<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 30日
蔵王・丸山沢の滑降 ~ 2015年3月28日
f0170180_771015.jpg

この時期になると丸山沢が気になってくる。そろそろ滑りにいこうかと。ワンパターンと言えばワンパターンなのだが、何度滑っても飽きない魅力があるのだ。今回は丸山沢は初めての若者2人を誘った。2人とも自分より30歳近く若くて子供のような年齢。とはいえ山ではあまり年齢差を感じないから不思議だ。とにかく登りで待ってもらったりすることのないよう頑張ろう。


  山域山名   蔵王連峰 丸山沢
  山行期間   2015年3月28日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・黒◯・羽◯)
  行程      すみかわスキー場9:38~ゲレンデトップ10:20~刈田岳避難小屋11:37~熊野岳避難小屋12:29-13:00~
          新噴気口13:26~濁川13:59~索道跡14:49~すみかわスキー場15:43
  行動時間   6時間5分
  移動距離   未計測
  累積標高差 未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-30 07:32 | 山スキー | Comments(8)
2015年 03月 29日
北屏風画像
f0170180_7264957.jpg

3/21のW屏風滑降の日、屏風岳の北東に位置する後烏帽子岳の山頂には何人も登山者がいたらしい。そのうちの一人がボーダーの羽◯さんで、我々が滑っているのを一部始終見ていたという。その画像をいただいたので拡大してみると、確かに5人映っていた。屏風の壁を滑降する様を後烏帽子岳から見てみたいとは思っていたが、画像でも見ることが出来たのは嬉しい。羽◯さんはこの日、きっと誰か滑っているだろうと思い後烏帽子岳に登ったとか。その他の登山者でも撮っている人が何人もいたらしい。外国人も登っていて「オー・クレイジー」と言っていたとか(笑)
f0170180_7272575.jpg


by torasan-819 | 2015-03-29 00:21 | 山スキー | Comments(4)
2015年 03月 27日
W屏風をワンデイ滑降 ~ 2015年3月21日
f0170180_18135620.jpg

積雪期に南蔵王を仰ぎ見ると、まるで白い衝立か壁のように見えるのが屏風岳(北屏風)と南屏風岳(南屏風)の東面である。朝日を浴びれば白く輝き、非常に魅力的な姿となって目に映る。我が家から南屏風岳までは直線距離で約16kmなので良く見え、毎朝起きると確認するのが習慣になっている。厳冬期は雲を被っていることの多い稜線だが、3月に入ると徐々に安定してきて晴れ間が増えてくる。週末山スキーヤーにとっては、滑るチャンスが増えてくる時期なのだ。しかし、7日8日に行った南屏風ではガスのため満足に滑ることができなかった。さて、21日は好天の予報なので北屏風にトライしようと考えていたが、せっかくの好条件なので南屏風も含めてワンデイで滑ったら面白いだろうと考え計画してみた。懸念事項は19日にまとまった降雨があったことだ。それが斜面の雪にどのように影響しているのか分からなかったが、それは現地で判断するしかない。ワンデイでW(ダブル)屏風を滑るとするとルートはいくつか考えられるが、今回はすみかわスキー場を出発点とし白石スキー場に降りる縦走形式とした。メンバーは自分以外に4人。いずれもお馴染みのメンバーである。


  山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2015年3月21日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    5人(L:トラ山・◯樹・加◯・藤◯・黒◯)
  行程      すみかわスキー場7:15-7:30~澄川8:45~屏風岳11:35-12:01~昼食休憩12:17-12:43~水引平12:57~
          南屏風岳14:18-14:30~白石スキー場15:20
  行動時間   7時間50分
  移動距離   14.2km (GPS計測)
  累積標高差 +1,252m -1,524m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-27 07:51 | 山スキー | Comments(6)
2015年 03月 20日
12人での吾妻山大沢下り ~ 2015年3月15日
f0170180_2339480.jpg

大沢下りは吾妻山域の中でも、日帰り可能なルートとしては最長の部類となる。スタートは天元台スキー場のゲレンデトップからで、少しの登りで稜線に出るとそこからは長い下りが始まり、奥羽本線大沢駅に下ることとなる。もちろん、発想力と脚力があれば吾妻山域では様々なルートも考えられるのだが、やはりクラシックルートはクラシックルートの良さがあり、何度でも訪れたくなるのだ。さて、この大沢下りを計画した当初は14日で、メンバーは5名ほどであった。当然増えるだろうとは思っていたが、数日前に天気の動きを見て15日に変更した後も参加申し込みが続き、最終的に12名の大人数となった。山スキーのツアーでは通常、これほどの人数となることは少ない。ましてやロングルートである。人数が増えると不確定要素が多くなるし、行動時間も延びがちになり、ロングルートでは踏破出来ない場合もあり得るからだ。しかし、幸い日曜日は好天で風も穏やかのようである。下りメインのルートなので脚力の心配もあまりないので、最大限受け入れてみようと考えた。視界や風の問題がなければ、大沢下りでは特に難しい箇所はないからであり、なるべく多くの人にこのルートを体験してもらいたいからでもある。


  山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 藤十郎(1,825m) 東大巓(1,927.9m)
  山行期間   2015年3月15日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      快晴
  参加者    12人(L:トラ山・佐◯・河◯・坂◯・石◯・黒◯・大◯・◯井・結◯・◯樹・sharizaka・森◯)
  行程      天元台駐車場7:50=天元台高原駅=リフト終点8:50-9:04~中大巓9:26-9:44~人形石9:50~明月荘11:07~
          休憩11:30-11:56~忠ちゃん転ばし12:18~渋川12:40~砂盛13:20~吾妻山麓放牧場14:26~大沢駅15:12=天元台15:45
  行動時間   6時間8分
  移動距離   16.1km (GPS計測)
  累積標高差 +544m -1,887m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-20 22:51 | 山スキー | Comments(8)
2015年 03月 16日
山登りアーカイブス 2009年3月18日~スノーシュー登山(蔵王・馬ノ神岳)
f0170180_22173558.jpg

このブログを開設した2009年3月下旬より以前に行った山登りについて、「山登りアーカイブス」として順を追ってアップしてきた。自分の山登り歴はそれほど長くはないが、それでもアップした記録は35本になった。それもこの馬ノ神岳の記事で終了となる。この次の山行からはすべて当ブログにアップしてきた。山登りアーカイブスの記事をアップしながら、当時の自分の気持ちを客観的に振り返ることが出来たように思う。経験も知識も乏しいながらもやる気だけはやたらにあり、貪欲に山登りをしていた時期が懐かしい。その大半が単独(ソロ)であり、このブログの題名でもある「ソロで生きる」に繋がっている。アップしながら振り返ると、ひとつひとつの山行が思い出深い。それらの積み重ねにより今の自分がある。



= 2009年3月18日 =
今日は天気がいいし午後から出勤なので、こんな日はもちろん山登りだ。ということで我が家から近い蔵王連峰の馬ノ神岳(1551m)に登った。この山は山頂までの登山道が無く、1040mあたりまでの林道があるだけだ。だから雪のない時に登るのはヤブとの格闘が必要でしんどい。昨年は水引入道から馬ノ神岳に登り返して東尾根を下った。今日は東尾根から登って馬ノ神岳山頂を経由し南東尾根で下るという計画だ。登山道の無い山を地図の等高線を見ながらルートを考えるのは楽しい。もっともこの頃馬ノ神岳はマニアックな山人に登られるようになってきたので、ネットで検索すると山行記録が見つけられる。今年は暖冬で雪が少なく、しかもどんどん融けてきているので、雪を利用して馬ノ神岳に登れるのもあと少しだろう。

今日は気温が上がるようだ。登ると暑くてジャケット、シャツと脱いでいき、結局Tシャツ1枚で山頂まで行ってしまった。標高が低いうちは腐れ雪だったが、標高1300mを超え尾根歩きになると新雪とまではいかないがフカフカの雪が続く。ただスノーシューの裏に雪が団子になって付いて歩きづらかった。普段はならないのだが、雪質とか気温とかが微妙に関係するのだろう。ブナ林の登りを頑張って尾根に出ると、下界の展望が一気に広がる。この尾根からの眺望は抜群で気持ちがいい。山頂は屏風岳の最高のビューポイントだ。屏風岳をこれほどの近さと迫力で眺められるのは、馬ノ神岳と後烏帽子岳しかない。しばし山頂からの眺めを楽しんだが、午後から仕事なので早々に下ることにする。気温が上がり斜面がクラストしていないのでトラバースしてショートカット。南東尾根をぐんぐん下っていく。馬ノ神岳は天然性カラマツの北限地だという。しかもニホンカラマツの仲間だが、分化し馬ノ神岳の固有種となっているザオウカラマツがあるらしい。次回ゆっくり出来るときに探してみよう。11:47に駐車場到着。急いで自宅に帰りシャワーを浴び、昼ご飯をかき込み12:45には自分のデスクに座った。こんなことが出来るのも自宅から山と職場が近いからであり感謝。来シーズンはこの馬ノ神岳に、スノーシュー仲間にも是非登って貰いたい。4時間15分の山行でGPSによると歩行距離11.3km、累積獲得標高871mであった。

コースタイム
7:32駐車場~8:11林道から東尾根に取り付く~10:08山頂10:17~10:28南東尾根~11:17林道~11:47駐車場



by torasan-819 | 2015-03-16 22:16 | 山登りアーカイブス | Comments(0)
2015年 03月 11日
蔵王・南屏風岳から権現沢への滑降 ~ 2015年3月8日
f0170180_20152444.jpg
登山道を歩いていると、タオルや帽子が枝にかけられているのを見かけることがある。誰かが落したものなのだろう。自分も山ではけっこう落とし物をすることがあり、落とす可能性のある物には紐をつけるなどの防止策をとっている。昨日の山スキーでは、黒○君がある物を落としてしまった。その結果、スキー場に4時間以上足止めになってしまった。今までの経験上、雪山で小さな落とし物の回収はほぼ不可能と思えた。しかし、頼まれた訳ではないが、やるだけやってみようと同じルートを辿ってみることにした。


  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2015年3月8日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      白石スキー場9:55=ゲレンデトップ10:18~不忘山11:52~南屏風岳12:42-13:04~1732m標高点13:22-13:35~
          権現沢出合13:55-14:02~950m地点14:20~白石スキー場14:38
  行動時間   4時間20分
  移動距離   9.1km (GPS計測)
  累積標高差 +839m -1,118m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-11 12:39 | 山スキー | Comments(2)
2015年 03月 09日
蔵王・南屏風岳からコガ沢への滑降 ~ 2015年3月7日
f0170180_2240562.jpg

コガ沢は南屏風岳の東斜面を源頭とする沢である。南屏風岳の東斜面は、まるで大きな衝立というか壁のように見える。「屏風」と名付けられる所以であろう。冬に下界から見上げる白い壁はなんとも魅力的で、あの壁を滑ってみたいと思ってしまうのである。実際、普通の斜面では飽き足らないスキーヤーやボーダーに滑られているが、その数はそう多くない。その理由は、アプローチの標高差が大きく大変だということに加え、帰還ルートが通常はコガ沢となることも、足を遠ざける要因となっているのだろう。もちろん雪崩のリスクも考えなければならない。コガ沢は時期が早くても沢が埋まりきらず、遅ければ沢が口を開けて危険が増し、滑ることの出来る期間は意外に短い。

  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2015年3月7日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    3人(L:トラ山・藤◯・黒◯)
  行程      白石スキー場7:10~ゲレンデトップ7:52~不忘山9:46~南屏風岳10:47-11:17~回復待ち(約25分)~滑降(1700m地点)12:20~
          権現沢出合12:50~950m地点13:14~白石スキー場13:31
  行動時間   6時間21分
  移動距離   10.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,132m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-09 20:54 | 山スキー | Comments(6)
2015年 03月 06日
山登りアーカイブス 2009年3月15日~スノーシュー登山(安達太良・箕輪山)
f0170180_2224657.jpg

箕輪山は風の通り道で、いつも強風のイメージがある。体が飛ばされるほどの風も珍しくはない。この日も風は強く、そしてとにかく寒気が厳しかった。指が痛くなるほどの寒気を経験したのは、この時が初めてだったと思う。風に負けて敗退した形にはなったが、いい経験をした箕輪山だった。



= 2009年3月15日 =
今日は以前から登りたいと思っていた、福島県は安達太良山に連なる箕輪山に登った。この箕輪山は風が強いことが多いらしく、ネットの山行記録にもしばしばそういった記述がある。昨日の大荒れの天候の影響が残る今日も風は強そうだ。しかし一度箕輪山の風を経験しておくのもいいのではないかと思った。ところが今日は朝からリズムが狂った。目覚ましを午前5時30分にしたはずなのに目が覚めたのは7時! さらには登山靴を忘れて引き返したり。こんな日は無理をしないに限る。

時間短縮に高速に乗ると70分ほどで横向温泉に着いた。このあたりは雪がまだまだ深い。ここから箕輪山目指して登ることにする。午前9時30分頃にスキー場脇(標高1088m)から、スノーシューで登り始める。雪は硬く締まっていてツボ足でも歩けそうだ。ほどなく勾配が急になってくる。ストックで体を押し上げるようにして高さを稼いでいく。風は強いようだが林に守られて音が聞こえるだけだ。急勾配の斜面を登り上げると一気に視界が開ける。勾配の緩い斜面の広がるその先に箕輪山が見える。しかし林が風から守ってくれるのはここまでで、この先は低木しかないので吹きっさらしとなる。風が体感温度を一気に下げる。あまりに寒いのでジャケットのフードをかぶった。いつもはほとんどフードをかぶらないのだが、今日だけは別だ。

1時間15分ほどで箕輪山山頂(標高1728m)だ。オイラのほかに誰もいない山頂はさらに風が強い。先週の名号峰ほどではないが体が風で倒されてしまいそうだ。山頂からは360度の大パノラマなのだが、西側はガスがかかっていてよく見えないし、風が強くて景色を眺める余裕がない。箕輪山の南側にある鉄山まで行こうと思っていた。スノーシューはここまででアイゼンに履き替える。でもこの風ではたして行けるだろうか? とりあえず行けるところまでと思い、鉄山方向の鞍部に向け下り始める。心なしかさらに風が強くなったようだ。細かい氷が飛ばされてきて、頬にピチピチと当たり痛い。こんな時は目出し帽が必要だと思う。とにかく風が冷たくて指が痛くなってくる。このままでは鉄山までの往復3.5キロはちょっと無理だ。この先へ進むことは断念し引き返すことにする。

もう一度箕輪山に登り返し山頂に戻ると、ガスが出てきてあたりは瞬く間に白一色だ。下山ルートは登りとは違うルートで、鬼面山(1482m)を経由して下山することにする。相変わらず雪が締まっているので、スノーシューを履くまでのことはなくアイゼンのまま歩く。風が強くて昼食を取れる場所も見つからず、ここまで行動食のカレーパン1個だけだ。しかたない一気に下ってしまうことにする。駐車場所に戻ったのは13時20分頃。4時間弱の山行でGPSによると歩行距離8.2km、累積獲得標高879mであった。結局誰にも会わなかったが、駐車場で鬼面山から下ってきたらしい山スキーの人と話をした。ちょっと登り足りない感じがしてもう一山登りたいぐらいだったが、今日はおとなしく帰ることにしよう。今度は風の強くないときに登りたいものだ。



by torasan-819 | 2015-03-06 22:37 | 山登りアーカイブス | Comments(0)
2015年 03月 04日
下から登る西吾妻山二十日平 ~ 2015年2月28日
f0170180_5584159.jpg

2月最終日の山スキーは、吾妻山のスキーコースとしては定番のひとつである二十日平に行くことになった。今回のパーティーは大人数の10名で、年齢層は20代から60代と幅広い。さて、自分は二十日平を何度か滑っているが、普通に滑るのではちょっと物足りないような気がした。そんな訳で自分の車で現地に向かう宮城組の3人は、福島組より早く現地入りしリフトを使わずに下から歩くことにした。

  山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
  山行期間   2015年2月28日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    10人(L:和◯・佐◯・杉◯・牧◯・渡◯・黒◯・大◯・加◯・sharizaka・トラ山)
  行程      グランデコスキー場8:35~第3リフト終点10:38~西大巓11:48-12:03~西吾妻小屋12:43-12:58~
          西吾妻山13:10-13:25~中ノ沢渡渉点15:14-15:24~スキー場15:36
  行動時間   7時間1分
  移動距離   13.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,270m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-04 07:05 | 山スキー | Comments(23)
2015年 03月 01日
山登りアーカイブス 2009年3月7日~スノーシュー登山(蔵王・名号峰)
f0170180_21291024.jpg

スノーシューで冬山を歩く、ただそれだけで楽しかった6年前。今はどうか。あの頃の新鮮な気持ちが残っているのだろうか。6年間で得たものは多いが、失ったものもあるのだろう。それでも前に進むしかない。



= 2009年3月7日 =
あっという間に3月になり春の足音が聞こえてきた。 スノーシューの季節もあと少しなので、今日はスノーシューをやろうと決めていた。しかし昨夜から風が強い。天気予報を見ると南東北は何処も風が強いようだ。こんな日は眺めよりも歩きに徹した方がいいだろう。風の影響を受けにくいのは林間を歩くコースだ。ということで事前に情報を確認していた、蔵王連峰の中程に位置する「名号峰」に登ることにした。

青根温泉という古い温泉地の上、標高540mほどのところから午前9時過ぎに登り始める。さて、風をさけて選んだコースだが、結果からすれば正解だった。時折ゴウゴウと風のうなる音がすれど、樹林の中は嘘のように穏やか。しかし、まだ3月上旬だというのに今年の雪は悪雪だ。凍った上にザラメ状の雪が乗ったり、中が融け空洞で落とし穴のようになっていたりする。でも今日は「歩き」がメインの目的。重い雪を踏みしめグイグイ歩いていく。標高1000mを超えても雪の状態はあまりよくない。それでも少しずつ軽くなってきた雪に、足取りも少し早くなってくる。

1490.9mのピークに立ったのは午後1時20分頃。山頂といってもそれほど明確なピークがあるわけではなく、北蔵王の縦走路の通過点という感じだ。しかし、風が強くて立っていると飛ばされそうになり、四つんばいになって歩く。雲が多く眺望も得られないし、とにかく激しい強風でめちゃくちゃ寒い。山頂には5分ほどいただけで、早々に退散することにする。結局、風の影響を受けたのは、山頂手前150mほどから山頂までの間だけだった。下りは淡々とひたすら歩く。車に戻ったのは午後5時過ぎであった。往復約8時間のスノーシュー山行だったが、この間一度もスノーシューを脱がなかった。GPSによると歩行距離16.5km、累積獲得標高1,277mであった。

f0170180_2135142.jpg


by torasan-819 | 2015-03-01 06:00 | 山登りアーカイブス | Comments(6)