<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 28日
今季初の雪山歩きは蔵王の名号峰から ~ 2012年11月25日
f0170180_12313577.jpg

白石市には白峰会という山岳会がある。自分も地元だけに会員さんには顔なじみの方も多く、度々山行を伴にさせてもらっている。その白峰会の会山行が25日にあるというので、特に山行計画を立てていなかった自分はパーティーに入れていただくことにした。行動予定は峩々温泉から登山道を名号峰に登り、様子を見て可能であれば熊野岳方面に足を延ばし、カモシカ温泉跡へ下りて濁川沿いを峩々温泉に戻るという、左回りの周回ルートだ。蔵王も既に上の方は白くなっているが、登ってみなければ雪の状況はわからない。積雪が多ければラッセルになるだろう。
======================================================================
 山域山名   蔵王連峰 名号峰(1,490.9m)
 山行期間   2012年11月25日(日)
 山行形態   積雪期一般登山
 天候      晴れ
 参加者    11名(白峰会10名+トラ山)
 行程      峩々温泉7:17~猫鼻8:12~名号峰10:04-10:16~追分10:55~昼食休憩11:04-11:45~
          カモシカ温泉跡12:44~左エ門小屋13:01~濁川出合13:30~峩々温泉14:25
 行動時間   7時間8分
 移動距離   11.4km (GPS計測:自動記録)
 累積標高差 ±984m (GPS計測:自動記録)
 装備      日帰り冬装備
======================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-11-28 06:23 | | Comments(12)
2012年 11月 26日
ヒマラヤでないことは確か
f0170180_2321274.jpg

山には一足先に冬が訪れたようだ。この画像は11月25日のものだが、すっかり冬山になり白と黒のモノトーンの世界になっている。雪と岩が造る景観は神々しいほど美しく、天を突くような頂は見るものを誘っているようでもある。実際に登れるかどうかは別にしても、登ってみたいと思わずにはいられない。その魔力に魅入られた者は、容易なことではそのくびきから逃れることはできなくなるのだ。ところでこの画像の山は広く知られた山だが、視点が変わるとこのような景観が見えることはあまり知られていない。

by torasan-819 | 2012-11-26 23:30 | | Comments(8)
2012年 11月 23日
二口山塊の里山を歩く (三森山から桐ノ目山まで) ~ 2012年11月21日
f0170180_8293268.jpg

21日は休みの合った河○さんと山へ行くことにした。とはいっても登る山を決めていたわけではない。ところで11月に入ると、平地は晴れていても山沿いは時雨れることが多くなる。空っ風も吹くので体感温度はさらに下がる。そんなわけで、この時期に登る山は脊梁山脈から離れた低山になることが多い。あれこれ考え決めかねていたが、二口山塊の三森山が頭に浮かんだ。この山はそのうち登ろうと思いながら何年も経つが、未だに登っていない山だ。ただ、三森山だけでは物足りないので、マロ7さんの記録などを参考にして、三森山~オボコンベ~桐ノ目山と低山周回の計画を立ててみた。
======================================================================
 山域山名   二口山塊 三森山(686.1m) オボコンベ山(595m) 桐ノ目山(711m)
 山行期間   2012年11月21日(水)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      晴れ
 参加者    2名(L:トラ山・河○さん)
 行程      林道駐車地点9:55~尾根10:22~三森山10:52-11:04~オボコンベ11:38-11:55~
          桐ノ目山12:34-12:57~寄沢13:19~林道(寄沢橋)13:51~林道駐車地点14:50
 行動時間   4時間55分
 移動距離   9.3km (GPS計測:自動記録)
 累積標高差 +890m -890m (GPS計測:自動記録を補正)
 装備      日帰り軽装
======================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-11-23 04:02 | | Comments(12)
2012年 11月 18日
晩秋のキノコ採り
f0170180_17233128.jpg

ナマステさんと近場にキノコ採りに行ってきた。目的の場所は林道が落石で通れず、やむなく手前の沢沿いを探してみることにした。山はすっかり冬枯れになってすこぶる見通しがいい。しかし、なかなかキノコは見つからない。それでもムキタケとナメコを少々採ることができた。帰り道ではシロノハイイロシメジも。山沿いは時折雪が舞い、道路の温度計は3度を示していた。どうりで寒いわけで、晩秋というよりも初冬の雰囲気。今年のキノコ採りももうそろそろ最終章かな。
f0170180_2371490.jpg


その他の画像

by torasan-819 | 2012-11-18 17:31 | キノコ | Comments(4)
2012年 11月 14日
西会津 木地夜鷹山での沢納め ~ 2012年11月10日・11日
f0170180_3173665.jpg

東北の沢屋にとって、その年の沢登りを締めくくる沢納め(沢締め、わらじ納めなどとも言う)をいつ行うかは、結構難しくて悩ましい問題だ。東北では秋になったかと思うと、またたく間に冬の訪れを迎える。10月前半では沢納めにはまだ早いと思って下旬を狙っていると、週末の天候が芳しくなくズルズルと延期しているうちに、寒気がやってきてもう行けないということがある。ちなみに東北での沢登りは、概ね6月から10月までが一般的な期間だろう。もちろん5月でも11月でも出来ないわけではないが、5月は残雪もあり水も冷たいので山域と沢を選ぶこととなり、11月は寒くなり山は時雨れることが多くなるので、沢登りの意欲も急速に萎んでしまうのだ。そんな時期に東北で沢登りをするのは、沢屋の中でも一部の愛好家に限られる。自分はといえば、5月はまだスキーの時期だが、11月は天気次第というところだ。
昨年は沢納めに西会津の木地夜鷹山(キジヨタカヤマ)の計画があったが、天候のため結局実行できなかった。そこで今年の沢納めは、その計画をリトライすることとなった。メンバーは昨年の計画と同じで、博○さん、克○さんと自分の3人。木地夜鷹山には踏み跡程度の道しか無いようだが、それでもヤブ山好きな人達により登られているようだ。もちろん我々は沢登りなので、東斜面を流れる長谷川を遡行して山頂を目指す。長谷川はこれといった滝もない凡庸な沢のようだが、上部が稜線から落ちるスラブになっており、そこが今回のハイライトといえそうだ。長谷川は遡行距離が短いので日帰りが可能だが、我々は沢納めとしてあえて沢に泊まることとした。焚き火をして今年の山行を肴に酒を呑む(そちらが主目的かもしれないが)のが目的だ。
======================================================================
 山域山名   西会津 会越国境山脈 木地夜鷹山(859m) 阿賀川水系長谷川右俣
 山行期間   2012年11月10日(土)・11日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      10日 曇り時々雨 11日 曇り
 参加者    3名(L:博○さん・克○さん・トラ山)
 行程      10日 駐車地点15:54~野営地17:09
          11日 野営地9:18~二俣9:40~スラブ基部10:23~稜線10:55~木地夜鷹山11:07-11:22~
               百戸沼12:03-12:17~休憩12:35-13:35~駐車地点14:01
 行動時間   10日 1時間15分  11日 4時間43分
 移動距離   10日 2.5km  11日 4.3km  (GPS計測:自動記録)
 累積標高差 10日 +145m -12m  11日 +458m -590m  (GPS計測:自動記録を基に修正)
 装備      泊まり沢装備(ロープ30m×1・20m×1)
======================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-11-14 08:09 | 沢登り | Comments(10)
2012年 11月 12日
キノコ採り至福のひととき
f0170180_21341723.jpg

ナメコの群生を見つける。フカフカな緑の苔の絨毯の中から、ナメコの赤ちゃん(幼菌)が顔を出している。その輝くツヤツヤの肌は見るものを魅了する。採るのも忘れてしばし眺める。キノコ採りにとってまさに至福のひとときだ。
今年は残暑が長かったせいか、全体的に発生が遅れている。ナメコもようやく第1次のピークを迎えたようだ。枯れた立木にびっしりと群生しているのを見つけると、おお~と思わず声が上がる。キノコ採りのことをキノコ狩りとも言うが、男の本能には動物植物問わず狩りが刷り込まれているようで、血が騒ぐというか興奮してしまう。まあそんな理屈っぽい分析はどうでもいいだろう。山に感謝しその恵みを少しだけいただく。どれほどの昔からかは知らないが、営々と繰り返されてきた人の営みだ。

その他の画像

by torasan-819 | 2012-11-12 22:03 | キノコ | Comments(6)
2012年 11月 09日
輝くナメコ
f0170180_21465376.jpg

キノコの季節だがなかなか時間が取れず、じりじりとしながらもはや11月も上旬。何とか半日の時間を作り出し、スーパーキノコ採り人のナマステさんにお願いしてキノコ採りに行ってきた。結果はナメコがそこそこ採れたので満足満足。ちょうど良い時期のナメコは、ツヤツヤと輝きまるで森の宝石のようだ。
※野生キノコは放射性物質の関係で出荷制限されている地域がある。出荷制限されていなくとも、自家消費は控えるようにとの呼びかけがされている。悲しいことだが現実である。食べるのは自己責任ということだ。しかしこのナメコを見て食べないわけにはいかない。食わずに死ねるか!

その他の画像

by torasan-819 | 2012-11-09 21:50 | キノコ | Comments(10)
2012年 11月 08日
山登りアーカイブス 2008年4月5日~朝日連峰大展望の大頭森山
f0170180_22491672.jpg

大頭森山に登るのは2回目だった。この山は無雪期なら簡単に登れるが、積雪期は下から歩かなければならない。1回目はガスだったので展望は得られず、この日が初めて見る朝日連峰の大展望となった。この時見た白く輝く朝日連峰は、自分に強烈な印象を与えた。あの山に自分も登れるだろうかと思いつつも、なんとしても登りたいと思ったのだ。この頃の自分にとって、朝日連峰はまだ「遠き山」だった。朝日連峰縦走の実現は翌年を待たねばならなかったが、この日が自分にとってひとつの契機となる経験だったことは間違いない。
=======================================================================
5日土曜日は「大頭森山」に登ってきた。 「大頭森山」は山形県西川町大井沢地区から登る。大井沢は朝日連峰の登山口でもある。NPO法人「エコプロ」主催のガイドツアーだったが、ガイド1名とサブ1名に参加者が9名の総勢11名。そのうちなんと女性参加者が6名。いつも1人か2・3人でガシガシ登ってばかりの自分には、ゆったりとしたトレッキングペースが新鮮でもあり楽しかった。自分の足元はもちろんスノーシューだ。先日手に入れたミドルサイズのスノーシューを初めて履いたが、特に問題もなくすぐに馴染んだ。他の参加者はスノーシューの他にも、ツボ足・ワカン・手製丸形かんじきとバラエティに富んでいる。ガイドさんによると今年も雪は多くないとのことで、沢があちこち口を開けてきているので、来週は同じルートではもう登れないだろうとのこと。山頂からは眼前に朝日連峰の大パノラマ、その右側には湯殿山-姥ヶ岳-月山が連なり、少し離れて葉山と大展望だ。いや~素晴らしい!今年は朝日連峰の一山でもいいから踏んでみよう。

GPSによる標高とタイムは以下のとおり。
 9:05 出発 516m
11:48 山頂 988m 登り 約3.2km
    昼食
12:38 出発 987m
14:33 到着 520m 下り 約3.6km

by torasan-819 | 2012-11-08 22:52 | 山登りアーカイブス | Comments(0)
2012年 11月 06日
遡行図追加(4)
遡行図追加しました。

最上川源流の吾妻松川を登る ~ 2012年9月26日

by torasan-819 | 2012-11-06 23:31 | 沢登り | Comments(0)
2012年 11月 02日
沢〆で焚き火祭りのお知らせ
11月10日(土)~11日(日)に今年の沢〆を予定しています。
とはいっても本格的な沢登りではなく、沢で盛大に焚き火をして飲んで語ろうと思います。
自分は土曜日の午後に出発して沢で泊まり、翌日は今のところ未定ですが温泉でも入って帰宅がよろしいかと。
場所は福島県内某所ですが、駐車地点からはそれほど遠くないようです。
11月に入って寒くなってきましたが、焚き火を眺めながら今年の山行を振り返るのもおつなものではないでしょうか。
いずれにしても天候次第ではありますが、参加希望の方は連絡願います。

by torasan-819 | 2012-11-02 23:24 | 沢登り | Comments(5)