タグ:沢 ( 17 ) タグの人気記事

2010年 11月 02日
蔵王横川支流 空沢 ~ 2010年10月3日
f0170180_327166.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰・横川支流空沢
山行期間   2010年10月3日(日)
山行形態   沢登り(キノコ採りの予定が調査山行に)
地形図    不忘山
天候      曇り時々晴れ
参加者    4人(L:ナマステさん、チャリマーさん、小○さん、トラ山)
行程      空沢入渓9:32~30m滝9:46~再入渓10:38~ナマステP合流12:23~ヤブ13:04~湿原13:28~林道17:03
行動時間   7時間31分
移動距離   約6.5km
累積標高差  約700m
======================================================================
ナマステさんの企画に急きょ参加。キノコ採りの予定と聞いている。しかし朝集合場所に着いたとたん急用が入り、行くのは諦めて自分だけ自宅に戻った。しかし1時間半ほどであっけなく用事が終わってしまい、迷ったが後を追いかけることにする。分かっているのはナマステさんは横川支流の天神沢近くから古い登山道?をたどり途中で沢も遡行するということだけ。地図を見れば天神沢はわかるが、古い登山道なんて歩いたことはないし取り付き箇所も不明だ(昭文社の登山地図には薄い点線で廃道とされている)。ただしこの前のナンバ沢の時にナマステさんが「ここいらから入る道がある」と言っていたのは覚えている。その「ここいら」というのがホントにここいらなのでハッキリしない。取り付きを見つけたにしても1時間半遅れでの出発だ。追いついて合流できるのだろうかかなり不安。しかし既に行く気モードの私はとにかく向かうことにする。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-11-02 03:28 | 沢登り | Comments(2)
2010年 07月 05日
大滝沢で沢登り教室 ~ 2010年7月4日
f0170180_7331190.jpg

============================================================
山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域・前川支流 大滝沢
山行期間   2010年7月4日(日)
山行形態   沢登り
地形図    板谷
天候      曇り
参加者    10名(L:和○さん・河○さん・小○さん・佐○さん・鈴○さん・国○さん・八○さん・谷○さん・加○さん・トラ山)
行程      大滝沢出合8:00~F1.8:18~大滝9:37-9:55~巻き終了10:32~ネコノ沢出合10:59-11:14~
         ホラガイ沢出合11:25~ヒョングリ滝12:22~登山道12:41~滑川温泉13:40
行動時間   5時間40分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
============================================================
7月4日は会の沢登り教室だ。昨年ドキドキしながら初めての沢登りをしたのがこの沢登り教室。それからの1年間で10数本の沢を登ることができた。まだまだ初心者の域を出ないが、なんとなく「慣れ」も出てきたなと自分では感じていた。でも気を抜いてはいけない。手痛いしっぺ返しがあるやも知れぬ。沢登り教室でまた初心に戻ろう!とは思っていたのだが…
八○さんがいるとどうしても漫才コンビみたいになってしまう(笑)~反省反省。
でも沢は楽しい。少年時代の「探検」のような感覚がある。あそこは登れるかな?ここは通れるかな?とワクワクするのだ。
さて今回の大滝沢はどんな姿を見せてくれるだろうか。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-07-05 07:11 | 沢登り | Comments(6)
2010年 06月 12日
湯川(沢登りトレーニング) ~ 2010年6月12日
f0170180_2342380.jpg

============================================================
山域山名   安達太良山・阿武隈川支流湯川
山行期間   2010年6月12日(土)
山行形態   沢登り
地形図    安達太良山
天候      晴れ
参加者    8名(L:和○さん・河○さん・小○さん・柳○さん・坂○さん・八○さん・後○さん・トラ山)
行程      塩沢スキー場8:20~三階滝9:06-14:35~八幡滝14:58~塩沢スキー場16:03
行動時間   7時間43分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
============================================================
今日は安達太良の湯川で沢登りをだった。といっても沢登りで必要なザイルワークの練習がメイン。
7ヶ月ぶりの沢なので、勘を取り戻すのに時間がかかるかと思ったがそうでもなかった。
ただしへつっていて滑り、沢にドボンしたのが1回(笑)
でも暑い今日は冷たい水が気持ち良かった。
ついこの間まで山スキーをやっていたのだが、これからのシーズンは沢登りだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-06-12 23:38 | 沢登り | Comments(4)
2009年 11月 02日
安達太良・東鴉川 ~ 2009年11月1日
f0170180_2014342.jpg

11月1日は安達太良の東鴉川(ひがしからすがわ)で沢登り。
Kさんの計画にオイラが乗っかっての2人パーティーでの沢登りだ。
Kさんは10月21日にもこの沢を登っているが、この日はF2の巻道の探索が目的だ。
事前の天気予報は良くなかったが、なんと当日は晴れ間さえ見える暖かい日となった。
暖かいとはいっても、さすがにこの時期に沢登りやる物好き?は東北ではかなり珍しいだろう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2009-11-02 07:30 | 沢登り | Comments(4)
2009年 10月 13日
沢登り~湯川(紅葉の沢)
12日は予定がぽっかり空いた。
なので悪友のYさんを誘うが予定がありダメ。
単独で山登りかと思ったが、この時期山に紅葉見に行くと人を見に行くようになるし(笑)
迷ったが易しめの沢に単独で行くことにした。
行き先も迷ったあげく、安達太良の湯川に決定。
この湯川は難しい箇所も無く、遡行時間も比較的短い初級者レベルの沢との情報だ。
しかしそれは単独行の場合は当てはまらないだろう。
無理はできないので慎重に行こう。
※よゐこのみなさん沢登りの単独行は真似しないでください。誰も真似しないとは思いますが。

塩沢スキー場入口前に登山者用駐車場との表示があり、そこに車を停めたが既にほぼ満杯。
そそくさと準備をして歩きだしたが既に10時だ。
自宅を出るのが遅かった結果だが、多くのみなさんが沢登りの目的箇所としている霧降の滝までなら十分余裕がある。
しかしオイラにはちょっとしたプランがあり、霧降の滝に着いた時点で決めようと考えていた。
f0170180_22135285.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2009-10-13 22:31 | 沢登り | Comments(8)
2009年 10月 11日
沢登り・権現沢 ~ 2009年10月10日
10月10日に宮城県山岳連盟60周年南蔵王集中登山という行事があった。
7コースの登山者が不忘山で集合するというものだ。
うち2コースは沢登りで、コガ沢コースと権現沢コース。
オイラは権現沢コースに参加させてもらった。

聖山平コースには登山家の田部井淳子さんがゲストとして招かれていたので人気だったらしい。
でもこの時期沢シーズンは終わりに近いせいか、権現沢コース10名募集で参加は計4人。
まあ人数が少なければサクサク登れるからいいかもしれない。

6:45頃白石スキー場から出発。
天気が良いのが嬉しい。
f0170180_755033.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2009-10-11 07:55 | 沢登り | Comments(4)
2009年 09月 21日
吾妻塩ノ川で沢登り ~ 2009年9月20日
20日は吾妻山域の塩ノ川で沢登り。
この沢は全部遡行すると2日間かかるが、この日は上半分を遡行する予定だ。
メンバーは既に何度か沢を共にしているIさん、Kさん、Sさんと悪友?のYさんとオイラの5人。
スピーディーに沢登りをするには5人くらいまでがいいという。
人数が多くなると、どうしても時間がかかりアクシデントの確率も高くなる。
沢に限らず山ではスピードが大事な要素になる場合が多い。

塩ノ川の遡行記録はあまり無く、事前にネットで調べたが4つしか見つけられなかった。
しかし今日のリーダーのIさんはなんと40年以上前、18歳の時にも登っているという。
どんな沢も遡行記録があろうとなかろうと、日本の沢のほとんどは人が踏み込んでいるのだろう。
古来より狩猟や山頂に至るルートの一つとして、山の民は生活の中で利用してきたに違いない。
沢登りをしていると、楽しくて沢を登っているだけのオイラでも、たまにはそんなことも考える。

昨日の内に遡行終了点の浄土平に車をデポしテント泊していた班と合流。
車を1台にして遡行開始点の近くまで、作業道のような細い道を進む。
行き止まりに車を停め、そこから歩いて16分ほどで塩ノ川に出た。
f0170180_17195568.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2009-09-21 15:26 | 沢登り | Comments(8)
2009年 09月 18日
沢登り~ミテノ沢
9月13日は秋田県の三ツ又温泉からの帰り道すがら、鳴子温泉鬼首地区のミテノ沢に登った。
ミテノ沢は宮城県と秋田県の県境にある須金岳にある沢の一つだ。
この沢はあちこちネットで沢の情報を探していて偶然見つけた。
しかし、1/25,000地形図でも水線が表現されていない小沢で、地形図に表記のある寒湯沢の支沢になるようだ。
ネット上でも遡行記録が3つ(しかもうち2つは同パーティーの2人がそれぞれ書いていた)しか見つからなかった。

寒湯沢沿いの林道を入り、須金岳登山口を目指す。
看板によると寒湯沢は「ぬるゆさわ」と読むらしい。
f0170180_6342257.jpg


ここから続きをどうぞ

by torasan-819 | 2009-09-18 06:43 | 沢登り | Comments(2)
2009年 09月 15日
沢登り 姥滝沢 ~ 2009年9月7日
7日(月)は吾妻山域にある姥滝沢に登った。
ブログが縁でお世話になることになったHさんのパーティーは男女2名ずつの計4名。
そこへオイラと遊び仲間のYさんの2名をゲストとして参加させてもらったので、6人のパーティーとなった。

オイラもYさんも姥滝沢は初めて。
微温湯(ぬるゆ)温泉から出発し20分ほどで入渓となる。
f0170180_12215269.jpg


続きはこちらです~

by torasan-819 | 2009-09-15 02:49 | 沢登り | Comments(6)
2009年 09月 09日
沢登り~赤留川
安達太良山域にある赤留川はネットで調べても遡行記録がほとんど見あたらない沢だ。
この沢を快晴の9月6日に、男4人女1人の5人パーティーで沢登りに行った。
赤留川は渓流釣りの対象にもなっているようだが、釣りの記録もほとんど無く地味な沢という印象だった。
しかしそれはいい意味で裏切られることとなった。

この日は、赤留川を20数年前に登り稜線まで抜けた経験のあるIさんがリーダー。
その当時、沢の上部から稜線に抜けるのに使った登山道が、現在使えるのか確認する目的もあるという。
Iさんは地元の沢を歩き尽くしているような方だが、次の世代へ遡行記録を残したいという思いもあるようだ。

沼尻スキー場のゲレンデの中の砂利道を登り、安達太良連峰沼尻登山口の駐車場に車を1台デポした。
もう1台に乗り合わせ、母成グリーンラインの赤留橋手前の空き地に駐車し準備を整える。
歩いて赤留橋を渡り、すぐ左手の斜面を下りると赤留川だ。

f0170180_19391227.jpg


(注)川や沢は上流から下流に向かって右が右岸、左が左岸といいます。
なので、下流から上流に向かった場合、右手は左岸、左手が右岸になります。
しかし、右岸といわないで「水流の右」とか「右から巻く」などといった場合は、そのまま見て右側のことです。

続きはこちら

by torasan-819 | 2009-09-09 07:30 | 沢登り | Comments(8)