タグ:安達太良山 ( 28 ) タグの人気記事

2014年 06月 22日
安達太良山 杉田川で沢トレーニング ~ 2014年6月21日
f0170180_2220356.jpg

6月は毎年、山スキーから沢登りへの切り替え月になる。スキーの道具を仕舞って板をメンテに出すか出さないかのうちに、沢登りの装備を引っ張り出さなければならない。たいていあれが無いこれが無いとなり、なぜもっと整理しておかなかったのだろうかと思うのだが、性格というか学習能力が無いというか恒例になっている。さて、今年は6月21日が沢初めとなった。自分の足慣らしももちろんであるが、今年会に入った新人さん2人の沢トレーニングも兼ねている。沢は手頃な滝がありアプローチも楽ということで、安達太良山の杉田川にした。そういえば昨年の沢納めも杉田川だったので、7ヶ月ぶりの杉田川ということになる。

 山域山名   安達太良山・阿武隈川支流杉田川
 山行期間   2014年6月21日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    5名(L:トラ山・和○さん・坂○さん・都○さん・菅○くん)
 行程      駐車場7:58~遊歩道~遠藤ヶ滝8:21~入渓8:33~二条8m滝11:07~1060m二俣11:44-12:06~2段8m滝12:16~
          1180m遡行終了12:56~作業道跡~仙女平13:29-13:41~登山道~950mより下降14:06~枝沢~駐車場14:52
 行動時間   6時間54分
 移動距離   8.0km (GPS計測)
 累積標高差 ±860m (GPS計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ50m×1)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-06-22 12:00 | 沢登り | Comments(6)
2014年 01月 28日
2週連続の安達太良山迷沢 ~ 2014年1月26日
f0170180_20582141.jpg

週末は気温が高いとの予報だったが、なるほど3月下旬並の陽気である。そのため土曜日は多くのスキー場で雨が降った。日曜日に山スキーに行くことにしていたが、当然標高の低いところの雪は湿って重いであろう。標高を上げても気温の高さから雪崩の心配と、ガスで視界が厳しくなることが予想された。しかも今回はボーダーの小○君が一緒なので、あまりアップダウンのあるルートは選びたくない。迷いに迷ったあげく、結局先週と同じ迷沢に行くことにした。しかし、まったく同じでは芸がないので、視界があれば迷沢の北隣の仏沢を滑ったら登り返して迷沢ルートへ。視界が無かったり強風の場合は国道115号からの迷沢ピストンの計画とした。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 迷沢(鉄山西尾根)
 山行期間   2014年1月26日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    3人(L:トラ山・○樹さん・小○君)
 行程      国道115号9:09~迷沢渡渉点9:20~北斜面下部10:49~1490m地点11:16-11:28~1110m休憩11:48-12:10~
          登り返し~1440m地点13:02-13:12~迷沢渡渉点13:49~国道115号14:06
 行動時間   4時間57分
 移動距離   10.2km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,046m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-01-28 19:07 | 山スキー | Comments(4)
2014年 01月 20日
安達太良山迷沢(鉄山西尾根)を滑る ~ 2014年1月18日
f0170180_21222652.jpg

1月18日は安達太良山域の迷沢へ行くことにした。箕輪スキー場のリフトを利用して高度を稼ぎ、下降を楽しむことのできるルートだ。積雪量がまだ十分ではないこの時期より、2~3月のほうが良いのだが、試しに様子を見てくるのも悪くはないだろう。ただし、冬季の箕輪山から鉄山、安達太良山にかけての稜線は、かなりの強風地帯であり要注意である。特に箕輪山は凄まじい風となり、撤退を余儀なくされることもある。また、ガスっていることが多くホワイトアウトになることもしばしばで、特に地形がなだらかになる鉄山避難小屋周辺では迷いやすく、西尾根を下降する際もルートファインディングに注意を要する。それらに注意すれば迷沢ルートは雪質も良く、下り中心のツアーを楽しむことができるのだ。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 迷沢(鉄山西尾根)
 山行期間   2014年1月18日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    4人(L:和○さん・高○さん・sharizakaさん・トラ山)
 行程      国道115号(車デポ)=箕輪スキー場8:15=Cリフト降り場8:56-9:08~鉄山避難小屋10:46-11:34~
          迷沢渡渉点13:21-13:35~国道115号13:50=箕輪スキー場14:12
 行動時間   4時間42分
 移動距離   8.6km (GPS計測)
 累積標高差 +536m -966m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-01-20 21:16 | 山スキー | Comments(6)
2013年 11月 08日
晩秋の沢登り 安達太良山杉田川 ~ 2013年11月3日
f0170180_1315448.jpg

東北の沢登りシーズンは、一般的に6月から10月の5ヶ月間ほどだ。自分としては、出来れば年間20本の沢登りをしたいと思っている。しかし、天気や所用で10数本がやっとというところだ。行きたいと思いながら、諸事情により行けなかった沢は多い。その思いは来年に引き継ぐことになるが、50代も半ばになると年齢との競争の感がある。いずれにしても今年も早いもので11月。そろそろ沢納めかと思っていたところ、同じ考えの沢仲間から声がかかった。行き先は杉田川。比較的易しい沢で遡行距離も短いが、滝はそこそこあり楽しめる。標高はそれほど高くないので、紅葉も残っているだろう。
================================================================================
 山域山名   安達太良山・阿武隈川支流杉田川
 山行期間   2013年11月3日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れのち曇りのち晴れ
 参加者    5名(L:Yoshikiさん・高○さん・深○さん・Mさん・トラ山)
 行程      遊歩道駐車場7:42~遊歩道~遠藤ヶ滝8:13-8:22~入渓8:28~二条8m滝10:17~1060m二俣11:04~
          2段8m滝11:18-11:42~1180m遡行終了12:01~作業道跡~仙女平12:25~登山道~950m下降12:54~
          遊歩道駐車場13:34
 行動時間   5時間52分
 移動距離   7.8km (GPS計測)
 累積標高差 約±700m (参考)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-11-08 13:20 | 沢登り | Comments(9)
2013年 10月 20日
滝と紅葉
f0170180_7275183.jpg

安達太良山の湯川に紅葉を見に出かけた。
今まさに紅葉真っ盛りだが、今年は赤が少し足りない感じがする。
それでも滝と紅葉の組み合わせは絶妙で美しい。
後一週間は紅葉が楽しめそうだ。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-10-20 07:20 | 自然 | Comments(4)
2013年 06月 30日
安達太良山硫黄川を捜索遡行 ~ 2013年6月29日
f0170180_18374367.jpg

先週行った遭難者の捜索だが、発見も手がかりすらも無かった。発生の9日以来これまでに、消防団、警察、親族知人友人、我々のような山の仲間繋がりの有志が、考えられる限りのところを探している。しかし、山はあまりに広く深い。しかも、チシマザサ(ネマガリタケ)が密生し、見通しが効かず簡単に方向を見失う。ヤブをかき分けながら歩くことになるので、非常に体力と時間を消耗する。かなりの延べ人数で捜索してはいるのだが、捜索は線であり線をいっぱい山に引いたに過ぎない。見ていない見えていないところは多いのだ。何よりも見つけ出せないという事実が、そのことを物語っている。自分に出来ることはと考えた時に、可能性はあまり無いかもしれないが、硫黄川を下流から通して遡ってみようと思ったのだ。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 硫黄川
 山行期間   2013年6月29日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      晴れのち曇り
 参加者    2名(L:トラ山・八◯さん)
 行程      駐車地点8:11~高森川入渓8:13~硫黄川出合8:18~堰堤(1)8:21~堰堤(2)8:34~堰堤(2)8:52~3m滝9:22~
          赤滝(15m)10:28~高巻き10:48-12:17~赤滝落ち口12:20~休憩12:30-12:50~二俣13:06~5m滝13:10~
          抗口跡13:40~右岸取り付き14:03~休憩14:30-14:40~高森(国道115号)15:20~駐車地点15:40
 行動時間   7時間29分
 移動距離   13.3km (GPS計測:15秒毎)
 累積標高差 ±1,136m (GPS計測:15秒毎)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-06-30 09:17 | 沢登り | Comments(18)
2012年 07月 13日
苔とナメの石筵川 ~ 2012年7月9日
f0170180_13108.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・石筵川
山行期間   2012年7月9日(月)
山行形態   沢登り
天候      晴れ時々曇り
参加者    2名(L:トラ山・あんみつさん)
行程      駐車場6:35~銚子ヶ滝入口6:50~銚子ヶ滝降口(滝往復)7:11-7:25~入渓点7:29-7:39~15m2段滝8:46~
         7m滝9:23~12m3段滝9:41~8m滝10:04~二俣11:22-11:38~奥の二俣11:41~ヤブ12:08~
         登山道12:35-12:51~和尚山分岐(三角点往復)13:59-14:12~渡渉15:18~銚子ヶ滝入口16:00~駐車場16:13
行動時間   9時間38分
移動距離   16.4km(GPS計測)
累積標高差 ±1,188m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
石筵川(いしむしろがわ)は安達太良山とその西にある船明神山を源とする沢で、渓相が美しいことから沢登りの対象とされている。「日本の渓谷'96」にも紹介されており、山岳雑誌に取り上げられることもあることからか、それなりに遡行者がいて記録も豊富な沢だ。今日のパートナーはあんみつさん。彼女の沢登り経験はそれほど多くはないが、身体能力が高く何でもこなす彼女のことだ、初級の沢とされている石筵川はなんの問題もないだろう。とはいえ自分も石筵川は初めてであり、昨日の沢登り教室は水量が多くて中途退却しているくらいなので、1日経過したとはいえ少々心配ではある。いずれにしても実際に行って見なければわからないと、車中泊の道の駅つちゆを後にして石筵川へと車を走らせた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-13 05:32 | 沢登り | Comments(10)
2012年 03月 20日
冬の名残の安達太良山 迷沢 ~ 2012年3月20日
f0170180_23333145.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山 迷沢
山行期間   2012年3月20日(火)
山行形態   山スキー
天候      曇り
参加者    3人(L:和○さん、河○さん、トラ山)
行程      箕輪スキー場8:40=Cリフト終点9:15-9:27~鉄山避難小屋10:58-11:41~コル11:58~北斜面12:13~
         迷沢12:49~国道115号13:17=箕輪スキー場13:30
行動時間   3時間50分
移動距離   8.2km(GPS計測)
累積標高差  +364m -800m(カシミール計測)
======================================================================
今年はなかなか春めいた陽気にはならない。20日も気温は上がらないとの予報。しかし、荒れなければ気温が低いのは、かえって山スキーに好都合というもの。ほぼ1ヶ月ぶりに山スキーに復帰する和○さんは軽めの1本がいいだろうということで、ショートコースの迷沢に行くことになった。迷沢は昨年2月11日に初めて滑って以来となる。その時はパウダーを楽しめたのだが、今回は3月も下旬近くになる。雪質はあまり期待できないだろうが、ともかく滑ってみることにした。集合場所へ向かう車中から眺めた安達太良連峰は、上の方が雲の中でやはりあまり良くない。国道115号の土湯トンネルを抜けて3kmほど下ると新岩弓橋で、そのすぐ手前左に駐車スペースがある。ここに回送用の車を1台デポし、国道115号を戻って箕輪スキー場の駐車場へ。箕輪の山頂を見るとガスっているので、今日は山頂を踏まずに、直接鉄山避難小屋を目指すことにする。センターハウスに登山届を提出し、動き出したばかりのCリフトに乗り込む。さすがにこの時期になると、ゲレンデを滑っているのはスキー愛好家ばかりでみんな上手い。リフトの上から、あの人はカービングターンが決まっている、などと眺めているとリフト降り場だ。シールを貼っているとスキーヤーが声をかけてきた。見るからに高齢のようだが、スキーをやっているだけあって背筋はしゃんとしている。お一人は80歳だというが、自分もそんな年齢までやり続けてみたいものだと思う。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-03-20 18:23 | 山スキー | Comments(10)
2011年 10月 04日
安達太良山・迷沢 ~ 2011年10月2日
f0170180_3103633.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・高森川・迷沢
山行期間   2011年10月2日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り
参加者    3名(L:和○さん・河○さん・トラ山)
行程      岩弓橋付近6:37~仏沢6:41~入渓6:45~3mナメ滝6:52~10m滝8:19~6m滝9:05~4mナメ滝9:19~
         12m斜滝9:23~二俣9:40-10:00~20m滝10:05-11:05~30m滝11:10-12:50~休憩~奥の二俣13:20~
         大岩13:29-13:57~ヤブこぎ~登山道16:20~沼尻登山口18:28
行動時間   11時間51分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
======================================================================
10月1日・2日は今回のメンバー3人で巻機山の米子沢の予定だった。しかしどうも天気が思わしくない。週間予報では雨の確率が高く気温も低いようで、毎日チェックしていたが好転の兆しはなかった。そんなわけで2日前に米子沢を諦め、和○さんの提案もあり近場の迷沢に行くことになった。迷沢は安達太良の鉄山北西斜面を源とする沢だが、上流で何本にも分岐し明りょうな主流を持たない沢のようだ。同行の河○さんは8月に迷沢に入っているが、そのときは右俣に入ろうとして誤って左俣へ入ってしまい、雷にも遭い行動時間も長くなるなど大変だったようだ(記録はここ)。そんなこともあり河○さんは迷沢の再トライを考えていた。和○さんは36年前の1975年!に、迷沢の右俣を登っていて記録が残っている。その後もう1度登ったらしいが、いずれにしても30年以上ぶりの迷沢右俣ということになる。36年前の和○さんはまだ20代の青年。当時はロープもヘルメットも無く、わらじを履いて3人パーティーで登った。記録によると入渓から稜線の登山道まで、5時間で遡行を完了している。現在の我々は沢シューズにヘルメットやロープはもちろん、GPSまで持っているのは時代というものだろう。私は迷沢の沢登りは初めてとなるが、山スキーでこの山域を滑ることもあり沢を詰めてみたいと思っていたので、ちょうどいいタイミングとなった。ところでネットで迷沢の沢登りを検索してもヒットするのは会の記録しかなく、他にはまったく見あたらない。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-04 06:57 | 沢登り | Comments(8)
2011年 07月 30日
安達太良山 仏沢 ~ 2011年7月24日
f0170180_1562939.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・高森川・仏沢
山行期間   2011年7月24日(日)
山行形態   沢登り
地形図    安達太良山、中ノ沢
天候      曇り時々晴れ
参加者    4名(L:和○さん・河○さん・八○さん・トラ山)
行程      駐車場9:05~仏沢左俣9:12~引き返し点9:25~右俣入渓9:35~12m滝9:48~取水堰10:10~5m斜瀑10:44~
         ナメ滝からトイ状滝まで11:19-12:05~休憩~登山道14:15-14:35~箕輪山15:00~駐車場16:32
行動時間   7時間27分
移動距離   9.3km
累積標高差 ±885m
======================================================================
仕事で予定が立たなかったこの週末だが、なんとか日曜日は休めるようになったので、和○さんの沢登りに便乗させてもらった。仏沢はまだ登ったことが無く、そのうちと思いながら何となく延び延びになっていたので、ちょうどいい機会となった。仏沢は高森川の支流で、箕輪山と鉄山の鞍部を源頭とする比較的短い沢だ。国道115号の岩弓橋から高森川に降り、すぐ仏沢を登ることが出来るのだが、下部は滝もなく単調な沢なので、今日は箕輪スキー場のホテル脇から沢に降りるようだ。曇ってはいるが空は明るく、予報でも雨の心配は無さそうだ。福島市の四季の里で集合し、乗り合わせて現地へ向かった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-07-30 09:52 | 沢登り | Comments(6)