タグ:コガ沢 ( 7 ) タグの人気記事

2017年 03月 20日
蔵王・南屏風岳東壁とコガ沢の滑降 ~ 2017年3月12日
f0170180_22144593.jpg

南屏風岳の滑降はなかなかタイミングが難しい。強風やガスに阻まれることも多く雪崩の懸念もある。3月に入って天候も安定してきたので今週末あたり狙ってみようと思った。4・5日前から天気予報をチェックしていたところ、日曜日の方が条件も良くチャンスのようだ。同行者を募ったが誰も手を挙げないのでソロで行くことにした。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
山行期間   2017年3月12日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    単独
行程     白石スキー場8:00=ゲレンデトップ9:00-9:10~不忘山11:00~南屏風岳12:10~東壁滑降12:35~
       昼食休憩13:00-13:38~権現沢出合下14:00~東尾根16:00-16:13~白石スキー場16:50
行動時間   6時間1分
移動距離   7.4km (GPS計測)
累積標高差  ±751m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-03-20 17:52 | 山スキー | Comments(4)
2016年 06月 24日
南蔵王・コガ沢権現沢 ~ 2016年6月19日
f0170180_13585671.jpg

白峰会(宮城県白石市)のメンバーとはちょくちょく山行を一緒にさせてもらっている。その白峰会が創立50周年の記念事業として、南蔵王・不忘山集中登山を行うこととなった。6コースに分かれて不忘山を目指すというもので、白石スキー場からのピストンや刈田峠からの縦走の他、沢登りが権現沢と大若沢の2コースあり、参加者は全部で130名ほどになるという。自分は会の鈴◯さんと2人で権現沢コースに参加することにした。権現沢は自分が沢登りを始めた2009年に遡行して以来なので7年ぶりということになる。そう言えばその時のパーティーも白峰会の人達だった。権現沢は地元の山岳会くらいしか遡行する者はいない(6/12に仙台YMCA山岳会が遡行)が、シーズンインの足慣らしや初心者のトレーニングには頃合いの沢であると思う。


  山域山名   蔵王・白石川児捨川流域垂清川支流 コガ沢・権現沢
  山行期間   2016年6月19日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      晴れ後曇り
  参加者    7人(L:◯樹・鈴◯・安◯・関◯・高◯・鈴◯・トラ山)
  行程      スキー場6:58~入渓7:45~5mナメ滝8:32~権現沢出合9:50~10m滝10:32~1405m二俣11:00~
          1570m二俣11:43~登山道12:35~不忘山12:51-13:34~スキー場15:20
  行動時間   8時間22分
  移動距離   8.9km (GPS計測)
  標高      最低地点860m 最高地点1,705m
  装備      ロープ30m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-06-24 07:42 | 沢登り | Comments(6)
2016年 02月 21日
南屏風岳東壁メモ
f0170180_224503.jpg
(画像は2015年の南屏風岳東壁)

南屏風岳の東壁は下から見た時は衝立のような印象だが、登ってみると実際の斜度は35度程度であり、スキー場のゲレンデの上級者コースに見受けられる(スケールは違うが)程度の斜度となっている。とはいえ稜線から雪庇が張り出すので、上部の斜度はその分立っている。稜線から東壁の基部までは標高差が400mほどあり、条件さえ良ければ素晴らしい滑降を味わえる。

稜線からのドロップは、雪庇の状況を見てポイントを見定めればいい。雪庇は北屏風ほど大きく張り出さないので、その面では北屏風より難しくは無いといえる。斜度のある上部を上手く処理すれば、アイスバーンでない限り滑降自体はさほど難しくない。スピードに乗せて大斜面で切るターンは爽快である。

厳冬期はガスがかかり風が強いことが多いので、南屏風岳まで到達できるチャンスがいつでもあるわけではない。また、降雪時や春先には雪崩のリスクもあり、現地での斜面観察と雪質チェックによる慎重な判断が必要となる。ピットチェックやハンドテストをやっても、そのポイントの雪の状態を示しているのに過ぎないことを忘れてはならない。

パウダーにこだわるのでなければ、時期的には天候の安定する3月以降が良いといえるが、雪質は登ってみての状況次第だ。4月以降はザラメになるが、斜面の雪に大きなクラックが入ることがある。東壁の北寄りでは大きく雪崩れるのも見受けられる。下山にはコガ沢を下降すれば楽なのだが、口を開けている箇所があることを常に意識しておく必要がある。また、コガ沢を下降できない場合は、不忘山の東尾根に登り返すことが考えられる。その場合のルートも考えておきたい。

いずれにしても、南屏風岳の東壁滑降には総合的な判断が必要とされ、上級者向けのルートといえる。それだけに充実度が高い魅力的なルートだが、早朝スタートすれば半日で完結できるルートでもある。なお、ボーダーの中には、コガ沢を下から登って沢通しにアプローチする者が見受けられる。下山ルートするコガ沢の状況確認のためと思われる。

※これまでの南屏風岳滑降
2016年2月11日
2015年3月21日
2015年3月8日
2015年3月7日
2014年2月22日
2013年3月16日
2012年4月18日

by torasan-819 | 2016-02-21 00:49 | 山スキー | Comments(0)
2015年 03月 09日
蔵王・南屏風岳からコガ沢への滑降 ~ 2015年3月7日
f0170180_2240562.jpg

コガ沢は南屏風岳の東斜面を源頭とする沢である。南屏風岳の東斜面は、まるで大きな衝立というか壁のように見える。「屏風」と名付けられる所以であろう。冬に下界から見上げる白い壁はなんとも魅力的で、あの壁を滑ってみたいと思ってしまうのである。実際、普通の斜面では飽き足らないスキーヤーやボーダーに滑られているが、その数はそう多くない。その理由は、アプローチの標高差が大きく大変だということに加え、帰還ルートが通常はコガ沢となることも、足を遠ざける要因となっているのだろう。もちろん雪崩のリスクも考えなければならない。コガ沢は時期が早くても沢が埋まりきらず、遅ければ沢が口を開けて危険が増し、滑ることの出来る期間は意外に短い。

  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2015年3月7日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    3人(L:トラ山・藤◯・黒◯)
  行程      白石スキー場7:10~ゲレンデトップ7:52~不忘山9:46~南屏風岳10:47-11:17~回復待ち(約25分)~滑降(1700m地点)12:20~
          権現沢出合12:50~950m地点13:14~白石スキー場13:31
  行動時間   6時間21分
  移動距離   10.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,132m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-09 20:54 | 山スキー | Comments(6)
2013年 09月 29日
遡行図追加(コガ沢)
蔵王のコガ沢で雨の沢登り ~ 2013年9月15日に遡行図を追加しました。
f0170180_2236522.jpg


by torasan-819 | 2013-09-29 22:37 | 沢登り | Comments(2)
2013年 09月 16日
蔵王のコガ沢で雨の沢登り ~ 2013年9月15日
f0170180_11223598.jpg

9月も中旬となると、今シーズンあと何回沢登りに行けるか気になるようになる。晴天ばかり狙っていたのでは、なかなか思うように行けないので、少々の雨でも行くことにしている。とはいえ沢登りの場合、雨は要注意である。雨で増水すると難度が増し危険でもあるので、時には遡行不能で撤退ということになる。現在地が降っていなくとも、上流で降った雨で突然の増水になることもあるから恐い。先週の小阿寺沢は終日小雨だったが、いつもは涸れ滝が立派な滝となり、ちょっと時間がかかった。この3連休は土曜日が動けないので、日月で泊まりの沢を企画していたが、台風18号の接近で断念。日曜日は午後3時からの降雨予報ということで、近場の沢なら大丈夫だろうとコガ沢を遡行することにした。コガ沢は昨年雨で退却した沢で、今回はリトライという意味もある。
================================================================================
 山域山名   蔵王・白石川児捨川流域垂清川支流 コガ沢
 山行期間   2013年9月15日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      雨のち曇り
 参加者    4名(L:トラ山・和○さん・○井さん・○木さん)
 行程      スキー場7:56~入渓8:36~5mナメ滝9:40~権現沢出合10:27~10mナメ滝+10m滝10:55~8m滝11:37~
          滝沢出合11:52~黒滝沢出合11:54~登山道13:10-13:38~不忘山14:06~スキー場15:50
 行動時間   7時間54分
 移動距離   10.6km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,129m (GPS計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-09-16 08:44 | 沢登り | Comments(12)
2012年 10月 23日
中途退却となった蔵王コガ沢遡行 ~ 2012年10月21日
f0170180_3255134.jpg

二日酔いでまだ酒が残っている感じだ。昨夜はしこたま呑んでしまったようで、どうやっていつ寝たのか記憶がない。山仲間との酒は楽しくて、ついつい深酒になってしまう。泊まった山小屋と今日の入渓点がすぐ近くという、安心感もあったからなのだが。コガ沢は蔵王連峰南屏風岳の東面を源頭とする沢だ。いわば地元の沢なのだが、あまりに地元過ぎて全部を遡行したことはなかった。コガ沢には1240mあたりで左から権現沢が出合うのだが、その権現沢は3年前に遡行したので、今度はコガ沢と考えていた…

======================================================================
 山域山名   蔵王・白石川支流児捨川支流 コガ沢
 山行期間   2012年10月21日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れのち雨のち晴れ
 参加者    3名(L:トラ山・博○さん・克○さん)
 行程      白石スキー場駐車場7:30~入渓7:50~6mナメ滝9:30~権現沢出合10:15~(中退)~白石スキー場駐車場12:00
 行動時間   4時間30分
 移動距離   約6.7km (カシミールで図上計測)
 累積標高差 約±500m (カシミールで図上計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-10-23 22:07 | 沢登り | Comments(8)