<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 29日
久しぶりのスノーシューで慶応吾妻山荘へ ~ 2012年12月29日
f0170180_11383956.jpg

29日は河○さんの企画に乗っかり、スノーシューに行くことにした。自分のブログの記録を振り返ると、実に2年10ヶ月ぶりのスノーシューとなる。あれほど歩いていたスノーシューだが、山スキーを始めてからは仕舞い込んだままだったのだ。スノーシューに行くことにしたのは訳がある。24日の山スキーで靴擦れが出来てしまい、まだ治りきっていないので年内の山スキーは控えることにしたのだ。靴が違えば足への当たり方も違うので、スノーシューなら大丈夫だろう。山登りを始めて以来、靴擦れとはずいぶん付き合ってきた。同じ靴やブーツでもその時のちょっとした条件の違いで、出来たり出来なかったりするし、靴擦れの出来る場所も違ってくる。自分の足の形状は人様とはちょっと違い、それも靴擦れが出来やすい原因かと悩みの種ではある。同行者は河○さんの同僚のまこさん。まこさんはまだ山登りを始めたばかりなのに、飯豊本山を日帰りで登るくらいだから体力的には申し分ない。自分は鼻風邪気味なのが気になったが、山に行けば治るだろうと気楽に考える。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 吾妻山(慶応吾妻山荘まで)
 山行期間   2012年12月29日(土)
 山行形態   スノーシュー
 天候      晴れのち曇り
 参加者    3名(L:河○さん・まこさん・トラ山)
 行程      観光協会駐車場8:05~磐梯吾妻スカイライン9:17~山鳥山10:17-10:26~井戸溝11:02~
          山荘分岐11:19-11:27~慶応吾妻山荘11:34-12:43~山鳥山13:59~観光協会駐車場15:14
 行動時間   7時間09分
 移動距離   11.3km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 ±1,151m (GPS計測:記録間隔10m)
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-12-29 23:15 | スノーシュー | Comments(14)
2012年 12月 25日
月山姥ヶ岳で今季の山スキー始め ~ 2012年12月24日
f0170180_184890.jpg

1年の経つのは早いもので、今年もあと少しで終わろうとしている。連続する時間に本来区切りなど無いのだろうが、人間は様々な「区切り」を考え出した。そのもっとも大きなものが1年の区切りであり、自ら忙しさを演出しているような感がある。そんな何かと気ぜわしい年末に、山スキーでの山行計画を立て声をかけたら、たちまち6人パーティーになってしまった。忙しいとはいっても、皆さん好きなことになると別なようである。この時期はまだ太平洋側には十分な雪がない。日本海側の月山ならと思ったが、数日前の予報では日本海側には寒気が入って大雪になるという。しかし、前日の予報で山形県はそれほどの降雪ではないらしく、月山の姥ヶ岳を目指すことにした。これまで月山は春スキーばかりで、この時期に歩いたことが無かったのも選んだ理由のひとつではある。さて、自分にとって1ヶ月ぶりの山行であり、久々に鈍った体に活を入れるとしよう。
======================================================================
 山域山名   月山 姥ケ岳(1,669.7m) [リフト上駅で中退]
 山行期間   2012年12月24日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    6名(L:トラ山・加○さん・Yoshikiさん・植○さん・深○さん・odamakiさん)
 行程      志津8:28~姥沢10:26~リフト下駅10:48-11:03~リフト上駅11:57-12:09~リフト下駅12:27~
          姥沢12:40~昼食休憩13:00-13:26~志津14:00
 行動時間   5時間32分
 移動距離   10.2km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 ±954m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
======================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-12-25 19:13 | 山スキー | Comments(18)
2012年 12月 11日
アジアンスタッドレスタイヤ
f0170180_21164561.jpg

スタッドレスタイヤというものが世の中に現れて以来、ずっと国産のB社とかY社を履いてきた。スタッドレスタイヤに関しては国産タイヤが最高性能と思っていた。しかし、2年前に初めてアジアンタイヤに交換してみた。アジアンタイヤとは韓国、台湾、中国、インドネシアなどのタイヤメーカーが製造するタイヤのことで、最大の特徴はコストパフォーマンスに優れていること。なのでアジアンタイヤ選択の理由の一番は車のランニングコスト軽減だが、性能が格段に進歩してきたので選択対象になったということでもある。タイヤは命を乗せているなんてCMが以前あったが、確かにタイヤには性能と信頼性を求めたい。しかし、庶民からすれば同時にコストパフォーマンスも求めたいのが本音だ。性能がそこそこのレベルにあれば、価格は低い方が良いといえる。そんなわけで2年前に思い切って台湾製のスタッドレスタイヤ(195/65R15)にしたのだが、組替工賃とタイヤ処分費を含めても4本でなんと25,565円だった。自分は1年のうち約半年間ほどスタッドレスタイヤなのだが、2シーズンで約1万5千キロを走行した。まずまずの耐久性ではないかと思う。もちろん雪上&氷上性能は、国産の最新スタッドレスタイヤにはかなわないだろう。しかし、不安になるほど性能が低いということもなく、これはこれで慣れれば何の問題も無く、山スキーで蔵王、月山、飯豊、鳥海山などあちこちの山へと走った。アジアンスタッドレスタイヤは国産タイヤのようなハイテク技術はあまり導入されておらず、柔らかいコンパウンドとサイプに頼っているような印象だが、国産スタッドレスも以前はそんなものだった。古くてコンパウンドが硬くなったり山の減った国産タイヤを履いているより、アジアンスタッドレスタイヤを2シーズンで交換するというのもアリだろう。今度のタイヤは韓国製で29,360円と少し高くなったが、韓国の土地柄のせいか氷上性能に重点を置いているタイヤとのことなので少々期待している。さっそく先日の遭対訓練でスキー場への積雪路を走ったが、特に違和感もなくスムーズに走行することが出来た。これは国産タイヤもうかうかしてはいられないなと感じた。
※あくまでも個人の見解であり、タイヤについての絶対的な評価ではないことをお断りします。

by torasan-819 | 2012-12-11 21:02 | その他 | Comments(4)
2012年 12月 09日
遭対訓練
f0170180_2029228.jpg

宮城県山岳遭難防止対策協議会白石支部の訓練が白石スキー場であった。民間隊員と警察署員の合同訓練だ。スキー場へ登っていくと、駐車場は前日からの雪で除雪が必要なほど積もっている。午前中はレストハウス内での座学で、ロープ講習・三角巾使用法・要救助者梱包等の実技を行った。午後からはゲレンデに出てラッセル訓練。ビーコン捜索とゾンデ棒は短時間なのでさわりだけ。上の方のゲレンデでは深いところで積雪が50センチほどあったので、いいラッセル訓練となった。新調したワカンも調子が良い。暖冬化の近年は年末までほとんど積雪の無い年が多いのだが、今年は珍しく12月上旬にまともな雪となったのは嬉しい誤算だ。今年のスキー場開きは20日だが、この雪でオープンを早め16日とするらしい。さて、いよいよ雪山&スキーシーズンの始まりだ。

その他の画像

by torasan-819 | 2012-12-09 21:43 | | Comments(8)
2012年 12月 07日
読書 「スキーツーリングに乾杯!」
f0170180_19304937.jpg

1989年発刊の本だが、当時の山スキーの雰囲気を知りたくて古本で入手した。著者の佐伯邦夫氏は高校教師だが、魚津岳友会の創立メンバーであり、剣岳の登攀などにその足跡を残す岳人らしい。特にこの時期は山スキー復興の一翼を担い、山スキーに関する著作も出していたようだ。教師として中高校のスキー部や山岳部の顧問をしており、生徒と登った山のことにも触れているが、今では現役教師がこんな事は書けないなという記述もあり、20数年とはいえ時代の流れを感じる。書名のとおり、自分で行ったクロスカントリースキーと山スキーでのツアーのことが描かれている。特にドラマチックな内容というわけでもない(あえてそう書いているふしもあるが)のだが、利尻島一周であるとか、黒薙温泉から白馬岳直登であるとか、ちょっとひねったツアーの試みがなされていて興味深い。比較的抑制され淡々とした文章に渋い通好みの雰囲気を感じるが、とはいってもストイックというのではなく、カラッとした青空のような山スキー紀行文になっているのは、著者の性格からくるものだろう。佐伯氏はエッセイ集や写真集も表されているので、他の著作も読んでみたくなった。

by torasan-819 | 2012-12-07 23:19 | | Comments(2)
2012年 12月 05日
山登りアーカイブス 2008年4月13日~まだ春早い七峰縦走路
f0170180_2118972.jpg

7つのピークを繋げる七峰縦走路は、里山の尾根歩きながらも距離も長く歩きがい十分であった。海岸から6キロほどしか離れていない尾根からは、海岸と太平洋が見えたのだが、その海岸線は昨年の大津波で大変な被害を受け大勢の方が亡くなった。またいつかこの縦走路を歩く時が来るとすれば、それは鎮魂の縦走になるだろう。
=======================================================================
昨日日曜日はバイクツーリングクラブのお花見ツーリングがあったのだが、ここしばらく山にばかり行っていたので、自分のバイクは2台ともノーメンテでほったらかし。とてもツーリングに行ける状態ではない、というか大型の方は5ヶ月間エンジンもかけていない。そんなわけでツーリングは潔く諦め、天気も曇りなので体力作り目的の低山トレッキングをすることにした。今年は朝日連峰の縦走を考えているので、自分の現在の力を計ってみる意味もある。宮城県南部の海沿い側に南北に連なる7つの低山を尾根でつなぐ「七峰縦走路」と呼ばれる道がある。尾根道はもともとあったらしいのだが、近年は歩く人も無くて大半は踏み跡も定かでなくなり、一部は激ヤブとなっていたようだ。しかし各山には祠があり、東西から登る道がついているところは今も登られているようだ。この尾根道だが、一昨年に地元の山岳会が刈り払いなどを行い、再開通させたらしい。「七峰縦走路」という名称は、その人達が付けたものかもしれない。調べてみると「七峰」という呼び方は各地にあるようだ。ちなみに埼玉県の秩父では東武鉄道主催で「外秩父七峰縦走ハイキング大会」というのがあり、これは42.195キロ!を歩くらしいが、毎年参加者が6千人以上というのだから恐れ入る。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-12-05 19:22 | 山登りアーカイブス | Comments(0)
2012年 12月 04日
山登りアーカイブス 2008年4月6日~速攻でオボコンベ山へ初登り
f0170180_221193.jpg

宮城県の二口山塊にあるオボコンベ山はちょっと変わった山だ。周囲は穏やかな山容の山に囲まれているのに、オボコンベ山だけが岩塔になっている。この日は女房達女性陣が話しに夢中になっている時間を利用し、初めての山だったが速攻登山を試みた。この後オボコンベ山には何度も登ることとなる。
=======================================================================
今日6日はオボコンベ山に登った。
オボコンベとは変わった名前だが、宮城県川崎町にある山の名前だ。
地図には載っていないし、標高も595mとたいして高くもない。
しかし、宮城県随一のとんがり山として、このところ登る人も増えてきた通好みの山だ。
実は今日はオボコンベも近い仙台の奥座敷「秋保温泉」で、知り合いと我が家とでご飯食べてまったりの日。
でも知り合いは女性3人なので女房としゃべくりまくるのは必至。
その間オイラはどうすりゃいいの?
なのでオイラは山に登りそれから昼食で合流とした。
でもオボコンベは時間的に厳しいと思ったが、ええ~いままよ行っちゃえだ(笑)
山頂まで行けるかどうかわからない(初めてだし)が、途中で引き返えせばいいやといつものごとくアバウト。
結局、欲が出て山頂まで登ったが、途中と最後に急峻な登りがあり、標高の割に登りごたえ満点だ。
登山口からずっと沢を遡るのが楽しい。
沢は滑床になっていて歩きやすい。
最後の急な岩場では、踏み跡のあまりの細さと両側が切れ落ちている様に、単独行だしマジで止めて戻ろうかと思ったほどだ。
でもなんとか慎重に登り、オボコンベの山頂を踏むことができた。
山頂から昼ご飯の開始時間を遅らせてと妻へメール(笑)
山頂には10分程いただけで駆け下りた。
沢を歩くと気持ちが良いので、帰りはなるべく沢の中を歩く。
今日は忙しい山登りだったが、今度はゆっくりと沢を登りつめてみたいと思った。

登山口10:58-11:45オボコンベ11:55-12:30登山口

by torasan-819 | 2012-12-04 21:51 | 山登りアーカイブス | Comments(4)
2012年 12月 04日
久しぶりの第九
f0170180_1183972.jpg

所用の合間を縫って、友人が参加するという第九の演奏会を聴いた。
第九を聴くのはかなり久しぶりのことになる。
第九とはもちろんベートーベンの第九交響曲「合唱付き」のことだ。
日本ではなぜか師走になると各地で演奏会がある。
一説には「合唱団の人数が多い→合唱団員関係でチケットがさばける→オーケストラの収入が増える」だからだともいわれる。
いずれにしても、もはや日本の師走の風物詩ともいえるだろう。
こう見えてワタクシも過去に何度か、第九の合唱を歌ったことがある。
久しぶりに聴いた第九は、第4楽章の合唱による高揚感もさることながら、以前より何かしっとりと自分の中に入ってくる感じがしたのは年齢のせいだろうか。
さて今年もあと1ヶ月もない。
少し「走る」とするか。

by torasan-819 | 2012-12-04 00:49 | オヤジのつぶやき | Comments(4)