タグ:バットレス ( 3 ) タグの人気記事

2017年 07月 31日
北岳バットレス ~ 2017年7月14日-17日(その2)
f0170180_07435126.jpg


山域山名   南アルプス 北岳バットレス
山行期間   2017年7月14日(金)~17日(月)
山行形態   アルパインクライミング
天候     15日 晴れ 16日 晴れ時々曇り 17日 晴れのち曇り
参加者    3人(L:K樹・T中・トラ山)
行程     14日 道の駅国見19:30=道の駅しらね0:30=芦安温泉第5駐車場1:45
       15日 第5駐車場4:50=広河原6:20~白根御池小屋8:22-9:55~大樺沢二俣10:15~Dガリー大滝下11:55-13:00~
          白根御池小屋14:30
       16日 白根御池小屋2:04~Dガリー大滝下3:45~第5尾根支稜取り付き4:30-4:40~第4尾根主稜取り付き6:40~
          三角垂壁8:40~マッチ箱9:30~枯れ木テラス11:30~城塞チムニー11:55~北岳山頂13:15-13:35~肩の小屋14:04~
          白根御池小屋15:33
       17日 白根御池小屋6:33~広河原7:56=第5駐車場9:07
行動時間   15日 8時間10分 16日 13時間29分 17日 1時間23分
移動距離   未計測
標高     最低点1,525m 最高点3,193m
装備     ロープ50m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-07-31 11:14 | | Comments(4)
2017年 07月 28日
北岳バットレス ~ 2017年7月14日-17日(その1)
f0170180_10284581.jpg


この頃、仕事のせいか加齢のせいか何なのかモチベーションが今ひとつで、山行計画を立てるのが億劫になっている。7月の3連休もぐずぐずしているうちに5日前の月曜日になってしまった。遠出せずに福島県で1泊の沢登りでもするかと思ったがパートナーは必要。久しぶりにK樹さんにお誘いメールしてみた。返信が「北岳バットレスに行くつもりだが今のところ単独。興味ない?」とのこと。北岳バットレスといえば、私でも知っているほど名の知れたクラシックルートだ。しかし、自分は普段沢登りばかりでクライミングはほとんどやっていない。沢登りでは滝も登るし岩も登るが、それはクライミングとはいえない。とはいえ、以前から北岳バットレスはいつか登ってみたい(まだ北岳どころか南アルプス自体行ったことが無いが)という思いはあった。しかし、思いだけでは登れないし、58歳という自分の年齢を考えるとあまり猶予はない。準備不足は明らかだが、この機会を逃すとなかなか次の機会はやってきそうにない。思い切ってトライすることにした。K樹さんとなら大丈夫だろうという読みもあった。出発は金曜日の夕方なので、バタバタと準備して会に計画書を提出した。期待半分不安半分と言いたいが、ルートの事前学習がほとんどできなかったこともあり不安100%だ。K樹さん頼みで2人パーティーの覚悟を決めていたところ、14日朝になってT中さんも参加することになったとのメールが入った。T中さんは自分と同年代だが、北岳バットレスをなんと40年前の青年時代に登ったのだという。しかも、現在群馬在住で現地情報にも明るく、これで少しは心強くなった気がする。さあ行こうシニア3人組での北岳バットレス!


山域山名   南アルプス 北岳バットレス
山行期間   2017年7月14日(金)~17日(月)
山行形態   アルパインクライミング
天候     15日 晴れ 16日 晴れ時々曇り 17日 曇り
参加者    3人(L:K樹・T中・トラ山)
行程     14日 道の駅国見19:30=道の駅しらね0:30=芦安温泉第5駐車場1:45
       15日 第5駐車場4:50=広河原6:20~白根御池小屋8:22-9:55~大樺沢二俣10:15~Dガリー大滝下11:55-13:00~
          白根御池小屋14:30
行動時間   15日 8時間10分
移動距離   未計測
標高     最低点1,525m 最高点3,193m
装備     ロープ50m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-07-28 21:47 | | Comments(4)
2017年 07月 22日
北岳バットレス
f0170180_21135784.jpg



7月14日から17日で北岳バットレスに行ってきた。北岳バットレスと言えば、自分でも聞いたことがあるほど有名なクラシックルートだ。普段は沢登りでのクライミングもどきしかやっていない自分だが、いつかは登ってみたいと思っていた。それが突然のチャンスがあり、第4尾根主稜を登ることになってしまった。結果的には登れたのだが、クライミング的には登ったとは言わないらしい。沢登りではロープつかんだりランニングビレイつかんだり膝をついたり何でもありだが、クライミングでは人工物を掴まずに登らないとダメらしい。そんなもんかいと思うがそんなもんだろう。レポートは時間がかかりそうなので、とりあえず画像を何枚か載せて時間稼ぎです。



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-07-22 01:01 | | Comments(4)