<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 27日
北アルプス 針ノ木雪渓を滑る ~ 2014年5月24日
f0170180_2255133.jpg
物事にはよく日本三大何々というものがある。日本を代表するものを三つあげるというもので、日本三大河川であれば信濃川、利根川、石狩川となる。雪渓でいえば日本三大雪渓は白馬雪渓、剱沢雪渓、針ノ木雪渓とされている。しかしこれにはいささか疑問を抱いており、なぜ飯豊の石転び沢雪渓が入らないのかと思っていた。そんなわけで三大雪渓を滑ってみたいと思っていたのだが、今回ようやく針ノ木雪渓に行く機会を得た。針ノ木雪渓は、北アルプス後立山連峰の最南端の山である針ノ木岳に突き上げる。針ノ木岳は標高2,821m、富山県と長野県にまたがるピラミッド型の端正な山容であるという。自分としては久しぶりの北アルプスであり、石転び沢雪渓と滑り比べも面白いだろうと向かうことにした。

 山域山名   北アルプス 針ノ木岳(2,821m)
 山行期間   2014年5月24日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      晴れ
 参加者     4名(L:和○さん・菅○くん・あんみつさん・トラ山)
 行程      無料駐車場6:01~登山口6:18~スキー歩行7:01-7:11~最終堰堤7:23~赤石沢出合7:39~マヤクボ沢出合8:56~2700mより滑降10:29~
          マヤクボノコル11:11-11:25~針ノ木岳12:05-12:50~滑降12:54~登り返し12:56-13:23~滑降13:36~マヤクボ沢出合13:51~
          最終堰堤14:09~登山口14:45~無料駐車場14:51
 行動時間   8時間50分
 移動距離   12.2km (GPS計測) ※登り返し含む
 累積標高差  ±1,968m (GPS計測) ※登り返し含む



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-27 20:14 | 山スキー | Comments(12)
2014年 05月 19日
二口山塊の大東岳と糸岳に登る ~ 2014年5月18日
f0170180_1405041.jpg

この週末は寒気が入り、東北各地の山では気温の低下とガスが予想された。山スキーで鳥海山か飯豊と思っていたが、おそらく山頂部はアイスバーンとなり(実際はそうでもなかったようだが…)、登ることが出来たとしても決して楽しくはないだろうと考えると、潔く諦めるしかなかった。そんなわけで、久方ぶりに地元の山で普通の登山でもと思い、加○さんと二口山塊の盟主である大東岳に登ることにした。大東岳はしばらく前に登ったことがあるはずと記録を見ると、2009年の4月28日 ということで5年も前になる。つくづく月日が経つのは速いと思う。さて5年ぶりの大東岳やいかに…

 山域山名   二口山塊 大東岳(1,365.8m) 糸岳(1,227.6m)
 山行期間   2014年5月18日(日)
 山行形態   一般登山
 天候      曇りのち晴れ
 参加者     2名(L:トラ山・加○さん)
 行程      登山口8:39~標高点(1,019m)9:49~鼻こすり10:15~大東岳山頂10:28-10:38~弥吉ころばし10:49~樋の沢避難小屋11:29-11:47~
          大行沢渡渉11:59~北石橋12:55-13:00~北石橋分岐13:06~白糸の滝コース分岐14:11~糸岳山頂14:28-14:43~白糸の滝15:30~
          二口林道15:43~登山口16:47
 行動時間   8時間8分
 移動距離   18.1km (GPS計測)
 累積標高差  ±2,230m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-19 18:32 | | Comments(10)
2014年 05月 12日
鳥海山・湯ノ台ルート ~ 2014年5月11日
f0170180_18512114.jpg

5月11日は今期初の鳥海山。湯ノ台ルートから登るという加○さんの企画に乗せてもらった。このルートは4年前に自分が初めて鳥海山に登ったときのルートだ。スキーで登る鳥海山には多くのルートがあるが、湯ノ台ルートは中島台ルートと並びもっとも長い方の部類である。ただし難しいところは特にない。そういえば4年前、山スキー初シーズンの自分を連れてきてくれたのも加○さんだった。

 山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m)
 山行期間   2014年5月11日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者     5名(L:加○さん・○樹さん・Sさん・sharizakaさん・トラ山)
 行程      駐車地点7:25~斜面取り付き8:05~マタフリ沢源頭付近10:43~行者岳12:10-12:50~マタフリ沢源頭付近13:02~
          滝ノ小屋13:13-14:17~駐車地点15:15
 行動時間   7時間50分
 移動距離   15.6km (GPS計測) ※登り返しを除く
 累積標高差  ±1,608m (GPS計測) ※登り返しを除く




続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-12 20:42 | 山スキー | Comments(10)
2014年 05月 10日
春の山菜~その6(シドケ・タカノツメ)
f0170180_1434593.jpg

今日の早朝山菜採りの成果は、シドケ、コシアブラ、タカノツメ、タラノメの4種類。行った場所ではシドケ以外はもう終盤だった。シドケは山菜ファンには人気の山菜でシドキとも言う。正式には葉の形からモミジガサと言うらしいが、この辺りではシドケの方が一般的だ。湿気のある林内を好み、特に山深い沢沿いの湿った急斜面など多く生育している。独特の香りと苦味があり、この味がわかるようになれば山菜通とも言える大人の味の山菜である。山菜のなかでも高級品とされ、天然物は手に入りにくくなっているというが探せばまだまだある。ただし、急斜面にあるものを採る場合は、滑り落ちないように十分注意したい。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-05-10 14:36 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2014年 05月 08日
八甲田ツアー・北八甲田縦走 ~ 2014年5月5日
f0170180_19112767.jpg
午前5時半に今日もすっきりと目覚める。テントだとなぜか自宅よりもぐっすり眠れてしまう。朝食を済ませてテントを撤収すると、八甲田ロープウェイ山麓駅に移動する。今日は休養して温泉に入るという会長と、足が痛いという○井さんが歩かないので、6人パーティーでの行動となった。まだ7時半過ぎだが、駐車場には既に車が増え始めている。我々と同じく朝一番の便に乗りたい人が多いようだ。とりあえず順番待ちの列に加わり待つことしばし。余裕で始発に乗ることが出来た。ちなみに料金は片道1,180円である。なお、始発時刻は9時だが客が多いと早めてくれる。今日も8時42分に動き始めたので、やはり早めに来ておいた方がいいだろう。

 山域山名   八甲田山 北八甲田山域 田茂萢岳(1,324m) 赤倉岳(1,548m) 高田大岳(1,552m)
 山行期間   2014年5月5日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      曇りのち晴れ
 参加者     6名(L:和○さん・佐○さん・○井さん・菅○くん・都○さん・トラ山)
 行程      ロープウェイ駅8:42=山頂公園駅8:50-8:58~赤倉岳10:25~赤倉岳・大岳鞍部10:31-10:47~小岳・高田大岳鞍部11:35~休憩11:45-12:00~
          高田大岳12:52-13:08~谷地温泉14:18
 行動時間   5時間20分
 移動距離   9.4km (GPS計測)
 累積標高差  +771m -1,291m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-08 21:42 | 山スキー | Comments(4)
2014年 05月 07日
八甲田ツアー・南八甲田縦走 ~ 2014年5月4日
f0170180_3563330.jpg

今年のゴールデンウィークは八甲田ツアーとなった。自分にとって八甲田でのスキーは、2年前に初めて訪れて以来の2度目である。八甲田は同じ東北といっても距離があり、泊まり前提となるのでなかなか機会が作れないのだ。計画は4日に南八甲田を縦走し、5日に北八甲田を縦走することにしている。既に先発隊の5人は3日朝出発しているが、後発隊の我々(あんみつさん・菅○君)は午後10時に集合しての出発となった。いろいろあって少し遅れたが、白石インターから高速に乗り八甲田を目指した。

 山域山名   八甲田山 南八甲田山域 逆川岳(1,183m) 横岳(1,339m) 櫛ヶ峯(1,517m) 駒ヶ峯(1,416m) 猿倉岳(1,354m)
 山行期間   2014年5月4日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者     6名(L:和○さん・佐○さん・○井さん・菅○君・あんみつさん・トラ山)
 行程      城ヶ倉大橋7:58~逆川岳9:20~横岳10:08-10:18~櫛ヶ峯11:58-12:31~駒ヶ峯13:29~猿倉岳14:09-14:27~猿倉温泉14:53
 行動時間   6時間55分
 移動距離   14.1km (GPS計測)
 累積標高差  +1,332m -1,206m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-07 20:39 | 山スキー | Comments(4)
2014年 05月 03日
春の山菜~その5(コシアブラ・ハリギリ・ヤマブドウの芽)
f0170180_19432364.jpg
今日は午後も遅くなってから標高700m程のところで山菜採り。タラノメはお目当ての場所が既にほとんど採り尽くされていてがっかり。まあ仕方ない。それでもあちこち探してそこそこの量は採れた。その他にはコシアブラとハリギリがどっさり。ハリギリは採る人がいないせいか手つかずのまま。新芽が出てきたばかりのヤマブドウの芽も少し採ってきた。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-05-03 19:45 | 山菜・木の実 | Comments(4)
2014年 05月 03日
春の山菜~その4(ウルイ)
f0170180_08360717.jpg
5月2日早朝、裏山にタラノメ採りに行って大量に採ってきたのだが、ウルイがあったのでついでに採ってきた。ウルイは葉は捨てて白い茎の部分を食べる。クセが無くシャキシャキした食感とヌメリが美味しい山菜だ。標高500m辺りではタラノメはそろそろ終盤なので、次回はもう少し標高が高いポイントへ行くことにしよう。



その他の画像

by torasan-819 | 2014-05-03 08:40 | 山菜・木の実 | Comments(4)