タグ:キノコ ( 27 ) タグの人気記事

2017年 09月 18日
マスタケ
f0170180_22383250.jpg

マスタケは夏から秋にかけて発生するようだが、自分がこれまで採った時期は9月中旬から10月上旬だ。傘が鮮やかなオレンジ色で、マスの肉の色に似ていることからマスタケ(鱒茸)との名が付いたのだという。マスタケはぼそぼそとした食感だが、天ぷらやフライにすると結構美味い(個人の感想です)キノコだ。マスタケは道の脇の目立つところに発生していても、なぜか採られていないことが多い。食べられると知らない人が多いのか、食べられると知っていても味が好まれないのか、いずれにしても採る人は少ないように思える。

9月16日は沢登りで那須の山中に向かったのだが、林道を車で走っていて道路脇の木(たぶんコナラ)に発生しているのを発見。もちろん有り難くいただく。駐車地点から入渓点までの長い林道歩きの途中でも数か所で発見。目立つので容易に発見できるのだが、いずれも手付かずのままだった。だれも見向きもしなかったらしい。こうなると、皆さん食べられるのを知らないのではと思いたくなる。

最近本で知ったのだが、近年マスタケには2種類あるのが判ったのだという。見た目はほとんど同じだが、広葉樹に発生するマスタケと針葉樹に発生するミヤママスタケに区別され、味も香りも違うのだという。今回採取したのは広葉樹なのでマスタケだが、ミヤママスタケも採って食べてみたいものだ。なお、今回は天ぷらにして食したが、大量で食べきれない分は味噌漬けにしてみようと思う。



by torasan-819 | 2017-09-18 22:39 | キノコ | Comments(1)
2016年 11月 20日
2016秋のキノコ(6)
                 ナメコ(11月20日・山形県の低山にて)
f0170180_22321728.jpg


他の画像

by torasan-819 | 2016-11-20 22:40 | キノコ | Comments(0)
2016年 11月 10日
2016秋のキノコ(5)
f0170180_20351235.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2016-11-10 20:51 | キノコ | Comments(0)
2016年 11月 04日
2016秋のキノコ(4)
                   クリタケ幼菌(11月3日・山形県の低山Aにて)
f0170180_23374319.jpg


その他の画像

by torasan-819 | 2016-11-04 23:48 | キノコ | Comments(0)
2016年 10月 25日
2016秋のキノコ(3)
                 ムキタケ(10月23日・大東岳山中にて)
f0170180_181425.jpg


その他の画像

by torasan-819 | 2016-10-25 18:09 | キノコ | Comments(0)
2016年 10月 15日
2016秋のキノコ(2)
                  ヌメリスギタケ(10月10日・二口山塊にて)
f0170180_6295412.jpg

                  もしかするとよく似たヌメリスギタケモドキかもしれない
                  どちらも食菌で問題ないのでワカメを入れた醤油煮にして食した




                  スギヒラタケ(10月15日・宮城県南部にて)
f0170180_17273460.jpg

                  スギの倒木や切り株に発生する真っ白なキノコ
                  以前はよく食べられていたが中毒例があり今は毒キノコとされている

by torasan-819 | 2016-10-15 17:48 | キノコ | Comments(0)
2015年 11月 20日
晩秋のナメコ採り
f0170180_253478.jpg

ナメコはそのつるりとした食感から人気のキノコだ。秋にはブナやナラなどの倒木や立ち枯れ、切り株などに群生する。特に晩秋になると山にある食用キノコの種類は、ナメコの他にエノキタケ、ムキタケ、ヒラタケなどに限られてくる。11月も中旬を過ぎた雨模様の日に、シーズン終盤のナメコ採りに行ってきた。狙ったのは標高600mほどのナラとブナの混在する林。初めに入ったところはさっぱりだったが、場所を変えてみたところ見つかりだした。笠が開ききった成菌ばかりで、残念なことに流れているものもかなり多かった。それでも高いところは道具を使うなどして、そこそこの量を採ることができた。これでおそらく今年のナメコ採りは終了。また来年を楽しみにするとしよう。
f0170180_2533070.jpg


by torasan-819 | 2015-11-20 02:54 | キノコ | Comments(0)
2015年 09月 28日
きのこ展
f0170180_20515898.jpg

9月27日は仙台市科学館で開催されていたきのこ展を見に行ってきた。日曜日は天気が回復してきたのできのこ採りにでも行こうかと思った。しかし、たまたま仙台市科学館できのこ展をやっていることを知り、珍しいきのこも見ることができるだろうと行ってみることにした。科学館に入ると会場のエントランスホールは大勢の人で賑わっている。なんと約200種類のキノコが展示されているということだが、講演会「キノコの放射能汚染」が始まるのでまずはそちらを傾聴した。東北大学の木野先生による興味深い話が聞けた。詳細は省くが、きのこを避けてしまうのではなく積極的に採集して測定し、現状をしっかり把握することが必要だと言うこと。

展示されているきのこを見ていると本当に様々なきのこがある。こんなきのこも食菌(食べられるきのこ)なのかと思うようなきのこもあれば、うっかり食菌と間違ってしまいそうな毒きのこもある。このきのこ展は仙台市教育委員会と仙台キノコ同好会の共催であり、同好会の会員さんが会場内にいたのでいろいろと質問し教えていただいた。たまたま聞いた方が同好会の会長さんだったので、疑問に思っていたムキタケとコウタケについて質問。明快な回答を頂きすっきりした。科学館ということもあり子供やその親、そして若者も意外に多く熱心に見入っていた。きのこの変化に富んだ様々な姿はいくら見ても飽きない。2時間半以上の滞在時間があっという間に感じた。帰宅しての夕食は、昨日採ってきたサクラシメジを初めて天ぷらにしてみたが、なかなか美味かった。きのこ三昧の1日だったな。

by torasan-819 | 2015-09-28 07:41 | キノコ | Comments(4)
2015年 09月 25日
アカキノコ(サクラシメジ)
f0170180_294657.jpg

正式にはサクラシメジというのだろうが、この辺りではアカキノコと呼んでいる。親戚の裏山の雑木混じりの竹林に発生するので、時期になると採らせてもらう。ほんのり赤い色というか、赤ワインをかけたような色、もしくはアズキ色とも言うべき色のキノコで、一度覚えれば比較的見分けやすいキノコだ。以前は10月上旬に採っていたのだが、近年は発生時期が早くなってきているようだ。今年は9月23日に行ったのだが、既に笠が大きく開いてしまったのも多かった。それでもある程度は採れたので良しとしよう。アカキノコはちょっとほろ苦さがあるが、炒め物や煮物にするとまったく気にならない。しっかりとした歯ごたえがあり美味しいキノコだと思う。
なお、似たキノコにドクベニタケというのがある。ドクベニタケはより赤みが強く、ヒダが真っ白で笠も軸ももろく崩れやすいキノコなので見分けはつくでしょう。

by torasan-819 | 2015-09-25 02:10 | キノコ | Comments(2)
2014年 09月 21日
サクラシメジ
f0170180_23214936.jpg

今年は9月上旬の残暑も無く、秋の訪れがちょっと早い感じがする。
そう思っていたら、秋キノコの発生も例年より10日くらい早いとの情報が入ってきた。
ならば時期を逃すまいと思い、20日にサクラシメジ、通称アカキノコを採ってきた。

このサクラシメジは、親戚の裏山の竹と松の混在林に発生する。
色が桜色というか赤っぽくて、それがキノコの名称になったのだろう。
サクラシメジは一度これと覚えれば、ほぼ見間違う事はないだろう容姿をしている。

いつもは10月上旬に採っていたのだが、今年はもう出ているだろうと予測し行ってみると案の定だった。
最初は目が慣れていないので見つけるまで少し時間がかかる。
しかし、ひとつ見つければ次々と見つかる。
行ったのが夕方近くなので、採っているうちにヤブは薄暗くなってきたが、そこそこの収量があった。

調理は自分の場合、ナス・糸コンニャク・豚肉と一緒に炒めて醤油で味付け。
油でよく炒めると旨味が出てくる。
少し苦味があるので茹でこぼしてから調理すると良いというが、自分の場合はそんなことしなくとも十分美味しい。
天ぷらにすると美味しいとも聞くが、まだ試したことはないので次回にでも試してみよう。

by torasan-819 | 2014-09-21 05:41 | キノコ | Comments(0)