2016年 11月 17日
二口山塊・鳴虫沢 ~ 2016年11月13日
f0170180_21501097.jpg

低山の紅葉もピークを過ぎ、季節は晩秋となってきた。会のメンバーや知り合いに沢登りの募集をかけてみたものの、手を上げる者はなかなか現れない。企画は流れるかと思われたが、H田が付き合ってくれることになった。彼女とは今シーズン何度目の沢登りだろうか。誰も手を上げてくれない時にずいぶん助けてもらった。遡行する沢は二口山塊の鳴虫沢にした。アプローチが容易で遡行時間が比較的短いので、この時期には合っている。先月9日、遡行中のアクシデントにより中退していたので、少々心残りだったと言うこともある。


山域山名   二口山塊 名取川二口沢支流 鳴虫沢
山行期間   2016年11月13日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    2人(L:トラ山・H田)
行程     姉滝入口8:36~鳴虫沢出合8:48~シシ滝9:52~南石橋11:20-11:30~二俣11:37~左俣12:30~
       尾根道(三神歩道)12:56-13:20~家形山(890m)13:30~姉滝入口14:20
行動時間   5時間44分
移動距離   4.3km
標高     最低点400m 最高点890m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m×1)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-11-17 18:45 | 沢登り | Comments(2)
2016年 11月 10日
御神楽岳霧来沢・前ヶ岳南壁右スラブ ~ 2016年11月5日
f0170180_7494512.jpg

記録ではよく見かけ(もときちさんのブログなど)福島県の山ということもあり、以前から気になっていた前ヶ岳南壁のスラブ群。福島県金山町と新潟県阿賀町との境にある本名御神楽岳(1,266m)の南に位置する。標高こそ1300mに満たないが、会越の谷川岳の異名があるとおり、雪に磨かれた壮絶なスラブが特徴的な山域である。今年こそは登ってみようと思っていたものの、パートナーとタイミングに恵まれないでいるうちに秋も深まってきた。そろそろ最後かなと思いながらも、あちこち声を掛けたところ女子が1名が呼応してくれた。天気は良いとの予報なので、紅葉とキノコも少し期待して向かうことにした。目指すスラブは第1・第2スラブよりは傾斜が緩いとされる右スラブだ。


山域山名   御神楽岳霧来沢前ヶ岳南壁右スラブ
山行期間   2016年11月5日(土)
山行形態   沢登り
天候     快晴
参加者    2人(L:トラ山・O島)
行程     登山口7:26~入渓7:57~鞍掛沢出合8:14~二俣8:55~二俣10:11~右スラブ下分岐10:54~稜線13:47~
       避難小屋13:56-14:16~本名御神楽岳14:29-14:37~避難小屋14:43~登山口16:14
行動時間   8時間48分
移動距離   9.7km
標高     最低点460m 最高点1,266m
装備     日帰り沢装備(ロープ50m×1・30m×1)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-11-10 21:29 | 沢登り | Comments(4)
2016年 11月 10日
2016秋のキノコ(5)
f0170180_20351235.jpg


続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-11-10 20:51 | キノコ | Comments(0)
2016年 11月 07日
徳網山 ~ 2016年11月3日
f0170180_20074398.jpg
山形県小国町の五味沢地区にある徳網山に登ることになった。五味沢地区は朝日連峰祝瓶山の沢登りなどで何度も通過しているのだが、徳網山のことを知ったのは割合最近のことである。古くから地元の人々に親しまれてきた山で、頂上からは360度のパノラマが楽しめ、北には朝日連峰を、南には飯豊連峰を望め、天気が良ければ日本海も見えるという。山頂までの道が整備されたのは近年のことであり、雑木林やブナの原生林の中を登ると2時間ほどで山頂に至る里山である。秋は燃えるような紅葉が美しいということだが、もしかするとキノコもという期待もあり、N井田さんの計画に友達も誘って便乗させてもらうことにした。


山域山名   徳網山(787.8m)
山行期間   2016年11月3日(木)
山行形態   無雪期一般登山
天候     曇り(山頂降ヒョウ)
参加者    5人(L:N井田・和◯・K室・F井・トラ山)
行程     徳網山登山口9:00~徳網山頂10:37-10:40~徳網山登山口13:00
行動時間   4時間
移動距離   5.2km(参考)
累積標高差  ±552m(参考)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-11-07 01:25 | | Comments(0)
2016年 11月 04日
2016秋のキノコ(4)
                   クリタケ幼菌(11月3日・山形県の低山Aにて)
f0170180_23374319.jpg


その他の画像

# by torasan-819 | 2016-11-04 23:48 | キノコ | Comments(0)
2016年 11月 02日
ヤマワサビ
f0170180_435442.jpg

ワサビは多年草で一年中採ることが出来る。もっとも、山に自生しているワサビを積雪期に採ることはほとんどないが。野菜や山菜には旬というものがあるが、ワサビの根は晩秋から冬なのだという。葉や茎の成長が止まるので根の辛味が強くなるといわれている。また、白い花が咲く5月中旬~6月初旬頃が旬という場合もある。葉や茎は初春と初秋に新しい葉や茎に入れ替わるので、柔らかくて美味しいのだ。
先日、山でワサビを採ってきた。めんつゆ漬けにしようと調理しているうちから、あの独特の鼻に抜ける辛味がたってきて涙が出るほどだ。冷蔵庫で一晩寝かして朝ご飯で食べた。いやはや辛いのなんの。これまでで一番の辛みが出ている。ワサビの風味も相まってなんとも言えないほど美味い。最高のごちそうである。

その他の画像

# by torasan-819 | 2016-11-02 04:35 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2016年 10月 27日
二口山塊 鹿打沢 ~ 2016年10月23日
f0170180_21555075.jpg

23日は事情により遠出ができないので、二口山塊の沢に行くことにした。当初まだ遡行したことのないエシコ沢と思ったが気が変わり、こちらもまだ遡行したことのない鹿打沢(ししうちさわ)に変更した。鹿打沢は大東岳の東面を突き上げる沢で、ネット検索では遡行記録が少ないが、登山大系には「流域では人気の沢」と記載されている。パートナーはH田が付き合ってくれることになり、まずまずの天気という予報を信じて向かうことにした。


山域山名   二口山塊 名取川穴戸沢 鹿打沢
山行期間   2016年10月23日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・H田)
行程     林道ゲート8:23~入渓9:16~二俣9:38~二俣9:57~12m滝10:16~休憩10:50-11:20~
       昼食12:23-12:45~トラ滝12:51~大東岳14:23~登山口16:09~林道ゲート16:44
行動時間   8時間21分
移動距離   13.4km
標高     最低点326m 最高点1,366m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m×1)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-10-27 04:39 | 沢登り | Comments(14)
2016年 10月 25日
2016秋のキノコ(3)
                 ムキタケ(10月23日・大東岳山中にて)
f0170180_181425.jpg


その他の画像

# by torasan-819 | 2016-10-25 18:09 | キノコ | Comments(0)
2016年 10月 24日
栗子山塊・豪士山 ~ 2016年10月16日
f0170180_719127.jpg

天気が良くて風もなく最高の山日和となった日曜日、午後からの半日で登れる山ということで、この時期としてはマイナーな豪士山に登った。ちょっと目的もあったのだが、思ったとおり誰にも会わない静かな山歩きとなった。


山域山名   栗子山塊 豪士山(1,022.4m)
山行期間   2016年10月16日(日)
山行形態   無雪期一般登山
天候     晴れ
参加者    単独
行程     豪士山登山口13:29~豪士峠14:33~豪士山14:44~ひかば越え15:02-15:27~折り返し点15:44-15:49~
       ひかば越え16:05~豪士山登山口16:59
行動時間   3時間30分
移動距離   9.5km(GPS計測)
累積標高差  ±896m(GPS計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-10-24 20:56 | | Comments(4)
2016年 10月 20日
二口山塊 小松原沢遡行・南沢下降 ~ 2016年10月10日
f0170180_5571665.jpg

9日の鳴虫沢はアクシデントにより中退と相成った。そのためパーティーは1名減となったが、福島からのメンバーも2人いるので予定通り10日は小松原沢を遡行することにした。秋保ビジターセンターで聞くと、二口キャンプ場の6人用バンガローがキャンセルで空いたとのことで申し込む。夜は山形風芋煮を食べながら酒で良い気分になり、乏しいレパートリーながら何曲も歌ってしまった。そういえばN井田さん手製の豚軟骨煮込みがやたら美味かった。なお、小松原沢は4年ぶり2回目の遡行となる。


山域山名   二口山塊 名取川二口沢 小松原沢・南沢
山行期間   2016年10月10日(月)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    4人(L:トラ山・N井田・0島・K樹)
行程     二口林道ゲート7:03~入渓7:08~南沢出合7:41~桂沢出合8:40~小松倉沢出合9:13~銚子大滝9:34-10:10~
       左沢出合11:07~三俣11:26~ダンコ平登山道11:42~神室岳山頂12:08~二口沢出合14:05~二口林道ゲート14:38
行動時間   7時間35分
移動距離   8.5km
標高     最低点595m 最高点1,356m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m×2)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2016-10-20 01:52 | 沢登り | Comments(0)