タグ:塩ノ川 ( 3 ) タグの人気記事

2015年 07月 29日
2015夏合宿・吾妻山塩ノ川 ~ 2015年7月25日・26日
f0170180_10563468.jpg

今年の夏合宿は吾妻の塩ノ川である。吾妻山域の沢としては、松川、中津川と並び比較的大きな沢であり、吾妻山の浄土平から東面を流下し、阿武隈川支流の荒川に合流する。塩ノ川の下流部には発電所や砂防ダムがあり、女沼への取水施設もあるので、遡行対象となるのは思いの滝の上にある砂防ダムの上流からになる。中流部では登山道が横切っており、登山大系にはその渡渉箇所から上流部の遡行が記載されている。また、吾妻パイロットファームの道を利用し、さらに上流の990m地点からの入渓も可能である。福島登高会ではこの入渓点を利用し、6年前の2009年に下部上部に分けて遡行している。今回の合宿では、2日間で下部と上部を遡行する計画としている。調べた範囲内では、過去にこの区間を2日間で遡行した記録は見当たらなかった。いずれも途中からの入渓か離脱であった。参加者は2日間通しが8人、25日のみが2人、25日のビバークから参加が1人の計11人となった。塩ノ川は先に述べたように、中流部で容易に沢に降りられる所があり、途中参加や離脱が可能なのだ。なお、今年入った新人が3人参加している。


  山域山名   吾妻山・塩ノ川 (阿武隈川水系荒川支流)
  山行期間   2015年7月25日(土)・26日(日)
  山行形態   沢登り
  天候      25日曇りのち時々晴れ 26日晴れ
  参加者    25日10人(CL:トラ山・SL鈴◯・SL:佐◯・河◯・菅◯・渡◯・柏◯・結◯・深◯・八◯)
          26日 9人(CL:トラ山・SL鈴◯・SL:佐◯・河◯・菅◯・渡◯・柏◯・結◯・大◯)
  行程      25日 女沼駐車地点7:47~入渓8:10~柱状節理9:47~30m滝10:58-11:12~
               登山道徒渉点・昼食11:42-12:27~つばくろ滝12:48-12:58~990mBP13:50
          26日 BP6:05~くらげ滝6:28~あじろ滝8:35~銚子滝9:28~やな滝10:02~昼食11:25-11:47~
               10m涸れ滝12:00~20m涸れ滝12:40~雪代の床13:04~30m涸れ滝13:30-14:20~
               CS3m滝14:38~浄土平・橋15:08~兎平駐車場15:22
  行動時間   25日 6時間3分 26日 9時間17分
  移動距離   25日 5.0km 26日 6.6km 計11.6km (GPS計測)
  標高      始点 545m 終点 1,595m (GPS計測)
  装備      泊まり沢装備(ロープ30m×2)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-29 18:05 | 沢登り | Comments(4)
2015年 07月 19日
吾妻山・塩ノ川下部の調査遡行 ~ 2015年7月18日
f0170180_1862862.jpg

吾妻山域の数ある沢の中でも松川、中津川、塩ノ川は、3名渓と言われているようだ。名渓の定義はよく判らないが、渓谷美や滝などにあるのだろうと思う。3名渓を遡行する場合、いずれも1泊か2泊を要する。塩ノ川についていえば、自分は沢登りを始めた年の6年前に、上半分を日帰りで遡行したことがある。しかし、下半分は未だに未経験であった。今年の合宿は塩ノ川ということになり、下見を兼ねて下半分を遡行してみることにした。なお、会では近年の2009年に下部の遡行実績がある。


  山域山名   吾妻山・塩ノ川 (阿武隈川水系荒川支流)
  山行期間   2015年7月18日(土)
  山行形態   沢登り
  天候      曇り
  参加者    2人(L:トラ山・◯木)
  行程      女沼駐車地点8:06~思いの滝8:19~砂防ダム越え終了8:34~柱状節理10:16~30m滝11:30~
          巻き終了・登山道徒渉点11:50~的場川出合11:56~つばくろ滝12:20~巻き終了13:05~ぎんぜんの滝13:49~
          巻き終了15:40~登山道15:47~登山道徒渉点16:04~女沼駐車地点17:09
  行動時間   9時間3分
  移動距離   9.3km (GPS計測)
  累積標高   ±1,030m (GPS計測)
  装備      日帰り沢装備(ロープ30m)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-07-19 23:14 | 沢登り | Comments(0)
2009年 09月 21日
吾妻塩ノ川で沢登り ~ 2009年9月20日
20日は吾妻山域の塩ノ川で沢登り。
この沢は全部遡行すると2日間かかるが、この日は上半分を遡行する予定だ。
メンバーは既に何度か沢を共にしているIさん、Kさん、Sさんと悪友?のYさんとオイラの5人。
スピーディーに沢登りをするには5人くらいまでがいいという。
人数が多くなると、どうしても時間がかかりアクシデントの確率も高くなる。
沢に限らず山ではスピードが大事な要素になる場合が多い。

塩ノ川の遡行記録はあまり無く、事前にネットで調べたが4つしか見つけられなかった。
しかし今日のリーダーのIさんはなんと40年以上前、18歳の時にも登っているという。
どんな沢も遡行記録があろうとなかろうと、日本の沢のほとんどは人が踏み込んでいるのだろう。
古来より狩猟や山頂に至るルートの一つとして、山の民は生活の中で利用してきたに違いない。
沢登りをしていると、楽しくて沢を登っているだけのオイラでも、たまにはそんなことも考える。

昨日の内に遡行終了点の浄土平に車をデポしテント泊していた班と合流。
車を1台にして遡行開始点の近くまで、作業道のような細い道を進む。
行き止まりに車を停め、そこから歩いて16分ほどで塩ノ川に出た。
f0170180_17195568.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2009-09-21 15:26 | 沢登り | Comments(8)