<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 29日
深雪の吾妻山若女下り ~ 2013年1月27日
f0170180_2334439.jpg

自分が山スキーに行くフィールドは、もちろん近場の山が多いわけで、その中でも吾妻山は蔵王と並んで訪れる回数が多いといえる。吾妻山とはいっても、吾妻山という山があるわけではなく、東吾妻山、中吾妻山、西吾妻山などを総称して吾妻山と言い、吾妻連峰と呼称している。吾妻山は温泉が豊富で、また古くから山スキーのツアーコースが数多く存在し、いわゆるそれらのクラシックルートは日帰りから山中泊を要するものまでと様々ある。クラシックルートに少なからず興味がある自分は、いつかすべてを歩いてみたいと思っているのだが、今回の若女(わかめ)下りコースはまだ滑ったことがない。このコースは天元台スキー場を利用することにより、登りにあまり労力をかけずに標高差1000m以上の下降ができる。条件が良ければすこぶる快適な滑降が楽しめるようだ。このコースを昨年1月に初めて滑ろうとしたのだが、あまりの深雪とシールトラブルにより、いくらも歩かないうちに敗退したという経験がある。そこでリトライすべく27日に若女下りを計画したのだが、日本海側は25日から大雪となり26日も降雪が続いていた。米沢市街地では50センチの積雪があったという情報もあり、天元台でもかなりの深雪が予想される。当然悩んで計画変更も考えたが、27日は天候が回復傾向であり、あえてこんな状況の時の吾妻山を確認したいということもあり、中途退却を覚悟で天元台に向かってみることにした。
===========================================================================
 山域山名   吾妻山 若女平
 山行期間   2013年1月27日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    4名(L:トラ山・河○さん・橘○さん夫妻)
 行程      天元台湯元駅8:35-9:00=リフト終点9:36-9:48~コル10:30~天狗岩11:24~休憩11:38-11:52~
          ビンディング修理13:07-13:22~若女平14:38-14:48~細尾根15:51~小坂16:20~西吾妻スカイバレー16:54
 行動時間   7時間6分
 移動距離   7.8km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 +296m -1,262m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-29 04:19 | 山スキー | Comments(20)
2013年 01月 28日
ビンディング破損事故
f0170180_2182174.jpg

27日の山スキーの途中、右板のビンディングがすぐ外れるようになった。
何度かブーツをセットし直してみたが変わらない。
何とか誤魔化しながら滑っていたが限界になり、休憩時によくよく点検してみるとビンディング左側の部品が破損していた。
下の爪の部分をブーツの踵で踏むことにより、連動して上の爪が下に移動してブーツの踵をくわえ込み固定する部品だ。
ここが割れてしまっては、ブーツをしっかり固定できるわけがない。
山深い山中でまだまだ先は長く、柔らかい深雪ではツボ足で下ることは到底不可能。
しかも、今日はワカンを誰も持ってきていない。
とにかく下山しなければと、ビンディングの調整を試みた。
ブーツの長さに合わせていたビンディングの前後間隔を5mmほど縮め、右側の爪だけできつくくわえられるようにしてみた。
あまり無理をして右側の爪まで壊れれば万事休す、ビバークは必至となるので祈る思いだった。
歩きだしてみるとなんとかなりそうで、その後の3時間40分に及ぶ深雪のラッセルから急斜面の滑降までこなしても外れることはなかった。
無事下山してホッと胸をなで下ろした次第。
テレマークのビンディング破損は時々聞いていたが、山スキービンディングの破損は自分は初めてで、周りでも聞いたことがない。
何となく漠然と丈夫で壊れないものという、思い込みと油断があったことは確かだ。
やはり1パーティーにワカンをひとつ一組は持参すべきだろう。
壊れたビンディングはディアミールのフリーライドという型で、中古なので詳細は分からないがおそらく今から7・8年前のものだろう。
表面のキズの状態からも、前所有者と自分によりかなり使い込んでいたことは明らか。
そういえば少し前から何となく外れやすくなったような気がしていた。
雪が挟まったせいかとあまり気にしていなかったが、もしかすると亀裂くらいは入っていたのかもしれない。
その時点でよく点検していれば気付いたかもしれないと思うと、自分の甘さが悔やまれる。
今回はたまたまなんとかなったが、ソロで深い山中に入り応急措置も出来ないほどの破損であれば命にもかかわる。
油断大敵であることを身にしみて感じ、こういうこともあるのだと紹介させていただいた。

他の画像

by torasan-819 | 2013-01-28 21:09 | 山スキー | Comments(12)
2013年 01月 19日
ホワイトアウトの刈田岳 ~ 2013年1月19日
f0170180_15415057.jpg

遠出するのもおっくうで、近場の刈田岳に登ることにした。天気予報は晴れだが、冬型の気圧配置なので、いつもどおりなら蔵王は雲が被り風が吹くだろう。しかし、山は行ってみなければわからない。もしかしてと思いつつ、刈田岳を目指すことにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
 山行期間   2013年1月19日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り(風雪)
 参加者    単独
 行程      すみかわスキー場7:36~ゲレンデトップ8:23~刈田岳10:30~刈田岳避難小屋10:34-11:09~すみかわスキー場12:12
 行動時間   4時間36分
 移動距離   約11.7km (参考)
 累積標高差 約±770m (参考)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-19 20:52 | 山スキー | Comments(10)
2013年 01月 14日
吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2013年1月12日・13日(その2)
f0170180_2312433.jpg

その1より続く
午前5時半頃起床。夜は1~2度目覚めたような気がするがよく眠れた。自分の貧弱な寝袋を心配し、寒さ対策にホッカイロを2個仕込んだのが功を奏したようだ。以前より寒さに対しての抵抗力が、弱くなってきているような気がする。テン場の風は弱いが、上空では強いようで風のうなりが聞こえる。朝食は昨夜の残りスープに、ワカメご飯のアルファ米を投入。餅も入れてボリュ-ムを出し、梅干しをトッピング。これで担ぎ上げた食材をほぼ使い切った。今日は一切経山を目指すのだが、大○さんはテントキーパーとして残ると言う。一緒に行動できないのは残念だが、一切経山までは楽ではない行程なのでそれもやむを得ない。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年1月12日(土)・13日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      12日晴れ・13日晴れ(稜線は雲)
 参加者    5名(L:河○さん・大○さん・杉○さん・牧○さん・トラ山)
 行程      12日 駐車場8:43~除雪終了点9:04~磐梯吾妻スカイライン横断10:26~山鳥山12:37~テン場(湯ノ平)12:58
          13日 テン場7:49~井戸溝8:05~山荘分岐8:32~大根森9:14~五色沼大岩9:52~スキーデポ11:08~
          一切経山11:20-11:27~五色沼大岩12:54~不動沢右俣上部13:05~慶応吾妻山荘13:46~山荘分岐13:58~
          井戸溝14:04~テン場14:17-15:13~山鳥山15:22~旧吾妻スキー場トップ15:44~バニーハット跡16:43~駐車場17:22
 行動時間   12日 4時間15分 13日 9時間33分
 移動距離   12日 4.1km (GPS:記録間隔10m) 13日 14.6km (一部記録無しのため参考値)
 累積標高差 12日 +654m -23m (GPS:記録間隔10m) 13日 +855m -1,500m (一部記録無しのため参考値)
 装備      山スキー・冬季テント泊装備(ザック重量約20kg)
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-14 20:59 | 山スキー | Comments(4)
2013年 01月 14日
吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2013年1月12日・13日(その1)
f0170180_2223644.jpg

福島登高会では毎年1月に、冬季のテント設営と生活訓練を主目的とした訓練合宿を実施している。基本的にハードな山行は行っていない会だが、山スキーをやるうえで冬山訓練は欠かせない。今年も12日~14日で2泊3日の計画であったが、会員数が元々少ないうえに、社会人山岳会にありがちな各人の都合でさらに参加者が減ると、たちまち見直しを余儀なくされた。自分も昨年は都合により参加できなかった。それでも何とか12日13日の2日間での実施となった。参加者は5名で、その中では自分が一番経験が少ない。計画自体は昨年とほぼ同じで、12日は高湯温泉~山鳥山~テン場、13日はテン場~五色沼~一切経山~五色沼~慶応吾妻山荘である。昨年は一切経山へ向かったものの中退しているので、今年は再チャレンジというわけだ。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年1月12日(土)・13日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      12日晴れ・13日晴れ(稜線は雲)
 参加者    5名(L:河○さん・大○さん・杉○さん・牧○さん・トラ山)
 行程      12日 観光協会駐車場8:43~除雪終了点9:04~磐梯吾妻スカイライン横断10:26~山鳥山12:37~
          テン場(湯ノ平付近)12:58
 行動時間   12日 4時間15分
 移動距離   12日 4.1km (GPS:記録間隔10m)
 累積標高差 12日 +654m -23m (GPS:記録間隔10m)
 装備      山スキー・冬季テント泊装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-14 16:35 | 山スキー | Comments(6)
2013年 01月 08日
スキー板の捜索で蔵王刈田岳へ ~ 2013年1月8日
f0170180_239392.jpg

8日は休みの合った者どうしで、加○さんと山スキーに行くことにしていた。行き先は自分が考えることにしており、吾妻か安達太良でもと思っていた。ところが加○さんから「刈田岳に行きたい。理由は話せば長くなるので後ほどに。」とのメール。さて、なにやら事情がありそうだが、行き先に特にこだわりはないし、今シーズンはまだ刈田岳に登っていないのでその提案に乗ることにした。後で聞いたところ、6日に刈田岳避難小屋の前でスキー板を1本流してしまい、天候が悪かったこともあり捜せなかったので、あらためて捜索に行きたいとのこと。8日の天気は比較的穏やかな予報でもあり、2人で捜せば見つかるかもしれないと刈田岳に向かうことにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
 山行期間   2013年1月8日(火)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    2名(L:加○さん・トラ山)
 行程      スキー場リフト乗車9:10=ゲレンデトップ9:29-9:37~井戸沢斜面取り付き10:41~スキー板捜索~
          刈田嶺神社11:15~刈田岳避難小屋11:23~スキー板捜索~刈田岳避難小屋13:27~スキー場14:15
 行動時間   4時間38分
 移動距離   約8.9km (参考)
 累積標高差 約±735m (参考)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-08 21:03 | 山スキー | Comments(16)
2013年 01月 08日
スキー板を捜しています
ワタクシとちょくちょく山行をともにしている加○さんが、刈田岳の井戸沢源頭部でスキー板を紛失してしまいました。今後この辺りに行かれる方で、もし発見された場合はお知らせ願います。以下に加○さんからのお願い文を転載します。

捜し物のお願い
1月6日(日)刈田岳避難小屋付近で強風によりスキー板(テレマーク)を飛ばされ、そのうち1本が井戸沢方面に流され行方不明となってしまいました。捜索をしましたが、濃いガスによる視界不良、雪崩、時間等の関係で見つからないままその日は断念。澄川スノーパークの事務所に一応届出をしましたが、後日スケジュールの許す限り個人的に再び捜索に行く予定です(降雪により春まで断念も十分考慮してます)。もしこの記事を閲覧された方で刈田岳周辺でそのようなスキー板を見かけましたら、是非ご一報いただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。
板:K2 ワールドピステ(サイケ調のデザイン)
ビンディング:ボレー スイッチバックX2(黒)

                           スキー板
f0170180_163934.jpg


                           紛失場所
f0170180_113149.jpg


by torasan-819 | 2013-01-08 01:23 | その他 | Comments(6)
2013年 01月 06日
出初式
f0170180_22524646.jpg

1月6日は出初式でした。
出初式とは消防団が新年最初に行う演習の儀式です。
白石市では615名の消防団員が参加して演習を行いました。
画像は出初式で披露された階子(はしご)乗りの演技です。
ちなみに消防署と消防団を混同している人も多いのですが、消防署が常勤の職員(消防吏員・消防官)により、常時消防業務に専念しているのに対し、消防団員は日頃自分の職業(サラリーマン・自営業等)に従事しながら、火事や災害等の際には消火作業等の対応に当たるというのが一番の違いです。災害時の対応など地域を守るうえで、消防団の存在は非常に大きなものがあります。

by torasan-819 | 2013-01-06 22:50 | その他 | Comments(4)
2013年 01月 04日
今年の山スキー初めは蔵王烏帽子にて ~ 2013年1月3日
f0170180_1421111.jpg

風邪を引きずったまま年を越した。まだ治りきってはいないが、山に入ってみることにした。とはいえ上の方の天候はあまり良くないようで、どのみち朝が遅かったので時間も余り取れない。ちょうど白峰会の面々が、後烏帽子岳への夏道を歩くと聞き、追いかけることにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王 えぼしスキー場周辺
 山行期間   2013年1月3日(木)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    4名(L:加○さん・植○さん・高○さん・トラ山)
 行程      ことりはうす駐車場10:27~1037m地点13:20-13:37~レストハウス13:45-14:05~ことりはうす駐車場14:31
 行動時間   4時間04分
 移動距離   7.9km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 ±723m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-04 01:20 | 山スキー | Comments(10)