タグ:山スキー ( 203 ) タグの人気記事

2016年 02月 21日
南屏風岳東壁メモ
f0170180_224503.jpg
(画像は2015年の南屏風岳東壁)

南屏風岳の東壁は下から見た時は衝立のような印象だが、登ってみると実際の斜度は35度程度であり、スキー場のゲレンデの上級者コースに見受けられる(スケールは違うが)程度の斜度となっている。とはいえ稜線から雪庇が張り出すので、上部の斜度はその分立っている。稜線から東壁の基部までは標高差が400mほどあり、条件さえ良ければ素晴らしい滑降を味わえる。

稜線からのドロップは、雪庇の状況を見てポイントを見定めればいい。雪庇は北屏風ほど大きく張り出さないので、その面では北屏風より難しくは無いといえる。斜度のある上部を上手く処理すれば、アイスバーンでない限り滑降自体はさほど難しくない。スピードに乗せて大斜面で切るターンは爽快である。

厳冬期はガスがかかり風が強いことが多いので、南屏風岳まで到達できるチャンスがいつでもあるわけではない。また、降雪時や春先には雪崩のリスクもあり、現地での斜面観察と雪質チェックによる慎重な判断が必要となる。ピットチェックやハンドテストをやっても、そのポイントの雪の状態を示しているのに過ぎないことを忘れてはならない。

パウダーにこだわるのでなければ、時期的には天候の安定する3月以降が良いといえるが、雪質は登ってみての状況次第だ。4月以降はザラメになるが、斜面の雪に大きなクラックが入ることがある。東壁の北寄りでは大きく雪崩れるのも見受けられる。下山にはコガ沢を下降すれば楽なのだが、口を開けている箇所があることを常に意識しておく必要がある。また、コガ沢を下降できない場合は、不忘山の東尾根に登り返すことが考えられる。その場合のルートも考えておきたい。

いずれにしても、南屏風岳の東壁滑降には総合的な判断が必要とされ、上級者向けのルートといえる。それだけに充実度が高い魅力的なルートだが、早朝スタートすれば半日で完結できるルートでもある。なお、ボーダーの中には、コガ沢を下から登って沢通しにアプローチする者が見受けられる。下山ルートするコガ沢の状況確認のためと思われる。

※これまでの南屏風岳滑降
2016年2月11日
2015年3月21日
2015年3月8日
2015年3月7日
2014年2月22日
2013年3月16日
2012年4月18日

by torasan-819 | 2016-02-21 00:49 | 山スキー | Comments(0)
2016年 02月 19日
蔵王・後烏帽子岳 ~ 2016年2月13日
f0170180_1143697.jpg

  山域山名   蔵王連峰 後烏帽子岳(1,681m)
  山行期間   2016年2月13日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      ゲレンデトップ13:43~後烏帽子岳14:27-14:43~ゲレンデトップ15:02~駐車場15:17
  行動時間   1時間34分
  移動距離   未計測
  累積標高差 未計測




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-19 08:02 | 山スキー | Comments(0)
2016年 02月 14日
蔵王・南屏風岳東壁の滑降 ~ 2016年2月11日
f0170180_21333443.jpg
厳冬期の南屏風岳東壁滑降はタイミングが難しい。先月31日にトライしたものの、ガスと強風にアクシデントもあり、不忘山止まりであえなく敗退した。天気予報を見ると、建国記念日の11日はまずまず安定した天候のようだ。しかも、その後の週末は気温が急上昇するとのこと。この機会を逃すと2月中のチャンスは無いかもしれない。これはもう何としても行くしかないとリトライすることにした。


  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2016年2月11日(木)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    5人(L:トラ山・藤◯・黒◯・森◯・羽◯)
  行程      白石スキー場8:00=ゲレンデトップ9:00-9:10~不忘山11:00~南屏風岳12:10~東壁滑降12:35~
          昼食休憩13:00-13:38~権現沢出合下14:00~東尾根16:00-16:13~白石スキー場16:50
  行動時間   7時間40分
  移動距離   10.1km (GPS計測)
  累積標高差 +1,140m -1,427m(GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-14 10:02 | 山スキー | Comments(6)
2016年 02月 10日
村山葉山でパウダーを堪能する ~ 2016年2月7日
f0170180_17345931.jpg
雪が少ない今シーズンは毎回どこに行こうかと頭を悩ませる。例年でも厳冬期は標高を上げるとガスの中で、滑りにならないことが多い。山形の柴◯さんに連絡したところ、日曜日は村山葉山に行くのだという。村山葉山は気になっていた山なので、同行させて頂くことにした。村山葉山は山スキーを始めたシーズンに1回行ったことがあり6年ぶりの訪問となる。


  山域山名   村山葉山(927m標高点まで)
  山行期間   2016年2月7日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り時々雪
  参加者    2人(L:トラ山・藤◯) ※柴◯さん5人パーティーと同一行動
  行程      大鳥居8:20~927m標高点10:50~東斜面登り返し2回~大鳥居14:32
  行動時間   6時間12分
  移動距離   9.5km (参考)
  累積標高差 ±1,175m (参考)※登り返し含む



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-10 01:40 | 山スキー | Comments(2)
2016年 01月 31日
蔵王・不忘山 ~ 2016年1月31日
f0170180_2301768.jpg


  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
  山行期間   2016年1月31日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    3人(L:トラ山・黒◯・藤◯)
  行程      白石スキー場6:31~ゲレンデトップ7:14~山頂9:36~白石スキー場11:11
  行動時間   4時間40分
  移動距離   7.6km (GPS計測)
  累積標高差 +902m -899m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-31 21:36 | 山スキー | Comments(8)
2016年 01月 26日
吾妻山の西大巓と若女平を滑る ~ 2016年1月23日
f0170180_07101185.jpg

ニュースではこの週末は最強の寒気が入り、地域によっては大雪との予報を流している。沖縄でも雪が降る可能性もあるとのことで、本当だとすると大変なことだ。しかし、東北は比較的穏やかで安定しているようだ。さてどこの山に行こうかと考えたが、広範囲にちらばるメンバーが集まりやすい吾妻山の、若女平コースにすることにした。自分としても若女平は2年ぶりとなる。


 山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 西大巓(1,982m) 若女平コース
 山行期間   2016年1月23日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    6人(L:トラ山・渡◯・大◯・黒◯・◯樹・石◯)
 行程      天元台湯元駅7:50-8:20=リフト終点9:13-9:24~凡天岩10:14~西吾妻山10:33~西大巓11:12-11:22~
          東斜面下11:34~西吾妻小屋12:18-12:51~若女平13:45~細尾根13:58~小坂14:25~西吾妻スカイバレー14:46
 行動時間   5時間22分
 移動距離   10.5km (GPS計測)
 累積標高差 +520m -1,490m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-26 01:05 | 山スキー | Comments(8)
2016年 01月 17日
笹ヤブスキーの迷沢 ~ 2016年1月16日
f0170180_1213838.jpg

安達太良山の迷沢は自分にとっても定番ルートであり、例年1月中旬から滑り始めることが多い。しかし、今年は暖冬による積雪不足でヤブが埋まっていないとの情報。山スキーにはまだまだの状況とは思ったが、それを承知で様子見に行ってみることにした。物好きといわれるだろうが、これが自分の性分だから仕方が無い。


 山域山名   安達太良山 迷沢
 山行期間   2016年1月16日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    4人(L:トラ山・大◯・川◯・藤◯)
 行程      国道115号9:44~迷沢渡渉点9:58~北斜面基部12:16~鉄山避難小屋13:44-14:17~北斜面基部15:12~
          迷沢渡渉点15:44~国道115号16:11
 行動時間   6時間27分
 移動距離   10.0km (GPS計測)
 累積標高差 ±895m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-17 22:31 | 山スキー | Comments(4)
2016年 01月 12日
吾妻山西大巓での冬合宿 ~ 2016年1月9日~11日
f0170180_2118984.jpg

毎年恒例の冬合宿だが、今年は安達太良山の勢至平周辺をテン場に予定していた。しかし、暖冬の影響かとにかく雪が少ない。年末年始で少しは降ってくれないものかと期待したが、ほとんど降ってはくれなかった。雪が少なくてもテントは張れるのだが、メインとなる山スキーが満足に出来ないのでは合宿にならない。合宿直前までぎりぎり粘って検討した結果、グランデコスキー場を利用して西大巓で行うことにした。他の山域よりは雪があることと、合宿途中での下山と参加がしやすいことが選択理由だ。


  山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
  山行期間   2016年1月9日(土)~11日(月)
  山行形態   山スキー
  天候      9日曇り 10日曇り 11日曇り 
  参加者    9日~11日 8人(L:トラ山・和◯・佐◯・鈴◯・渡◯・深◯・中◯・金◯)
          9日~10日 1人(大◯) 10日~11日 1人(河◯)
          サポート 9日 4人(坂◯・都◯・菅◯・柏◯) 11日 2人(菅◯・柏◯)
  行程      9日 福島7:00=スキー場9:20=ゴンドラ終点11:10~ゲレンデトップ11:48~テン場12:05
          10日 テン場8:08~西大巓9:45-10:00~西吾妻山11:07-11:13~西吾妻小屋11:27-11:57~
               西大巓12:40-12:53~テン場13:32-13:50~登り返し~1,860m14:25-14:35~テン場14:52
          11日 テン場8:05~西大巓9:29-9:55~東斜面滑降~登り返し10:05~西大巓10:16-10:26~
               テン場10:57-12:07~スキー場12:37
  行動時間   9日 55分 10日 6時間44分 11日 4時間37分
  移動距離   9日 1.0km 10日 7.6km 11日 7.1km (GPS計測)
  累積標高差 9日 +240m -3m 10日 ±865m 11日 +418m -1,045m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-12 21:23 | 山スキー | Comments(4)
2015年 12月 31日
吾妻山(高湯から大根森まで) ~ 2015年12月31日
f0170180_11364833.jpg

吾妻山は2014年12月から噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)となり、火口から半径500メートルが警戒範囲とされ現在も続いている。さらに福島市は2014-2015の冬期間において、警戒区域より何キロも下にある3つの登山口(土湯、高湯、微温湯)からの入山禁止措置をとった。要するに積雪期は対処が難しいので、とにかく人は入れないようにするということらしい。しかし、春4月の磐梯吾妻スカイラインの開通とともに解除にしたものだから、それまでの規制は何だったのかという批判もあったようだ。さて、2015-2016の冬はどうなるかと思っていたのだが、今のところ半径500メートルのままであり、登山口からの入山規制は行われていない。以前のように冬でも自由に入ることが出来る。そんな訳で高湯からほぼ2年ぶりに登ってみることにした。なお、冬季は高湯からの入山が殆どと思われる。ちなみに、福島市が規制中でも山形側の米沢市はなんら規制しなかった。冬季に米沢側から入山し、火口付近まで至る登山者は非常に少ないためだと思われる。


 山域山名   吾妻連峰 吾妻山 大根森(1,680m)
 山行期間   2015年12月31日(木)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    単独
 行程      高湯ゲート9:10~スカイライン10:06~水飲場10:15~山鳥山11:18-11:28~井戸溝12:00~KO山荘分岐12:24~
          大根森13:02-13:20~KO山荘13:40-14:15~山鳥山14:48~スカイライン15:25~高湯ゲート16:15
 行動時間   7時間5分
 移動距離   12.5km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,055m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-12-31 23:23 | 山スキー | Comments(8)
2015年 12月 26日
蔵王・刈田岳(今月3回目) ~ 2015年12月26日

f0170180_094079.jpg

12月下旬となっても山には雪が少ない。自然のことであるし、グチてみたところでどうにもならないのだが、とにかく降らない。スキー場は困っている。以前もこんなシーズンがあり、年末年始のかき入れ時にリフトが動かせないということがあった。しかも今回は全国的に雪が少ないようだ。宮城県の10箇所のスキー場で全面オープンできているのは、すみかわスキー場1箇所だけだ。えぼしスキー場は一部のゲレンデのみ滑走可能となっている。宮城県以外の東北各県のスキー場も状況は似たようなものだ。暖冬の予報とはいえそのうち必ず降るのだろうが、何ともヤキモキするのである。
26日は山スキーの練習を企画した。手を上げたのは、今シーズンから山スキーを始める金◯青年1人。この日が初めての山スキーとなる。月山まで行ければ良いのだが、金◯君の事情で遠出が出来ない。近場の山はどこも雪が少ないので、状況が比較的分かる蔵王の刈田岳に行くことにした。これで今月3回目の刈田岳となる。加◯さんも急きょ参戦することになり、3人パーティーとなった。


  山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
  山行期間   2015年12月26日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    3名(L:トラ山・金◯・加◯)
  行程      すみかわスキー場8:28~ゲレンデトップ9:29~大黒天10:07~斜面取り付き10:55~
          刈田岳避難小屋11:40-12:33~すみかわスキー場13:14
  行動時間   4時間43分
  移動距離   11.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±721m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-12-26 19:34 | 山スキー | Comments(0)