<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 29日
久々に半田山でトレーニング ~ 2013年7月28日
f0170180_217112.jpg

仕事を終えてからひと登りしようと思ったが、準備をしているうちに雨が降ってきた。蔵王はダメだなと思い、少しは天気がマシな福島県に向かうことにした。時間もないのでお手軽に半田山だ。半田山は福島県の北端、宮城県との県境近くに位置する。その昔は全国有数の銀山として栄えたというが、今はその面影もない。中腹には半田山自然公園があり、人々に親しまれている。
==============================================================
 山域山名   半田山(863.1m)
 山行期間   2013年7月28日(日)
 山行形態   トレーニング登山
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      中登山口15:15~山頂15:54~北登山口16:17~山頂16:58~中登山口17:19
 行動時間   2時間4分
 移動距離   7.6km (GPS計測:30秒毎)
 累積標高差 ±927m
==============================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-07-29 07:36 | | Comments(10)
2013年 07月 24日
息子達との南蔵王縦走 ~ 2013年7月23日
f0170180_4231429.jpg

息子の通っている小学校では、5年生の時に南蔵王縦走登山を行っている。登山ボランティアとして昨年からお手伝いするようになったのだが、昨年は悪天候により縦走は取り止め、後烏帽子岳に変更となった。今年は息子も5年生ということで張り切っていたのだが、東北は梅雨明けが遅れて毎日曇りか雨空。それどころか、大雨警報に土砂災害警戒まで出る始末。やきもきしながら天気だけは仕方がないと諦め、当日の朝を迎えることとなった。
==============================================================================
 山域山名   蔵王連峰 前山(1,684m) 杉ヶ峰(1,745.3m) 屏風岳(1,817.1m) 南屏風岳(1,810m) 不忘山(1,705.3m)
 山行期間   2013年7月23日(火)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り
 参加者    19名(小学5年生11人+教師4人+登山ボランティア4人)
 行程      刈田峠登山口8:29~前山9:10~杉ヶ峰9:37-9:44~芝草平10:03-10:14~屏風岳10:57-11:04~
          南屏風岳11:38-12:10~不忘山13:00-13:21~弘法清水14:57-15:13~白石スキー場17:03
 行動時間   8時間34分
 移動距離   11.0km (GPS計測:30秒毎)
 累積標高差 +648m -1,375m
==============================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-07-24 22:40 | | Comments(8)
2013年 07月 21日
駆け足で回る蔵王ロバの耳コース ~ 2013年7月21日
f0170180_22251653.jpg

東北はなかなか梅雨が明けない。涼しいのは良いのだが、こうも曇り空ばかり続くと、そろそろ夏の太陽が見たいなどと思えてくる。この週末も雨こそ降らないが曇りの予報。どのみち2日間とも息子のサッカー大会でつぶれるのだが、試合までに蔵王のロバの耳へ登ってみることにした。
===========================================================================
 山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m) 五色岳(1,672m)
 山行期間   2013年7月21日(日)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      賽ノ磧駐車場6:08~濁川6:38~かもしか温泉跡6:50~ロバの耳岩7:54~五色岳8:25~刈田岳8:57~
          大黒天9:16~賽ノ磧駐車場9:38
 行動時間   3時間30分
 移動距離   10.6km (GPS計測:30秒毎)
 累積標高差 ±957m
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-07-21 23:56 | | Comments(10)
2013年 07月 15日
泉ヶ岳から船形山へのピストン縦走 ~ 2013年7月14日
f0170180_13374048.jpg

せっかくの3連休だが梅雨も終盤ということで、空は今まで出し惜しみしていたかのように雨を降らせている。飯豊の縦走を考えていたのだが、飯豊周辺は天気が不安定なので次回に見送った。そんなわけで、ぽっかり空いた14日は、近場の山で長い距離を歩いてみることにした。ルートは泉ヶ岳から船形山のピストン。往復すれば30kmほどになろうか。こちらは飯豊と違って天気も何とか持ちそうだ。実は船形山にはまだ登ったことが無い。スキーでは途中まで登ったが山頂には至らず。夏登山もなんとなく機会がなかった。泉ヶ岳から船形山のピストンは、1度2009年の12月に試みたことがあった。しかし、寝坊に時期を無視した計画であえなく中退。その後リトライもせず、あっという間に3年半も経過してしまった。その時の記録をあらためて読むと、ロングトレイルについての思いを記している。その気持ちは今も何ら変わりない。
===========================================================================
 山域山名   船形連峰 泉ヶ岳(1,172.1m) 北泉ヶ岳(1,253.1m) 三峰山(1,417.6m) 蛇ヶ岳(1,400m)
          船形山(1,500.2m) 後白髪山(1,422.5m)
 山行期間   2013年7月14日(日)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り一時雨
 参加者    単独
 行程      駐車場6:57~泉ヶ岳8:13~北泉ヶ岳8:55~水源9:21~三峰山10:45~後白髪分岐10:59~蛇ヶ岳11:10~
          船形山11:54~蛇ヶ岳12:36~後白髪分岐12:43~後白髪山13:19~後白髪分岐13:44~三峰山14:02~
          水源15:04~北泉ヶ岳15:46~泉ヶ岳16:40~駐車場17:37
 行動時間   10時間40分
 移動距離   32.2km (GPS計測:30秒毎)
 累積標高差 ±2,848m
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-07-15 08:16 | | Comments(25)
2013年 07月 13日
山遭協夏山訓練 ~ 2013年7月13日
f0170180_21573283.jpg

本日は山遭協(山岳遭難防止対策協議会)白石支部の夏山訓練だった。白石警察署と民間隊員での合同訓練で、4ルートから南蔵王の稜線に登り、刈田峠まで縦走というもの。途中登山道の点検をしながら歩くのだが、水引ルートの2名は倒木処理のため、重いチェーンソーを担いで登る。

自分は白石スキー場から不忘山経由の班となった。登り始めてしばらくして雨となりカッパを着る。さらに風も強くなり、不忘山を過ぎてからは風との戦いが続いた。南屏風の肩が一番強かったように思うが、その後は少し落ち着いた。8月3日に実施される蔵王トレイルランの試走らしき方も2名ほどいて、この天候なのにご苦労様なことです。無事縦走を終えて、ちょっとしたアクシデントも時間が解決し、白石スキー場へと戻った。

夏山の蔵王にどんどん登ってもらいたい。ただし自分の体力と相談し、熱中症には十分注意して(蔵王の稜線には水場が無い)。我々が出動する必要がないのが一番良いのだから。

縦走ルート
白石スキー場8:12~不忘山~南屏風岳~屏風岳~杉ヶ峰~前山~刈田峠~エコーライン14:17

by torasan-819 | 2013-07-13 22:08 | | Comments(2)
2013年 07月 11日
青麻山トレーニング ~ 2013年7月11日
f0170180_21283444.jpg

午後から我が家の田んぼのミゾ切り作業をした。早めに終了したので青麻山に駆け上ってみた。
息を切らせて山頂に到着。自分としてはほぼ限界タイム。気持ちのいい汗をかくことができた。
============================================================
 山域山名   青麻山(799.5m)
 山行期間   2013年7月11日(木)
 山行形態   トレーニング登山
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      無線中継所17:01~青麻山17:29-17:34~無線中継所17:49
 行動時間   48分
 移動距離   約3.4km
 累積標高差 約±370m
============================================================

                             おまけ画像:涼やかに風に揺れる我が家の稲
f0170180_21502822.jpg


by torasan-819 | 2013-07-11 21:34 | | Comments(2)
2013年 07月 09日
山登りアーカイブス 2008年6月28日~硯石ルートで不忘山へ
f0170180_2111356.jpg

硯石から不忘山に登ったのは、この時が初めてだった。まだ歩き方がよく分からず、ドカドカと下っていた頃だ。膝を痛めてしまい、この後しばらく痛みが続いた。それを契機に足の運び方を考えるようになった。それ以来、膝痛は再発させていない。ある意味、記憶に残る山行となった硯石からの不忘山だった。
============================================================================
今日は梅雨の合間の晴れになるということだが、用事が入ってしまったので山行を断念…できなかった(笑)
朝早く手近なところでと不忘山(1705m)へ向かう。今日は「硯石」(標高710mくらい)から登ることにした。

今日のコースタイムは 硯石5:32~不忘山7:16~休憩~不忘山7:35~硯石9:01 だった。
花の画像を撮りながら登ったにしてはまあまあのタイム。 しかし登りと下りの時間差があまりない。
山頂で画像を撮るためあちこち歩いているうちに左足を捻ってしまい、下りで膝の腱が痛くてゆっくり下ってきたためだ。

下りで膝クッションを使うと痛いので、そろそろと右足でかばいながら降りてきた。山ではちょっとしたトラブルで行動に制限が出てしまう。 反省&経験になった。
下界はどんより雲の中なれど、登ると狙ったとおり雲の上に抜けて天気が良い。最高に気持ちが良かった。

by torasan-819 | 2013-07-09 21:08 | 山登りアーカイブス | Comments(0)
2013年 07月 08日
山登りアーカイブス 2008年6月14日~地震にも気づかず蔵王を周回23km
f0170180_21114899.jpg

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震は、午前8時43分頃に岩手県内陸南部で発生した。最大震度6強となり、大規模な土砂崩れを引き起こし、死者17名と被害が大きかったことは記憶に新しい。蔵王周辺の震度計も、震度5弱から4を記録している。ところが、まさに地震発生時、自分は山中を歩いていたのだがまったく気が付かなかったのだ。
============================================================================
14日土曜日は蔵王へ登山に行った。ルートは以下のとおり。
えぼしスキー場~倉石ヒュッテ~股窪~エコーライン刈田峠~南蔵王縦走路~前山~杉ヶ峰~芝草平~屏風山~ろうづめ平~後烏帽子岳~前烏帽子岳~えぼしスキー場
コースタイムは10時間30分だが、休憩含めて7時間40分だった。歩行距離約23km、累積標高1,650mで距離が長めのコース設定。 蔵王は下は晴れていたが登るにつれ雲の中で眺望が得られなかったのが残念。今の自分の1日の行動としては、これくらいがほぼ限度かな。ただし2日連続は無理。下りでは膝がガクガクで足が悲鳴を上げ始めていた。

気が付かなかったのだが、歩いている途中で大きな地震があった。登り始めたのが午前7時50分なので、登り始めて程なくして地震が発生(8時43分)したようだ。沢を渡った少し後に地震が発生と思われる。しかし山登り中の自分は何も気づかず。でも10時過ぎに対向してきた登山者と立ち話をしたときに、相手も地震のことは何も言ってなかった。その後も数人の登山者と話したが、地震のことはまったく出なかった。ということは蔵王ではほとんど揺れなかったのだろうか? でも各地の震度で見てみると、蔵王も震度4から5の地域に含まれている。自分が気付かなかっただけなのか?不思議だ。

実は自分の職場では震度4以上になると出動しなければならない。しかも、自分の仕事は施設を沢山抱えており、点検作業が必要になる。でも携帯圏外を歩いていた。昼過ぎに携帯圏内になり、自宅や職場からの電話やメール、友人の安否確認メールがドチャっと入って、やっと地震があったことに気づいた。焦ったがしかし後の祭り。現場の責任者としてはまずかったなぁ~でもしょうがない。下山中に自宅も仕事関係も被害が無いことが確認でき一安心。災害警戒本部も既に解散したとのこと。施設の確認も部下がひととおりやったので、もはや自分の出る幕は無い。

午後4時過ぎに帰宅してからニュースを見て被害の大きさにビックリ。栗駒山周辺は大変なことになっていた。実は栗駒山も行きたいとは考えていただけに、もし行っていたらと思うと… 何度か通ったことのある道路もズタズタになり、山の斜面の崩壊は恐ろしいほどの規模。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。自分も心配する友人知人から、メールやメッセージを沢山いただいた。みなさんありがとうございました。

by torasan-819 | 2013-07-08 21:09 | 山登りアーカイブス | Comments(8)
2013年 07月 08日
山登りアーカイブス 2008年5月28日~白石スキー場からの周回ルート
f0170180_253513.jpg

白石スキー場を起点に、水引入道~南屏風岳~不忘山と左回りの周回ルートを初めて歩いた時の日記。
============================================================================
有給取って南蔵王へ。 登山口の白石スキー場までは我が家から20分とかからない。この日はスキー場から「水引入道」へ登り「南屏風」を経て「不忘山」からスキー場へ戻る周回ルート。下界は雲の中なれど標高1000m以上は雲の上だった。この登山でアクシデントが3つあった。
1.登りでバテた
自分でも意外だった。なぜかバテた。ここ半月以上運動してなかったからか?それとも睡眠不足か?
2.ルートを見失った
崖を降りて沢を渡り向かい側の小尾根に取り付くのが正解なのだが、その取り付きを見落として沢を登ってしまった。間違いに気づき戻ってルートに戻った。
3.両足が靴擦れになった
この日履いた登山靴では左のかかとが靴擦れに2度なっていたので、靴ひもの締め方にも注意して履いたのだが、今度は左ばかりか右までも靴擦れになってしまった。おかげで全然ペースがあがらなかった。やはり靴を替えるしかないのか。
いずれも事なきを得たが、安全な登山のためにはそれぞれ対策が必要だ。無い頭を捻って考えよう。ところでこの日は3人の登山者とすれ違ったが、うち1人は環境省の腕章をしていた。パトロールの人らしい。この人、見たところ70歳はゆうに超えているように見える。凄いと思う。自分もこの場所を70歳過ぎても、また歩くことができるだろうか?

by torasan-819 | 2013-07-08 02:06 | 山登りアーカイブス | Comments(2)
2013年 07月 07日
23回目の青麻山 ~ 2013年7月7日
f0170180_2026730.jpg

所用で山に行けないこの週末だが、体を動かさないまま終わるのはよろしくない。夕方に手近なところということで、トレーニングとして青麻山に登った。青麻山に登るのは、今回でおそらく23回目となる。標高差370mは少し物足りないが、時間がない時に登るには手頃でもある。登っていて感じたのは、ちょっと重いなということ。80kgある自分の体重のことだ。せめてあと5kgほど軽ければ、登りも楽で膝にも優しいだろう。しかし、5kgを削るのは至難の業である。なぜなら、晩酌を控えなければならないからだ(笑)
============================================================
 山域山名   青麻山(799.5m)
 山行期間   2013年7月7日(日)
 山行形態   トレーニング
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      無線中継所17:20~青麻山17:50-17:55~無線中継所18:12
 行動時間   52分
 移動距離   約3.4km
 累積標高差 約±370m
============================================================

by torasan-819 | 2013-07-07 20:36 | | Comments(8)