<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2014年 04月 29日
蔵王・ひよどり越えからの熊野岳東面滑降 ~ 2014年4月29日
f0170180_132122.jpg

大型連休とは言っても自分の場合は地元のイベントが多く、なかなか連続休暇とはならないのが現実。29日も午前中は2箇所に顔を出さなければならないが、午後からの半日は自由になる。19日に山スキーに行ってから10日も経つので何とか行きたい。しかし、半日で行けるところとなると近場に限られる。29日は山仲間の加○さんから、車利用の周回ルートで蔵王の熊野岳東面の誘いがあった。もちろん断ったのだが、まてよ午後からピストンで行ってみるのも悪くないと思った。調査山行として今後のデータ取りにもなるだろう。時間的には厳しいが単独でもあり、行けるところまで行こうと気楽に考えて向かうことにした。

 山域山名   蔵王 熊野岳(1,841m)
 山行期間   2014年4月29日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者     単独
 行程      賽ノ磧駐車場13:16~濁川13:54~丸山沢14:26~熊野岳東面(1733m地点)15:34-15:42~丸山沢15:51~濁川16:07~賽ノ磧駐車場16:53
 行動時間   3時間37分
 移動距離   7.6km (GPS計測)
 累積標高差  ±1,013m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-29 20:55 | 山スキー | Comments(4)
2014年 04月 29日
春の山菜~その3(タラノメ)
f0170180_5554150.jpg

28日は早起きして裏山へゴー。標高500m程のところでタラノメ採りをした。いや~あるはあるはいくらでも採れる。採りやすいところは既に採られているのだが、ちょっと奥に入るとまだ手つかずのタラノメの森だ。大量に採れたので満足して帰宅し朝飯食べて出勤。山と職場が近いとこんな楽しみ方も出来る。

by torasan-819 | 2014-04-29 06:14 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2014年 04月 27日
春の山菜~その2(コゴミ)
f0170180_20431271.jpg

この日曜日も仕事だったが、早めに終わったのでコゴミ採りに行ってきた。いつもの定番ポイントなので真っ直ぐ向かう。山道を登っていくと思ったとおり採り頃のコゴミがいっぱいである。驚いたのは標高400m弱の沢筋に残雪があったことだ。10年ほど通っている場所だが、この時期に残雪があったのは今年が初めてだ。3月の大雪がいかに多かったかの証拠だろう。このところの陽気を反映して、成長しすぎて食べ頃を過ぎたものも多いが、残雪の近くではまさに採り頃のコゴミも多く、たっぷり採ることができた。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-04-27 21:11 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2014年 04月 27日
春の山菜~その1(タラノメ・ハリギリ・アケビの芽・ユキノシタ)
f0170180_06435184.jpg

この週末は珍しく土日とも仕事。とはいえ山は待ってくれない…いや山菜はまってくれない。芽吹いた新芽の成長は本当に早いので、1週間後なんて言ってられないのである。ということで、早めに終わった仕事後に定番ポイントの巡回に向かった。さっそくハリギリとタラノメを採取。タラノメはみんな採るが、ハリギリを採る人はまだ多くない。自分はタラノメ以上にコクがある山菜と思っているので、ハリギリを狙って探すほどである。ちなみにタラノメもハリギリも同じウコギ科の仲間だ。アケビの新芽は木の芽とも言う。おひたしにして食べるが、醤油を入れた溶き卵につけてご飯に乗せるとこれがまた美味い。ユキノシタはおまけ。近所の土手に生えているのを知っていたので、天ぷらをもう1種類増やすために採ってきた。薬草としても用いられるユキノシタだが、思った以上に葉の天ぷらが美味しい。さて、これからしばらくは山菜を追いかける忙しい日々が続くだろう。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-04-27 20:04 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2014年 04月 23日
肘折から月山をピストンで ~ 2014年4月19日
f0170180_18541094.jpg

月山のスキーコースの中でも肘折コースは最長のルートである。ワンデイでのコースとしてなら、国内でも最長クラスだろう。月山スキー場リフト上駅から肘折まで踏破した昨年の記録では21.2kmになっている。さて今回はこのルートをピストンしようという計画だ。肘折から月山山頂の往復なので、リフト上駅から月山の山頂までの分は無いのだが、それでも片道18kmとなり合計36kmにもなる。それを何人かやってる方がいてその体力に感嘆しつつ、できれば自分もと年齢も顧みず憧れにも似た気持ちを抱いていた。自分の昨年の記録には「ワンデイでの肘折~月山ピストンのチャレンジも捨てきれない」と記している。また別な記録には「自分を追い込まないと見えてこない部分がある」と記している。胸に熱い想いを静かに抱きながらも、年齢のこともあり山行を積み重ねて慎重に自分の力量を計ってきたつもりだ。その結果、今シーズンにトライしてみようと思うに至った。年々体力が低下していく中高年にとって、はたして1年後は出来るかどうかわからない。やるのなら先送りはせずに今年だと思ったのだ。さて55歳のチャレンジやいかに…

 山域山名   月山(1,984m)
 山行期間   2014年4月19日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者     単独
 行程      【往路】 肘折(朝日台)3:00~大森山頂4:48~ネコマタ沢二俣5:38~ネコマタ沢源頭6:07~小岳7:20-7:37~立谷沢8:37~
          千本桜の下10:02-10:15~月山山頂11:55-12:05
          【復路】 月山山頂12:05~千本桜12:16~立谷沢12:34-12:45~念仏ヶ原避難小屋付近13:47~小岳14:50-14:55~
          ネコマタ沢二俣15:37~大森山頂16:37-16:47~肘折(朝日台)17:30
 行動時間   14時間30分
 移動距離   36.0km (GPS計測)
 累積標高差  ±3,390m (GPS計測:10m間隔) ※図上計測による単純累積標高差は2,800m程度
 参考データ  肘折積雪深116cm(4月18日アメダス)




続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-23 20:34 | 山スキー | Comments(16)
2014年 04月 15日
月山から本道寺までロングルートを辿る ~ 2014年4月12日
f0170180_013164.jpg


月山は裾野を広く東西南北に延ばしているが、その尾根筋がスキーツアーのコースになっている。東の肘折コース、西の品倉尾根コース、南の本道寺コース、北の北月山コースである。最長は肘折コースで、その延長は21kmにもなるが、次に長いのが本道寺コースの18kmである。自分は本道寺コース以外については滑った(品倉尾根は変則コースだったが)ことがあるので、本道寺コースの機会をうかがっていた。そんなところに加○さんより本道寺の話しがあったので、さっそく乗せてもらうことにした。
================================================================================
 山域山名   月山
 山行期間   2014年4月12日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者    6名(L:加◯さん・◯樹さん・sharizakaさん・藤◯さん・和◯さん・トラ山)
 行程      リフト上駅8:35~牛首9:32~トラバース~滑降開始10:48-~急斜面11:04~清川小屋分岐付近11:09~
          休憩11:12-11:39~1,250mピーク13:14-13:32~岩根沢分岐13:38~本道寺登山口16:43
 行動時間   8時間8分
 移動距離   18.1km (GPS計測)
 累積標高差 +990m -2,160m (GPS計測)
 参考データ  肘折積雪深169cm(4月11日アメダス)
================================================================================


続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-15 02:09 | 山スキー | Comments(6)
2014年 04月 11日
蔵王・屏風岳東壁を滑降 ~ 2014年4月9日
f0170180_13443182.jpg

自分はしつこい男なのかも知れない。いや、こだわりが強いといった方が少しは聞こえがいいだろうか。とにかく、先日の屏風岳が天候によるものとはいえ中退となったことに、強く心残りがあったのは事実だ。さて、週間天気予報によると、今週の平日はまずまずの天気のようである。ただし、山では晴れか雨かだけでなく風の強さも重要だ。晴れるとえてして強風となり、稜線に立つことすら困難になる。そのため、高所における風の強さも考えておく必要がある。そうしたところ、どうも水曜日が晴れで風も穏やかなようである。そうなったら時間をこじ開けるしかない。とは言っても平日だ。すべてがスムーズに行ってギリギリの時間だけを作り、単独で屏風岳に向かうことにした。自分はこの日を逃したら、今シーズンはもう滑ることは出来ないだろう。山は逃げないがチャンスは逃げていく。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m)
 山行期間   2014年4月9日(水)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    単独
 行程      東北大学蔵王観測所6:45~林道から斜面へ7:19~1166m標高点上8:14~標高1580m(休憩)9:25-9:40~
          稜線10:11~屏風岳10:50-11:10~秋山沢右俣11:23~1166m標高点付近11:37~林道合流11:58~
          東北大学蔵王観測所12:05
 行動時間   5時間20分
 移動距離   12.1km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,338m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-11 01:17 | 山スキー | Comments(4)
2014年 04月 10日
蔵王・屏風岳を目指すがまたも中退 ~ 2014年4月6日
f0170180_2321362.jpg

今シーズンも蔵王の屏風岳東斜面、いわゆる北屏風の壁を滑ろうと企てた。厳冬期に滑っている記録もあるのだが、とにかく天候のタイミングが難しい。ガスっていては当然無理で、晴れても稜線はかなりの強風となることが多く、ドロップポイントに到達することすら難しくなる。天候が安定する3月中旬以降が狙い目なのだが、休日に天候などの条件が揃うかどうかは運次第だ。この週末も真冬並みの寒気が入ってきて、平地は晴れる予報だが山は風が強くなると思われた。しかし、考えてばかりいても進まないので、とにかく登って現地で判断することにした。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m) ※中退
 山行期間   2014年4月6日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      晴れ→ガス
 参加者    3名(L:トラ山・◯樹さん・sharizakaさん)
 行程      東北大学蔵王観測所7:00~~1166m標高点付近8:40~標高1580m(中退)10:10-10:30~
          1166m標高点付近(休憩)10:52-11:10~林道に合流11:35~東北大学蔵王観測所11:42
 行動時間   4時間42分
 移動距離   10.9km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,038m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-10 23:21 | 山スキー | Comments(6)
2014年 04月 05日
蔵王・後烏帽子岳(中退) ~ 2014年4月5日
f0170180_23414765.jpg

3日の夜から4日の朝にかけて雨が降った。深夜布団の中で雨音を聞きながら、これで山の雪はかなり解けてしまうだろうと思わずにはいられなかった。6日に蔵王の屏風を滑ろうと考えていただけに余計気になった。いくら気を揉んでも天気はどうにもならないのだが。しかも今週末は寒気が入って、山の気温はぐっと下がる予報となっている。雨が降って寒気とくれば、当然斜面はアイスバーンになることが予想される。そんなわけで、急きょ山の状況を確認に登ってみることにした。ただし、昼過ぎには下山しなければならないという制約付きだ。
================================================================================
 山域山名   蔵王連峰 後烏帽子岳(1,681m) ※中退
 山行期間   2014年4月5日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      東北大学蔵王観測所8:14~斜面取り付き8:52~鞍部11:04~標高1560m(中退)11:23-11:32~
          林道に合流12:16~東北大学蔵王観測所12:26
 行動時間   4時間12分
 移動距離   11.1km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,030m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-05 17:01 | 山スキー | Comments(0)