
○谷さんとは昨年に不忘山に登って以来だから、約1年ぶりになる。
お互い偶然に今シーズンから山スキーを始めた。
山形はさすがに宮城側よりは雪が多いだろうと思っていたのだが…雪が少ない。
9日から10日にかけて降った雪は山形側にはさほど降らなかったようで、それさえ融けてしまったのだろうか。

ちょっと期待はずれだが、山に入れば違うだろうと村山市の岩野地区に向かうことにした。
2人とも葉山は初めてなので、ナビの誘導で現地へと向かう。
除雪終了地点と思われる熊野神社付近に駐車する予定だ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-16 07:22 | 山スキー | Comments(8)
2010年 03月 13日
雪崩の季節
f0170180_10453173.jpg


気温がぐっと上がってきた。
ついこの間まで厳冬期だと思っていたが、あっという間に春がやってきたようだ。
3日前にあれほどあった雪も、今は少ししか残っていない。

12日に豊富な雪を期待して山形に山スキーに行った。
しかし平地では宮城県と同様に茶色の地面が広がっていた。
雪が無いのだ。

山に入ったがやはり雪が少なかった。
山形も暖かいと見えてどんどん雪解けが進んでいる。
斜面もあちこち雪崩れていた。

林道を雪崩のデブリが埋めているところが何箇所もあった。
おっかなびっくりデブリの上を越えて歩く。
幸い何事もなく帰宅。

今朝(13日)になって、昨日山形蔵王で雪崩があったこと知る。
2人が巻き込まれ、1人は助かったがもう1人は見つかっていないという。

急に気温が上がると雪崩が発生しやすい。
以前ならもう1週間~10日くらい後のような気がするが、この頃は時期が早くなっている。

入る山とルートには注意しなければならない。
しかしそれでも「絶対」とはいえないのが山だ。

渓流釣りが解禁になったので釣り人もいた。
単独の釣り人が2人。

彼らもかなり雪崩の危険のある場所を歩いている。
今の時期は渓流沿いこそが雪崩の危険の高い場所だが、雪崩のことはどう考えているのか気になった。


f0170180_10473897.jpg

by torasan-819 | 2010-03-13 10:45 | | Comments(0)
2010年 03月 10日
夜の散歩
f0170180_4271883.jpg

息子はなぜか夜の散歩が好きだ。
4~5歳の頃から時々夜の散歩に付き合わされるようになった。
昨夜も残業から帰宅しご飯を食べている最中なのに、早く散歩行こうという。
しょうがないのでそそくさとご飯をすませて散歩へと。
時刻は午後8時半。
小学1年生が散歩する時間じゃないね(笑)
女房にはついでに買い物してきてとまで言われるし。
サクサクと雪を踏みしめて歩く。
夜に散歩して楽しいのかと聞くと「楽しい!」という。
ちょっと変わってるかも?
スーパーで買い物して計3キロほど歩いて帰宅。
おかげでこの日の万歩計は1万2千歩を超えた。

by torasan-819 | 2010-03-10 04:27 | その他 | Comments(2)
2010年 03月 06日
吾妻山(天元台・大沢下り) ~ 2010年2月28日
f0170180_1016428.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月28日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    8名(L:和○さん・小○さん・河○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・加○さん・オイラ)
行程      天元台湯元駅8:55=天元台駅=リフト終点9:31-9:43~人形石10:23-10:34~明月荘11:45-12:10~
         渋川13:13-13:25~砂盛13:36-13:50~吾妻山麓放牧場14:49~大沢・大小屋15:16=天元台
行動時間   5時間33分
移動距離   17.9km (沿面距離)
累積標高差 +489m -1,882m (GPS計測)
============================================================

28日は2周続けての天元台へ。
この日は大沢下りコースだが、もちろん初めてのコース。
早朝、加○さんを乗せ出発して少したってオーバーズボンを履いてこなかったことに気づく。
すぐ自宅に戻りオーバーズボンを履いたが、こんなことは初めてだ。
途中で他のメンバーと待ち合わせ、計4台で向かう。
デポ車が必要なので、8人だと4台になってしまうのだ。
天候は曇りだが、予報では回復傾向にあるらしい。
山だから風とガスさえ無ければ儲けものという気持ちでいればいい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-06 10:49 | 山スキー | Comments(10)
2010年 03月 05日
船形山遭難
地元に愛され登山者が多い船形山だが、毎年のように遭難が発生している。
今年もまた起きてしまった。
標高は1500mでさほどではないが、地形からそうなりやすいのか道迷いが多い。
しかし無事助かったのは幸いだった。
遭難の記録として、地元の新聞記事を転載する。

f0170180_234196.jpg







--------------------------------------------------------------------------------


船形山で4人遭難 宮城・大和
3月2日 河北新報

 1日午後5時10分ごろ、宮城、山形県境の船形山(1500メートル)に登山した男女4人グループが下山途中に道に迷ったと、家族が宮城県警大和署に届けた。同署は2日午前5時から4人を捜索する。

 大和署によると、下山していないのは仙台市Nさん(70)、仙台市Tさん(73)、多賀城市Sさん(63)と女性1人。

 4人は1日午前8時ごろ、船形山旗坂キャンプ場(宮城県大和町)から入山。午後5時ごろ、庭野さんが家族に、道に迷ったことを携帯電話で伝えてきたという。
--------------------------------------------------------------------------------

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-05 12:45 | | Comments(0)