2009年 06月 27日
今朝の不忘山 ~ 2009年6月27日
日中は用事があるのでいつもの不忘山へ早朝登山。
標高差1,000mで往復8キロは手頃なトレーニングコースとなる。
平日の朝ならほとんど人には会わない硯石ルートだが、さすがに土曜日は人がいる。
登りでスライドが1人(テント泊らしい)、下りでスライドが8人だった。
花の不忘山なのだが今年は早いらしく、昨年同じ時期に登ったときはまだまだ咲いていたハクサンイチゲも今年はほとんど終わりの様子。
前回と同タイムなれど、汗もそれほどかかずに前回よりは楽に登ることができた。
山頂は風が強くて早々に下山。
8時半には家で朝飯食べてた(笑)

コースタイム
硯石登山口5:13~不忘山頂6:36-6:46~硯石登山口7:57

f0170180_953333.jpg

f0170180_9533662.jpg

f0170180_9575336.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-27 09:53 | | Comments(4)
2009年 06月 25日
潜り滝
21日に白鷹町からの帰り道、「潜り滝」の看板が気になり横道に入って見に行った。
白鷹山にもほど近いR348から脇道に入り数キロをバイクで走る。
駐車できる広場があり、バイクを止め降りて少し歩くと潜り滝があった。
霧がかかってちょっと幻想的な感じもする。
それにしても潜り滝の名のごとく、滝の上部は岩にうがたれた丸い穴から流れ落ちている。
自然にこういう形になったのだろうか?
この滝は吉野川という南陽市街を流れ最上川に合流する川の源流に近く、その昔米沢藩はここに水資源を確保し保護するため、山守・水守七世帯を住まわせたという。
その集落は水林と呼ばれていたという。
近年まで人が住んでいたらしいが今は廃屋が残るのみのようだ。

f0170180_21481759.jpg

f0170180_21483889.jpg

f0170180_21485264.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-25 21:48 | 自然 | Comments(2)
2009年 06月 25日
バイクトライアル
バイクトライアルといってもオートバイでのトライアルのことではない。
自転車でのトライアルのことをいう。
以前は自転車トライアルのことを、バイシクルトライアル(Bicycle Trial)と呼んでいた。
オイラもそう覚えていたのだがこの頃はバイクトライアルが正式名称になっているらしい。
このバイクトライアルのデモを20日のサンシャイントライアル会場で見ることが出来た。
とにかくハンパじゃなく上手い
デモには飯塚隆太君17歳と坪井大地君12歳の2人が来ていた。
2人とも世界選手権レベルの選手なのだがバランス感覚の次元が違う。
画像にあるようにコンクリートのわずか5センチくらいの幅にタイヤを乗せてスタンディングが普通にできる。
そしてそれらの間をジャンプするのだからビックリだ。

※動画はこちら
バイクトライアル-1
バイクトライアル-2

f0170180_0453590.jpg

f0170180_045552.jpg

f0170180_0471368.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-25 00:47 | トライアル | Comments(0)
2009年 06月 24日
マタタビの葉
マタタビは花が咲くこの時期に葉が白くなる。
緑色が深くなった木々の中でよく目立つ。
画像のマタタビはまだだったがこれから白い花が咲く。
秋には実がなるのでマタタビ酒にしようか。
f0170180_2323284.jpg

f0170180_2314889.jpg

f0170180_2321141.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-24 02:32 | 植物 | Comments(0)
2009年 06月 23日
ホップ畑
山形県白鷹町で見かけたホップ畑。
ホップはビールの原料となり、ビールにあの苦みと風味を与えるんですね。
ホップの実は8月下旬頃から収穫するようです。
ん~ビール飲みたくなってきた(笑)
f0170180_755217.jpg

f0170180_7134997.jpg

f0170180_7132175.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-23 07:12 | 植物 | Comments(2)
2009年 06月 21日
サンシャイントライアル2009 FINAL
f0170180_14564395.jpg

山形県白鷹町で行われてきたサンシャイントライアルが25年目の今年をもって最期の開催となった。
オイラはオブザーバーとしてお手伝いというかお邪魔した。
これだけのフィールドを使ってのツーリングトライアルは全国でもあまり無い。
なんといってもロケーションがいい。
白鷹町の自然の中を走り抜けるのが素晴らしい。
無くなるのは残念だが、開催を手弁当で支えてきた方々の負担も考えるといたしかたない。
サンシャイントライアルでお会いできた皆さん、いつかまたどこかでお会いしましょう。
f0170180_14571880.jpg

f0170180_14581117.jpg


以下はサンシャイントライアルHPにある説明文
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンシャイントライアルは山形県の朝日連峰や月山、白鷹丘陵に囲まれた豊かな自然を舞台に繰り広げら
れます。 本大会は、林道ツーリングとトライアルを仲間と一緒にやさしく楽しめるよう配慮された、オートバイ
の大会です。トライアル競技を行う、「ハーモニー」と「パラダイス」という2つのクラスと、オフロードバイクで
競技セクションにチャレンジする、「トレッキング(クラス分けあり)」が用意されています。
 それぞれのクラスにおいてコース及びセクションの難易度の差やオブザーバーの有無などの違いがあり
ますが、どのクラスにおいても危険なセクションは設定いたしませんので安心してご参加下さい。ライダーの
冒険心を大切にした絶妙なサジ加減のコースやセクションを用意していますのでお楽しみに!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

f0170180_14591639.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-21 14:59 | トライアル | Comments(8)
2009年 06月 17日
ザクロの花
我が家の庭先にザクロの木がある。
植えたのではなく、家を建てる前の更地の時から自然に生えていたのをそのまま残したのだ。
この時期になると真っ赤な花を咲かせる。
年によって多い年と少ない年があるが、今年はそこそこ多い年のようだ。
ザクロの真っ赤な花が咲くと初夏を迎えた気分になる。
f0170180_2229158.jpg

f0170180_22291899.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-17 22:29 | | Comments(2)
2009年 06月 17日
ミズとフキ
これも朝日に行った帰りの林道脇で採取したミズ(画像左)とフキ(画像右)。
ミズはミズナともいうが正式にはウワバミソウというらしい。
茎が赤いものは赤ミズで青いものは青ミズという。
普通は現地で葉を取って茎だけに処理してくるのだが時間が気になりそのままにして持ってきた。
ミズはシャキッとした歯触りとクセのない味わい。
他の野菜と合わせて浅漬けにして食べた。
秋にはミズの葉にムカゴができるのでこれも食べてみよう。
フキはいつものごとく煮物にして。
山の恵みは本当に美味しい。
f0170180_659465.jpg


# by torasan-819 | 2009-06-17 06:59 | 食いもん | Comments(4)
2009年 06月 16日
ヤマブドウ
ヤマブドウの芽が食べられるらしいことは知っていた。
先週朝日に行った帰りに林道脇で見かけて摘んできた。
ツルの先の方の新芽が柔らかい。
春の味覚だが朝日では今が旬だった。
葉を見ると黄緑の部分や紫の部分がありきれいだ。
天ぷらにして食べた。
ちょっと酸味のあるクセのないさわやかな風味でモチっとしている。
春から初夏にかけての山の味覚だ。
秋にはヤマブドウの実を取りに行こう。
f0170180_21251447.jpg


※朝日山地は森林生態系保護区域になっているので植物の採取には注意が必要。保存地区は人の手を加えては行けない区域で植物の採取ももちろんいけない。今回ヤマブドウの芽を採った保全利用地区は自然を守りつつ活用する区域。保全利用地区では林道脇での少量の山菜採取程度なら許容範囲(のようです)。

# by torasan-819 | 2009-06-16 21:25 | 食いもん | Comments(0)
2009年 06月 14日
初めての朝日…その4(竜門山分岐~日暮沢林道終点+アクシデント篇)
初めての朝日もその4で最終回。

竜門山の分岐で縦走路から離れ、東に延びる尾根沿いに一路下山する。
左手には以東岳が見える。
f0170180_23165580.jpg


竜門山直下は雪渓が多い。
ここまでもずいぶん雪渓は歩いてきた。
長さ数百メ-トルはある雪渓を下り、もう少しで終わるというとき…
滑った!

ドキドキしながら続く…

# by torasan-819 | 2009-06-14 23:20 | | Comments(12)