<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 30日
美渓の大滝沢を楽しむ ~ 2012年7月28日
f0170180_22511023.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
山行期間   2012年7月28日(土)
山行形態   沢登り
天候      晴れ
参加者    4名(L:河○さん・小○さん・マロ7さん・トラ山)
行程      滑川橋(8:55)~F1(9:08)~大滝(9:38-9:55)~巻き終了(10:28)~ネコノ沢出合(10:51)~ホラガイ沢出合(11:20)~
         ヒョングリ滝(11:47)~吊橋(12:56)~桶木沢出合(13:20)~登山道(13:29-13:47)~滑川温泉(14:55)
行動時間   6時間
移動距離   9.2km (GPS計測)
累積標高差 ±760m (GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
7月8日の沢登り教室では、前日の雨による増水のため、大滝沢をいくらも遡行しないうちに撤退となった。中途半端に終わったこともあり、参加者からも再チャレンジしたいとの声があり、河○さんと自分の都合があった28日に遡行することにした。大滝沢は美渓だ。大きく雄大でそれでいて優美な大滝と、明るく見事なナメが美しい。しかも、大滝以外はいずれも直登か小さく巻ける滝ばかりで、この前のように増水でもしない限り、初級者でも楽しめる沢だ。東北地方は26日にやっと梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑がやってきた。こんな時はやはり、稜線歩きより沢登りが最高だ。今日のメンバーは自分を含めて会から3人と、沢登り教室にも参加したマロ7さんの4人。マロ7さんは沢登り自体がこれで3回目となる。他の沢登り教室参加者の皆さんは、都合が合わず参加できなかったのが残念。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-30 21:50 | 沢登り | Comments(20)
2012年 07月 27日
学校登山で蔵王後烏帽子岳へ ~ 2012年7月25日
f0170180_181228.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 後烏帽子岳(1,681m)
山行期間   2012年7月25日(水)
山行形態   無雪期一般登山
天候      曇り
参加者    子供12人+大人8人
行程      えぼしスキー場10:10=石子ゲレンデ10:35~ゲレンデトップ11:23-11:34~後烏帽子岳12:36-13:01~
         ゲレンデトップ13:57-14:11~石子ゲレンデ14:50=えぼしスキー場15:04
行動時間   4時間15分
移動距離   4.9km (GPS計測)
累積標高差 ±637m (GPS計測)
装備      日帰り軽装
======================================================================
息子の通っている小学校では、5年生の時に蔵王に登山をする。ルートは刈田峠から不忘山、そして白石スキー場へ下りる南蔵王の縦走だ。ボランティアの押し売りをして同行させてもらうことにした。子ども達と一緒にスクールバスの小さい座席に座ってエコーラインを登っていく。しかし、登るにしたがいガスは濃くなり、雨と風が強くなってくる。南蔵王縦走路の北側入口となる南蔵王登山口で、しばらく天気の回復を待つことになった。雨雲レーダーでは回復傾向だとのことだが、1時間待ってもさほど状況は変わらない。これから雨が止んだとしても、縦走するにはそろそろ時間切れだ。学校の先生の判断で予定を変更し、えぼしスキー場から後烏帽子岳に登ることになった。スキー場のゴンドラで石子ゲレンデまで運んでもらう。ここから歩きになりゆっくりと登っていくが、子ども達はとにかく賑やかで屈託がない。ゲレンデをひと登りすると、後烏帽子岳の登山口となる。天気は相変わらずだが、稜線と違い雨と風が無いので支障はない。しばらく展望のない樹林の中を登っていく。子ども達は山をどうこうというのではなく、仲間とワイワイ歩くこと自体が楽しいようだ。登山道はこの頃かなり補修されたようで、石と木で階段になっているところが増えた。歩き始めてから2時間ほどで山頂に到着。休憩をあまり取らず歩いたので、かなりゆっくりペースでもこの時間で登ることが出来た。実は5年生の担任は山のベテランで、自分もその方の記録をずいぶん参考にさせてもらっているのだ。なので、山の歩き方が非常に上手いというわけだ。しかも、今日のボランティアには75歳の方もいるのだ。なんと子ども達との年齢差65歳だ!山頂もガスの中で何も見えない。子ども達に屏風岳を見せてあげることが出来ないのが残念だ。しかし、いつかまた登ることがあれば、今日のことはまざまざと思い出すだろう。賑やかに昼食を食べ、皆で写真を撮るともう下山だ。下山では女の子が膝を痛がり(成長痛らしい)かなりゆっくり歩いたので、登りとさほど変わらない時間がかかったが、時間的には余裕があったので問題なし。下りもゴンドラに乗りラクチン下山であった。それにしても子ども達は元気だ。天気さえ良ければ、南蔵王縦走も元気いっぱいに歩き通したことだろう。将来山好きになってくれればいいなと思いながら、今日は少年自然の家に泊まる子ども達と別れた。

by torasan-819 | 2012-07-27 07:30 | | Comments(6)
2012年 07月 24日
山登りアーカイブス 2008年3月18日~蔵王 不忘山に仕事前登山
f0170180_86428.jpg

この日は時差出勤の日だった。10日前に不忘山に初登頂したばかりなのだが、山頂往復時間の見当が付いたので、朝のうちに歩けるだろうと考えたのだ。まだたいした経験もないのに、やることは大胆というかなんというか。途中で朝食も取り予定どおり下山したので、結果オーライではあるのだが。これ以来、出勤前の登山を度々するようになった。こんな速攻登山はよゐこの皆さんにはとてもお勧めできない。自宅から山が近く職場も近いという、地の利があるからこそ出来ることだ。体力の低下をはっきり自覚するようになったらやめようと思っているのだが…
=======================================================================
2008年3月18日
早朝に登山してから仕事に行くというのは、既に青麻山で実行しているが今日は不忘山に登った。
前日の天気予報で高気圧が張り出してるのを見てどうしても登りたくなった。
青麻山とちょっと違うのは、起点と山頂の標高差が青麻山350mなのに、不忘山は860mあるということ。
今日は仕事が10:45からの時差出勤の日だったからできるのだが、いずれにしてもちょっと忙しい。
でも今までの山行から大体自分の歩行時間が想定できるので、大丈夫と計算して決行した。
それにしても寝たのが午前2時で起きたのが5時なので、3時間しか寝ていない。
でもこういうときは目覚まし一発で起きることができる。
不思議だな(笑)
登った結果として、快晴の青空の下で不忘山に会えて最高♪

5:58駐車場-8:00山頂8:25-9:00朝食休憩9:20-9:54駐車場-10:45出勤

by torasan-819 | 2012-07-24 07:19 | 山登りアーカイブス | Comments(4)
2012年 07月 20日
蔵王お釜周辺地形図の変遷
蔵王は地元の山でありよく登るのだが、実はそれほど詳しいわけではない。1962年にエコーラインが開通したことにより、誰でも楽に「お釜」を見ることが出来るようになった。自分も蔵王といえばお釜のイメージが刷り込まれていて、観光地という認識しかなかった。しかし古くから蔵王は山岳信仰の山であり、吉野から蔵王権現が勧請されてからは「蔵王山」と呼ばれるようになったのだという。そのため昭和初期までは盛んに登られていたということを後から知った。ということは道もあったわけで、それらの道は改良され舗装道となり、あるいは登山道になり、あるいは廃道となったのだろう。ということは、古い地図ならば道が記されているのではと思って探してみた。以下がそれで、お釜周辺だけ切り取っているが比べてみると興味深い。なお、地形図の縮尺は5万分の1だ。

                           大正元年発行の地形図(明治44年測図・大日本帝國陸地測量部)
f0170180_11225114.jpg


                           昭和29年発行の地形図(昭和6年要部修正・昭和28年応急修正・地理調査所)
f0170180_1123032.jpg


                           平成7年発行の地形図(平成4年修正測量・国土地理院)
f0170180_1123710.jpg


まず、明治の地図がかなりしっかり作成されていることに驚く。軍事上の要請から当時の日本国は、地形図の作成を陸軍陸地測量部で行っていたので、比較的短期間で精度の高い地形図の作成ができたのだろうと思う。その苦労の一端は、映画「劒岳 点の記」を見た人ならわかるだろう。明治の地形図を見ると、ひよどり越えを下りた濁川の左岸に新關(新関)温泉との表示がある。ちなみに1867年(慶応3年)には噴火による火山泥流により、新関温泉で3名の死者の記録がある。その新関温泉も昭和の地形図では無くなっているので、廃業してしまったのだろう。また硫黄坑と硫黄精錬所が無くなっていたり、大黒天から濁川右岸を辿る刈田岳への道が存在していたり、追分ルートがいったん昭和の地形図で消えたりとか、見比べてみると様々な変化があったことがわかる。2万5千分の1地形図なら、もっと色々なことがわかるだろう。もちろん地形図だけで当時をうかがい知ることは出来ないが、あれやこれや推理し想像を膨らませると、蔵王もまた違った一面が見えてきて大変興味深いのである。

by torasan-819 | 2012-07-20 10:36 | | Comments(6)
2012年 07月 17日
蔵王振子沢と五色岳東稜尾根探索 ~ 2012年7月16日
f0170180_20452651.jpg
          ※加ト幹事長さん画像
======================================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域濁川支流振子沢
山行期間   2012年7月16日(月)
山行形態   沢登り
天候      晴れ時々曇り
参加者    4名(L:ナマステさん・加ト幹事長さん・odamakiさん・トラ山)
行程      賽ノ磧8:24~振子沢出合9:02~振子滝9:46~休憩10:20-10:47~五色岳12:12~大黒天13:55
行動時間   5時間31分
移動距離   6.5km (GPS計測)
累積標高差 +951m -752m (GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ50m×1)
======================================================================
3連休の月曜日だけ空いたので、沢登りのパーティーを組みたくて山友の皆さんに声をかけたら、ナマステさんから返信があった。毎年この時期はナマステさんの企画で振子沢を沢登りしていたのだが、今回は五色岳東稜尾根下りを考えているとのこと。なにやら面白そうではないか。その企画乗ったとばかりに参加させてもらうことにした。遠刈田温泉でナマステさんと合流しエコーラインを登る。今日のゴール地点となる大黒天に車を1台デポすると、賽ノ磧の駐車場に戻りスタートした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-17 20:04 | 沢登り | Comments(20)
2012年 07月 13日
苔とナメの石筵川 ~ 2012年7月9日
f0170180_13108.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・石筵川
山行期間   2012年7月9日(月)
山行形態   沢登り
天候      晴れ時々曇り
参加者    2名(L:トラ山・あんみつさん)
行程      駐車場6:35~銚子ヶ滝入口6:50~銚子ヶ滝降口(滝往復)7:11-7:25~入渓点7:29-7:39~15m2段滝8:46~
         7m滝9:23~12m3段滝9:41~8m滝10:04~二俣11:22-11:38~奥の二俣11:41~ヤブ12:08~
         登山道12:35-12:51~和尚山分岐(三角点往復)13:59-14:12~渡渉15:18~銚子ヶ滝入口16:00~駐車場16:13
行動時間   9時間38分
移動距離   16.4km(GPS計測)
累積標高差 ±1,188m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
石筵川(いしむしろがわ)は安達太良山とその西にある船明神山を源とする沢で、渓相が美しいことから沢登りの対象とされている。「日本の渓谷'96」にも紹介されており、山岳雑誌に取り上げられることもあることからか、それなりに遡行者がいて記録も豊富な沢だ。今日のパートナーはあんみつさん。彼女の沢登り経験はそれほど多くはないが、身体能力が高く何でもこなす彼女のことだ、初級の沢とされている石筵川はなんの問題もないだろう。とはいえ自分も石筵川は初めてであり、昨日の沢登り教室は水量が多くて中途退却しているくらいなので、1日経過したとはいえ少々心配ではある。いずれにしても実際に行って見なければわからないと、車中泊の道の駅つちゆを後にして石筵川へと車を走らせた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-13 05:32 | 沢登り | Comments(10)
2012年 07月 11日
吾妻大滝沢で沢登り教室 ~ 2012年7月8日
f0170180_11213615.jpg

毎年この時期に行われている沢登り教室。今年も吾妻の大滝沢で開催されることとなった。しかし、前日は大雨警報が出るほどの降雨。沢は大増水しているはずで開催も危ぶまれた。天気予報では深夜に雨が上がるとのことなので、最終判断は現地でということになった。あんみつさんと合流し、集合場所&入渓地点の滑川温泉手前の橋に到着。既に本日参加の皆さんはいらっしゃる様子。山岳会関係が9人に一般参加が8人の計17人と賑やかな沢登り教室となった。マロ7さん、Mt.Raccoさん、N田さんなど、ブログやホームページでお馴染みの方が多い。しかし問題は沢の状態。雨はすっかり上がり天気は回復傾向だが、未明まで降り続いたおかげで沢は大増水。しばらくロープの結び方を講習しながら、沢が減水するのを待つことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-11 09:28 | 沢登り | Comments(17)
2012年 07月 07日
山登りアーカイブス 2008年3月13日~万世大路 県境を越えて
f0170180_18514894.jpg

国道13号のうち、福島県福島市から山形県米沢市に到る区間を万世大路と呼ぶ。その始まりは明治初期に県境を越える道を造るべく、当時としては難工事となる栗子山隧道(866m)を掘削し開通させたという。当初そこを通るのは主に人馬であったという。さらに昭和初期には自動車の通行に合わせ、道路の線形を大幅に見直す工事が行われた。昭和40年代には現在の国道13号が新しく造られ、万世大路の名称もそちらへと移り現在に至っている。ちなみに国道13号の東栗子トンネル(2,376m)と西栗子トンネル(2,675m)は、完成当初国内で屈指の長大トンネルであったという。今持って栗子山の山中には当時の万世大路の遺構が残っており、道やトンネルを釣りや山菜採りで利用する人がいる。以前オフロードバイクで遺構を訪ねることが好きだった自分は、万世大路の遺構にも何度か訪れ走ったことがあった。危険ではあるが栗子山隧道に踏み込み、昭和47年に落盤で通行不可となった場所を確認しにも行ったことがある。語ればいろいろと尽きないエピソードもあるのだが、それはまた機会があればとしよう。万世大路について興味があれば検索するといい。日本の近代史をなぞるような、万世大路の歴史がひもとかれる。そんな万世大路を、当時まだ始めたばかりのスノーシューで、3月とはいえ積雪期の縦走を考えたのは少々無鉄砲だったかもしれない。天候と運と体力に助けられ、なんとか無事歩き通せたのだが、今度またやるとしたらスキーで歩いてみたいものだ。当時画像も随分撮ったのだが、どこに行ったのか数枚しか見つからないのが残念。 ※画像追加 2016.06.17

===================================================================
2008年3月13日
以前の日記にも何回か書いたことのある「万世大路」を福島県~山形県と県を越えて歩きたいと思っていた。
もちろんスノーシューで。今週は急激に暖かくなり、もう今年はだめかもと思ったが執念で休みを取り行ってきた。明日からは天気が崩れるようだし。大半は廃道ルートを歩くが、栗子隧道から先は地形図のコンター(等高線)を見ながら、なるべく楽なルートを考えてGPSにアップロードしておく。大まかに時間と距離は以下のとおり。

 9:30 福島側スタート 標高488m
14:06 福島山形県境  標高1091m
16:17 米沢スキー場  標高485m
距離合計 17.6キロ

登りはさほどではないが、何しろ距離があるし雪もグズグズに柔らかくなってきているので結構疲れる。雪崩にも気をつけなければならない。廃道となった万世大路は県境を隧道(トンネル)で越えている。幸い福島山形両県側の隧道入口を確認することができた。米沢スキー場からはタクシーで朝に車を止めた駐車スペースまで戻った。
f0170180_22363996.jpg

f0170180_1852987.jpg

f0170180_22374155.jpg

f0170180_22382245.jpg

f0170180_18522175.jpg


by torasan-819 | 2012-07-07 18:54 | 山登りアーカイブス | Comments(2)
2012年 07月 02日
小渓に遊ぶ 蔵王小阿寺沢 ~ 2012年6月30日
f0170180_5453891.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
山行期間   2012年6月30日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り時々晴れ
参加者    3名(L:トラ山・八○さん・Tさん)
行程      登山口10:24~入渓10:37~F1(10m)10:53~F2(6m)11:18~F3((2段15m)11:28~F4(6m)12:20-13:05~
         休憩~F5(5m)13:33~F6(6m)13:38~枝沢13:45~涸れ滝(10m)14:00~岩場下部(20m)14:20-15:06~
         岩場上部(20m)15:09~ヤブ漕ぎ15:36~登山道15:59~休憩~ゲレンデトップ16:17~登山口17:28
行動時間   7時間4分
移動距離   7.7km(GPS計測)
累積標高差 ±840m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
小阿寺沢はマイナーな沢である。どこにでもあるような沢で、普段は登山者が渡渉するのと釣り人が入るくらいで、いたって静かな沢だ。小阿寺沢を沢登りの対象としてみても、美渓というわけでもないし、見事な滝があるわけでもない。しかし、直登可能な滝、ロープ練習になる滝、シャワーを浴びる滝ありとバラエティに富んでいる。さらに枝沢を詰めれば、大岩帯や高巻きに岩場まであるという、なかなかに内容の濃い沢なのである。また、アプローチも楽で駐車場所にも困らないという、沢シーズン始めのトレーニングとして見れば、うってつけの沢だと思う。それがゆえ、地元山岳会などを中心に地道に登られ続けているのだ。自分は3年前に初めて登って以来毎年訪れ、今年で4回目(2009年2010年2011年)となる。しかし、枝沢まで詰めたのは単独で登った初回だけだ。今回は3人パーティーであり、今登るとあの頃の印象とどう違うのか興味津々だ。
※画像はTさん提供のものも使わせてもらった。同じ場所でも、やはり自分とは違う視点での画像となっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-02 21:38 | 沢登り | Comments(10)
2012年 07月 01日
【お知らせ】 沢登り教室
f0170180_1249493.jpg

この夏に沢登りをやってみませんか!
この夏、沢登りをやってみたいが何からどう始めたらいいのかわからない方。
そんな方にうってつけの沢登り体験教室があります。
以下のとおりですので、問い合わせ先までメールで申し込み願います。
装備については貸し出しもあるので相談してください。


<沢登り教室の実施について>
初心者を対象にした「沢登り教室」を下記の通り実施します。
日時:2012年7月8日(日) 7時30分(受付は7時00分~)
場所:吾妻山・大滝沢
集合場所:滑川温泉手前の滑川大橋
参加費:無料(山岳保険等は各自・主催者責任賠償保険は主催者側で加入)
問い合わせ先:福島登高会 f-toukoukai.0808□asahi.email.ne.jp(□は@マーク)


by torasan-819 | 2012-07-01 04:44 | 沢登り | Comments(18)