<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 02月 27日
3度目の正直の不忘山 ~ 2012年2月26日
f0170180_181343100.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2012年2月26日(日)
山行形態   山スキー
天候      曇り
参加者    単独
行程      硯石9:45~不忘の碑(スキーデポ)13:25~不忘山13:53~不忘の碑14:03-14:23~硯石15:03
行動時間   5時間18分
移動距離   8.9km(GPS計測)
累積標高差 ±1,076m(GPS計測)
======================================================================
土曜日の山スキーも荒天でキャンセルになり、日曜日の所用を急きょ前倒しにしてこなし、日曜日を空けたものの相方が見つからない。となれば単独で行けるところと考えたが、土曜日の降雪によるラッセルが気がかりだ。そんなときはやはり勝手知ったる地元の山がいい。不忘山は今シーズン2度行っているが、時間の制約があったとはいえ一度も山頂を踏んでいない。3度目の正直で山頂に立ちたいところだが、白石スキー場からのアプローチは当たり前すぎて面白みがない。よし硯石から登ろうと考えた。標高差は1,000m以上になり、単独ラッセルではかなりキツイというか、山頂到達も危ぶまれるがチャレンジしがいはある。途中で無理と判断すれば、スキーの機動力でさっさと下山すればいいのだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-27 08:06 | 山スキー | Comments(10)
2012年 02月 25日
ブナ林が美しい南会津 博士山 ~ 2012年2月19日
f0170180_88411.jpg

======================================================================
山域山名   南会津 博士山(1,482m)
山行期間   2012年2月19日(日)
山行形態   山スキー
天候      曇り時々晴れ
参加者    4人(L:和○さん・佐○さん・河○さん・トラ山)
行程      琵琶首7:46~868mピーク8:38~林道10:23~尾根分岐11:18-11:24~1476mピーク11:43~
         博士山12:12-12:17~1476mピーク12:50~尾根分岐13:08-13:38~林道13:56~琵琶首15:04
行動時間   7時間18分
移動距離   9.5km(GPS計測)
累積標高差 ±1,106m(GPS計測)
======================================================================
会津方面は何となく機会が無く、スキーのトレースを印していない山域であった。しかし、和○さんの企画に乗せてもらって今回ようやく行くことができた。行き先は博士山(はかせやま)という、ブナ林の美しい山のようだ。ラッセルになり時間がかかることも想定し、前夜に三島町の国道252号沿いにある道の駅尾瀬街道みしま宿まで移動してテント泊。ワタクシのしょぼいシュラフでは、ホッカイロを2枚入れても少々寒かった。朝起きるとうっすらと雪が積もっている。テントを撤収して登り口となる柳津町の琵琶首まで移動する。途中にあった温度計は-8度を示していた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-25 16:19 | 山スキー | Comments(4)
2012年 02月 24日
八甲田極楽スキー&温泉ツアー(その4) ~ 2012年2月14日
f0170180_2042990.jpg

八甲田4日目2月14日。今日は八甲田の最終日。午前5時前にひとっ風呂浴びる。何度入っても本当にいいお湯だ。今日は二つ玉低気圧による疑似好天らしく、朝から穏やかな天気で晴れ間も見えている。今回は踏破に1日かかる箒場岱(ほうきばたい)ルートのツアー実施はなかったので、今日もし行われるのであれば、深夜帰宅も覚悟で1日コースを申し込む考えもあった。しかし、午後には天候が崩れる可能性もあり、無理をせず半日コースを申し込むことにする。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-24 03:50 | 山スキー | Comments(2)
2012年 02月 22日
八甲田極楽スキー&温泉ツアー(その3) ~ 2012年2月13日
f0170180_86885.jpg

2月13日八甲田も3日目。酒は残っているが朝飯はがっちり食べる。天候もまずまずで今日のツアーに期待が持てる。しかし山頂はガスが濃く、結局ツアーはフォレストコースへ。一昨日とは違う斜面に連れて行ってもらい、バフバフのパウダーを滑り降りる。途中で雪に隠れた木にスキーを引っかけ転倒。その後は二日酔いということもあり、自制しながらの滑りとなった。午後からはさらに天候も回復し、ツアーは銅像コースに行くことになった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-22 07:32 | 山スキー | Comments(4)
2012年 02月 20日
八甲田極楽スキー&温泉ツアー(その2) ~ 2012年2月12日
f0170180_2114428.jpg

2月12日八甲田2日目。昨夜の酒が少し残っているが、朝飯をしっかり食べて今日も快調。しかし、外は雪が降り続いていて風もある。山の上はどうなっているのだろうかと思いながら、準備をして宿のロビーに行くとカウンターに「ロープウェー運休」との表示。八甲田ロープウェーは風速が25m/s以上になると運行停止となる。25mというと普通の人は、歩くどころか立っていられないほどの強風だ。ガイドツアーも中止だという。風が収まって再会になれば携帯に連絡をと依頼する。さて時間が空いたのでどうしようか。温泉に入り湯治気分を味わうのも良かろうが、我々は滑りに来たのだ。ということで酸ヶ湯温泉の裏山を滑ることにした。この裏山ゲレンデ、ツアー中止の時やツアーの前後に滑る人がいるらしい。もちろん正式なゲレンデでも何でもないが、斜度も頃合いで手頃な斜面に見える。あんみつさんも昨年裏山を滑ったとのこと。今朝も既にボードらしいシュプールが付いている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-20 23:50 | 山スキー | Comments(0)
2012年 02月 18日
八甲田極楽スキー&温泉ツアー(その1) ~ 2012年2月11日
f0170180_23442765.jpg

毎年のように八甲田に行っている和○さんや佐○さん。厳冬期はパウダーで最高だぞと聞かされてから行きたくてウズウズしていた。2年前からチャンスをうかがっていたが、なかなかタイミングが合わない。来年は無い(たぶん)今年が最後のチャンスと骨折がまだ癒えない女房をだまし説得し、やっと3度目の正直で八甲田に行くことにした。日程は2月11日の夜に出発し、酸ヶ湯温泉に3泊してガイドツアーでスキー三昧という、山岳会にあるまじき(笑)極楽スキー&温泉ツアーである。自宅を6時半過ぎに出たが、メンバーがそろって福島を出発したのは21時頃となった。ところで今回の八甲田ツアーにはゲストが参加している。昨年10月に大朝日岳に一緒に登ったうちのひとり「あんみつ」さんだ。高速をひた走って黒石インターを降り、国道394号沿いの駐車場に到着。周囲は数mの雪壁。しんしんと降り続ける雪の中、テントを張ったのは12日の1時半を過ぎていた。寝酒を飲むとシュラフに潜り込んだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-18 16:30 | 山スキー | Comments(8)
2012年 02月 15日
粉に狂喜乱舞
f0170180_18164716.jpg

2月11日~14日と八甲田でのスキーツアー。
11日と12日は荒れた天候だったが13日と14日は大斜面でバフバフのパウダーランに狂喜乱舞。
4日間目一杯スキー&温泉を楽しんで満腹。
とりあえずは帰着報告ということで。

by torasan-819 | 2012-02-15 02:41 | 山スキー | Comments(6)
2012年 02月 08日
廃スキー場からの那須赤面山 ~ 2012年2月5日
f0170180_20432216.jpg

======================================================================
山域山名   那須甲子連峰 赤面山(1,701.1m)
山行期間   2012年2月5日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れのち曇り
参加者    4人(L:和○さん・佐○さん・河○さん・トラ山)
行程      駐車地点9:29~ゲレンデトップ10:47-10:59~赤面山頂11:47-12:08~ゲレンデトップ12:26-12:47~駐車地点13:00
行動時間   3時間31分
移動距離   約6.7km(GPS計測)
累積標高差 約±635m(GPS計測)
======================================================================
先週末は大雪で思ったような山スキーはできなかった。今週末もコンディションは微妙。せっかく久しぶりの4人パーティーということで、和○さんが選んだのは赤面山。10年以上前に閉鎖された白河高原スキー場の元ゲレンデから赤面山に登るのだという。福島県中通り南部は大雪の影響も少なく、ラッセルの心配も少ないだろうとの読み。雪が少なくても多すぎても難儀するというのが山スキーだが、このところ大雪などで計画通りにいった山行が少ないので、確実なルートということでの選定だ。もちろんワタクシは赤面山が初めてだが、どんなルートであろうと初めての山というのはワクワク感があるものだ。福島市で他の3人と合流し高速に乗る。市街地にも結構雪のある福島市を離れ、南進していくと周りの風景も徐々に雪が少なくなっていく。逆に雪が少ないのではと心配になるほどだ。白河ICで降りて以前は有料道路だった那須甲子道路を通る。山の斜面を見ると雪は多いとは言えないが、滑るには問題無さそう。白河高原スキー場跡へ到着。このスキー場は2000年頃までは営業していたという。ゲレンデに一番近い道路脇には既に7~8台駐車していたので、少し戻って駐車場跡の脇に止める。特に駐車スペースは無いので、道幅の広いところを探して駐車するしかない。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-08 03:31 | 山スキー | Comments(12)
2012年 02月 04日
35年前のガソリンストーブ
f0170180_23315831.jpg
18歳の時に始めたサイクリング。夏場のツーリングが主だったが、結構入れ込んでいて、自転車整備のために専用工具も買いそろえていた。テントを積んでのキャンプツーリングのために買ったのが、このガソリンストーブだった。20代半ば以降はツーリングから遠ざかり、このストーブもしまい込んでいたが、昨年突然思い出し、実家の物入れを探して見つけ出した。今から35年前、どこで買っていくらしたかは忘れたが、安くはなかったような記憶がある。機種は何だったのか覚えていない、というかその頃は機種には興味が無く、小型軽量ハイパワーな物を選んだのだと思う。もちろん今のようなガスストーブは無かった(たぶん)。はたして今も使えるのだろうか。問題なければこいつを持って山に登ってみたいものだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-02-04 23:26 | 山用品 | Comments(10)