2017年 04月 22日
月山・肘折ツアー ~ 2017年4月16日
f0170180_03462983.jpg

月山のスキールートの中でも肘折ルートは最長のロングツアーになる。とはいえ距離は20キロ程度で驚くほどの長さではない。しかし、大きな標高変化とそれに伴う雪質の変化、大きな月山が徐々に遠くなっていく印象的な景観、アップダウンを繰り返しながらの斜面と沢の滑降など、変化に富んだ素晴らしいルートであるといえる。時期はその年の積雪の状況により4月上旬から4月下旬が適期といえる。ただし、肘折に下りてからどうやって戻るかが少々厄介である。我々はいつも肘折に車をデポして別の車で月山の姥沢に移動するという方法でやっているが、そのためには前日に肘折に移動するなどの手間が必要となる。その他には肘折に1泊して泊まった旅館に送ってもらう(ある程度の人数が必要)、ジャンボタクシーやマイクロバスを手配しておく、時間はかかるがバスや電車を使う(半日~1日かかる)など、いくつかの方法で実行している人達がいる。手間をかければ肘折デポ方式が一番経済的だが、姥沢の車の回収に問題がある。なぜなら、姥沢への県道は4月上旬に開通するが、おおむね4月末までは午後7時から翌朝7時まで通行止めであり、肘折から戻って午後7時までに姥沢の車を降ろすのはかなり困難だからだ。昨年は姥沢に上がった車をサポート隊に志津に降ろしてもらった。今年も当初計画の4月9日はその予定だったが、天候のため16日へと1週間延期したことによりサポートが受けられなくなった。そのため、志津に車を置き4人がジャンボタクシー(13,000円程度)で姥沢に上がる計画とした。懸念なのは月山西斜面のアイスバーンと風だ。予報によると16日の気温は高めなのでアイスバーンが緩むことを期待できる。稜線は20ⅿ以上の風になりそうだが、月山さえ越えればあとは何とかなるので決行することにした。


山域山名   月山(1,984m) 小岳(1,226m) 大森山(791.2m)
山行期間   2017年4月16日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り(月山上部はガスと強風)
参加者    4人(L:トラ山・S木・K澤・U井)
行程     姥沢P7:10=リフト上駅8:22~月山10:08-10:26~千本桜10:58~清川橋11:34-12:00~
       念仏ヶ原避難小屋12:43-12:50~小岳13:36-13:49~赤沢川二俣14:00~ネコマタ沢源頭14:26~
       大森山コル15:20~大森山頂15:40-15:52~林道16:05~朝日台(肘折)16:32
行動時間   8時間10分
移動距離   20.1km (GPS計測)
累積標高差  +1,297m -2,446m (GPS計測)
参考データ  肘折積雪深137cm(4月15日アメダス)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-04-22 05:45 | 山スキー | Comments(2)
2017年 04月 21日
東吾妻山・蒲谷地下り ~ 2017年4月15日
f0170180_21041828.jpg



翌日に月山肘折ツアーを控えているので、15日は軽めの1本にしようと東吾妻山から蒲谷地へ下ることにした。福島登高会では厳冬期に蒲谷地から東吾妻山山頂のピストン、磐梯吾妻スカイラインが開通してからは蒲谷地に1台デポして山頂からの下りと、比較的易しい山スキールートとして歩いている。しかし、自分はこれまで1度も蒲谷地へ下ったことが無かったので、この機会にやってみることにした。


山域山名   吾妻連峰 東吾妻山(1,974.7m)
山行期間   2017年4月15日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    3人(L:トラ山・S木・O島)
行程     兎平駐車場8:48~東吾妻山10:05-10:20~1407m地点11:07-11:23~大ブナ11:42~蒲谷地12:15
行動時間   3時間27分
移動距離   9.3km (GPS計測)
累積標高差  +475m -1,155m (GPS計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-04-21 06:00 | 山スキー | Comments(0)
2017年 04月 19日
五色温泉100年前のツアールート ~ 2017年4月9日
f0170180_03102586.jpg

4月9日は月山肘折ツアーの予定だったが、広範囲で天候が悪いとの予報であり延期することにした。しからば近場の山で標高をあまり上げないで歩けば大丈夫だろうと、吾妻山のクラシックルートである五色温泉ルートを考えた。今では歩く人も僅かなこのルートは、日本で最初のスキーツアーコースであり歴史のあるコースである。会長と話したところ、偶然会長も同じ考えで計画していたので歩くことに決めた。ただし、こちらは五色温泉からの日帰りピストンだが、会長パーティーの3人は8日に慶応吾妻山荘に泊り、翌9日に五色沼のコルまで登ってから五色温泉に下る計画だ。ルートの途中で交差することになるが、こちらは五色沼のコルにタッチしてから折り返し、会長達を追いかけ追いつこうという考えだ。


山域山名   吾妻山 五色~沼尻ツアールート(五色温泉より五色沼コルまで)
山行期間   2017年4月9日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・O島)
行程     五色温泉5:36~四郎右ェ門沢7:19~東海大緑樹山荘8:29-8:41~家形山避難小屋9:47~五色沼コル10:06-10:13~
       家形山避難小屋10:18~東海大緑樹山荘10:33~四郎右ェ門沢11:08~昼食11:37-11:57~五色温泉12:10
行動時間   6時間34分
移動距離   14.2km (GPS計測)
累積標高差  ±1,326m (GPS計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-04-19 10:00 | 山スキー | Comments(4)
2017年 04月 13日
西吾妻山・二十日平コース ~ 2017年3月29日
f0170180_03343714.jpg




山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m) 二十日平コース
山行期間   2017年3月29日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り一時晴れ
参加者    5人(L:和○・F田・O島・H・トラ山)
行程     グランデコスキー場8:05=リフト終点9:01-9:08~西大巓10:20-10:56~西吾妻小屋11:44-12:12~西吾妻山12:24
       中ノ沢渡渉点15:10~グランデコスキー場15:18
行動時間   6時間10分
移動距離   8.9km (GPS計測)
累積標高差  +635m -1,204m (GPS計測)




続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-04-13 23:30 | 山スキー | Comments(2)
2017年 04月 12日
春の香り ~ フキノトウ
f0170180_07145170.jpg

平地では既に大きくなってしまったが、山に入ればまだ小さなフキノトウが見つかる。
春を告げる山菜としてフキノトウは格別の香りと味わいがある。
やはり何といっても初めは天ぷらだ。
ほろ苦みのあるフキノトウの風味が何とも言えない。
女房の天ぷらは見てくれはそれなりだが、カラッと揚がっているので箸が進む。
また今度採ってきたらフキノトウ味噌にしてみようか。

f0170180_07283752.jpg



# by torasan-819 | 2017-04-12 07:29 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2017年 03月 31日
栗駒山 ~ 2017年3月26日
f0170180_22330885.jpg


山域山名   栗駒山(1,626.5m)
山行期間   2017年3月26日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    単独(白峰会に同行)
行程     いこいの村跡8:10~イワカガミ平9:05-9:12~栗駒山10:41-11:02~イワカガミ平11:50-12:17~いこいの村跡12:57
行動時間   4時間47分
移動距離   9.0km (GPS計測)
累積標高差  ±820m (GPS計測)




続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-03-31 05:32 | 山スキー | Comments(2)
2017年 03月 31日
雪洞での吾妻連峰縦走合宿 ~ 2017年3月18日・19日
f0170180_03283304.jpg
3月は会恒例の縦走合宿だ。吾妻連峰を雪洞泊りで、天元台から高湯温泉まで縦走するのが定番になっている。今年は5人パーティーだが、雪洞未経験の若者2人(O島・K澤)の訓練が主目的の合宿となった。軽量テントの普及などもあり、雪洞利用を前提とした縦走は少なくなっているようだ。しかし、積雪期は山スキーを主な活動としている我々にとって、雪洞技術は身につけておかなければならない重要な技術のひとつである。やむを得ずビバークしなければならなくなった時に、雪洞を掘ってしのげるか否かが命を左右することにもなる。そんな状況に至らないのが最善ではあるが、雪山を歩く者は当然にして備えておくべきだろう。そんなわけで自分としては4回目の吾妻連峰雪洞縦走へと向かった。


山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 藤十郎(1,825m) 東大巓(1,927.9m) 昭元山(1,892.6m)
            烏帽子山(1,879m) ニセ烏帽子山(1,836m) 家形山(1,877m)
山行期間   2017年3月18日(土)~19日(日)
山行形態   山スキー
天候     18日晴れ 19日晴れ
参加者    5人(L:和◯・N井田・O島・K澤・トラ山)
行程     18日 湯元駅9:20-9:40=リフト終点10:34-10:43~人形石11:28~藤十郎11:58~昼食12:08-12:24~
          東大巓13:00~兜山13:27~雪洞設営地13:43
       19日 雪洞7:10~昭元山・烏帽子山コル7:38~烏帽子山・ニセ烏帽子山コル8:30~家形山10:23-10:40~
           慶応山荘11:15-12:02~山鳥山12:35~高湯温泉13:25
行動時間   18日 3時間 19日 6時間15分
移動距離   18日 6.1km 19日 10.7km (GPS計測)
累積標高差  18日 +308m -327m 19日 +354m -1,409m (GPS計測)




続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-03-31 02:57 | 山スキー | Comments(4)
2017年 03月 20日
蔵王・南屏風岳東壁とコガ沢の滑降 ~ 2017年3月12日
f0170180_22144593.jpg

南屏風岳の滑降はなかなかタイミングが難しい。強風やガスに阻まれることも多く雪崩の懸念もある。3月に入って天候も安定してきたので今週末あたり狙ってみようと思った。4・5日前から天気予報をチェックしていたところ、日曜日の方が条件も良くチャンスのようだ。同行者を募ったが誰も手を挙げないのでソロで行くことにした。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
山行期間   2017年3月12日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    単独
行程     白石スキー場8:00=ゲレンデトップ9:00-9:10~不忘山11:00~南屏風岳12:10~東壁滑降12:35~
       昼食休憩13:00-13:38~権現沢出合下14:00~東尾根16:00-16:13~白石スキー場16:50
行動時間   6時間1分
移動距離   7.4km (GPS計測)
累積標高差  ±751m (GPS計測)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2017-03-20 17:52 | 山スキー | Comments(4)
2017年 03月 17日
村山葉山で1か月ぶりの山滑降 ~ 2017年3月11日
f0170180_15255516.jpg

村山葉山は厳冬期のパウダーを食べに来たかったのだが、2月は多忙&疲労で叶わなかった。3月も11日なので標高の低いところは当然雪は重いだろうとは思ったが、早朝に出発して高みを目指す気力も湧かず、とにかく行ってみるかということになった。山形県村山市の大鳥居集落の先の除雪終了点に駐車。他に車は無く、先行トレースは期待できないようだ。スタート地点は標高280ⅿほどで低いのだが、昨日も降ったようでたっぷりの積雪がある。太平洋側とは大違いである。20センチほどの軽いラッセルでしばらく道なりに歩いていたが、なんとなく以前とは違う風景なのに気が付いた。分岐を通り過ぎて直進してしまったらしい。地形図を見て修正ルートで登り続けることにした。やや時間と体力は使ったが、滑る予定のブナ林下に出ることができた。ここからは急斜面のブナの疎林を登ることになる。気温も上がってきたので雪は重いのだが、標高700ⅿを過ぎると幾分軽くなってきた。ジグを切って深雪の急斜面を登る。927ⅿ標高点まで登ると風が出てきた。これ以上登っても風が当たるので、今日はここを山頂とすることにした。雪はちょっと重いパウダーだが、斜度があるのでツリーランを楽しめる。150ⅿほど落として一息つくと皆は休憩するというので、自分はひとりで登り返しもう1本いただいた。下り始めたところで、福島からわざわざ滑りに来たという単独男性とスライド。我々のミスったトレースで惑わせてしまったらしい。眩しいほどの青空で腐れ始めた雪はスキーが走らない。下部はほぼ歩く羽目になった。来シーズンは厳冬期に来たいと思うが、2月は仕事の繁忙期と重なるのが悩みである。贅沢な悩みではあるが。


山域山名   村山葉山(927m標高点まで)
山行期間   2017年3月11日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇りのち晴れ
参加者    4人(L:トラ山・K藤・F井・K室)
行程     大鳥居8:02~927m標高点11:46~登り返し1回~大鳥居14:03
行動時間   6時間1分
移動距離   7.4km (GPS計測)
累積標高差  ±751m (GPS計測)



画像はこちら

# by torasan-819 | 2017-03-17 00:09 | 山スキー | Comments(0)
2017年 03月 07日
冬の滑川温泉 ~ 2017年3月4日・5日
f0170180_23473143.jpg

山形県米沢市の滑川温泉は豪雪地帯にあり、宿へ通じる道は手前4kmで通行止めとなる。そのため、11月上旬から4月下旬までは休業となる。その休業期間中も旅館の建物管理と雪下ろしのために、管理人がずっと常駐しているのだという。休業とはいっても、ずっと温泉は湧き続けており、宿を訪ねてくる冬山登山者の入浴・宿泊は受け入れているようだ。もちろん食事など出ないので、湯治用の部屋での自炊となる。会のN井田さんは以前から、冬に滑川温泉に泊まることを恒例にしていた。今年は3月上旬に計画したと聞き、自分も参加させてもらうことにした。忙しくてここ1か月間山から離れていたので、こんな楽ちんな山行もいいだろう。N井田さん達は朝スタートだが、自分は一人で午後から追いかけることにした。
峠駅手前の駐車スペースにN井田さんの車があったので、その脇に自分の車を停める。冬季でも峠駅までは除雪されているのだが、滑川温泉への分岐から先は除雪がされていない。自分の足で歩く者のみが滑川温泉にたどり着くことができる。今日は晴れていて穏やかな日で、道なりにN井田さん達のスキーのトレースがある。萱峠までは緩い登りが続き、峠を越えると平坦な道が続く。途中2か所雪崩の跡があり乗り越えて進む。所要時間1時間22分で滑川温泉福島屋に到着した。N井田さんほか3名は既に部屋で宴会中。早速風呂に入ってから自分も宴会に加わる。その後また風呂に入ってから宴会を続ける。この1か月間のストレスが溶け出し肩が軽くなっていくようだ。夜は湯たんぽのお陰もあってぬくぬくと熟睡できた。5日は所用があったので、朝風呂を浴びると一人で宿を出て歩く。1時間7分で駐車場所に到着すると帰途についた。


山域山名   吾妻山・滑川温泉
山行期間   2017年3月4日(土)・5日(日)
山行形態   山スキー
天候     4日晴れ 5日曇り時々晴れ
参加者    単独
行程     4日 駐車地点15:08~萱峠15:45~滑川温泉16:30 5日 滑川温泉6:18~萱峠7:12~駐車地点7:25
行動時間   4日 1時間22分 5日 1時間7分
移動距離   往路復路とも 3.7km
累積標高差  未計測



画像はこちら

# by torasan-819 | 2017-03-07 23:58 | 山スキー | Comments(2)