<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年 06月 30日
安達太良山硫黄川を捜索遡行 ~ 2013年6月29日
f0170180_18374367.jpg

先週行った遭難者の捜索だが、発見も手がかりすらも無かった。発生の9日以来これまでに、消防団、警察、親族知人友人、我々のような山の仲間繋がりの有志が、考えられる限りのところを探している。しかし、山はあまりに広く深い。しかも、チシマザサ(ネマガリタケ)が密生し、見通しが効かず簡単に方向を見失う。ヤブをかき分けながら歩くことになるので、非常に体力と時間を消耗する。かなりの延べ人数で捜索してはいるのだが、捜索は線であり線をいっぱい山に引いたに過ぎない。見ていない見えていないところは多いのだ。何よりも見つけ出せないという事実が、そのことを物語っている。自分に出来ることはと考えた時に、可能性はあまり無いかもしれないが、硫黄川を下流から通して遡ってみようと思ったのだ。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 硫黄川
 山行期間   2013年6月29日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れのち曇り
 参加者    2名(L:トラ山・八◯さん)
 行程      駐車地点8:11~高森川入渓8:13~硫黄川出合8:18~堰堤(1)8:21~堰堤(2)8:34~堰堤(2)8:52~3m滝9:22~
          赤滝(15m)10:28~高巻き10:48-12:17~赤滝落ち口12:20~休憩12:30-12:50~二俣13:06~5m滝13:10~
          抗口跡13:40~右岸取り付き14:03~休憩14:30-14:40~高森(国道115号)15:20~駐車地点15:40
 行動時間   7時間29分
 移動距離   13.3km (GPS計測:15秒毎)
 累積標高差 ±1,136m (GPS計測:15秒毎)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-06-30 09:17 | 沢登り | Comments(18)
2013年 06月 24日
沢登り教室の下見で吾妻の姥滝沢へ ~ 2013年6月23日
f0170180_21241198.jpg

毎年行われている沢登り教室は、福島登高会が担当となっている。今年の開催日は7月7日だが、場所は吾妻の姥滝沢となった。ここ数年はれまでは、大滝沢や杉田川で行っていたのだ。この沢での沢登り教室は初となる。ここ数年は会でも遡行しておらず、自分も姥滝沢は3年前に遡行して以来だ。そんなわけで、沢登り教室の事前調査として久しぶりに姥滝沢を訪れた。パートナーは八◯さんだが、彼も沢登りはかなり久しぶりのようだ。でも彼の場合、久しぶりだからどうのこうのという心配は一切いらない。
================================================================================
 山域山名   吾妻山 須川支流 姥滝沢
 山行期間   2013年6月23日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れ
 参加者    2名(L:トラ山・八◯さん)
 行程      微温湯温泉9:08~(タイムロス)~姥滝沢10:23-10:35~姥滝下部11:07~姥滝上部11:33~
          休憩12:44-13:04~三俣13:21-13:41~登山道13:58~微温湯温泉14:36
 行動時間   5時間28分
 移動距離   7.0km (GPS計測:15秒毎)
 累積標高差 ±750m (GPS計測:15秒毎)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-06-24 21:31 | 沢登り | Comments(15)
2013年 06月 23日
【お知らせ】 沢登り教室
f0170180_21455177.jpg
今年の夏は沢登りをやってみませんか!
沢登りをやりたいが、何からどう始めたらいいのかわからない方。
そんな方にうってつけの沢登り体験教室があります。
以下のとおりですので、問い合わせ先までメールで申し込み願います。
装備の無い方には貸し出し品もあるので相談してください。


<沢登り教室の実施について>
初心者を対象にした「沢登り教室」を下記の通り実施します。
日時:2013年7月7日(日) 7時30分~
場所:吾妻山・姥滝沢
参加費:無料(山岳保険等は各自・主催者責任賠償保険は主催者側で加入)
詳細:こちらで確認願います。
その他:6月30日(日)までにお申し込みください。
問い合わせ先:福島登高会 f-toukoukai.0808□asahi.email.ne.jp(□は@マーク)


※以前の沢登り教室の状況はこちらから
2012年2011年2010年

by torasan-819 | 2013-06-23 21:41 | 沢登り | Comments(2)
2013年 06月 23日
遭難者の捜索で安達太良山の迷沢周辺へ ~ 2013年6月22日
f0170180_1524980.jpg

6/22は安達太良の迷沢周辺で遭難したと思われる男性の捜索に参加してきた。
その方は6/9にネマガリダケ採りに行ったのだが、道端にザックを置いたまま行方不明となった。
6/9の午後から警察、消防団による捜索が始まり、6/13まで継続されたが発見には至らなかった。
それでもその後数日間警察の捜索が続いたのだが、それも打ち切りとなった。

この遭難した方は、私の山友ナマステさんの友人であり、マロさんの知人の義兄なのだ。
ナマステさんは公式な捜索とは別に、プライベートでずっと1週間以上捜索しており、マロさんやその他の方も捜索に参加している。

6/22はナマステさんの山友を中心に、総勢13名が今日は見つけるぞと意気込んで現地に向かった。
約5時間ほど4班に分かれ、ネマガリダケのヤブの中を捜した。
しかし、見つけ出すことはかなわなかった。
ヤブこぎに慣れている我々でも、ネマガリダケのヤブは手強い。
ヤブの中に入れば、見えるのは自分の周り数メートルだけとなる。
ネマガリダケ採りでの道迷い遭難が多いのも頷ける。

しかし今回の遭難は、その日の状況からすると、通常の道迷いとは違うような感じがする。
沢や急斜面など、考えられるところは既に捜索されているのだが、原点に戻ってもう一度ザックの置いてあったところを中心に捜す。
背丈を越えるササヤブの海の中では、人による捜索など線でしかないのかもしれない。
見つけ出すぞという意気込みで向かったのだが…
下山するとご家族や親族の方が待っておられたのだが、残念な報告をすることとなった。
すがる思いであったであろう奥様の顔を見るのが辛かった。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-06-23 01:53 | | Comments(4)
2013年 06月 21日
不忘山(トレーニング山行) ~ 2013年6月21日
f0170180_2118415.jpg

今日は久しぶりの山歩き。6月1日以降だから、ほぼ3週間ぶりとなる。先週の搬出訓練は歩いたうちに入らない。このくらい歩いていないと不安になってくる。体力が低下しているのではないかと。これはもう強迫観念に近い。体力低下を避けるため、やりくりして登るし歩く。この感覚は女性にはあまり無いようだ。男性の山行記録は、コースタイムをキッチリ記録してあるものが多いが、女性の記録はコースタイムが無いか、ざっくりとした記録が多いように思える。これはやはり男女の違いというものだろう。そんなわけで、平日にもかかわらずトレーニング山行へと向かうことにした。出勤前の朝駆けである。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m)
 山行期間   2013年6月21日(金)
 山行形態   無雪期一般登山(トレーニング)
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      硯石登山口4:38~山頂6:05-6:12~硯石登山口7:03
 行動時間   2時間25分
 移動距離   約8.1km (図上計測)
 累積標高差 約±980m (図上計測)
===========================================================================
今朝は雨こそ降っていないが、梅雨の曇り空。硯石登山口よりスタート。早朝の山でTシャツ1枚は肌寒いほどだ。しばらくは勾配がそれほどきつくないので、歩きながら体を温める時間だ。やがて登山道は急になってくるが、ペースが上がりすぎないよう気をつけて登っていく。やがて森林限界を過ぎ、ザレ場を歩くようになると雲の上に抜ける。朝日の当たる不忘山の山頂が見えている。下界では分からないが、梅雨でも標高を上げると晴れていることも多い。不忘の碑まで来ればもうひと登り。稜線を歩くようになると、右前には南屏風が見えてくる。山スキーで2ヶ月前に来たときのあの雪壁は、わずかに残る雪渓にそのなごりを残すだけだ。
スタートから87分で山頂。息をさほど荒げないで登ったにしては、まあまあのタイムだ。山頂周辺にはハクサンイチゲの白い花。見頃は過ぎたようで、見るなら今週末までくらいか。下山は怪我しない程度に駆け下る。時間は気になるが、花を撮影したいので度々立ち止まる。走って登山口に到着。これから登るらしい山形ナンバーの一行がいた。自宅に戻ってシャワーと朝食の時間を取っても、仕事には十分間に合うだろう。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-06-21 18:47 | | Comments(6)
2013年 06月 18日
それは登山者自身のうちにある
時々のぞかせていただいている西山秀夫氏のブログ小屋番の山日記に掲載されている、ある方の文章が印象深い。
登山家跡部昌三氏の言葉なのだが、以下に転載させていただき備忘録としたい。

 「悪天候は人を死地に追い込むためにあるのではないということである。厳冬1月も寒冷さ、風雪の狂う高所では、人の生存を拒否しているようであるがそこへ登ろうとするものは、それがどのようなものかは、すでに分かっているはずである。また、それに立ち向かう自由と、さける自由は登山者自身に許されている
 「その五体を安全に守ってくれるのが、山の常識であり、山の技術である。知識だけではなく、ことにのぞんで反射的に行使されるまでに身についていなくてはならない。それは何も高度な技術を要求していない。要するに山での危険というものは、山にあるのではなくて登山者自身のうちにある、ということを、はっきり知っておくことである。」
文:跡部昌三 東海銀行山岳部「さすらい」2号(昭和38年)の寄稿

含蓄の深い言葉である。特にアンダーラインをした部分に、山へ向かう者の心構えが凝縮されているように思える。

by torasan-819 | 2013-06-18 04:45 | 備忘録 | Comments(5)
2013年 06月 16日
沢での救助(搬出訓練) ~ 2013年6月16日
f0170180_20391857.jpg

沢で事故が起きた時は、まず沢から要救助者を搬出しなければならない。
ヘリでピックアップするにしても、救急車に乗せるにしても、それが可能なポイントまでは人力で運ばなければならないのだ。
沢は凸凹で滑りやすく滝や滝壺もあるので、搬出にもロープで確保するなどの技術が必要となる。
この搬出訓練は2010年から毎年1回行っているが、自分はこれで4回目の参加となる。
しかし、年1回の訓練では昨年のことはほとんど忘れてしまい、いつも初心者状態だ。
それでも少しずつ蓄積はしている…ような気はするのだがはたしてどうだろうか。
残念だったのは、搬出訓練は15日16日の2日間の日程だったが、16日しか参加できなかったこと。

さて、これまでの訓練では、要救助者は生身の人間ではなく、水の入ったポリタンクなどのダミーを使っていた。
今回はこれまでと違い、参加者のひとりを要救助者役とし、実際に搬出することとなった。
こうなると訓練とはいえ、実際の救助と何ら変わりはない。
自分は工作班として安全に降ろすためのロープワークを担当したが、なかなか勝手が分からない。
何度か後方からのロープ確保をしたが、講師より「スリップすれば搬送班全員の加重がかかる場合もある」との言葉に身が引き締まった。
失敗すれば訓練とはいえ、大怪我をしてしまう可能性もあるのだ。
自分が実際に救助にあたり、搬出をする可能性は少ないだろう。
しかし、搬出訓練により沢での事故救助の大変さを体験してみれば、沢登りに対する心構えもおのずと違ったものになってくるだろう。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-06-16 17:30 | 沢登り | Comments(14)
2013年 06月 12日
山ウド
f0170180_21235790.jpg

毎年、山スキーのシーズンが終了してからウド採りに行く。
里山など標高の低いところでは、とうの昔に採り頃が過ぎている(1ヶ月ほど前が採る時期だった)。
なので標高の高いところの沢筋、雪渓の残っているような所へ行くことになる。
そういう場所は、雪が消えたところから順にウドが出てくるのである。
そんな深山にまで、わざわざウド採りに来る者はほとんどいない。
今年も自分以外に誰か来た形跡はなかった。

ウドは平地にも生えるが、特に急斜面を好んで生える。
ウドを追って斜面を登っているうちに、下るのが困難な状況に陥ることもあり得る。
そうなると山菜採りに命を賭けるというのも、あながち冗談ではなくなる。

6月になってから2回採りに行った。
車を降りてから約1時間歩くが、その半分は道が無いところを歩く。
1回目は約14キロ、2回目は約15キロをザックに詰め込んで来た。
そんな苦労をしても、山ウドの清冽な香りと味わいには、苦労をいとわない魅力がある。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-06-12 21:33 | 山菜・木の実 | Comments(8)
2013年 06月 03日
飯豊 ホン石転び沢と入り門内沢の滑降 ~ 2013年6月1日
f0170180_1827366.jpg

山スキーなどやっていると、スキーシーズンというものは12月から6月までの半年にもなる。中には雪を待って11月から始め、雪渓を追ってしつこく7月まで滑る人もいるから、その場合7ヶ月以上にもなる。ひとシーズンが終わると、もう次のシーズンが近いので気になってくるのである。なので、年ガラ年中スキーを考えているとも言える。スキーシーズンは非常に忙しい。どこを滑ろうか、パーティーはどうするか、下調べをしてデータを集めなければ、ルート図や計画書の作成がまだだ、道具のメンテも必要だ、帰ってくれば画像をまとめる、山行記録を作る、ブログをアップするなどやることは山ほどある。これをほぼ毎週のように繰り返す半年間なのだ。だからシーズンが終わると、正直やれやれという気持ちにもなる。さて、今シーズンも終盤となった。自分は毎年(といってもまだ4シーズン目だが)5月下旬か6月上旬に板納めとしてきた。行けなかった山、やり残したことは多いが、それらは来シーズンの課題としよう。さて、今シーズンの締めくくりとして、2週連続の飯豊に向かうこととした。狙いはやり残すことをひとつ減らすためだ。
================================================================================
 山域山名   飯豊山 梅花皮岳(2,000m) 北股岳(2,024.9m) 門内岳(1,887m)
 山行期間   2013年6月1日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      晴れのち曇り
 参加者    単独
 行程      駐車場6:28~温身平6:45~靴デポ地点(640m)7:46-7:54~石転ビノ出合8:27~梅花皮小屋(1850m)10:44~
          梅花皮岳(2000m)11:08-11:37~石転び沢(1260m)11:53-11:58~梅花皮小屋13:26-13:40~北股岳14:08~
          門内岳14:50~門内小屋前より滑降15:00~靴デポ地点15:20-15:28~温身平16:17~駐車場16:35
 行動時間   10時間7分
 移動距離   22.4km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±2,885m (GPS自動記録)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-06-03 00:53 | 山スキー | Comments(16)
2013年 06月 02日
6/1 石転び沢
f0170180_645749.jpg

今シーズンの板納めはどこにするかといっても、日帰りできる範囲では鳥海か飯豊ということになる。
ちょっと悩んだが、まだやり残した感のあった飯豊に2週連続で行くことにした。
ソロなのでかなり欲張りな計画にして、目一杯登り滑ってきた。
記録は後ほど公開予定。

by torasan-819 | 2013-06-02 06:46 | 山スキー | Comments(8)