<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 28日
鳥海山(百宅ルート)での板納め ~ 2016年5月22日
f0170180_23203320.jpg

百宅(ももやけ)口の駐車場に着くと、スキーの準備をしている人達がいた。大清水(おおしず)休憩所(兼避難小屋)に前泊していた柴◯さんやgamouさん達で、今日は柴◯さんのチーム6人と同一行動をお願いしている。今年は雪消えが早いので、雪渓を巧みにつなぐ彼らのルートファインディングにお世話になろうという魂胆である。自分としては百宅口からは2010年以来なので6年ぶりになる。ただし、4年前に上からのピストンでもやっているので3回目と言うことになるだろうか。


  山域山名   鳥海山 七高山(2,229m)
  山行期間   2016年5月22(日)
  山行形態   山スキー
  天候      快晴
  参加者    2人(L:トラ山・黒◯) ※柴◯チーム(6人)と同一行動
  行程      登山口6:34~1190m地点8:04-8:14~唐獅子平避難小屋付近9:45~七高山11:18-12:25~
          1190m地点13:24-13:36~登山口14:40
  行動時間   8時間6分
  移動距離   11.7km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,437m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-28 08:36 | 山スキー | Comments(4)
2016年 05月 18日
鳥海山・湯ノ台ルートを小屋泊で ~ 2016年5月14日・15日
f0170180_21215698.jpg

高校時代の恩師であるKさんを鳥海山にお連れした。Kさんは御年67歳でスキー歴は成人してからなので相当長い。現在でも年間100日のゲレンデ通いをしているスキーフリークである。Kさんはこれまでゲレンデオンリーで山スキーは未経験だ。少しでも事前練習してもらおうと自分のスキーを貸してあったのだが、結局練習は出来なかったようでぶっつけ本番となった。


  山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m) 七高山(2,229m) 新山(2,236m) 伏拝岳(2,130m)
  山行期間   2016年5月14日(土)・15日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      14日晴れ 15日晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・Kさん)
  行程      14日 駐車地点14:16~滝の小屋16:23
         15日 滝の小屋6:09~マタフリ沢源頭(1510m)6:58~行者岳9:57-10:10~七高山10:45~新山11:12-11:23~
          外輪山11:34-11:51~伏拝岳12:33~滝の小屋13:44-14:13~駐車地点15:07
  行動時間   14日 2時間7分 15日 8時間58分
  移動距離   14日 3.2km 15日 12.2km (GPS計測)
  累積標高差 14日 +394m -39m 15日 +1,290m -1,652m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-18 00:44 | 山スキー | Comments(2)
2016年 05月 12日
飯豊・ホン石転び沢 ~ 2016年5月8日
f0170180_3212582.jpg

今年は寡雪と町道の道路工事の関係で石転び沢をほぼ諦めていた。ところが、◯樹さんが5月3日に偵察に単独で行ったところ、すんなりと町道を通ることが出来てしまった。しかも驚くことに◯樹さんは、北股岳から北股沢左俣を滑って登り返し、滝沢を滑って梅花皮岳に登り返し、ホン石転び沢を滑るという、ワンデイ3本の滑降をこなしてきたのだという。特にホン石転び沢は斜面の状態がこれまでで一番と言えるほど良かったのだという。それならばと石転び沢へ向かうことにした。メンバーは2週連続となる◯樹さんを始め、いずれ劣らぬ好き者ぞろいなのだが、菅◯くんだけは初めての石転び沢となる。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) ホン石転び沢
  山行期間   2016年5月8日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・菅◯・KIYO)
  行程      大淵(梅花皮荘分岐)5:05~湯沢ゲート6:13~温身平6:37~地竹原先(靴デポ)7:46-8:00~石転ビノ出合8:42~
          梅花皮小屋11:20-12:00~梅花皮岳12:35-12:48~ホン石転び沢出合13:01~地竹原先13:18-13:36~
          温身平14:32~湯沢ゲート14:58~大淵16:12
  行動時間   11時間7分
  移動距離   25.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,215m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-12 21:42 | 山スキー | Comments(6)
2016年 05月 07日
シドケ・アイコ ~ 2016年5月5日
f0170180_14554291.jpg

5月5日も帰宅してから何と3日連続の山菜採りへ。しかし、午後3時なのであまり奥には入れないので、以前に目星を付けていた場所へ。シドケ狙いだが思ったとおりに頃合いのシドケがあった。アイコもあるので一緒に採る。沢沿いの斜面の下にアイコが、上の半日陰の斜面にシドケが生えていることが多い。特にシドケは湿った急斜面を好むようで、そんなところには太いシドケが生えていたりする。そんなシドケを見つけると、ついつい無理しても採りたくなる。しかし、滑れば下まで落ちそうな急斜面にあったりするので、あまり欲深くするととんでもないしっぺ返しを食らうことにもなりかねない。ほどほどにするのが身のためなのだが、見つけてしまうとついついなのである。シドケは野趣あふれる香りと風味があり、その風味はキドミとも表現される。人によっては好き嫌いが分かれるかもしれないが、一度この味わいを覚えてしまうと忘れられなくなる。おひたしにしたり天ぷらや炒め物などにするが、味噌漬けにしても美味しい。アイコは主に茎をおひたしや和え物などにするが、葉は栄養価が高いので味噌汁などで利用したい。アイコはトゲがあるので素手で触ってはいけない。刺すとかなり痛いので、採るには手袋が必須になる。

その他の画像

by torasan-819 | 2016-05-07 15:02 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2016年 05月 07日
ワラビ ~ 2016年5月4日
f0170180_14224162.jpg

5月4日はやはり午後からワラビ採り。自分のお袋は山が好き(登山ではない)で連れて行けとうるさい。山にいるだけで嬉しいのだという。しかし、82歳なのでどこにでも連れて行けるわけでは無いので、比較的安全な裏山でのワラビ採りに連れて行った。ちょうど帰省していた一番下の弟も一緒に乗せて。場所は標高550mほどの草地だがそれなりにワラビが出る。お袋は喜ぶ喜ぶ。若返ったかのように夢中で採りまくるのだ。こちらもつられてついつい夢中になって採ってしまう。そんなこともあり、ちゃんとした画像は撮り損なってしまった。ワラビは次から次と出てくるので採れる期間が長い。これから1ヶ月以上は採れるだろう。でも採り過ぎると処理が大変なんだこれが(^^ゞ

by torasan-819 | 2016-05-07 14:22 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2016年 05月 04日
タラノメ・コシアブラ・ハリギリ・シドケ ~ 2016年5月3日
f0170180_23505737.jpg

5月3日午後、いつものポイントで山菜採り。10日前に偵察したときはまだだったが、今日来てみると既に数日前に採り頃だったようだ。しかも、他の山菜ハンターにあらかた採られていた。それでも、採り残しやタラノキが大きくて採ることができなかったものが結構ある。タラノメの次はコシアブラだが、これも採り頃を少し過ぎたようで、大きくなってしまい葉が開いたものが多かった。とはいえ自家消費には問題ないレベルで、開いたものは刻んでコシアブラご飯も美味しい。タラノメもコシアブラも十分な量が採れたので、最後にシドケを探してみた。タラノメとコシアブラは日の当たる場所に生育しているが、シドケは半日陰の湿り気のある斜面に生えている。急斜面を下りていくと沢筋に採り頃のシドケがあった。こちらは誰も入った形跡は無い。シドケはデリケートなので、採り過ぎないよう注意が必要だ。独特の風味があり苦手という人もいるが、好きな人にとってはこれほど美味い山菜も無い。おひたしも良いが味噌漬けも美味い。その他には出始めたばかりのヤマブドウの芽を少々。ヨブスマソウもあったが、後で採ろうと思いながら忘れてしまった。数日中に時間を作って採りに行こう。春の山は楽しくもまた忙しい。

その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2016-05-04 01:16 | 山菜・木の実 | Comments(4)