タグ:二十日平 ( 6 ) タグの人気記事

2017年 04月 13日
西吾妻山・二十日平コース ~ 2017年3月29日
f0170180_03343714.jpg




山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m) 二十日平コース
山行期間   2017年3月29日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り一時晴れ
参加者    5人(L:和○・F田・O島・H・トラ山)
行程     グランデコスキー場8:05=リフト終点9:01-9:08~西大巓10:20-10:56~西吾妻小屋11:44-12:12~西吾妻山12:24
       中ノ沢渡渉点15:10~グランデコスキー場15:18
行動時間   6時間10分
移動距離   8.9km (GPS計測)
累積標高差  +635m -1,204m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2017-04-13 23:30 | 山スキー | Comments(2)
2015年 03月 04日
下から登る西吾妻山二十日平 ~ 2015年2月28日
f0170180_5584159.jpg

2月最終日の山スキーは、吾妻山のスキーコースとしては定番のひとつである二十日平に行くことになった。今回のパーティーは大人数の10名で、年齢層は20代から60代と幅広い。さて、自分は二十日平を何度か滑っているが、普通に滑るのではちょっと物足りないような気がした。そんな訳で自分の車で現地に向かう宮城組の3人は、福島組より早く現地入りしリフトを使わずに下から歩くことにした。

  山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
  山行期間   2015年2月28日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    10人(L:和◯・佐◯・杉◯・牧◯・渡◯・黒◯・大◯・加◯・sharizaka・トラ山)
  行程      グランデコスキー場8:35~第3リフト終点10:38~西大巓11:48-12:03~西吾妻小屋12:43-12:58~
          西吾妻山13:10-13:25~中ノ沢渡渉点15:14-15:24~スキー場15:36
  行動時間   7時間1分
  移動距離   13.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,270m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-03-04 07:05 | 山スキー | Comments(23)
2014年 02月 02日
西大巓からの西吾妻山二十日平コース ~ 2014年2月2日
f0170180_2205593.jpg

吾妻連峰には古くからの山スキーコースが多い。今回の西吾妻山から二十日平へと下るコースは、以前は山形県側の天元台スキー場から登り、福島県側の二十日平へと抜けるか、小野川湖からの周回もしくはピストンとされていたようだ。現在はグランデコスノーリゾートというスキー場があり、ゴンドラ&リフト利用で西大巓を経由し、比較的楽に周回が出来るコースとして知られている。ちなみに1990年発刊の「東北山スキー100コース」にも紹介されているが、スキー場の記載は無い。今回のリーダーの和○さん若かりし頃は、鉄道とバスを乗り継ぎ、徒歩で取り付き箇所まで移動し、二十日平で雪洞ビバークと大変な労力をかけたというから隔世の感がある。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m) 二十日平コース
 山行期間   2014年2月2日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    5人(L:和○さん・佐○さん・○井さん・石○さん・トラ山)
 行程      スキー場8:30=リフト終点9:31-9:42~西大巓10:54-11:12~西吾妻小屋11:48-12:09~
          西吾妻山12:27-12:38~中ノ沢渡渉点14:05-14:15~スキー場14:27
 行動時間   4時間45分
 移動距離   9.1km (GPS計測)
 累積標高差 +651m -1,218m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-02 23:47 | 山スキー | Comments(10)
2012年 03月 06日
好天の西吾妻山から二十日平へ ~ 2012年3月4日
f0170180_893657.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
山行期間   2012年3月4日(日)
山行形態   山スキー
天候      快晴
参加者    8人(L:河○さん、佐○さん、橘○さん、橘○さんの奥さん、三○さん、杉○さん、牧○さん、トラ山)
行程      グランデコ駐車場8:32=リフト終点9:34~西大巓11:07-11:28~西吾妻小屋12:27-12:51~西吾妻山13:08-13:22~
         中ノ沢渡渉点16:28~グランデコスキーセンター前16:47
行動時間   7時間13分
移動距離   9.3km(GPS計測)
累積標高差 +607m -1,185m(GPS計測)
======================================================================
この週末は息子のサッカーの試合があり、山スキーは半ば諦めていた。しかし、土曜日に20㎝ほどの降雪があり試合は中止に(ラッキー!)。しかも日曜日は晴れの予報となり、二十日平の山行パーティーに入れてもらうことにした。福島市内で集合し、グランデコスキー場へ。このスキー場のリフトを利用することにより、西大巓、西吾妻山へ楽して登ることが出来る。なお、このスキー場は平日以外は駐車料金が1000円也。リフト券3枚(1500円)で、ゴンドラとリフト1本を乗り継ぎゲレンデトップへ。ところでこのゴンドラ、スキーのラックが今の太板に対応していない。4人の最後に乗り込んだので、私の板は狭いゴンドラに無理に入れることになり引っ掛かってゴンドラを止めてしまった(汗)。今後はリフトを利用したほうがよさそうだ。
昨年の二十日平
一昨年の二十日平

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-03-06 22:17 | 山スキー | Comments(14)
2011年 02月 05日
西吾妻山・二十日平 ~ 2011年2月4日
f0170180_2210617.jpg
======================================================================
山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
山行期間   2011年2月4日(金)
山行形態   山スキー
地形図    吾妻山
天候      晴れ(山頂はガス)
参加者    5人(L:和○さん、佐○さん、河○さん、長○さん、トラ山)
行程      グランデコ駐車場8:35=リフト終点9:23~西大巓10:46~西吾妻小屋11:48-12:10~西吾妻山12:22-12:38~
         中ノ沢渡渉点14:17~グランデコスキーセンター14:34
行動時間   5時間11分
移動距離   10.0km
累積標高差  +720m -1,280m
======================================================================
福島市内の集合場所には、私にしては珍しく一番乗り。4人で乗り合わせてグランデコスノーリゾートへと向かう。今日の天気予報は曇りだが、道すがら眺められる東吾妻山、安達太良山はクリアーに見えている。しかし土湯峠を越えると天気が変わるのはよくあること。ところが峠を越えても空は青く、磐梯山がクッキリと見えてきた。裏磐梯で長○さんと合流。長○さんは山スキーを始めたばかりで今日で3回目。そういえば昨年、私が和○さんに今日と同じルートに連れてきて貰ったときも3回目だったことを思い出す。昨年は登りは良かったのだが、西吾妻山からいざ滑ろうという頃にホワイトアウトになり初心者の私は結構大変だった。さて今回はどんな山スキーになるだろうか。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-05 22:17 | 山スキー | Comments(4)
2010年 01月 22日
吾妻山(西吾妻山から二十日平) ~ 2010年1月20日
f0170180_175555.jpg

20日はオイラにとって3回目の山スキー。
天気予報では午後から崩れるとのことだったが、日中はまあまあ好天だろうとを期待して西吾妻山(2,035m)へと向かった。
西大巓(1,981.8m)の北東斜面を西吾妻山へ滑り下りるあたりまでは天気も良かったのだが…
西吾妻山へ登る途中で天気は荒れはじめ、昼食は雪を掘りツェルトを被って食べる羽目になった。
その後は滑降を楽しむどころではなく、ホワイトアウトの世界にルートミスしないよう緊張が続く。
ホントなら滑降する斜面を、ガス酔い状態でこけつまろびつやっと下ってきた。
いや~疲れましたホントに。

※デジカメの調子が悪く露出オーバーで白飛びの画像ばかり。露出をアンダーに設定しておくべきなのか?

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-22 04:03 | 山スキー | Comments(2)