タグ:若女平 ( 5 ) タグの人気記事

2018年 01月 16日
西吾妻山・若女平コース ~ 2018年1月13日
f0170180_22253774.jpg


13日は吾妻山の若女平へ向かうことにした。数日前にまとまった降雪があったので柔らかい新雪を滑ることができると期待したのだ。しかし、考えが浅かったことをのちに思い知ることになる。まだ底ができていない雪は深過ぎ、かえって困難となり苦労をすることになった。


山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
山行期間   2018年1月13日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れのち曇り
参加者    5人(L:トラ山・M戸・K玉・M司・F井)
行程     天元台湯元駅7:50-8:18=リフト終点9:10-9:33~凡天岩11:25~西吾妻山11:57~西吾妻小屋12:30-13:10~
       若女平16:15~細尾根16:50~小坂18:35~西吾妻スカイバレー20:27
行動時間   10時間54分
移動距離   7.9km
累積標高差  +278m -1,267m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-01-16 00:49 | 山スキー | Comments(14)
2016年 01月 26日
吾妻山の西大巓と若女平を滑る ~ 2016年1月23日
f0170180_07101185.jpg

ニュースではこの週末は最強の寒気が入り、地域によっては大雪との予報を流している。沖縄でも雪が降る可能性もあるとのことで、本当だとすると大変なことだ。しかし、東北は比較的穏やかで安定しているようだ。さてどこの山に行こうかと考えたが、広範囲にちらばるメンバーが集まりやすい吾妻山の、若女平コースにすることにした。自分としても若女平は2年ぶりとなる。


 山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 西大巓(1,982m) 若女平コース
 山行期間   2016年1月23日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    6人(L:トラ山・渡◯・大◯・黒◯・◯樹・石◯)
 行程      天元台湯元駅7:50-8:20=リフト終点9:13-9:24~凡天岩10:14~西吾妻山10:33~西大巓11:12-11:22~
          東斜面下11:34~西吾妻小屋12:18-12:51~若女平13:45~細尾根13:58~小坂14:25~西吾妻スカイバレー14:46
 行動時間   5時間22分
 移動距離   10.5km (GPS計測)
 累積標高差 +520m -1,490m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-26 01:05 | 山スキー | Comments(8)
2014年 02月 15日
西吾妻山・若女平コース ~ 2014年2月11日
f0170180_13221589.jpg

9日に予定していた若女平コースだが、南岸低気圧による大雪で中止した。天気予報を見ていると11日は回復するようである。このチャンスを逃す手はない。山は逃げないがチャンスは逃げるのである。よし若女平へ行こう。前夜急きょ声をかけたにもかかわらず2人が参加してくれ、3人パーティーで向かうこととなった。予報によるとまずまずの天気のようで、何より風が弱いようなのが嬉しい。この時期は晴れかどうかもあるが、何よりも風の強さが気になるのだ。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 中大巓(1,963.6m) 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
 山行期間   2014年2月11日(火)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    3名(L:トラ山・○井さん・石○さん)
 行程      天元台湯元駅8:55-9:20=リフト終点9:54-10:08~中大巓10:31-10:43~凡天岩11:16~西吾妻山11:36~
          西吾妻小屋11:48-12:18~若女平13:40~細尾根13:57~小坂14:09~西吾妻スカイバレー14:24~
          天元台湯元駅14:35
 行動時間   4時間27分
 移動距離   9.1km (GPS計測)
 累積標高差 +448m -1,358m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-02-15 08:16 | 山スキー | Comments(9)
2013年 01月 29日
深雪の吾妻山若女平下り ~ 2013年1月27日
f0170180_2334439.jpg

自分が山スキーに行くフィールドは、もちろん近場の山が多いわけで、その中でも吾妻山は蔵王と並んで訪れる回数が多いといえる。吾妻山とはいっても、吾妻山という山があるわけではなく、東吾妻山、中吾妻山、西吾妻山などを総称して吾妻山と言い、吾妻連峰と呼称している。吾妻山は温泉が豊富で、また古くから山スキーのツアーコースが数多く存在し、いわゆるそれらのクラシックルートは日帰りから山中泊を要するものまでと様々ある。クラシックルートに少なからず興味がある自分は、いつかすべてを歩いてみたいと思っているのだが、今回の若女(わかめ)下りコースはまだ滑ったことがない。このコースは天元台スキー場を利用することにより、登りにあまり労力をかけずに標高差1000m以上の下降ができる。条件が良ければすこぶる快適な滑降が楽しめるようだ。このコースを昨年1月に初めて滑ろうとしたのだが、あまりの深雪とシールトラブルにより、いくらも歩かないうちに敗退したという経験がある。そこでリトライすべく27日に若女下りを計画したのだが、日本海側は25日から大雪となり26日も降雪が続いていた。米沢市街地では50センチの積雪があったという情報もあり、天元台でもかなりの深雪が予想される。当然悩んで計画変更も考えたが、27日は天候が回復傾向であり、あえてこんな状況の時の吾妻山を確認したいということもあり、中途退却を覚悟で天元台に向かってみることにした。
===========================================================================
 山域山名   吾妻山 若女平
 山行期間   2013年1月27日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    4名(L:トラ山・河○さん・橘○さん夫妻)
 行程      天元台湯元駅8:35-9:00=リフト終点9:36-9:48~コル10:30~天狗岩11:24~休憩11:38-11:52~
          ビンディング修理13:07-13:22~若女平14:38-14:48~細尾根15:51~小坂16:20~西吾妻スカイバレー16:54
 行動時間   7時間6分
 移動距離   7.8km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 +296m -1,262m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-29 04:19 | 山スキー | Comments(20)
2012年 01月 29日
あえなく敗退の天元台若女下り ~ 2012年1月28日
f0170180_1725010.jpg

今シーズンはまだ日本海側に足を踏み入れていない。今週末も日本海側は雪の予報だったが、まだ滑ったことのない天元台から若女平下りのルート状況を見に、和○さんと2人で行ってみることにした。ロープウェイとリフト3本を乗り継いで、標高1820mの天元台高原スキー場トップへ。雪はサラサラと降り続いているが、風はそれほど強くない。ホワイトアウトではないが、視界はあまり良くない。斜面にトレースは皆無で、今日は誰も上に向かっていないようだ。シールを付けて登り出すが、降り積もった雪は柔らかく、スキーでも膝上まで沈んでしまう。雪と格闘するがなかなか登れない。ストックを突くとずぶずぶと1本分潜ってしまい支えにならない。同行の和○さんは先に行ってしまった。そのうち左のシールが剥がれてしまうトラブル発生。そういえば一昨年シール剥がれのトラブルがあったのも、この天元台から歩いているときだった。-15度以下と思われる気温も影響しているだろう。スキーを外すとたちまち胸まで沈んでしまうのに驚く。とりあえずシールをジャケットの懐に入れて暖める。戻った和○さんと相談する。今日の雪では登りだけでなく下りもラッセルになるだろうから2人では困難ということ、シールの不安があること、だいぶ時間も押していること、視界もあまり良くないことから、潔く撤退することになった。いくらも歩いていないのは残念だったが、山を相手にしていればこんな日もある。ハンドテストをしてみると一気に降り積もった雪がほとんど抵抗無く滑る。うかつに斜面にスキーで切り込んでいけば雪崩れる可能性も高い。しばらくラッセル訓練をした後、パウダースノーのゲレンデを滑り降りる。トップから下のロープウェイ駅までは6キロあるというが、滑ればさほどの時間もかからない。雪が落ち着いたらまた来てみよう。

その他の画像(たいした画像はありません)

by torasan-819 | 2012-01-29 17:47 | 山スキー | Comments(16)