<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 31日
南蔵王山中の沼を訪ねる ~ 2015年10月25日
f0170180_10125011.jpg
南蔵王の山中に3つの比較的大きな沼があるという。杉ヶ峰の南西側で地形図にも表されており、マタブリ沼・丸沼・大沼という名前があるようだ。この3つの沼は稜線側がU字形に急斜面で囲まれていて、稜線の登山道からはまったく見えない。もちろん下からも見えないので、歩いて現地まで来るか飛行機でもないかぎり目にすることが出来ないのだ。踏み跡がマタブリ沼まではあるようだが、それ以降は完全にヤブこぎとなる。興味半分で行ける場所ではないということだ。そんな沼に今回機会があり訪ねることが出来た。参加者は案内の加◯さんを含めて7人。この時期のヤブ歩きと沼周辺へということを考え、足元はもちろん全員長靴である。


  山域山名   南蔵王
  山行期間   2015年10月25日(日)
  山行形態   ハイキング
  天候      曇り
  参加者    7人(案内人:加◯さん)
  行程      入口8:21~一枚石沢9:12~二ツ石沢9:24~マタブリ沼10:35~丸沼11:15~
          大沼11:53-12:22~丸沼12:35~大沼12:55~キノコ・ブドウ採り~入口15:24
  行動時間   7時間3分
  移動距離   約12km




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-31 07:10 | | Comments(2)
2015年 10月 23日
会越国境・御神楽岳(蝉ヶ平ルート) ~ 2015年10月20日
f0170180_20382586.jpg

秋も深まった10月20日、会越国境の御神楽岳に登ることにした。自分にとって御神楽岳は未踏の山で、いつかと思いながらなかなか機会がなかった山のひとつである。調べると登山ルートは3つあるようだが、御神楽岳の峻険さをより味わえるということで、阿賀町の蝉ヶ平からのルートを選んだ。記録を見てみると、一般ルートとしてはなかなか厳しいというか危ない箇所もあるようで、バリエーションルートに近いような感じを受ける。メンバーは会の女子2名。両名とも入会して半年程度だが、山スキーに沢登りと積極的に山行を重ねている期待の新人だ。


  山域山名   会越国境 御神楽岳(1,386.5m)
  山行期間   2015年10月20日(火)
  山行形態   一般登山
  天候      晴れのち曇り
  参加者    3人(L:トラ山・深◯・大◯)
  行程      登山口7:52~湯沢の出合8:50~高頭10:38~湯沢の頭11:26~御神楽岳12:11-12:25~
          湯沢の頭13:01~休憩13:03-13:27~高頭13:51~湯沢の出合15:14~登山口16:11
  行動時間   8時間19分
  移動距離   12.2km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,590m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-23 22:48 | | Comments(14)
2015年 10月 18日
二口山塊・二口沢小松倉沢 ~ 2015年10月17日
f0170180_010922.jpg
今年はあまり山に行くことが出来ないでいた八○さんだが、久しぶりにコールに乗ってくれた。さて、どこにしようかと考えたが、難しすぎずかといって易しすぎず、紅葉も見たいしで迷ったあげく二口山塊の小松倉沢にした。二口山塊は蔵王連峰の北に連なる山形県と宮城県との県境尾根だ。その東面を源頭とするのが二口沢で、支沢のひとつが小松倉沢である。一般的には隣の小松原沢に入るパーティーが多く、自分も2012年に遡行している。その時より小松倉沢は頭の隅にあったのだ。そんなわけで、自分としても初めての遡行となる小松倉沢に向かうことにした。


  山域山名   二口山塊・二口沢小松倉沢
  山行期間   2015年10月17日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      晴
  参加者    3人(L:トラ山・八◯・羽◯)
  行程      林道ゲート8:45~入渓8:50~南沢出合9:23~桂沢出合10:23~小松倉沢出合10:53~15m滝11:05~12m滝上12:20~
          休憩12:40-13:00~登山道13:32~神室岳山頂13:47~南沢左俣右沢14:26~本流出合15:43~林道ゲート16:23
  行動時間   7時間38分
  移動距離   7.5km (GPS計測)
  標高      最低地点610m 最高地点1,348m (GPS計測)
  装備      ロープ30m×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-18 15:24 | 沢登り | Comments(4)
2015年 10月 16日
蔵王ダムからの雁戸山 ~ 2015年10月12日
f0170180_624169.jpg
今年8月に八方沢を遡行したのだが、入渓点にあった吊り橋の残骸が気になっていた。昭文社の山と高原地図には、点線で登山道が北蔵王の稜線まで続いている。調べてみると土砂崩れでしばらく通れなかったが、その後復活した道のようだ。この道を歩く登山者は多くはないようだが、そんな道こそ自分が歩いてみたい道でもある。一緒に歩くのは何年ぶりになるか分からないほど久しぶりの三◯さんと、5ヶ月ぶりになる藤◯さんとの3人でパーティーを組んだ。


  山域山名   蔵王連峰 雁戸山(1,484.6m) 南雁戸山(1,486m)
  山行期間   2015年10月12日(月)
  山行形態   一般登山
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・三◯・藤◯)
  行程      蔵王ダム8:20~八方沢渡渉点9:10-9:30~板小屋分岐11:59~八方平避難小屋12:05-12:41~南雁戸山13:13~
          雁戸山13:52-14:00~新山コース分岐14:14~登山口15:45~デポ地点16:08
  行動時間   7時間48分
  移動距離   13.5km (GPS計測)
  累積標高差 +1,391m -1,468m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-16 01:07 | | Comments(4)
2015年 10月 13日
コスキン・エン・ハポン 2015
f0170180_22333866.jpg

以前何度か聴いたことのある「コスキン・エン・ハポン」だが、この度ずいぶんと久しぶりに行ってきた。福島県川俣町で開催される、国内最大級の中南米音楽祭がコスキン・エン・ハポンだ。毎年10月に3日間に渡って行われるが、今年は10月10日~12日だった。以下のように1日目と2日目は24時まで延々と演奏が続く。無料でどの時間帯も出入り自由だ。
10月10日(土曜日)13:30~24:00
10月11日(日曜日) 9:00~24:00
10月12日(月曜日) 9:00~15:00

中南米音楽といってもサンバ・ルンバ・ボサノバ・レゲエなどかなり幅広い。その中でもコスキン・エン・ハポンはフォルクローレというジャンルになる。国で言えばペルー・ボリビア・エクアドルなどのアンデス地方だ。日本では「コンドルは飛んでいく」といえば聴いたことのある人が多いだろう。フォルクローレはいかにも民族的な音楽のように思えるが、以外にも「先住民の伝統音楽そのものではなく、それとスペイン系の音楽的伝統を融合して比較的最近(おそらく1950年代)完成した新しい音楽」なのだという。しかし、使われる楽器はケーナやサンポーニャなどアンデス地方古来の楽器なので、その素朴な音色が何とも味わい深い。ちなみに私は吹いてみたいと思い、以前ケーナを手に入れたことがある。しかし、今は引き出しに静かに眠っている(笑)

昭和50年に一愛好家により始まったコスキン・エン・ハポンも、今回は第41回だった。ということは、大震災にも原発事故にも負けずに挫けずに続けてきたということになる。川俣町の一部はまだ居住制限区域になっている。それほど原発事故の影響が大きいところなのだ。それだけに福島の復興との関係者の思いを感じる。たかが音楽されど音楽だ。会場前では飲み物や食べ物を売ってるので、来年はゆっくりと丸1日聞いてみたいものだ。

by torasan-819 | 2015-10-13 22:22 | その他 | Comments(2)
2015年 10月 07日
紅葉の朝日・岩魚止沢 ~ 2015年10月4日
f0170180_20121171.jpg
日本登山大系によると朝日俣沢の支沢である岩魚止沢は、朝日連峰の沢としては入門の沢であると記載されている。朝日俣沢は上流で三俣となり、左俣は平岩山寄りに、中俣は大朝日岳寄りに鞍部に突き上げる。そして大朝日岳に突き上げる右俣が岩魚止沢という名称になっている。昨年1泊2日で朝日俣沢を遡行し、岩魚止沢を登ろうとしたが雪渓に阻まれた。エスケープでのヤブこぎ中、ずっと対岸に岩魚止沢が見えていて、あらためて登りたいとの思いを強くした。しかし、2日間の時間確保と、朝日俣沢を遡行できるパーティーの編成は簡単ではない。考えていると、登山大系に「鞍部から下降し岩魚止沢の出合に至る」とあることに気がついた。それならばと日帰りでの遡行を思いついた。大朝日岳の往復と沢登りの所要時間を検討すると、足並みの揃ったパーティーなら1日で可能だと思えた。昨年は実行できず今年への繰り越し課題となっていたが、やっとその機会を作ることが出来た。


  山域山名   朝日連峰大朝日岳 朝日俣沢岩魚止沢
  山行期間   2015年10月4日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      晴れ
  参加者    2人(L:◯樹・トラ山)
  行程      古寺鉱泉4:52~大朝日小屋8:07-8:18~大朝日岳8:27~鞍部8:48-9:03~岩魚止沢出合9:50~大滝9:58-11:10~
          二俣11:58~奥の二俣12:39~大朝日岳13:10~大朝日小屋13:18-13:31~古寺鉱泉15:47
  行動時間   10時間55分
  移動距離   19.5km (GPS計測)
  標高      最低地点(古寺鉱泉670m・岩魚止沢出合1,211m) 最高地点1,873m (GPS計測)
  装備      ロープ50m×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-07 22:24 | 沢登り | Comments(2)
2015年 10月 06日
朝日の沢・金目川左俣 ~ 2015年9月21日-23日(その2)
f0170180_21542435.jpg


  山域山名   朝日連峰祝瓶山 荒川水系金目川左俣
  山行期間   2015年9月22日(火)・23日(水)
  山行形態   沢登り
  天候      22日晴れ・23日曇り時々晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・結◯)
  行程      22日 テン場(BP)6:35~二俣6:39~第1ゴルジュ帯7:23-7:53~第2ゴルジュ帯9:15-9:40~2条10m滝10:40~
              20m滝13:48~奥の二俣14:39~10m滝16:22~登山道19:21~テン場(BP)21:14
          23日 テン場(BP)6:33~登山口6:47~デポ車6:53
  行動時間   22日 14時間39分 23日 20分
  移動距離   22日 7.5km 23日 1.1km
  標高      最低地点430m 最高地点1,355m (22日-23日)
  装備      ロープ50m×1・30m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-10-06 10:26 | 沢登り | Comments(12)