<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 30日
ナメ沢逍遙・叶道沢 ~ 2011年10月30日
f0170180_6571486.jpg
======================================================================
山域山名   摺上川 叶道沢
山行期間   2011年10月30日(日)
山行形態   沢登り(キノコ採り)
天候      曇りのち晴れ
参加者    3名(L:ナマステさん・Kさん・トラ山)
行程      林道駐車地点8:53~地神沢入渓9:30~ユノムラ沢出合12:00-12:16~クロノ沢出合12:22~
         林道13:34-13:42~駐車地点14:06
行動時間   5時間13分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
======================================================================
予定していた山行が中止になった日曜日、ナマステさん達がキノコ採りへ行くというので乗っかった。長靴にカッパというキノコ採りスタイルで行ったのだが、他の2人は沢登りスタイルだった。聞くと叶道沢という沢を下降しするという。どうりで沢スタイルなわけだが、今日はキノコ採り主体なので何とかなるだろう。叶道沢(以前の地形図には観音堂沢と表記)は宮城県の七ヶ宿町にある峠田岳(1,081.7m)南斜面を源頭として、県境を越えて福島県福島市の摺上川ダム湖へ入る沢だ。この沢のかなりの部分が私有地の山にあるらしく、福島側から登ろうとすると事前に断っておかないとややこしいことになるらしい。実際そうなった記録がネット上でも散見される。しかし、上流部は国有林のようで、入山をとがめられることもない。そんなわけで、上流部から枝沢のひとつを下降し、二俣で折り返し別の枝沢を登るという考えのようだ。もちろん主たる目的はキノコ採りなのだが。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-30 23:08 | 沢登り | Comments(8)
2011年 10月 29日
キノコの保存
f0170180_7445534.jpg
昨日仕事の前に山に行ってムキタケを採ってきた。
ゴミ取りと虫出しのため、塩を少し入れた水につけてから仕事場へ。
帰宅して初めての瓶詰め作業に挑戦してみた。
ムキタケを少量の水でサッと煮てから煮汁ごと瓶へ入れる。
塩を少し入れてからフタを緩く締め、深鍋に入れてフタをし30分以上蒸して殺菌した。
最後にキッチリとフタを閉めてキノコの瓶詰めの完成。
キノコの瓶詰め方法は、本やネットで見るとやり方が少しずつ違う。
これで上手くいくかどうかは、フタを開けて食べるときにわかるだろうがちょっと恐い(笑)
ちょっと失敗したのは、キノコの間に入った空気が瓶詰め後に上がり煮汁が瓶一杯にならなかったこと。
次はそのへんを注意すれば上手くできるだろう。

by torasan-819 | 2011-10-29 07:42 | キノコ | Comments(0)
2011年 10月 25日
我が家の米の放射能測定結果
f0170180_2230357.jpg


我が家の米の放射能測定結果が出た。
まだ測定結果のペーパーが手元に届いてなく、画像は載せられないので数値のみ記載しよう。

測定結果はというと…

放射性ヨウ素…不検出
放射性セシウム134…34ベクレル
放射性セシウム137…46ベクレル
※ベクレルはkgあたりの数値で測定

放射性セシウムについては合計で80ベクレルということになった。
国の定めた暫定基準値の500ベクレルから見るとかなり下回っている。
しかし、この暫定基準値なるものがどの程度信頼できるのかわからない。
「暫定」というところに危うさを感じる。

9月に市で行った測定結果がここに出ている。

この測定結果を見ると玄米は不検出が続くが、その中でただ1箇所だけ101.6ベクレルとある。
その玄米の採取地点が我が家の田のすぐ近くになる。
なので気にはなっていたのだが、やはりというか案の定というかある程度の数値が出たわけだ。

101.6ベクレルの玄米でも、精米後の白米での測定では不検出となっている。
主食は玄米だという人でもない限り、御飯に含まれる放射性セシウムは限りなくゼロに近いことになる。
そういう意味では心配はないとも言えるが、精米の際に出る糠にはそれなりに含まれているだろう。
ところで、セシウム検出下限値は20ベクレルなので、不検出だからといってセシウムがゼロとは限らない。
含まれるセシウムが19ベクレルであっても、測定結果は不検出となる。

放射能の数値がハッキリしたので、やっと新米を食べることにしよう。
それにしても食べ物を放射能測定しながらでないと食べられない日が来るとは考えもしなかった。
この先何年こんな状況が続くのか見当が付かない。
国では航空機モニタリング測定を行っている。
その結果によると栃木、群馬などの一部でも、私の住んでいる所と同程度のセシウム沈着量の地域が見受けられる。
また、東京や千葉でも高線量の場所が見つかっているが、そういったホットスポットは航空機モニタリングでは見つけられない。
汚染地域はとんでもなく広く、東日本の広範囲に及んでいるといるが、それが冷厳な現実だ。
放射能汚染については、過剰に反応しても意味が無いが、過小に評価してもいけないだろう。
冷静に的確に適切に対応していくしかない。
しかし、今はどうするのが「正しい」のかは見極めるのが難しい。

by torasan-819 | 2011-10-25 22:27 | 食いもん | Comments(8)
2011年 10月 24日
我が家の新米
f0170180_85642.jpg

日曜日は籾すり作業で、やっと我が家の米も新米になった。
既に宮城米の放射能検査は終わっていて安全宣言が出ているので、コンバインで収穫した田の米は既に食べられている。
我が家のように天日乾燥米は時間がかかるので、この時期になってようやく新米になる。
先日我が家の米で放射能検査を追加で行ったが、その結果がそろそろ出てくるはずだ。
良い結果が出たら(出るはずと期待)安心して食べられる。

by torasan-819 | 2011-10-24 08:05 | 食いもん | Comments(4)
2011年 10月 23日
近場の山でキノコ採り
f0170180_16343083.jpg

週末の山行が雨で中止になったので、カッパを着て近場の山へ向かった。
昨年ムキタケが採れた倒木の今年の状況を確認するために。
結局山に向かうんだね(笑)

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-23 08:20 | キノコ | Comments(2)
2011年 10月 20日
今年のキノコ
f0170180_727812.jpg

キノコは放射性物質を吸収しやすく、濃縮するのだという。悲しいことだ。今年のキノコ採りは非常に悩ましい。すぐ隣の福島県では出荷停止と摂取制限になっている。宮城県はといえば、今のところ安全だとはされているが、しかし、放射性物質は県を選んで落ちてきたわけではない。風のままに飛ばされ運ばれてきたのだ。だから福島第一原発から離れたところでも、局所的に放射能の高いところが見つかっている。キノコについては値こそ低いが、山形だって秋田だって検出されている。こうなるともう、最終的には自己判断しかないようだ。まあ50代のワタクシが食べる分には、さして寿命への影響もないだろうと勝手に判断して、子どもには食べさせないが自分は食べることにした。トップの画像はオリミキ(ナラタケ)だ。少し笠が開いているがまだまだ十分食べられる。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-20 08:22 | キノコ | Comments(8)
2011年 10月 14日
家族で登った姥ヶ岳 ~ 2011年10月12日
f0170180_18222942.jpg
======================================================================
山域山名   姥ヶ岳(1,669.7m)
山行期間   2011年10月12日(水)
山行形態   一般登山
天候      晴れ時々曇り
参加者    3名(L:トラ山・妻・息子)
行程      ネイチャ-センター8:32~姥沢分岐9:16~施薬小屋10:29-10:43~金姥下分岐11:29~
         姥ヶ岳山頂11:44-11:50~ リフト上駅12:05-12:10~リフト下駅12:25-12-35~遊歩道入口12:41~
         姥沢分岐13:10~ネイチャーセンター13:44
行動時間   5時間12分
移動距離   約9.2km (カシミール計測)※リフト分除く
累積標高差 約+900m 約-640m (カシミール計測)※リフト分除く
======================================================================
今年の夏、小3の息子を1週間の子どもキャンプに送り出した。私と違い?人見知りしない性格なので心配はしていなかったのだが、初めて会う小3から中3までの8人の子ども達との数々の体験は、忘れがたく貴重な思い出となったようだ。キャンプが終わって迎えに行った帰りの車中、仲間との別れが辛かったようで、ずっと押し黙ったまま目を赤くしていたのが印象的だった。そんな子どもキャンプのある日の活動に姥ヶ岳登山があった。ネイチャーセンター(山形県立自然博物館)から姥ヶ岳までは6km以上あり標高差も850m以上ほど。子ども達と引率者とで、楽しく登るはずだった。しかし、登山道の途中に何箇所かある石跳川の支流を渡るところで、息子は足を滑らせずぶ濡れになってしまった。体を冷やさないよう大事を取ってくれたのだろう、そこから息子だけが引率者のうち1名に付き添われ下山したのだという。その話を聞いて、なんとか再挑戦させてやりたいと思いながらも、早くも紅葉の時期になってしまった。そんなわけで小学校が秋休みの最終日の12日、何とかやりくりして時間を空け家族3人での姥ヶ岳登山に向かうことにした。息子はサッカー少年で毎週運動しているし、昨年不忘山にも登っているので体力的には大丈夫だろう。しかし、妻は日頃特に運動もしていないので渋っていたが、3人で登ってこそ意味があるとか何とかごまかして連れ出すことに成功。一路高速を月山へと向かった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-14 21:16 | | Comments(8)
2011年 10月 11日
朝日連峰 大朝日岳 ~ 2011年10月8日・9日
f0170180_3474424.jpg

======================================================================
山域山名   大朝日岳(1,870.3m) 小朝日岳(1,647m) 古寺山(1,500.7m) 鳥原山(1,429.6m)
山行期間   2011年10月8日(土)・9日(日)
山行形態   一般登山
天候      快晴
参加者    2パーティー4名(L:杉さん・あんみつさん)(L:大○さん・トラ山)
行程      8日 古寺鉱泉登山口11:30~畑場峰分岐12:53~田代清水13:27~鳥原山分岐14:11~鳥原小屋14:20
         9日 鳥原小屋5:45~鳥原山分岐5:54~鳥原山6:07~小朝日岳7:25~銀玉水8:34-8:48~大朝日小屋9:11~
         大朝日岳9:22-9:47~大朝日小屋9:53-10:07~銀玉水10:28~熊越分岐11:03~古寺山11:42-11:57~
         三沢清水12:12~ハナヌキ峰分岐12:35~古寺鉱泉登山口13:39
行動時間   8日2時間50分 9日7時間54分
移動距離   8日4.8km 9日14.1km 計18.9km (カシミール計測)
累積標高差 ±1,660m (カシミール計測)
======================================================================
今回の山行のきっかけとなった杉さんとは、4年ほど前にバイクが縁で知り合った。しかし、杉さんのHPで山をオールラウンドでやっていることを知り、当時山登りを始めたばかりの私はアドバイスしてもらったりしていた。そんな杉さんが朝日に来るというので、3年ぶりの再開をしたくて同行させてもらうことにした。山行ルートは朝日山地が初めての杉さんが決めた。来年朝日山地での沢登りを考えていて、山を肌で感じるための下見を目的としている。参加者は他に杉さん側が山友のあんみつさん、私の方が山岳会の先輩でネパールトレッキング前の足慣らしという大○さんの計4人。いちおう杉さんとは別パーティーなのだが、結局7割以上を杉さん達と一緒に歩くこととなった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-11 07:41 | | Comments(2)
2011年 10月 11日
紅葉の朝日連峰
f0170180_028035.jpg

8日・9日と朝日に登り紅葉を楽しんできました。
特に9日は朝から雲ひとつ無い快晴で、モミジの赤や黄色にナナカマドの赤い実が青空をバックに映えます。
これからは紅葉がどんどん里へと降りていきます。
もう少しすると朝日連峰は、短い秋から一気に冬へと模様替えです。

他の画像はこちら

by torasan-819 | 2011-10-11 01:02 | | Comments(10)
2011年 10月 04日
安達太良山・迷沢 ~ 2011年10月2日
f0170180_3103633.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・高森川・迷沢
山行期間   2011年10月2日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り
参加者    3名(L:和○さん・河○さん・トラ山)
行程      岩弓橋付近6:37~仏沢6:41~入渓6:45~3mナメ滝6:52~10m滝8:19~6m滝9:05~4mナメ滝9:19~
         12m斜滝9:23~二俣9:40-10:00~20m滝10:05-11:05~30m滝11:10-12:50~休憩~奥の二俣13:20~
         大岩13:29-13:57~ヤブこぎ~登山道16:20~沼尻登山口18:28
行動時間   11時間51分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
======================================================================
10月1日・2日は今回のメンバー3人で巻機山の米子沢の予定だった。しかしどうも天気が思わしくない。週間予報では雨の確率が高く気温も低いようで、毎日チェックしていたが好転の兆しはなかった。そんなわけで2日前に米子沢を諦め、和○さんの提案もあり近場の迷沢に行くことになった。迷沢は安達太良の鉄山北西斜面を源とする沢だが、上流で何本にも分岐し明りょうな主流を持たない沢のようだ。同行の河○さんは8月に迷沢に入っているが、そのときは右俣に入ろうとして誤って左俣へ入ってしまい、雷にも遭い行動時間も長くなるなど大変だったようだ(記録はここ)。そんなこともあり河○さんは迷沢の再トライを考えていた。和○さんは36年前の1975年!に、迷沢の右俣を登っていて記録が残っている。その後もう1度登ったらしいが、いずれにしても30年以上ぶりの迷沢右俣ということになる。36年前の和○さんはまだ20代の青年。当時はロープもヘルメットも無く、わらじを履いて3人パーティーで登った。記録によると入渓から稜線の登山道まで、5時間で遡行を完了している。現在の我々は沢シューズにヘルメットやロープはもちろん、GPSまで持っているのは時代というものだろう。私は迷沢の沢登りは初めてとなるが、山スキーでこの山域を滑ることもあり沢を詰めてみたいと思っていたので、ちょうどいいタイミングとなった。ところでネットで迷沢の沢登りを検索してもヒットするのは会の記録しかなく、他にはまったく見あたらない。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-04 06:57 | 沢登り | Comments(8)