<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 26日
蔵王・刈田峠避難小屋 ~ 2014年2月23日・24日
f0170180_7393037.jpg

明け方の樹氷を撮るので小屋泊まりしたいというutinopetika2さんにお付き合いして、23日は刈田峠避難小屋に行くことにした。この時期この小屋に泊まるのは、スキーツアーか撮影目的の人くらいだろう。小屋には石油ストーブがあるが、川○さんの情報では壊れているので直ってないとすると修理が必要だという。また、自分が昨シーズン確認したときは冬期出入り口の立て付けが悪く、かなり小屋内部に雪が吹き込んでいたのでそれも心配である。まあストーブは無くても問題ないし、3人いれば少々のことは何とかなるだろう。問題は晴れを待って日程がずれ込んだので、日月となってしまったことだ。他の2人は大丈夫なのだが、自分は月曜日の仕事は外せない。自分の主な役割は小屋に泊まる際の問題処理なので、日曜日になればお役ご免といえる。そんなわけで早朝帰宅して出勤に間に合わせることにしたが、かなり際どい計画ではある。
=====================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 刈田峠
 山行期間   2014年2月23日(日)~2月24日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      23日 曇り 24日 快晴
 参加者    3名(L:トラ山・utinopetika2さん・川○さん)
 行程      23日 すみかわスキー場10:20-10:42=ゲレンデトップ11:06-11:14~南蔵王縦走路口12:36~刈田峠避難小屋13:03
          24日 刈田峠避難小屋4:33~南蔵王縦走路口5:01~ゲレンデトップ5:57~すみかわスキー場6:03
 行動時間   23日 1時間49分  24日 1時間30分
 移動距離   23日 3.9km  24日 6.2km (GPS計測)
 累積標高差 23日 +290m -125m  24日 +107m -556m (GPS計測)
=====================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-26 21:43 | 山スキー | Comments(14)
2014年 02月 24日
蔵王・南屏風の壁を滑る ~ 2014年2月22日
f0170180_0105343.jpg

南東北の厳冬期は意外と短い。2月中旬を過ぎると厳しい寒さも緩み始めてくる。パウダーを味わえるのもあと僅かなのだが、この2週連続の週末大雪で予定が狂ってしまった。来週は気温が上がるとの予報なので、もしかするとこの週末が、南東北でのパウダーランのラストチャンスになるかも知れない。とはいえ除雪の疲れと鼻風邪で、今ひとつ体がシャキッとしない自分。遠出はちょっとしんどいので近場でひと滑りと、我が家からいつも眺めている不忘山、そして南屏風の壁を滑ることにした。先週の大雪から1週間が経ち、斜面の雪も安定してきているだろう。さて、急いで相方を探さねば。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
 山行期間   2014年2月22日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    3人(L:トラ山・加○さん・○樹さん)
 行程      白石スキー場8:20~ゲレンデトップ9:03~不忘山11:00~南屏風岳12:00-12:10~P1754下より滑降12:36~
          休憩12:50-13:13~権現沢出合13:17~白石スキー場13:51
 行動時間   5時間31分
 移動距離   10.8km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,142m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-24 23:26 | 山スキー | Comments(4)
2014年 02月 21日
読書 「ヤマケイ入門&ガイド バックカントリー スキー&スノーボード」
f0170180_0175762.jpg

山と渓谷社の技術書とガイドブックが一体化した入門&ガイドシリーズの第4弾で、昨年11月に2,079円で購入した。
少しずつ読んでいたが、バックカントリーにおけるスキー&スノーボードの技術と知識をギュッとまとめた好書である。

63項目におよぶ技術解説は1項目が見開き2ページで、図解も豊富に使って上手くまとめられている。
また、ルートガイドも50エリアを収録してあり、まだ行ったことのないエリアをあれこれ想像してみるのも楽しい。

「入門&ガイド」というだけあって内容的には初~中級レベルなのだろうが、ベテランであっても初心に立ち返り読んでみる価値は大いにある。
技術解説編の最後の項目は「今、実践あるのみ」となっている。
本書をしっかり読み込んだなら、あとは実際のバックカントリーで実践すべしということなのだ。

by torasan-819 | 2014-02-21 00:24 | | Comments(3)
2014年 02月 18日
アサツキ
f0170180_0323095.jpg

2週連続の大雪には疲れた。
特に15日は白石でも半日で40センチ積もり、除雪が追いつかず国道4号は立ち往生した車で大渋滞。
車中で一夜を明かした人は何百人~千人以上もいただろう。
16日は手作業での雪かきをしたが、さすがに10時間はきつかった。

さて、ひさびさに食い物の話題。
この辺の冬の味覚にアサツキという野菜がある。
自分はこれが大好きで、冬になると無性に食べたくなる。
品種によりネギ臭が比較的強いのとほとんどクセがないものがあるが、いずれもしゃきしゃきとした歯触りが魅力だ。
もともと日本各地に自生しているユリ科ネギ属の多年草で、ネギ、ニラ、ニンニク、ノビルなどの仲間らしい。
東北では福島県や山形県が主な山地だが、自分の住んでいる地域でも昔から栽培されている。
関東地区などでは細い葉ネギのことを、あさつきと称していることもあるらしいがそれとは異なる。
ハウスものは細長いが露地物は太く、地域によって育て方が違い見た目もかなり異なる。
いずれにしても冬の貴重な青物として食べられていたようだ。
食べ方は酢みそ和えや天ぷらもいいが、自分は炒め物が大好きだ。
火を通しすぎないようにさっと炒めるとこれがまた美味い。
食べられるのは3月までなので、今のうちにせっせと食べておこう。

by torasan-819 | 2014-02-18 00:25 | 食いもん | Comments(5)
2014年 02月 15日
西吾妻山・若女平コース ~ 2014年2月11日
f0170180_13221589.jpg

9日に予定していた若女平コースだが、南岸低気圧による大雪で中止した。天気予報を見ていると11日は回復するようである。このチャンスを逃す手はない。山は逃げないがチャンスは逃げるのである。よし若女平へ行こう。前夜急きょ声をかけたにもかかわらず2人が参加してくれ、3人パーティーで向かうこととなった。予報によるとまずまずの天気のようで、何より風が弱いようなのが嬉しい。この時期は晴れかどうかもあるが、何よりも風の強さが気になるのだ。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
 山行期間   2014年2月11日(火)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    3名(L:トラ山・○井さん・石○さん)
 行程      天元台湯元駅8:55-9:20=リフト終点9:54-10:08~中大巓10:31-10:43~凡天岩11:16~西吾妻山11:36~
          西吾妻小屋11:48-12:18~若女平13:40~細尾根13:57~小坂14:09~西吾妻スカイバレー14:24~
          天元台湯元駅14:35
 行動時間   4時間27分
 移動距離   9.1km (GPS計測)
 累積標高差 +448m -1,358m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-15 08:16 | 山スキー | Comments(9)
2014年 02月 10日
蔵王・不忘山 ~ 2014年2月9日
f0170180_146565.jpg

金曜日と土曜日は小学校とスポーツ少年団のスキー教室で、2日連続の白石スキー場だった。太平洋側に土曜日から降り始めた雪は、東京を始め各地で大雪となったが、スキー場では1日中普通にスキーをしていた。とはいえやはり市街地では影響が大きく、30センチ以上積もった日曜日の朝は交通機関は混乱していた。道路も幹線は除雪してあるが、自宅からそこまでの除雪は自力でやるしかない。自宅前の道路の雪かきと、仕事関係の施設の見回りするともう昼過ぎになっていた。日曜日に予定していた山行は昨夜のうちに中止としていたが、天気も回復してきたので山に登りたくなった。よしとばかりに地元の不忘山に登ることにした。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m) ※1630mで中退
 山行期間   2014年2月9日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      白石スキー場13:46~ゲレンデトップ14:22~1630m地点16:13-16:23~白石スキー場17:06
 行動時間   3時間20分
 移動距離   7.6km (GPS計測)
 累積標高差 ±838m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-10 23:37 | 山スキー | Comments(0)
2014年 02月 02日
西大巓からの西吾妻山二十日平コース ~ 2014年2月2日
f0170180_2205593.jpg

吾妻連峰には古くからの山スキーコースが多い。今回の西吾妻山から二十日平へと下るコースは、以前は山形県側の天元台スキー場から登り、福島県側の二十日平へと抜けるか、小野川湖からの周回もしくはピストンとされていたようだ。現在はグランデコスノーリゾートというスキー場があり、ゴンドラ&リフト利用で西大巓を経由し、比較的楽に周回が出来るコースとして知られている。ちなみに1990年発刊の「東北山スキー100コース」にも紹介されているが、スキー場の記載は無い。今回のリーダーの和○さん若かりし頃は、鉄道とバスを乗り継ぎ、徒歩で取り付き箇所まで移動し、二十日平で雪洞ビバークと大変な労力をかけたというから隔世の感がある。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m) 二十日平コース
 山行期間   2014年2月2日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    5人(L:和○さん・佐○さん・○井さん・石○さん・トラ山)
 行程      スキー場8:30=リフト終点9:31-9:42~西大巓10:54-11:12~西吾妻小屋11:48-12:09~
          西吾妻山12:27-12:38~中ノ沢渡渉点14:05-14:15~スキー場14:27
 行動時間   4時間45分
 移動距離   9.1km (GPS計測)
 累積標高差 +651m -1,218m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-02 23:47 | 山スキー | Comments(10)