<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 26日
二口山塊 小松原沢遡行と南沢下降 ~ 2012年8月25日
f0170180_12394714.jpg

======================================================================
山域山名   二口山塊 名取川二口沢支流 小松原沢・南沢
山行期間   2012年8月25日(土)
山行形態   沢登り
天候      曇り
参加者    5名(L:ナマステさん・チャリマさん・Mさん・マロ7さん・トラ山)
行程      二口林道ゲート7:37~入渓7:43~南沢出合8:11~桂沢出合9:04~小松倉沢出合9:36~銚子大滝10:13-11:46~
         左沢出合12:16~奥の涸れ三俣12:32~ダンコ平登山道12:52~休憩12:56-13:22~神室岳山頂13:42~
         二口沢出合17:00~二口林道ゲート17:37
行動時間   10時間00分
移動距離   9.8km(GPS計測)
累積標高差 ±993m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ50m×1・30m×1)
======================================================================
仙台市の西部に位置し、宮城県と山形県の県境尾根になっている山塊を二口山塊と呼ぶ。大東岳を盟主として、磐司岩という巨大な岩壁があり、秋保大滝など多くの滝があり渓谷の美しい山域である。沢登りの対象となる沢も多く、大行沢などはナメの美しさで知られており、地元ならず遠方より訪れるパーティーも多い。自分も地元ではあるのだが、これまで遡行した沢は、大行沢(上部のみ)、樋ノ沢、鳴虫沢程度で少ない。今回は名取側の上流二口沢の支沢のひとつ、小松原沢を遡行し南沢を下降してみることになった。しばらく前から気になっていたルートだが、ナマステさんも考えていたようでが偶然一致した。メンバーは5人となった。Mさんは9週連続の山行で、この夏から始めた沢登りは6本目だという。マロ7さんは沢登りがたぶん4本目。銚子大滝の処理に少し時間がかかるだろうが、それ以外はそれほど問題はないだろう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-08-26 17:06 | 沢登り | Comments(20)
2012年 08月 24日
沢登り同行者募集
沢登りの同行者募集します。

遡行日 9月1日(土)日帰り

遡行沢 那須甲子 白水沢(右俣か左俣かまだ未定)

短い沢ですが、滝を登って水遊びします。
同行したい方は、コメント欄に記載もしくは個別連絡願います。
なお、まったくの初心者でなく、沢登り経験数回以上の方とします。

by torasan-819 | 2012-08-24 12:52 | 沢登り | Comments(4)
2012年 08月 19日
蔵王の名瀑三階の滝を登る ~ 2012年8月18日
f0170180_21385357.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 三階滝沢
山行期間   2012年8月18日(土)
山行形態   沢登り
天候      曇り
参加者    2名(L:トラ山・八○さん)
行程      遊歩道P9:47~澄川9:51~三階滝沢出合10:39~60m滝10:45~巻き10:56-11:23~25m滝11:42~
         巻き11:50-12:05~白龍の滝12:26-12:39~登山道12:48~遊歩道P13:22
行動時間   3時間35分
移動距離   5.5km(GPS計測)
累積標高差 ±514m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
蔵王の三階の滝は、澄川の支沢である三階滝沢にある滝だ。多段に落ちる滝を、三段三階に見立てて三階の滝と呼んでいる。高さは181mとされているが、エコーラインにある滝見台からでなければ、その全体を眺めることは出来ない。このところ3週間も沢から離れていたので、沢登りに行きたくて仕方がなかったが、この週末も所用がありあまり時間が取れない。ならば近くの短い沢ということで、いつか登ろうと思っていた三階の滝へ行くことにした。
土曜日は8時に相方の八○さんと待ち合わせをしたが、事故なのか渋滞で車が動かないという。結局予定より1時間以上遅れて合流した。今日は自宅に2時半には帰らなければならない。そんな制約の中でも沢登りをしたいと思い選んだのがこの三階の滝だった。上部のカットして遡行を打ち切れば、時間的にはなんとか大丈夫だろう。曇り空で雨の心配もあるが、とにかく現地に向かうことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-08-19 15:27 | 沢登り | Comments(6)
2012年 08月 12日
階子乗り
f0170180_12513238.jpg

昨日の夏祭りでは階子乗り(階子と書いて「はしご」と読む)が披露された。
階子を固定せず命綱を付けない階子乗りは、宮城県内では仙台市とここ白石市のみ。
大正時代に行われていた記録があるが、久しく途絶えていたのが2001年に復活された。
出初式や祭りなどで年に数回披露されているが、今回は最初から最後までじっくりと見ることが出来た。
高さ約8メートル、17段のはしごを16本の鳶口で支えている。
練習を重ねた消防団員がやっているとはいえ、見ていると結構ヒヤヒヤする。
沢で滝を登っている自分とはいえ、あの階子の上での手放しは絶対に無理だ。
今後も継承するために、もっと多くの方に見ていただきたいものだ。

その他の画像

by torasan-819 | 2012-08-12 13:04 | その他 | Comments(4)
2012年 08月 11日
霧のない摩周湖
f0170180_810616.jpg

ファミリーな父親を演出して、家族で北海道旅行などをやってみた。
定番のルートをあちらこちらと見て歩いたわけだが、摩周湖に行ったのが8日の午後4時頃。
曇り空なので霧がかかり見えないだろうと思ったが、一応見ておこうと思い展望台へ。
あにはからんや何とか湖面は見えていた。
斜面を流れ落ちる霧がなんとも迫力があり、それはそれで見応えがあった。
翌朝は曇り空で次なる目的地へと移動を始めたが、後ろを振り返るとカムイヌプリ(摩周岳)がクッキリと見える。
Uターンして摩周湖へと向かうと快晴ではないか。
昨日とはうって変わった摩周湖の姿を眺めることが出来た。

その他の画像

by torasan-819 | 2012-08-11 16:14 | その他 | Comments(14)
2012年 08月 04日
山登りアーカイブス 2008年3月22日~スノーシューで西吾妻山へ
f0170180_208149.jpg

スノーシューで何度か蔵王を歩き、それなりに経験を積んだ。しかし、まだまだ初心者の域を出ていないのは、自分がよく分かっていた。歩く山域を広げたいと思い、吾妻や安達太良を考えたが、夏山も含めてまったく登ったことがない。なのでツアーを探して参加してみることにした。自分よりも経験の少ない友人と2人だけ参加のツアーだったが、天候にも恵まれ最高の登山となった。
=======================================================================
2008年3月22日
今日は快晴になるだろうと予想されたので山へ行ってきた。登ったのは福島県と山形県の県境にもなる吾妻連峰。その一端となる西大巓~西吾妻山に、グランデコスキー場のトップから登った。この頃単独行の多いオイラだが、今日は初めての山域でもありスノーシューツアーに参加した。同行はバイク友の「ばったり」さんで、今日が4回目のスノーシューだそうだ。ガイドの橋口さんを先頭に、オオシラビソの林の中を快調に登る。まだ3月とはいえ、今日はすっかり春山の陽気だ。それでも積雪はまだまだ深くて、雪面も午前9時あたりではまだ解けだしてはいない。西大巓は1981.8m、西吾妻山は2035m。西吾妻山の山頂付近には、崩れかかってはいるが樹氷の名残もある。視界がクリヤーで遠くの山々も近くに見え、何か得した気分になった。飯豊連峰、朝日連峰、月山そして鳥海山、さらには八幡平までも望める。今日は本当に素晴らしい天気に恵まれたな。帰りは温泉にマッタリつかり幸せな気分で帰ってきた。

by torasan-819 | 2012-08-04 20:55 | 山登りアーカイブス | Comments(2)