<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 28日
飯豊 石転び沢と北股沢左俣の滑降 ~ 2013年5月26日
f0170180_4192523.jpg

石転び沢の雪渓は積雪量の豊富な飯豊連峰においても、長大で標高差も大きく規模の大きな雪渓だ。スキー登高の開始地点からなら、延長3.8km、標高差1,200m。石転ビの出合からでも、延長2.5km、標高差1,000mとなる。自分は日本3大雪渓の白馬・針ノ木・剱沢のいずれにも行ったことが無いのでわからないが、なんら引けを取らないどころかそれ以上と言う人もいる。石転び沢は石転ビの出合で門内沢と合わせるが、山スキーを始めた3年前から毎シーズン、どちらかの沢に登ってきた。今年も石転び沢へと思い声をかけたら、3人が手を上げてくれた。3人とも石転び沢は初めてとなる。今年は幸運なことに、飯豊山荘までの道が5/24の午後に開通したという情報が入った。いつもは梅花皮荘から飯豊山荘までの約5kmは、徒歩か自転車での移動となる。往復約10kmが軽減されるのは嬉しい。このことにより生じる余裕で、以前から気になっていた北股沢かホン石転び沢の調査、条件が良ければ滑ってみようと考えた。
================================================================================
 山域山名   飯豊山 北股岳(2,024.9m)
 山行期間   2013年5月26日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇りのち晴れ
 参加者    4人(L:トラ山・加○さん・sharizakaさん・KIYOさん)
 行程      駐車場6:03~温身平6:26~靴デポ地点(640m)7:34-7:50~石転ビノ出合8:24-8:33~1560m地点9:57-10:21~
          梅花皮小屋10:57-11:15~北股岳11:37-11:46~滑降地点11:51~石転び沢(1530m)11:58-12:05~
          梅花皮小屋12:45-13:34~石転ビノ出合14:00~靴デポ地点14:08-14:24~温身平15:41~駐車場16:05
 行動時間   10時間2分
 移動距離   18.4km (参考値)
 累積標高差 ±2,330m (参考値)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-28 23:30 | 山スキー | Comments(12)
2013年 05月 27日
5/26 梅花皮小屋
f0170180_725246.jpg

積雪量が豊富な飯豊だが、さすがに5月下旬ともなると稜線は雪が消えてくる。
26日は石転び沢からスキーで登った。昨年6/2以来だから1年ぶりである
画像は北股岳に登る途中からの梅花皮小屋で、向こうには梅花皮岳と烏帽子岳のピーク。
記録は後ほど公開予定。

by torasan-819 | 2013-05-27 06:59 | 山スキー | Comments(2)
2013年 05月 22日
レジャー用のカブ?
f0170180_2259028.jpg

スーパーカブをいずれ手に入れたいと思っていた。時間ができたらスーパーカブでゆっくり旅をしたいのだ。旅をしながら山に登るのもいいだろう。とにかく自由気ままな旅をするのに、信頼性があって燃費が良いスーパーカブはうってつけなのだ。
そんなスーパーカブにニューモデルが出た。以下にプレスリリースを転載する。
ん~余裕があったら欲しい。いや余裕が無くても。

===========================================================================
本田技研工業は6月14日、「スーパーカブ110」をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施した新感覚のレジャーモデル「クロスカブ」を発売する。

クロスカブは、乗車時のまたぎやすさやレッグシールドを備えたスーパーカブの実用的な車体構成を踏襲しながら、タフなイメージのヘッドライト回りや幅広くアップライトなハンドルなどで、クロスオーバースタイルを強調したデザインを採用。カラーリングは、「パールコーンイエロー」「ファイティングレッド」の2色を設定している。

エンジンは、「スーパーカブ110」と同様の低フリクション技術を採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒110ccを搭載。低・中回転域重視のトルク特性だが、クロスカブ用に減速比が変更され、さらに低回転域が力強い特性となっている。

車体は、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレーム、前・後サスペンションはストローク量の多いタイプとし、アウトドアでの快適な走行が楽しめるという。

その他、タイヤサイズを専用の17インチにすることで、最低地上高が「スーパーカブ110」よりも20mm高い155mmとなり、リアブレーキのドラム径を130mmに大径化、可倒式ステップの採用といった変更点がある。

by torasan-819 | 2013-05-22 22:04 | その他 | Comments(4)
2013年 05月 19日
鳥海山 祓川からの北斜面滑降 ~ 2013年5月18日
f0170180_238116.jpg

今年のゴールデンウィークは天気が今ひとつで、鳥海山を滑る機会を逃がしていた。そんなわけで、5月18日が今シーズン初の鳥海山となった。せっかく行くからにはと、以前から気になっていた祓川からの北斜面滑降にトライしてみることにした。このルートは祓川からスタートして北斜面を滑り降り、再び祓川に戻るところがミソなのだが、一部でヤブ漕ぎがある。しかし、4月末くらいまでなら1箇所のヤブ漕ぎですむようだ。この祓川からの北斜面のことを、9日に飯豊でお会いした峡彩山岳会のワタさんに話したところ、早速12日に滑って記録をアップしている。その記録によるとヤブ漕ぎは3回とのこと。さらに雪解けは進んだのだろうが、どのくらいヤブ漕ぎがあるのかは行ってみなければわからない。懸念はあったが、雪が多いという今年の状況に賭けてみることにした。
================================================================================
 山域山名   鳥海山 七高山(2,229.2m) 新山(2,236m)
 山行期間   2013年5月18日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    3人(L:トラ山・sharizakaさん・KIYOさん)
 行程      祓川第1駐車場7:25~七高山10:03-10:37~新山11:00-11:25~北斜面滑降~北斜面基部11:57~
          ヤブ漕ぎ地点12:23~祓川第1駐車場13:45
 行動時間   6時間20分
 移動距離   10.7km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±1,315m (GPS自動記録)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-19 09:42 | 山スキー | Comments(8)
2013年 05月 19日
鳥海山北斜面
f0170180_16592823.jpg

5/18 鳥海山の北斜面滑降で標高差770mを一気滑り。
ザラメで雪も良く最高の1本だった。虹も架かって素晴らしい景観に感激。
記録アップは後日。

by torasan-819 | 2013-05-19 08:22 | 山スキー
2013年 05月 12日
タラノメ・コシアブラ・ハリギリ
f0170180_042179.jpg


5月12日、標高700m辺りの山中にて山菜採り。
タラノメやコシアブラが最盛期を迎えていた。
こんな大物タラノメもどっさりある。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-05-12 22:21 | 山菜・木の実 | Comments(13)
2013年 05月 10日
飯豊山 本社ノ沢左俣を滑降 ~ 2013年5月9日
f0170180_5583684.jpg

地蔵岳に立つと、正面に視界を塞ぐように大きく飯豊本山が見える。その東面に突き上げる沢が本社ノ沢(おむろのさわ)だ。自分がこの本社ノ沢を初めて滑ったのは、昨年5月31日のことだった。積雪の多い飯豊でも5月末ではさすがに遅すぎたようで、地蔵岳までスキーを担いで登った。今年は4月中に、できれば同行者を連れて滑りたいと考えていた。しかし、なかなかタイミングが合わない。このままでは昨年の二の舞になってしまうと思っていたところ、9日が好天の予報を見てこの日しかないと思った。こんな時のために取っておいた代休を当て、単独で飯豊に向かうことにした。
================================================================================
 山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 本社ノ沢(おむろのさわ)
 山行期間   2013年5月9日(木)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    単独
 行程      大日杉小屋5:15~スキー登高開始(1,160m)6:33-6:41~地蔵岳(1,538.9m)7:34-7:42~大又沢7:52~
          本社ノ沢出合7:54-8:03~左岸取り付き(1,280m)8:28~尾根稜線(1,770m)9:46~飯豊本山小屋10:31~
          飯豊山頂10:48-11:00~飯豊本山小屋11:11-12:23~本社ノ沢出合12:50-12:59~地蔵岳14:11-14:37~
          大日杉小屋15:43
 行動時間   10時間28分
 移動距離   16.5km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±2,440m (GPS自動記録)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-10 19:10 | 山スキー | Comments(16)
2013年 05月 08日
タラノメ
f0170180_258268.jpg

ちょうど採り頃のタラノメを、標高700m辺りの林道脇で採取。
先日今年は山菜が遅いと書いたのだが、どんなあんばいかこの辺りではそうでもないようだ。
このところタラノメの天ぷらが連日で食傷気味だが、目に入るとついつい採ってしまう。
山菜ハンターの悲しい性か(笑)
f0170180_2575424.jpg


by torasan-819 | 2013-05-08 03:00 | 山菜・木の実 | Comments(7)
2013年 05月 06日
蔵王 後烏帽子岳へトレーニングに向かうも中退 ~ 2013年5月6日
                         折り返し点からの馬ノ神岳と水引入道
f0170180_20543716.jpg

1週間も山に登らないと体が鈍るような気がして、天候が崩れるのも覚悟で蔵王の後烏帽子岳へと向かった。残雪も南斜面ならそろそろ大丈夫だろうと思い、夏でも歩く人が少ない秋山沢コースを登ることにした。自分としても2010年以来の秋山沢コースとなる。天候は下り坂なので山頂からの眺めは期待できない、トレーニングに徹することとした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 後烏帽子岳(1,681m) ※中退
 山行期間   2013年5月6日(月)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り一時雨
 参加者    単独
 行程      駐車地点12:44~登山口(神嶺林道)12:57~折り返し点(標高1,500m)14:51~
          登山口(神嶺林道)15:57~駐車地点16:04
 行動時間   3時間20分
 移動距離   9.7km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±1,030m (GPS自動記録)
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-06 22:46 | | Comments(0)
2013年 05月 06日
今年は山菜が遅い
f0170180_1341187.jpg

今年は4月に入って暖かく、桜が咲くのが早かったのだが、その後また寒くなってしまった。
そのためだと思うのだが、山菜が例年よりかなり遅いのだ。
いつも採りに行くところの状況からすると、1週間は遅いような気がする。
タラノメはまだ芽が固いままのものが多かったが、日当たりの良いところで葉が開き始めたものを採ることができた。
その他にはハリギリやシドケを少々。
コシアブラはもう少しかかる。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-05-06 01:43 | 山菜・木の実 | Comments(0)