<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 29日
板納めで本当に板を納めてしまった飯豊・ホン石転び沢 ~ 2015年5月23日
f0170180_7424179.jpg

今シーズンの板納めは飯豊の石転び沢とした。石転び沢は17日にも行ったのだが、思いのほか雪面がきれいで好印象だった。また普通に石転び沢を滑るのでは物足りないので、大滝沢とホン石転び沢を滑ることにした。大滝沢を滑るのは初めてだが、時間と体力の関係で適当なところで登り返し、ホン石転び沢を滑る計画とした。これで半年に及ぶ山スキーシーズンもいったん休みになり、夏山のシーズンに入る。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) 石転び沢 烏帽子岳(2,017.8m) 滝沢
  山行期間   2015年5月23日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・KIYO)
  行程      大淵(梅花皮荘P)5:00~飯豊山荘5:27~温身平5:39~自転車デポ地点5:44~うまい水6:31-6:42~
          靴デポ地点7:08-7:23~石転ビノ出合8:02-8:10~梅花皮小屋10:32-10:58~梅花皮岳11:23~
          烏帽子岳11:43-12:10~滝沢登り返し地点(1610m)12:18-12:28~梅花皮岳13:57-14:18~ホン石転び沢出合15:00~
          石転ビノ出合15:21~靴デポ地点15:48-15:59~自転車デポ地点17:03~飯豊山荘17:17~大淵(梅花皮荘P)17:32
  行動時間   12時間32分 ※自転車走行含む(以下同じ)
  移動距離   29.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,830m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-29 20:30 | 山スキー | Comments(6)
2015年 05月 22日
飯豊・石転び沢 ~ 2015年5月17日
f0170180_026380.jpg

いよいよ今シーズンも終盤だ。となれば必然的に飯豊である。行き先を石転び沢として、声をかけたところ何人かが呼応してくれた。佐◯さんと黒◯君は石転び沢が初めてだ。特に黒◯君は今シーズンから山スキーを始めたばかりだというのに、もう石転び沢なのだから進歩の早さには驚くばかりだ。佐◯さんはベテランだが飯豊は夏山ばかりで、これまでスキーの機会がなかったという。◯樹さんと小◯君の2人は石転び沢だけでは物足りないだろうから、別パーティーとして北俣沢を滑ってもらうことにした。天気は晴れだが、風があり気温もちょっと低めとの予報。かえって暑くなくて好都合かもしれない。


  山域山名   飯豊連峰 石転び沢
  山行期間   2015年5月17日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・佐◯・黒◯) ※同行者2人(◯樹・小◯)
  行程      大淵(梅花皮荘分岐)5:10~飯豊山荘6:10~温身平6:33~雪渓末端7:46-8:01~石転ビノ出合8:44~梅花皮小屋11:20-12:20~
           石転ビノ出合13:20~雪渓末端13:27-13:42~温身平14:52~飯豊山荘15:15~大淵(梅花皮荘分岐)16:13
  行動時間   11時間3分
  移動距離   25.5km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,160m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-22 01:23 | 山スキー | Comments(2)
2015年 05月 19日
今シーズンもそろそろ板納め
f0170180_754141.jpg

この時期になると滑ることのできる山は限られてきます。雪解けの速い今シーズンは特にです。ということで5月17日は飯豊の石転び沢へ行ってきました。思いのほかデブリが少なく雪渓がきれいでした。記録は後日アップします。今シーズンもそろそろ板納めです。

by torasan-819 | 2015-05-19 07:59 | 山スキー
2015年 05月 16日
飯豊本山の本社ノ沢を滑降 ~ 2015年5月10日
f0170180_12574255.jpg

本社ノ沢(おむろのさわ)は飯豊山の本山東面を源とする沢だ。地蔵岳から眺めると、山頂を挟んで右と左に顕著な沢筋が見え、中腹で合流して流れ下っている。先達により比較的新しく開拓されたこのルートも、徐々に知られるようになった。しかし、いったん沢に下って登り返すという標高差の大きいルートゆえ、辿ろうとするとそれなりの体力が求められる。また、沢が割れている場合の処理や、いったん踏み込めばエスケープできないという厳しさがあり、誰でも辿れるルートではない。さて、今週末の天気予報では山頂は氷点下が予想され、風も強いというあまり良くない条件のようだ。しかし、自分にとって今シーズンのラストチャンスかもしれない。今回が初本社ノ沢になる2人と伴に向かうことにした。※過去の記録 2012年 2013年


  山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 地蔵岳(1,538.9m)
  山行期間   2015年5月10日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ時々曇り(山頂ガス)
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・KIYO)
  行程     大日杉小屋4:40~1,200m地点6:42-7:07~地蔵岳8:03-8:12~大又沢8:30~本社ノ沢出合9:08~二俣(1,360m)10:03~
          飯豊本山小屋12:20~山頂12:38~飯豊本山小屋12:53-13:22~二俣14:01~本社ノ沢出合14:13~地蔵岳15:52-16:00~
          大日杉小屋17:30
  行動時間   12時間50分
  移動距離   15.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,497m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-16 13:38 | 山スキー | Comments(2)
2015年 05月 13日
鳥海山・猿倉コース ~ 2015年5月3日
f0170180_11145287.jpg

昨日(5/2)湯ノ台コースを終えてから猿倉口へと移動した。山頂を経由して滑り降りれば近いのだが、鳥海山の裾野をぐるっと半周以上もするとかなり時間がかかる。猿倉駐車場では会のパーティーはテントだが、我々は車中泊である。持ってきたタラノメを天ぷらにし、ビールを飲みながら明日の打合せだ。明日5/3は堰口に1台デポし、猿倉から登って堰口まで滑り降りる計画としていた。しかし、湯ノ台でもブナのヤニでスキーが滑らなかったことから、猿倉口からの往復に短縮することでまとまった。しかし、それではちょっと物足りないので、新山往復か唐獅子平までの滑降を状況により加えよう。ヘッデンの光の中に細かいものが漂い落ちてくるのが見える。なんだろうと皆で首をかしげる。ブナの花粉かもしれない。見上げれば星空。明日も晴れだろう。


  山域山名   鳥海山 七高山(2,229m)
  山行期間   2015年5月3日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者     3人(L:トラ山・◯樹・藤◯)
  行程      猿倉駐車場6:15~七高山10:20-11:10~下降点11:16~唐獅子平11:36-12:06~1890m地点13:00-13:10~
           猿倉駐車場14:08
  行動時間   7時間53分
  移動距離   13.1km (GPS計測)
  累積標高差  ±1,490m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-13 12:21 | 山スキー | Comments(0)
2015年 05月 11日
飯豊・本社ノ沢の状況(2015年5月10日)
f0170180_23103474.jpg


5月10日に飯豊・本社ノ沢に行ってきたので状況を記します。

大日杉小屋までは手前の分岐にバリケードがあるが、脇から問題無く入っていけました。大日杉小屋までの道路に雪は無く、大日杉小屋の周辺にあるだけです。トイレは小屋の1階にあり使えます。

急登のザンゲ坂には残雪があり滑りやすい状況でした。中途半端にピンクテープもあって分かりにくく要注意です。私は見事にミスってしまいました。尾根の登山道に雪はほとんど無く、御田(1000m)まで登ると雪が現れ始めました。約1200mで雪が繋がってきたので、それまで履いていた長靴をデポしてスキーに切り替えました。

地蔵岳から大又沢への下降は問題ありません。大又沢では沢が口を開けていましたが、まだ1箇所なので高巻くようにしてトラバースしました。本社ノ沢出合も埋まっていて問題ありません。風が強いようだったので、枝沢から尾根には登らずに本社ノ沢の左俣を詰めました。その他は特に問題はありませんでした。

行く方は十分注意し、ダイナミックな本社ノ沢ルートを楽しんでください。

f0170180_2373935.jpg


by torasan-819 | 2015-05-11 23:11 | 山スキー | Comments(0)
2015年 05月 09日
鳥海山・湯ノ台コース ~ 2015年5月2日
f0170180_130208.jpg

驚くほど今シーズンは雪解けが早い。鳥海山もかなり雪が少ないとの情報で、既に残雪は例年でいえば1ヶ月後くらいの状況だという。とはいえ、雪が全然無いわけじゃないので登ることは出来るだろうと、5月の2日・3日と鳥海山に行くことにした。コースはうちの会(福島登高会)が既に、前日入りで湯ノ台コースを計画していたので、便乗する形で当日入りの別パーティーを組んだ。自分にとって湯ノ台コースは通算3回目になる。


  山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m) 伏拝岳(2,130m)
  山行期間   2015年5月2日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・藤◯) ※藤◯さんは1,800m付近まで
  行程      駐車地点7:50~斜面取り付き8:22~マタフリ沢源頭(1480m)10:28~行者岳12:38~伏拝岳13:07-13:40~
          滝ノ小屋14:15-14:30~駐車地点15:30
  行動時間   7時間40分
  移動距離   15.2km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,595m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-09 15:09 | 山スキー | Comments(6)
2015年 05月 07日
飯豊・西俣ノ峰からえぶり差岳をワンデイ滑降 ~ 2015年4月27日
f0170180_23444488.jpg

西俣ノ峰からえぶり差岳へ東俣川を使ってワンデイで至るルートは、近年ではgamouさんsakanoさんの記録があり、自分もいつかはと思っていた。しかし、若ければ「いつか」でもかまわないのだが、56歳ともなるといつかはなどど悠長なことは言っていられなくなる。いわゆる「後が無くなってきた」ということだ。西俣ノ峰は先週に少し下見ができたこともあり、雪解けの早さにも背中を押されてトライしてみることにした。今年は山の雪解けがめっぽう早い。自分のように山スキーをやっていると、春は残雪を追ってあの山この山と渡り歩くようになる。だから雪解けには敏感になるのだが、今年は3月から既に雪解けが早いのではとの感じがしていた。しかし、予想以上に雪解けが早い現実に少々焦ってもいたのだ。 ※自分のカメラが不調だったため画像は◯樹さん撮影のものを使用させていただいた。


  山域山名   飯豊連峰 西俣ノ峰(1,023.2m) えぶり差岳(1636.4m) ※「えぶり」は木へんに八だが最近の地形図はひらがな表記となった
  山行期間   2015年4月27日(月)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・◯中) ※◯中さんは途中下山
  行程      梅花皮荘(300m)4:53~登山口5:08~大曲り5:45~十文字の池6:17~西俣ノ峰7:33~下降地点(1090m)8:05~
          東俣川(740m)8:27~屈曲点(1,100m)9:40~えぶり差岳11:26-12:00~登高地点12:23~尾根(1090m)13:50~
          上カバタケ沢下降点14:24~梅花皮荘15:39
  行動時間   10時間46分
  移動距離   16.7km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,225m (GPS計測)※登り返し含む




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-07 23:56 | 山スキー | Comments(8)