<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年 07月 29日
2015夏合宿・吾妻山塩ノ川 ~ 2015年7月25日・26日
f0170180_10563468.jpg

今年の夏合宿は吾妻の塩ノ川である。吾妻山域の沢としては、松川、中津川と並び比較的大きな沢であり、吾妻山の浄土平から東面を流下し、阿武隈川支流の荒川に合流する。塩ノ川の下流部には発電所や砂防ダムがあり、女沼への取水施設もあるので、遡行対象となるのは思いの滝の上にある砂防ダムの上流からになる。中流部では登山道が横切っており、登山大系にはその渡渉箇所から上流部の遡行が記載されている。また、吾妻パイロットファームの道を利用し、さらに上流の990m地点からの入渓も可能である。福島登高会ではこの入渓点を利用し、6年前の2009年に下部上部に分けて遡行している。今回の合宿では、2日間で下部と上部を遡行する計画としている。調べた範囲内では、過去にこの区間を2日間で遡行した記録は見当たらなかった。いずれも途中からの入渓か離脱であった。参加者は2日間通しが8人、25日のみが2人、25日のビバークから参加が1人の計11人となった。塩ノ川は先に述べたように、中流部で容易に沢に降りられる所があり、途中参加や離脱が可能なのだ。なお、今年入った新人が3人参加している。


  山域山名   吾妻山・塩ノ川 (阿武隈川水系荒川支流)
  山行期間   2015年7月25日(土)・26日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      25日曇りのち時々晴れ 26日晴れ
  参加者    25日10人(CL:トラ山・SL鈴◯・SL:佐◯・河◯・菅◯・渡◯・柏◯・結◯・深◯・八◯)
          26日 9人(CL:トラ山・SL鈴◯・SL:佐◯・河◯・菅◯・渡◯・柏◯・結◯・大◯)
  行程      25日 女沼駐車地点7:47~入渓8:10~柱状節理9:47~30m滝10:58-11:12~
               登山道徒渉点・昼食11:42-12:27~つばくろ滝12:48-12:58~990mBP13:50
          26日 BP6:05~くらげ滝6:28~あじろ滝8:35~銚子滝9:28~やな滝10:02~昼食11:25-11:47~
               10m涸れ滝12:00~20m涸れ滝12:40~雪代の床13:04~30m涸れ滝13:30-14:20~
               CS3m滝14:38~浄土平・橋15:08~兎平駐車場15:22
  行動時間   25日 6時間3分 26日 9時間17分
  移動距離   25日 5.0km 26日 6.6km 計11.6km (GPS計測)
  標高      始点 545m 終点 1,595m (GPS計測)
  装備      泊まり沢装備(ロープ30m×2)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-29 18:05 | 沢登り | Comments(4)
2015年 07月 29日
夏合宿レポート作成中
f0170180_7495169.jpg

7月25日~26日に夏合宿で塩ノ川の沢登りをしました。
1日だけの参加者も含め、のべ11名と近年では一番多い人数となりました。
昨年から今年にかけ新入会者が続いたことで、参加者の1/3は初心者です。
彼らにとっては、まだ数回目の沢登り、ましてや初めての沢泊まりでした。
ただ今レポート作成中です。

by torasan-819 | 2015-07-29 07:50 | 沢登り | Comments(2)
2015年 07月 19日
吾妻山・塩ノ川下部の調査遡行 ~ 2015年7月18日
f0170180_1862862.jpg

吾妻山域の数ある沢の中でも松川、中津川、塩ノ川は、3名渓と言われているようだ。名渓の定義はよく判らないが、渓谷美や滝などにあるのだろうと思う。3名渓を遡行する場合、いずれも1泊か2泊を要する。塩ノ川についていえば、自分は沢登りを始めた年の6年前に、上半分を日帰りで遡行したことがある。しかし、下半分は未だに未経験であった。今年の合宿は塩ノ川ということになり、下見を兼ねて下半分を遡行してみることにした。なお、会では近年の2009年に下部の遡行実績がある。


  山域山名   吾妻山・塩ノ川 (阿武隈川水系荒川支流)
  山行期間   2015年7月18日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り
  参加者    2人(L:トラ山・◯木)
  行程      女沼駐車地点8:06~思いの滝8:19~砂防ダム越え終了8:34~柱状節理10:16~30m滝11:30~
          巻き終了・登山道徒渉点11:50~的場川出合11:56~つばくろ滝12:20~巻き終了13:05~ぎんぜんの滝13:49~
          巻き終了15:40~登山道15:47~登山道徒渉点16:04~女沼駐車地点17:09
  行動時間   9時間3分
  移動距離   9.3km (GPS計測)
  累積標高   ±1,030m (GPS計測)
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-19 23:14 | 沢登り | Comments(0)
2015年 07月 15日
山遭協夏山訓練 ~ 2015年7月12日
f0170180_16492757.jpg

7月12日は山遭協(山岳遭難防止対策協議会)白石支部の夏山訓練だった。訓練といっても、各登山口から南蔵王縦走路をエコーラインまで歩くことがメインである。訓練は警察や消防と合同なのだが、蔵王に登ったことすらない署員が多く、ヤマ勘というか土地勘もない。だから実際に自分の足で歩くのも、ひとつの重要な訓練になるのだ。山遭協は歩くだけではなく、各班が5つのコースに別れて登山道の点検をしながら、支障になっている枝や倒木等の処理も行う。自分は2班だが、昨年同様白石スキー場から登る不忘山コースが割り当てとなった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-15 18:51 | | Comments(8)
2015年 07月 15日
蔵王・鳥戸沢を遡行する ~ 2015年7月11日
f0170180_12958100.jpg

鳥戸沢は北蔵王の雁戸山に突き上げる沢だ。先々週遡行した大鍋沢と同じ小屋の沢の支流の沢である。登山大系には「北蔵王ではもっともポピュラーな沢である」と記載されていて、遡行時間は6~7時間、滝は最大でも10mで難しい沢ではないようだ。登山大系の他には白山書房の「日本の溪谷'96」にトマの風による2日間での遡行記録があることからも、以前はそれなりに登られていたのだろうと思える。しかし、ネットで見つけた近年の記録は3本だけで、いずれも詳しい記載はなく、しかもうち2本は中途退却である。中途退却の理由は何だったのか知りたくなり、興味が湧いてきた。


  山域山名   蔵王・鳥戸沢(名取川流域北川・小屋の沢支流)
  山行期間   2015年7月11日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      晴れ
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・八◯・羽◯)
  行程      入渓7:23~屈曲部9:35-9:51~函の8m滝10:26-11:48~休憩12:00-12:25~登山道14:35-14:52~
          雁戸山15:08-15:21~八方平難小屋16:10~小屋の沢林道17:24~駐車地点17:45
  行動時間   10時間22分
  移動距離   13.3km (GPS計測)
  累積標高   ±1,600m (GPS計測)
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m×2)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-15 06:57 | 沢登り | Comments(0)
2015年 07月 07日
吾妻山大滝沢での沢登り教室 ~ 2015年7月5日
f0170180_2241542.jpg

毎年恒例となっている福島登高会の沢登り教室だが、今年は吾妻山の大滝沢での開催である。毎年行っているので常連さんもおり、開催告知すると参加申し込みが続きたちまち枠が埋まってしまった。総勢30人近い大所帯である。この人数で沢登り教室をやるとなると、運営もなかなかに大変だ。初心者向けの沢登り教室と言ってるだけに、この教室が初めての沢登りになる参加者が5名ほどいる。また、これまで数回程度の経験しかない参加者も多い。そのような参加者の状況での沢登り教室は、運営する方としてはかなり気を使う。実際の講習も全員まとまってするわけにはいかない。参加者を5班に振り分け、沢登りをしながら各班のリーダーが講習するというスタイルになる。リーダーが違うと登り方やラインが異なることもあり、それもまた面白いのだが、リーダーの負担は大きくなる。梅雨時なので天気も心配だったが、4日は雨が降らなかったので増水もなくひと安心。予定通り行うことになった。


  山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
  山行期間   2015年7月5日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り
  参加者    27名
  行程      入渓7:53~F1.8:21-9:16~大滝9:39-10:02~大滝落ち口10:36~ネコノ沢出合11:15-11:45~ホラガイ沢出合11:55~
          ヒョングリ滝12:50~登山道13:11~滑川温泉14:09
  行動時間   6時間16分
  移動距離   7.1km
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-07 23:43 | 沢登り | Comments(12)
2015年 07月 04日
青麻山(30回目) ~ 2015年7月4日
f0170180_161723.jpg

青麻山はほとんど単独で登っている。しかし、珍しく家にいてヒマそうにしている息子に声をかけたら登ってみるという。中学1年でサッカー部の息子だが、明日は試合だという。無理しないようにと声をかけ歩きだした。青麻山は電波塔からスタートすると、最初は短い急な下りがあり、その後に急登が続く。登って少しすると息子が抜いていいかという。そこそこのペースで登っていたつもりの自分は、えっ、この急登はずっと続くのだぞと言ったが、大丈夫だといいあっさりと抜いていき、たちまち見えなくなった。その後ろ姿を追いかけられる余裕などあるはずもなく、すっかりペースも乱れてしまい、いつもより遅いタイムでゼイゼイと息を荒げて山頂に到着。待っていた息子は余裕の様子でたいして汗もかいていない。自分は小さなザックを担いでいたとはいえ、かなりの差が出た。山の登りならまだ簡単には負けないという、根拠のない思い込みは崩壊した。自分は体力下降中、息子は体力急上昇中だ。嬉しいような何とも複雑な心境ではある。また付き合ってくれるだろうか…


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2015年7月4日(土)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      曇り
  参加者    2人(L:トラ山・息子)
  行程      無線中継所13:47~青麻山14:18-14:25-~無線中継所14:46
  行動時間   59分
  移動距離   約3.4km
  累積標高差 約±370m



by torasan-819 | 2015-07-04 16:17 | | Comments(4)
2015年 07月 03日
青麻山(29回目) ~ 2015年7月2日
f0170180_418325.jpg

今日も仕事が終わってからのひと登り。登り始めると少し足に疲労感がある。一昨日の疲れが残っているのかもしれない。同じコース、同じ斜面を登っているので、その時の体調が自分でよく分かる。青麻山は結構急な登りが続くのだが、その時の体調により、比較的楽に感じたりきつく感じたりする。山頂タッチするとすぐ折り返し。薄暗くなった山道を駆け下る。膝や足首を痛めないために、なるべく柔らかい着地を心がける。登り方や下り方は色々と考え工夫している。目指すのは合理的で効率の良い歩き方であり、同じ速さなら足への負担がより少ない歩き方だ。その結果としてタイムが短縮できれば良いと考えている。理想は「疲れない」あるいは「疲れにくい」歩き方だ。そんな歩き方に少しでも近づきたい。しかし、これがなかなか難しい。


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2015年7月2日(木)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      晴れ
  参加者    単独
  行程      無線中継所18:31~青麻山19:01~無線中継所19:18
  行動時間   47分
  移動距離   約3.4km
  累積標高差 約±370m



by torasan-819 | 2015-07-03 04:46 | | Comments(0)