タグ:山スキー ( 215 ) タグの人気記事

2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その1)
f0170180_862168.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

3月20日からの3連休は雪洞訓練が福島登高会の山行として計画されていた。
2泊3日の山行で20日に横穴式、21日に竪穴式の雪洞を予定している。
まだ雪洞経験が無い自分はなんとしても参加したかった。
仕事やら何やらやりくりして参加することに。
家族よスマン(笑)

当初の案では天元台から東大巓、家形山から高山を経て土湯までの縦走となっていた。
しかし天気予報で21日は大荒れの天気になるといっている。
そのため荒天時のエスケープを考え、高湯~五色沼~高山~土湯のいわゆる高山下りルートに変更となった。
山行自体を中止にはせず、荒天時は荒天時なりの対処を考えるのも登山ということなのだ。
いざとなれば20日も21日も山小屋に避難できるルートになっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 07:02 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 28日
湯殿山 ~ 2010年3月27日
f0170180_7384662.jpg

============================================================
山名      湯殿山(1,500m)
山行期間   2010年3月27日(土)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    月山
天候      晴れのち雪
参加者    6名(L:和○さん・橘○さん・佐○さん・柳○さん・橘○(あ)さん・トラ山)
行程      志津駐車地点8:16~ネイチャーセンター8:48~1,297m地点10:57~ネイチャーセンター12:00~志津駐車地点12:42
行動時間   4時間26分(休憩等含む)
移動距離   8.6km
累積標高差 +636m -636m
============================================================

27日は湯殿山へ山スキーに行くことにした。
山形高速道を走っていると、周囲の景色は徐々に白くなる。
さすがに豪雪地帯だけあり、太平洋側とはまったく違う豊富な積雪量に心も浮き立つ。

高速を降り旧112号を志津温泉に向かっていると、湯殿山と姥ヶ岳の真っ白い姿が眼前だ。
志津温泉の先で冬季通行止めとなり、道路脇に駐車し準備する。
既に車が10台ほども止まっていて今日はにぎやかだなあと思ったら、我々2台の他はほとんど地元の西川山岳会(以後N会とする)の方々らしい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-28 00:35 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 16日
村山葉山(1,211m峰まで) ~ 2010年3月12日
f0170180_20172914.jpg

============================================================
山名      葉山(1,461.7m)
山行期間   2010年3月12日(金)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    葉山・富並
天候      晴れのち曇り
参加者    2名(L:トラ山・○谷さん)
行程      駐車地点8:48~除雪終了点9:06~合流点の橋10:48~尾根取り付き12:36~
        1,211m峰14:26-14:43~尾根取り付き15:35~除雪終了点16:48~駐車地点17:05
行動時間   8時間17分
移動距離   15.7km (沿面距離)
累積標高差 +1,080m -1,074m (GPS計測)
============================================================

村山葉山での山スキーは情報が少ないのだが、東北アルパインスキー日誌によると月山山域だけに、雪が少ない今年でも雪が豊富らしい。
しかも山スキーに適した斜面があるようで、パウダー好きにはたまらない山ということだ。
そんなわけで行ってみたいと考えていたが、12日に休みが取れてやっと行くことが出来た。
先週9~10日に降った新雪も期待して、朝6時15分頃に自宅を出発した。

相方の○谷さんと道の駅「かほく」で待ち合わせ。
○谷さんとは昨年に不忘山に登って以来だから、約1年ぶりになる。
お互い偶然に今シーズンから山スキーを始めた。
山形はさすがに宮城側よりは雪が多いだろうと思っていたのだが…雪が少ない。
9日から10日にかけて降った雪は山形側にはさほど降らなかったようで、それさえ融けてしまったのだろうか。

ちょっと期待はずれだが、山に入れば違うだろうと村山市の岩野地区に向かうことにした。
2人とも葉山は初めてなので、ナビの誘導で現地へと向かう。
除雪終了地点と思われる熊野神社付近に駐車する予定だ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-16 07:22 | 山スキー | Comments(8)
2010年 03月 06日
吾妻山(天元台・大沢下り) ~ 2010年2月28日
f0170180_1016428.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月28日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    8名(L:和○さん・小○さん・河○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・加○さん・オイラ)
行程      天元台湯元駅8:55=天元台駅=リフト終点9:31-9:43~人形石10:23-10:34~明月荘11:45-12:10~
         渋川13:13-13:25~砂盛13:36-13:50~吾妻山麓放牧場14:49~大沢・大小屋15:16=天元台
行動時間   5時間33分
移動距離   17.9km (沿面距離)
累積標高差 +489m -1,882m (GPS計測)
============================================================

28日は2周続けての天元台へ。
この日は大沢下りコースだが、もちろん初めてのコース。
早朝、加○さんを乗せ出発して少したってオーバーズボンを履いてこなかったことに気づく。
すぐ自宅に戻りオーバーズボンを履いたが、こんなことは初めてだ。
途中で他のメンバーと待ち合わせ、計4台で向かう。
デポ車が必要なので、8人だと4台になってしまうのだ。
天候は曇りだが、予報では回復傾向にあるらしい。
山だから風とガスさえ無ければ儲けものという気持ちでいればいい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-06 10:49 | 山スキー | Comments(10)
2010年 02月 22日
吾妻山(天元台・大平コース) ~ 2010年2月20日
f0170180_23295823.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月20日(土)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・鈴○さん・石○さん・オイラ)
行程      ロープウェイ湯元駅8:48=天元台駅9:03=リフト終点9:34-9:46~人形石10:33~藤十郎手前コル11:19~
         間々川渡渉点12:52~1393ピーク13:25~不忘閣跡13:58~大平分校記念館14:51
行動時間   5時間5分(休憩等含む)
移動距離   15.0km
累積標高差 +308m -1,674m
============================================================

20日は天元台から山スキーのクラシックルートである大平コースへ。
大平分校記念館に車をデポし、4人で天元台スキー場のロープウェイ湯元駅へと向かう。
駐車場で石○さんと合流。
切符をロープウェイ片道750円+リフト3回1,350円の合計2,100円購入。
ロープウェイは湯元駅920mから天元台駅1,350mまでの標高差430mを登る。
それからリフト3本でゲレンデトップの1,820mまで上がる。
天元台スキー場は標高が高いだけに雪質が良い。
この日もサラサラのパウダースノーだった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-22 07:41 | 山スキー | Comments(2)
2010年 02月 16日
不忘山(バリエーションルート) ~ 2010年2月15日
f0170180_729356.jpg

============================================================
山名      不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年2月15日(月)
山行形態   山スキー
山域      蔵王連峰
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    2名(星○さん・オイラ)
行程      (その1)ゲレンデトップ10:01~滑降開始11:21~硯石登山口12:46~デポ車12:56
        (その2)ゲレンデトップ13:51~県道51号デポ車14:21
行動時間   合計4時間20分(休憩+移動時間等含む)
移動距離   (その1) 8.0km (その2) 3.8km
累積標高差 (その1) +545m -1,008m (その2) +1m -456m
============================================================

2月15日は星○さんと不忘山へ。
不忘山はスキー場のリフトを利用してアプローチがしやすいので、山スキーなどバックカントリーを楽しむ人が多い。
リフトトップから不忘山頂に向かって登り、山頂まで行ったり途中で滑降開始したりと好きずきに楽しめる。
今回は星○さんにお願いして、バリエーションルートを教えてもらった。
ひとつは登ってから登山道の硯石ルートのほうにトラバースして林間を滑り、硯石登山口か雪があればさらに1kmほど先のバス停近くまで滑るというもの。
もうひとつはゲレンデトップから南側の林間を県道へ向かって滑るというもの。
15日は雪質は悪かったが、ルート確認が主目的なのでそれもよし。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-16 20:00 | 山スキー | Comments(0)
2010年 02月 13日
船形山(三光の宮まで) ~ 2010年2月11日
f0170180_230716.jpg
============================================================
山名      船形山(1,500.2m)
山行期間   2010年2月11日(木)
山行形態   山スキー
山域      船形連峰
地形図    船形山・升沢
天候      曇り時々晴れ
参加者    3名(L:ULTさん・加ト幹事長さん・オイラ)
行程      除雪終了点8:21~登山道入口8:30~旗坂平9:12~一群平9:35~鳴清水10:21~
         三光の宮11:24-12:24~登山道入口14:07~除雪終了点14:13
行動時間   5時間52分(休憩等含む)
移動距離   9.7km
累積標高差 +824m -821m
============================================================

船形山は地元宮城県の山なのにまだ登ったことのない山だった。
機会をうかがっていたところULTさんと加ト幹事長さんが行くと聞き、パーティーに入れていただいた。

ULTさんの車に乗り合わせ、内水面水産試験場のすぐ先の除雪終了点に到着したのが8時過ぎ。
車が3~4台ほど止められるスペースがあり、既に左右に2台の車が止まっていたのでその間に車を入れた。
男性が1人スノーシューの準備をしていたが、やがて登っていった。

今日は登っている人が多いだろうと思ってきたのだが、予想に反して車も少なく登っている人も少ないようだ。
我々もスキーにシールを貼り軽く準備運動をすると、この時期には珍しく風が無い好条件のなかスタートした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-13 05:44 | 山スキー | Comments(6)
2010年 02月 11日
吾妻山(高湯から五色沼) ~ 2010年2月5日
f0170180_20522590.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年2月5日(金)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・柳○さん・石○さん・オイラ)
行程      除雪終了点8:13~磐梯吾妻スカイライン9:13~水飲場9:25~賽の河原10:10-10:21~
         山鳥山10:34~井戸溝11:05~慶応山荘分岐11:33-11:43~大根森12:17~五色沼(大岩)12:56~
         五色沼(不動沢右俣上部)13:04-13:16~慶応山荘13:45-14:00~慶応山荘分岐14:09~
         井戸溝14:23~山鳥山14:40~元吾妻スキー場トップ14:56~磐梯吾妻スカイライン15:13~除雪終了点15:33
行動時間   7時間20分(休憩等含む)
移動距離   14.0km
累積標高差 +1,102m -1,122m
============================================================

2月5日(金)は高湯温泉から家形山を目指した。天気は曇りだが、上の方は雪雲の中だ。寒気が入り前日から雪が降っていたので、いやがうえにもパウダースノーへの期待が高まる。高湯温泉は磐梯吾妻スカイラインの入口でもある。もちろん冬期間は閉鎖なのだが、料金所の300mほど先までは除雪されているので、そこに駐車するため向かう。しかし、ちょうど料金所の上を除雪作業中だったのでしばらく待つしかなかった。

除雪車が折り返してきたのを見て車を進め、除雪終了点でUターンして車を路肩に寄せた。平日ということもありまだ他には誰も来ておらず、オイラ達の車2台だけだ。吾妻スキー場が3年前に閉鎖となってから、山スキーのクラシックルートである高湯~吾妻小舎~高山~土湯温泉はハードルが高くなり歩く人も少なくなったという。いずれにしても以前のことを知らないオイラにとっては、初めてのルートなので心躍るばかりだ。準備をして除雪終了点の雪を乗り越えるといよいよスタートだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-11 00:03 | 山スキー | Comments(6)
2010年 01月 31日
不忘山 ~ 2010年1月30日

f0170180_18125448.jpg
============================================================
山名      不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年1月30日(土)
山行形態   山スキー
山域      蔵王連峰
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    2名(オイラ・OIさん)
行程      白石スキー場8:00-8:25~ゲレンデトップ9:04~スキー板デポ(1,678m)11:02~
         不忘山11:09-11:16~休憩&シール外し11:20-11:30~白石スキー場12:24
行動時間   4時間(休憩等含む)
移動距離   8.7km
累積標高差 +917m -909m
============================================================

不忘山はオイラの自宅からもよく見える。
毎日朝に目が覚めると窓から南蔵王を眺めるのが日課だが、その南端に位置するのが不忘山だ。
身近な山だが今年はまだだったので30日に登ったというわけだ。
同行のOIさんは3日前に知り合ったばかりだが、山のキャリアも年齢も(失礼)大先輩になるお方だ。
天気はどんよりとした曇りだったが、この時期快晴になること自体珍しいし風が強くないだけましだ。
近い山で移動時間が読めるだけに家を出る時間がギリギリになってしまった。
集合場所の白石スキー場へと急ぐが、路面に雪が無いので約束の時間ピッタリ何とか間に合った。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-31 23:49 | 山スキー | Comments(8)
2010年 01月 25日
刈田岳 ~ 2010年1月24日
f0170180_0261922.jpg

24日は蔵王の刈田岳(1,758m)へと山スキー。
蔵王にでも行くかな~と考えていたら、Kさんが企画していたので乗っかった。
刈田岳は昨年12月26日に、オイラにとって初めての山スキーに来たところ。
その時は天気も良くなかったが、今日は我が家から見える蔵王は朝からくっきりと見えていて期待が持てる。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-25 07:30 | 山スキー | Comments(13)